昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、お墓参りはしていませんでした(数年に1度くらいは行ってましたが)。
父が亡くなったのは私が小学生のときでしたが、白いお盆ちょうちんを飾ったのは覚えてるんですが、それ以外の記憶はないんです。
母が亡くなったときは菩提寺がない状態でこちらにお墓を買っていたので、葬儀屋さんの紹介で葬儀の時にお世話になった住職さんに49日まではお世話になりました。実はその方から法要についての冊子をもらってあったんですが見つかりません。
お盆のときの作法はどうなのか、そもそもお坊さんには来てもらうのか、もう細かいところから全くわかりません。どなたか詳しい方がおられたら、教えていただけないでしょうか。
ちなみに、私の住所では7月にお盆を行うのが慣習のようですが、うちでは8月にやっていました。私の仕事の関係で、母の初盆も8月にしようと思っています。
よろしくお願いします。
また、文面中もし失礼なところがあったらご容赦ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)



>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも同じことです。
なお、お盆の行事は、宗教行事というよりも地方独自の民族行事ともなっておりますので、日本全国一律の作法があるのではなく、地方ごとに、その土地の特産物などを取り入れた独自の飾りつけも残っています。その中には、浄土真宗では行わないことになっている提灯や灯籠等もありますが、迎え火や送り火は全国的に浄土真宗では行っていません。

なお、お母さまがご往生の際にご縁のお寺があるようですが、冊子等は、再度申し出ればすぐにいただけると思います。気にせずに「見つからないので・・・ください」と言えば良いのです。そのためのお寺です。

>そもそもお坊さんには来てもらうのか、
来てもらうか、来てもらわないかは、亡きお母様のご往生には関係がありません。したがって、亡きお母様にとって、どちらもプラスとかマイナスとかではないので、ご自身にとって、どのように新盆を迎えるのが良いかでご判断ください。自宅に呼ぶのも良し、よばないのも良し、本山や別院のお盆法要に参加するのでも良し・・・何でも良しです。
浄土真宗は、「ああしなければいけない」とか「高しなければダメ」ということは少ないです。ただ、他宗と比べると、「する必要が無いからやらない」ということが多いだけです。
合掌
    • good
    • 92
この回答へのお礼

何度もご回答ありがとうございました。
実は他の方の質問でお見かけして、来ていただけるといいなと思っておりました。大変勉強になりました。
お寺自体は菩提寺ではないし、私はあまり大掛かりにやりたくなかったんですが、何しろ親戚がうるさいと言うか、母を案じてくれているのでありがたいのですが...こんなこと言ったら罰当たりなのはわかってるんですけど、疲れてしまって。
とりあえずご住職をお呼びしてお経を上げてもらってお墓参りして、位に考えています。親戚も来てくれるようなので、皆で母を偲ぶつもりです。
遅くなりましてすみませんでした。

お礼日時:2004/07/06 22:48

ご質問者さんの質問から外れてしまいますが、No.4回答者さんのteinenさんのコメントありがたいのですが、大事な教義が・・・・違いますので修正させていただきます。


> 浄土真宗の教義では,亡くなられた方は,阿弥陀さんの
> おられる浄土に生まれ出るので,
(ここまでは合っています)

> わざわざ現世に戻ってこられないのだそうです。
いえいえ、戻ってきているのです。
親鸞聖人の「浄土和讃」には、
安楽無量の大菩薩 
一生補処にいたるなり
普賢の徳に帰してこそ
穢国にかならず化するなれ
とあります、つまり往生したものは必ずこの世に還って来て、衆生を仏道に向かわせる活躍をすると言っているのです。また、ご本典「教行信證」の巻頭には「謹んで浄土真宗を親鸞聖人の書かれた「教行信證」の巻頭に「謹んで浄土真宗を案ずるに二種の回向あり。一つには往相、二つには還相 なり。往相の回向について真実の教行信証あり。」とあります。往生浄土という人間が浄土に生まれて仏となっていくすがたを往相といい、浄土真宗の救済である阿弥陀仏の本願の活動が往相回向であると述べています。
そして、一度浄土へ往生したものが浄土からこの娑婆へ返って来ることを「還来穢国」と言いますが、仏となったものがこの娑婆(穢土)に住む人間の苦しみを救おうと、浄土にじっとしていないでこの人間の世界に戻って来る(還ってくる)すがたを還相といいます。 
したがって、還ってくるのですが、決して私たちのカレンダーの都合でお盆の時期ということではなく、「いつでも、どこでも」なのです。
合掌
    • good
    • 55

 既に浄土真宗本願寺派の僧侶であるamida3様が述べておられるとおりです。


 新盆の迎え方については,宗派や習慣によって,さまざまですが,浄土真宗の場合は,特別に何かをしなければならないということはないようです。
 浄土真宗の教義では,亡くなられた方は,阿弥陀さんのおられる浄土に生まれ出るので,わざわざ現世に戻ってこられないのだそうです。
 「門徒忌み知らず」と他宗派の方から言われますが,気にすることはありません。
 
 年忌法要やお盆などにお坊さんと接する機会がありますが,浄土真宗本願寺派では,亡くなられた方への追善供養をするわけはなく,それらのことをきっかけに仏道や御仏に接する機会であるとおっしゃる住職さんがたくさんおられます。
 
 新盆に白提灯を飾ったりするのは,宗派の教義によるものではなく,その地方の習慣によるものと言えます。
 
 私は門徒ではありませんが,浄土真宗本願寺派大学(正式名称:龍谷大学)ではそのように習いました。
 勝手なことばかり申しましたが,amida3さんの回答が最も的を射ていると思いますので,堅苦しく考える必要はないと思います。
    • good
    • 49
この回答へのお礼

遅くなりましてすみませんでした。
皆様からいただいた回答をもとに親戚に伝えたら、何というか拍子抜けした感じでしたね。やはり、かなり珍しいようです(母の実家は曹洞宗)。
でも皆8月のお盆にはきてくれるようなので、皆で母を偲ぼうと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/06 22:51

我が家も浄土真宗です。



お盆の供養はその地方により、習慣は異なることを前置きしまして、

一般的な新盆の迎え方は、親戚・知人・近親者を招き、僧侶を迎えて読経をしてもらい、その後は、仏への供養の意味で、参会者全員で食事をします。

飾る提灯は白張りの新盆提灯になります。(本来は近親者から送られるものですが。)
ちなみに、地方によっては、新盆提灯はお盆のあと、お寺に収めるところもあるようです。

もちろん、現代はかなり簡素化の傾向にありますし、供養の気持ちが第一ですので、
あまり形式にこだわる必要はないと思います。

そちらの地方では7月。でも、質問者様は8月の予定。を考えると、
大丈夫とは思いますが、僧侶への読経のお願いは早めにしておくことをお勧めします。

また、どんな些細な(どういったものを準備すればいいか、など。)ことでも
わからないことは直接、僧侶に聞くことは、決して恥ずかしいことではありません。
聞けばきっと、丁寧に教えてくださいます。(経験済み)

人間、そう何度も初盆を経験するわけではないのですから。
    • good
    • 30
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみませんでした。
調べてみて、教えていただいた内容が一般的だと思いつつ、「何もしない」ううーんどうするんだ...と、ちょっと悩んでしまいまして。
>人間、そう何度も初盆を経験するわけではないのですから。
そのとおりだと思います。ちゃんと聞いてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/06 22:44

 私も母が16年前になくなり,その時,初盆をしました。



 住職さんが家に来て,仏壇の前でお経をあげて,それからお墓参りをして,家に戻って会食という感じでした。亡き母の兄弟夫妻,父の兄弟夫妻などが揃ってやりました。

 妻の祖母の場合は,お寺に親戚が集まってお経をあげて,そのあとに移動して,会食するという感じでした。

 住宅事情,親戚の関係,いろいろあると思います。皆が集って,故人のことを想い,語る。それで十分だと思います。私も浄土真宗ですが,心を込めて「南無阿弥陀仏」を唱えるだけで十分と思います。
    • good
    • 29
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみませんでした。
>皆が集って,故人のことを想い,語る。それで十分だと思います。
実は親戚(母の兄弟)が多く、大騒ぎされてしまい、私自身もとりあえずお経は上げてもらってお墓参りして、位は考えていたんですがなにせお葬式から仕切られそうでしたので...HIROさんの言葉ではっと思いました。母を偲ぶのが一番大切ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/06 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浄土真宗の初盆について

祖父が7月10日に亡くなりました。
初盆について教えて下さい!!

現在七日参りの途中で、明日五七日を迎えます。
満中陰法要は8月24日です。

インターネットや本に「49日を過ぎて初めてのお盆が初盆」とあり、父母も来年だとのんびり構えていましたが、先日、お寺さんより初盆の案内のハガキが来て驚きました!!

電話して確認したところ、今年が初盆になるそうです。

49日の数え方は、満中陰法要(49日)と数えるのではなく、
七日参りの四七日や五七日で数えるのでしょうか?

今年の初盆は、亡くなって一ヶ月と数日で、僧侶が5人来られます。
例年のお盆は、お供え、白玉団子、灯篭などを用意していますが同じようでいいのでしょうか?
何か用意するものはありますか?
(ちなみに浄土真宗大谷派です)

お布施、お膳代、お車代、石屋さんへの志を用意する他に、
親族への初盆のお返しも用意しますでしょうか?

お盆前の忙しい時期に、無知で申し訳ないのですが、
日が迫ってきていて、困っています。

教えて下さい。よろしくお願いします。

祖父が7月10日に亡くなりました。
初盆について教えて下さい!!

現在七日参りの途中で、明日五七日を迎えます。
満中陰法要は8月24日です。

インターネットや本に「49日を過ぎて初めてのお盆が初盆」とあり、父母も来年だとのんびり構えていましたが、先日、お寺さんより初盆の案内のハガキが来て驚きました!!

電話して確認したところ、今年が初盆になるそうです。

49日の数え方は、満中陰法要(49日)と数えるのではなく、
七日参りの四七日や五七日で数えるのでしょうか?

今...続きを読む

Aベストアンサー

浄土真宗なら、広島地方の安芸門徒などごく一部の派をのぞいて、初盆はおろか「盆」という習慣はありません。
真宗の教義では、仏さんはいつでもいるのであって、1年のうちの特定の日 (盆) にやってきて、またどこかへ帰って行くものではないとするのです。
http://kyoto.cool.ne.jp/monto/
「浄土真宗のタブー」→「その9」

>ちなみに浄土真宗大谷派です…

間違いないでしょうか。
私の県では歴史的に真宗の割合が非常に高く、西 (大谷派) と東で 9割ほどを占めていますが、初盆をする家は聞いたことがありません、

Q納骨について(キリスト教の葬儀と浄土真宗)

キリスト教式の告別式を行い、遺骨は浄土真宗大谷派の墓に納骨します。骨壺はもちろん仏式でお願いしました。
納骨についてこれからお寺に連絡をするわけですが、どういうことを相談したら(交渉したら)よいのか教えて下さい。
日取り(49日の法要?)、戒名、費用などについてのことが必要になってくると思いますが、その他のことや話の仕方などをぜひお願いします。
初めてのことなので難しいことはまったくわかりません。

Aベストアンサー

真言宗の者ですが

 宗教施設(寺院・神社・教会など)の財産(動産・不動産など)は、檀信徒すべての級友財産でもあります。ですから、僧侶、神職、神父・牧師などの私有財産ではありませんし、また一信者の物でもありません。
 ですから、寺院の墓地も個人の物ではなく、あくまでも境内の使用許可を得て借りているのです。そして、その宗教・宗派の教義を信仰する人が使用料を収めることにより、寺院の護持発展に寄与することになります。その目的を果たすことを約束として許可しているのに、そこに檀信徒でない者の遺骨を納めるということは、前述の目的を果たすことのない。つまり宗教行為でなく単なる営利行為となってしまうので、寺院からしてみれば許可できません。また、質問者さんだけの問題ではなく、他の檀信徒の信仰をも阻害することとなります。
 仏教における葬儀は、故人を仏の弟子とすることを目的としていて、単なるお別れ会ではありません。そのお寺に納骨するのであれば、ちゃんとその宗旨の作法に則って故人を仏弟子へとしてください。

Q浄土真宗の初盆について

こちらのサイトで、浄土真宗の考え方は分かったのですが
どうして良いか迷っています。

伯母の初盆を迎えます。
夫の母親の本家になります。母は、病気で長期入院中ということもあり
聞くことが難しいです。亡くなった時には連絡をもらい、後日夫と二人で訪ねました。
車で、半日以上かかる距離に住んでいるので、先方も気を使うことが
多くこまめなやりとりなどはしていません。

初盆なので、お坊さんを呼ぶとか、身内が集まるとかあるかも
知れないのですが、連絡はありません。
電話で確認するのも気がひけます。
実際遠いので行けないんですが、かといって不義理はしたくないなあという思いが
あって困っています。

本家で、どのようなお盆の迎え方をするのかが分からない状態で
御仏前や、お供え物などをおくるのは失礼になりますか?

Aベストアンサー

>浄土真宗の考え方は分かった…

それなら回答無用でしょう。

>初盆なので、お坊さんを呼ぶとか、身内が集まるとかあるかも…

浄土真宗では、安芸門徒派など一部を除いて、初盆・新盆という概念はありません。
仏様は、カレンダーに合わせてあの世とこの世を定期的に行ったり来たりするものではないのです。
http://www.geocities.jp/amida3/

>本家で、どのようなお盆の迎え方をするのかが分からない状態で…

主として広島県方面の方でない限り、何もしません。

>御仏前や、お供え物などをおくるのは失礼になりますか…

独りよがりな厚意の押しつけは、迷惑になるだけです。
そもそも、

>亡くなった時には連絡をもらい、後日夫と二人で訪ねました…
>かといって不義理はしたくないなあという思いが…

話が矛盾します。
義理を果たしたいのなら、通夜・葬儀にお参りするのが第一で、自分の都合で日延べするのは出し遅れの証文というものです。

>車で、半日以上かかる距離に住んでいるので…

その程度の距離は、通夜・葬儀をボイコットする理由にはなりません。
例えば関東と九州であっても、必用ならどんな仕事も差し置いて葬儀には駆けつけるものです。

まあ、舅・姑さんはもう隠居して夫の代になっているものと考えれば、故人からは甥に過ぎませんので、無理して葬儀に出なくても良いとは思いますが、それなら初盆・新盆などに気を遣う必用はさらさらないです。

>浄土真宗の考え方は分かった…

それなら回答無用でしょう。

>初盆なので、お坊さんを呼ぶとか、身内が集まるとかあるかも…

浄土真宗では、安芸門徒派など一部を除いて、初盆・新盆という概念はありません。
仏様は、カレンダーに合わせてあの世とこの世を定期的に行ったり来たりするものではないのです。
http://www.geocities.jp/amida3/

>本家で、どのようなお盆の迎え方をするのかが分からない状態で…

主として広島県方面の方でない限り、何もしません。

>御仏前や、お供え物などをおくるのは失礼に...続きを読む

Q新盆を迎える側の、新盆参りについて教えて下さい

今年、我が家で新盆を迎えます。
親戚宅でも新盆なので、
新盆参りに行かなくては…と思っていたのですが、
もしかして、新盆を迎える側は、
他家への新盆参りをしてはいけない、などの
タブーがありますか?

何もわからず、取り急ぎの質問ですみません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして
私も同じ立場なのですが・・

その土地の風習にもよるのでは、と思います。
私の地方では、49日内の葬儀、初盆同士は、
行ってはいけない、と言われています。
ので、私は、友人に先方へのお供えと共に一筆を
託しました。

Q近々、亡くなった父の初盆を迎えます。浄土真宗西本願寺派なのですが、塔婆は必要ないのでしょうか?教えて下さい。

先日、某日用品量販店の店頭にて「塔婆」の存在を知りました。

初盆を迎えるということと法事に参列した経験が少ないということと母から冠婚葬祭について何も教わっていないため、知らないことばかりで不安で仕方がありません。

安芸門徒で初盆を迎えるため、「塔婆(初盆)」とポップに書かれ、表面に「南無阿弥陀仏 月 日 施主」と銀色で書かれたものを独自の判断で購入したのですが、、どこでどのように使用すべきものなのか分かりません。

母に訊いても知らないようで、逆に「訳の分からんものを買ってきて、罰が当たる。」と怒られてしまいました。

罰が当たるかどうかはさておき、どこでどのように使用するものなのかを専門家の方やその道に詳しい方がいらっしゃれば是非お教え願いますでしょうか。

何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> あちらこちらで売られている上にあちらこちらの墓地で…
> 県全体で間違っている…

#2です。お礼欄について。
『うちのお寺は浄土真宗』(藤井正雄双葉社)によりますと、浄土真宗が他の宗派と異なると特徴として、次のようなことがあげられています。

(1) 自力の念仏と他力の念仏を区別
(2) 在家仏教を貫く
(3) 迷信を排除し、占いや祟りを否定
(4) 戒名ではなく法名といい、位牌を用いない
(5) 焼香の作法
(6) 数珠は礼拝の法具
(7) 施餓鬼を行わない
(8) 板塔婆供養を行わない
(9) お盆のときに精霊棚を安置する習慣がない
(10) 堂舎の特徴として内陣より外陣が広い

真宗には本願寺派(西)、大谷派(東)をはじめ、高田派とか三門徒派などの十派が真宗教団連合を構成しています。教団連合のほかにも、東本願寺派(東京浅草)など、いくつもの派があります。
先に引用した10項目は、あくまでも浄土真宗全般の一般的な習慣を指したものと思われます。分派がたくさんあれば、中には少々違った考えを持つものが現れるのも自然のことと思います。

実は私は、戦国時代以降、真宗王国といわれる北陸地方で、本願寺派なのですが、(4)に反し、位牌はどこの家でも大事にお祀りしています。crazykingさんの地方でも卒塔婆や精霊棚を飾る習慣があるなら、それはそれでよいのではないでしょうか。ただ、お母様がご存じない様子でしたので、先のような回答をさせていただきました。#3,5さんのご意見やお礼欄を拝見して、それぞれの宗派や地域の習慣に従ってくださいと、訂正させていただきます。

8月15日もそろそろお昼ですね。私たちの地方では、お盆のお参りは7月で、しかも(9)のとおり簡素なものでした。この休みはお盆休みというより、終戦記念日の休日のような気がします。

> あちらこちらで売られている上にあちらこちらの墓地で…
> 県全体で間違っている…

#2です。お礼欄について。
『うちのお寺は浄土真宗』(藤井正雄双葉社)によりますと、浄土真宗が他の宗派と異なると特徴として、次のようなことがあげられています。

(1) 自力の念仏と他力の念仏を区別
(2) 在家仏教を貫く
(3) 迷信を排除し、占いや祟りを否定
(4) 戒名ではなく法名といい、位牌を用いない
(5) 焼香の作法
(6) 数珠は礼拝の法具
(7) 施餓鬼を行わない
(8) 板塔婆供養を行わない
(9) お盆のときに...続きを読む

Q浄土真宗西本願寺派、納骨について

去年、父親が亡くなりました。
骨壷が2つあり、
1つはお墓に納骨したのですが、
もう1つは本山(?)に納骨すると母親が言ってました。
しかし、その母親が脳梗塞で倒れ、重度の障害が残り、
現在は意志の疎通ができない状態なので、
その件についてどうして良いのかわかりません。

母親が言ってたことが正しいのかどうかもわからないのですが、
本山に納骨するというのは、
西本願寺に持っていくということでしょうか?
もしそうであれば、
納骨までの手順やどれぐらい費用がかかるのかなど、
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただきたいのですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本山に納骨とは,大谷本廟に納骨することです。
西本願寺や大谷本廟のホームページを参照していただければ,手順はおわかりになると思いますが,費用については存じません。
それから蛇足ながら,「浄土真宗西本願寺派」という宗派はございません。お西さんを本山とする宗派は「浄土真宗本願寺派」です。

参考URL:http://www.hongwanji.or.jp/honbyou/index.htm

Q浄土真宗本願寺派について

舅が昨年亡くなり、浄土真宗本願寺派の葬儀をしました。今年は初盆があります。姑は祭壇飾りを、親戚からは提灯をなどいろいろ考えているようです。でも、浄土真宗本願寺派は初盆でも特別な事は一切しないようですね。
主人にその事を言ったら、「好きなようにさせてやったらいいじゃん。」でした。
私が直接姑にそんなことを言ったら、気分を害されそうで言えません。
主人の言うとおり、好きなようにさせてあげておけばいいのでしょうか。

Aベストアンサー

浄土真宗本願寺派の僧侶です。
確かに都会では宗派の異なる周辺の方から言われたのでしょうが、ビックリすると共に笑いをこらえなければの各宗ごちゃ混ぜの飾りのときがあります。
また、地方では地場産業との関係で浄土真宗でも飾りとして室内で提灯を用いる地域もあります。しかし故人様にプラスになるための意味合いではありません。
お盆の前の時期になると「初盆にはどのようなお飾りをすればよいのですか」とのお尋ねの方が多いです。
これはお盆独特の飾り方があるのではないかと思われているからでしょう。確かに一部の風習(他の宗派)で、先に記した精霊棚・お膳などがあるようですが、浄土真宗ではそういったことはしないで、一般の法要と同じように、菓子、果物といった供物を仏前にお供えし、前卓には打敷を敷けばよろしいのです。
亡き方をはじめご先祖方のご恩に報いる道はまず私自身がお念仏を慶ぶ身となることです。報恩の思いから仏法を聞かせていただき、阿弥陀如来のお力によって救われていく身の幸せを慶ぶのが浄土真宗でのお盆です。
 ですから、精霊棚を設けることもなく、ご本尊の阿弥陀如来さまに心から信順し、お供え等を行って下さい。お盆時期は13日から15日(地方によっては13日~16日)にかけてがピークと言われていますが、決して仏さまが13日に来て、15日(16日)に帰るなどというものではありません。いつでもどこにでもいらっしゃるのが仏さまですから、私たちのカレンダーの都合で、あるときに「さあこい。」そして数日したら「さあ帰れ!」ではおかしいのです。それも地方によって、7月であったり、旧暦であったり、月遅れの8月であったりバラバラなのです。
 昔の故事から発せられた、仏教習慣と心得、亡き人をご縁として自分と仏教を考える日としてください。
 お盆と言えば、いわゆる“先祖供養”と考え、しかも“特定の先祖のために”供養するもののように思いがちです。しかし、特定の先祖を追慕するにしても、そのお心を仰げば仰ぐほど、数限りないご先祖によってこの私のいのちが恵まれたことを慶び、仏法を依り所に力強い人生を歩むことの大切さを思い知らされます。したがって「先祖のために供養する」というのではなく、ましてや先祖が戻ってくる“日”にこだわる必要もありません。先祖が戻ってくる“日”があるのではない。先祖への感謝と仏法を慶ぶ週間としてください。合掌

浄土真宗本願寺派の僧侶です。
確かに都会では宗派の異なる周辺の方から言われたのでしょうが、ビックリすると共に笑いをこらえなければの各宗ごちゃ混ぜの飾りのときがあります。
また、地方では地場産業との関係で浄土真宗でも飾りとして室内で提灯を用いる地域もあります。しかし故人様にプラスになるための意味合いではありません。
お盆の前の時期になると「初盆にはどのようなお飾りをすればよいのですか」とのお尋ねの方が多いです。
これはお盆独特の飾り方があるのではないかと思われているからでし...続きを読む

Q亡くなった母の遺骨を四十九日まで置くことについて

先日母が亡くなり、葬儀を済ませました。母は一人暮らしをしていてアパート住まいでした。母の遺言で四十九日までは自分の部屋に遺骨を置いてほしいということでしたが、二人の子どもは仕事があり、少し離れたところに住んでいるので夜は母のアパートに行ってお線香をあげたりお花の水をかえたりしていますが、日中は母がひとりでアパートで居るようでかわいそうでなりません。そこでいま考えているのが土日は母のアパートで過ごして線香をたむけ、平日は娘の家に遺骨を持ってきて供養しようと思うのですが、遺骨をそのように移動してよいものなのかどうか、わかりませんので、アドバイスをいただけると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

全ては質問者さんのお気持ちしだいだと思いますが、仮に遺骨はアパートに在っても、
お母様は質問者様達といつも一緒にいらっしゃると思います。
寂しい思いはされていないと思います。

お元気な頃の写真などを写真立てに入れ、ご自宅の居間に飾られたら、どうでしょうか、
写真の笑顔を見てると、少しは気がまぎれるかも知れません。

Q戦犯の中に浄土真宗の信者はいなかったのでしょうか

私は浄土真宗を信仰している者です。私は自分の信仰している浄土真宗はすばらしい宗教だと考えておりますが、中国や韓国の靖国神社に対して非難する態度を見ると、複雑な気分になっています。もしも戦犯に浄土真宗の者がいたとして、その戦犯の被害者の遺族を前にしたときに私は「戦犯は地獄へ行っておらず極楽へ行っております」と言うと思います。私は「南無阿弥陀仏と唱えれば、どのような悪人でも極楽へ行けるのだから、極悪人でない私は間違いなく極楽へ行ける」という点に感動し、浄土真宗を信仰しております。浄土真宗は15世紀には「進者往生極楽 退者無間地獄」という旗を掲げて戦い、20世紀にも侵略戦争に協力していたことは承知しておりますが、そのような過去があろうとも浄土真宗の教えはすばらしいものだと考えております。私は中国や韓国と仲良くしたいと思っておりますし、なおかつ自分の信仰心も捨てたくないと考えております。願わくば戦犯に浄土真宗の信者がいなければいいのだが、と思うのみです。戦犯の中に浄土真宗の信者はいなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

巣鴨プリズンの初代教誨師、花山信勝氏は、ご承知のように浄土真宗の僧侶兼学者です。
氏が回向した34名の戦犯刑死者のうち、ただひとり広田弘毅元首相が浄土真宗の法名(戒名)を拒否したのをのぞいて、全員が「光寿無量院釈」の院号を授けられています。

なお、A級戦犯のなかで、私が知る限りの宗派は以下の通りです。

板垣征四郎:法華宗
土肥原賢二:神道(家族には神道は捨てろと遺言)
東条英機:神道(A級戦犯のなかでは、板垣とともに最も熱心に花山氏から仏教講話を聴いたといいます)
広田弘毅:花山氏から「その悟りは真言宗から得たのか?」と問われ、そんなようなものだと答えたといいます。 

Q浄土真宗のお通夜 表書きは?

主人が同僚のお父様のお通夜に行くことになりました。

お寺の名前を聞き、ネットで調べましたら、浄土真宗でした。

浄土真宗の場合、[御仏前]とするという意見が検索していたらたくさん出てきましたが、他の宗教ですと、49日後が[御仏前]という感じで、間違えたと思われないか不安です。

それから、そのお寺のサイトで、[御霊前]は使わないようにということと、[御香典]や[御香料]とお書き下さいと書いてありました。

この場合、[御仏前]と[御香典]はどちらが良いとおもわれますか???

Aベストアンサー

坊さん@浄土真宗です。
「御霊前」はいっさい用いません。ところが使わないはずの「ご霊前」を間違って持ってくる方のほうが多く、自分が正しいのに周りからはこちらが間違っているような雰囲気を感じることもあります。私も受付の方から坊さんなのに間違っていると指摘されたことがあります(当然私が正しく皆さんが間違いなのですが・・・)
その場合には「御香典・御香資」などとします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング