eager とか singer は、[g]と読むのに、どうして、ginger はジと読むのでしょうか? ger の読みかたに法則のようなものはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

申し上げたように、語末の -er は派生語的なものが多いですが、


eager や ginger はそういうものではありません。
だから、g + er か、ge + r か、だけではわからず、
覚えないと仕方がないのです。

ただ、ger は語末に来るとは限らず、germ、German(y) などを考えても、
gi, ge は「ジ」となるルールはかなり適用されます。
もちろん、例外はあります。

#1 で挙げた get, gift の他、girl など、基本単語にもあるので厄介ですが、
例外は例外として覚えることも英語の発音ルール(フォニックス)では大切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
例外的な発音の単語が英語を勉強する最初に出てくるというのがややこしいんですね。

お礼日時:2015/11/11 08:43

語末のgはグ、語末のgeはジと読む傾向があります。



それで、
g+erはガー
ge+rはジャー

singerは2つの読み方があります。
sing(シング)にerを付けたほうはシンガー。(歌う人)
singe(シンジ)にrを付けたほうはシンジャー。(焦がす人)

綴りだけでは難しいですね。
単語の構成まで見ないとわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
singer シンジャーという単語があるのは初めて知りました。

お礼日時:2015/11/11 08:40

難問ですね。

ずばり言って、ジャーと読む方が少ないと思います。
英語はそういう言葉です。
tiger
hunger
stinger
    • good
    • 0

発音の法則を覚えていくことは大切ですが、


英語の発音には例外がつきものです。

バーナードショーの言葉を借りるまでもなく、英語の発音とはそういうものです。

-ger の話の前に、g の後、e と i がくる場合は「ジ」と読むのがルールです。
gin- の方はそのルール通りです。
これにしても、get, gift のような重要な例外があります。

ger- についても、e がある以上、「ジャー」になることがある程度ありますが、
こちらは「ガー」の方が多くなります。

eager はそうではないですが、-g の語形変化や派生語で -er がつくことが多いせいでしょう。
ただ、マジック e(サイレント e)の -ge は「ジ」となりますので、
これに -er(実際には r のみ)がついた場合は「ジャー」となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発音記号

洋書で、cumulus という単語が出ていて、その発音を (KYOOM-yuh-lus) と書いてあります。このような書き方を説明したページがあれば教えてください。これは体系的になっているものなのでしょうか? 例えば、cube なら、(KYOOB)と書くわけでしょうか? また、この書き方は発音記号による説明よりも長所があるのでしょうか?

Aベストアンサー

1。このような書き方を説明したページがあれば教えてください。

    すでに回答がある通りです。

2。  例えば、cube なら、(KYOOB)と書くわけでしょうか? 

    はい、おっしゃる通り cube は、下記では [kyoob] となっています。ついでですが cumulus は [kyoo-myuh-luhs]になっています。
http://dictionary.reference.com/browse/cube?s=t

3。   また、この書き方は発音記号による説明よりも長所があるのでしょうか?

    一般的な長短よりも、英語母語の人には 発音記号のような新しい記号を覚えなくても、すでに知っている発音を「思い出させ」れば十分なので、英英辞典では昔から重宝されています。

Q[θs]と[ðz]の発音

monthsやbathsにみられる発音の仕方。

方法1 普通に順序良く発音する。
「マンスス」、「マンズズ」のような音になります。

方法2 IPA表記が正しくなくて別の発音記号がある。

辞書などの[r]は正しくは[ɹ]です。歯茎ふるえ音ではなく歯茎接近音です。
[ɔ]も正しくは[ɒ]です。そして何より決定的なのが[ts]は[ʦ]です。

[ʦ]のように[θ]+[s]で何か他の音になるのでしょうか?

参考書やここの過去の質問には[ʦ]になるとか書いてあるところもあります。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1417466.html

>>したがって、この場合には [ts] のように聞こえますし、実際そう発音されるのが普通です。つまり、month's は「マンツ」になります。

しかし、

>>ただし、[θ] の音は舌先を歯の裏側に軽く当ててこするようにして出す音です。日本語のタ行を発音してみると分かるとおり、全く同じ位置です。

が間違っています。[θ」は歯の裏側ではなく歯(teeth)です。
日本語の「タ」は歯茎(alveolar)です。

回答よろしくお願いします。

monthsやbathsにみられる発音の仕方。

方法1 普通に順序良く発音する。
「マンスス」、「マンズズ」のような音になります。

方法2 IPA表記が正しくなくて別の発音記号がある。

辞書などの[r]は正しくは[ɹ]です。歯茎ふるえ音ではなく歯茎接近音です。
[ɔ]も正しくは[ɒ]です。そして何より決定的なのが[ts]は[ʦ]です。

[ʦ]のように[θ]+[s]で何か他の音になるのでしょうか?

参考書やここの過去の質問には[ʦ]になるとか書いてあるところもあります。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1417466.html

>>した...続きを読む

Aベストアンサー

ご紹介されている質問に私も回答していますが,
month's も months も同じ,という点で回答しました。

40代以上の人にとって,months の発音は -ts というのは
学校で習う常識の1つでした。
あと,clothes も -z でいい。

現実には -ths の発音は
無声音・無声音の θs
有声音・有声音の ðz
のはずです。

しかし,θs と続けて発音する際,s だけであったり,ts であったりと
聞こえてしまう。
これは -ths 一般的というわけでもなく,特に n の後ではその傾向が強いので,
特に重要単語である month について,昔は上で述べたように「マンツ」だと教えられてきました。

複数の発音まで載せていない辞書も多いですが,ジーニアスには months について
-θs の他,-ts(t はイタリック)を載せています。

昔は絶対,「マンツ」なんだ,という感じでみんな習いました。

実際には θs と連続して発音するのが望ましいでしょう。

他の過去の回答も参考にしてください。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1451552.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5284849.html

ご紹介されている質問に私も回答していますが,
month's も months も同じ,という点で回答しました。

40代以上の人にとって,months の発音は -ts というのは
学校で習う常識の1つでした。
あと,clothes も -z でいい。

現実には -ths の発音は
無声音・無声音の θs
有声音・有声音の ðz
のはずです。

しかし,θs と続けて発音する際,s だけであったり,ts であったりと
聞こえてしまう。
これは -ths 一般的というわけでもなく,特に n の後ではその傾向が強いので,
特に重要単語である month について,...続きを読む

Qアクセントや発音問題のポイント

高校入試にでてくる

1. 次の各組の中で最も強く発音する場所が他と違うものを1つ選び、記号で答えなさい。
  ex) ア:de-li-cious イ: so-lu-tion ウ:ex-cit-ing エ:be-long

2. 次の各組の語の下線部の発音が、他と異なるものを一つ選び、記号で答えなさい。
ex) ア:word イ:bird ウ:park エ:learn オ:work

こういった問題を解く際にポイントなどがあれば、教えていただきたいです…

2については、カタカナを下に書いて判断しているのですが、わかりやすい問題もあればex)のように、カタカナであらわすとすべてアーになってしまって、判断に迷ってしまいます><

Aベストアンサー

#1さんのおっしゃるような形で、復習ができれば、理想的ではありますが、現実に、そうしようがないから、こう質問しているんですよね?

2 について、カタカナでは区別のつかない「アー」をどうしたら区別できるのか、ですが、例えば、そういう音を区別するそのために「発音記号」というものがあります。

知っていれば、こういう質問にはならないと思うので、学校や塾でまったく教わってないのかもしれません。ひょっとしたら、話の中に出てきたくらいのことがあったり、辞書をひいたことがあれば、見出しの次にあるあれですが、あれは何かと思ってたら、そういうことのために使うものだったのか、と、今、思っているかもしれません。

後で書く、勉強のしかたで挙げる本にも出てきますが、これを読んでいるときは、PCの前にいるのでしょうから、検索サイトで「英語 発音」「英語 発音記号」などで検索すれば、説明があったり、音を聞けるサイトが沢山見つかるでしょう。

それを見て、え~、英語にプラスして、こんなん覚えるの~、と思うかもしれませんが、「発音記号」は、覚えるためのものではありません。結果的には、全部覚えてしまった方が、高校の勉強を考えると得ですが、最初から全部覚える必要はありません。

基本はローマ字を読むように読むもの、ローマ字とはちょっと違うところ、例えば、ヤ行はyでなくjで書いてありますが、それは、綴りからも解るので、最初から、そういうところに、こだわる必要はなく、最初、気を付けないといけないのは、質問の、同じアーでも違うところ、そこをちゃんと違うように書いてあるので、そういうところをまず気掛け、できれば、覚えるようにします。

でも、覚えないといけないんでしょ?と言われれば、その通りですが、元々、発音記号は、音の違いを表すために、作った人(人たち?)が、自分で解りやすいように、作っている、英語の字や綴りが、長い歴史の中で、たまたまこうなっている、のと比べると、自分で解りやすく覚えやすく作ったものだから、見ればどう読むかの手がかりがある。

例えば、同じ「ア」でも、口を大きく開ける「ア」は、aを縦に引き伸ばしたように、口を開けない「ア」はaを縦につぶしたように(なので、eをひっくり返した形に見える)書いてある。鋭く「アッ」という感じで発音するものは、直線的で尖ったAの横棒をとったように(それで、vをひっくり返した形に見える)書いてある、

2種類ずつある「オ」「エ」も、普通の「o」「e」に比べ、口を大きめに開けるものは、口の開け具合を横から見たような絵のように書いてある。

そういうふうに思って、この手のサイトを見れば。そういうふうに見えてくる、そうなれば、ほとんど覚えたも同然です。

で、どうやって、勉強するかですが、そういうサイトの説明や発音を見てやるのは、いい手で効果的ですが、実は、それと並行して、受験対策も忘れてはいけない、というより、受験対策用に、上手にまとめたコンパクトでどこへでも持っていける本は、電車でもトイレでも読める、全体を漏れなくすべて説明するというより、特に、気づきにくいところ、ミスしやすいところ中心に説明してあるので、基本が少し解ってきた後は、こっちの方が、勉強しやすいというメリットもあります。まずは…

(1) 大きな本屋さんの、中学学参コーナーに行って、

(a) 中1英語の参考書で、最初か最後の方に、基本の綴りや発音の関係について、かなりページを使って、説明してあるものがあるので、目を通して、解りやすい、役に立つと感じたら、買ってくる(確か、文英堂の「これでわかる」がそうだったはず、他にもいいのがありそう)。ただ、これは、サイト見てもう解っちゃった、とか、見つけたサイトのプリントアウトの方が解りやすそうなら、必ず必要という訳ではありません。

(b) 高校入試用の各科別の直前まとめの参考書(小さめ・薄めで、1冊あたりは、5百円くらいと結構安いもの)で、発音・アクセントだけまとめてあるものがあるので、よさそうなものを見つけて買ってくる。ついでに、文法などでも、よさそうなものがあれば、一緒に探して買うといい。

(c) できれば、高校用・大学入試用の学参で、(b)の仲間を探してみる、
 勿論、高校入試向きには、まだ要らないこともたくさん出てきますが、高校に入ればすぐに役立つので、無駄にはなりませんし、
 実は、こっちのグループには、(b)に書いてあることと同じことを説明している部分が(b)より解りやすい、というものが、時々、ある、うまく見つけられたら、同じ部分を並べて読むと効果が高い。
 高校入試の単語数では、似たようなグループの単語が少なく、(b)では、一つ一つ覚えなさい、と書いてあるものも、大学入試用だと、まとまりとして、こういう場合の規則として載っているときがある、全部が高校入試で役に立つ訳ではないが、規則として理解しておくと覚えやすいこともある。
 なので、よさそうなものがあれば、(b)とセットで買う。
ここまで、全部、3~4冊買ったとして、せいぜい2千円か高くて3千円くらい、お年玉でも買えるかもしれませんし、親にねだっても何とかなる率が高そうな金額ですね。

(2) そのお金もなくて、学参が買えない場合、または、買った上でも、
 図書館へ行って、適当な、学参としてはないかもしれませんが、大人の人が、一念発起して、学校で習ったことを覚えてない状態から、英会話などを勉強するときに使うような本は、何かあるはずなので、探してみる、見つけられないときは、司書さんに聞いてみる、
 こういう本には、参考書よりも、ずっと解りやすく書いてあるものもあるので、いい本に出会えたら、すごくラッキーです。ただ、英語の場合は、この人の場合はうまくいったんだろうけど、一般的にはどうよ、とか、受験勉強の最中には無理だろ、というような勉強法の本が、特にプロになった人が自分の勉強法を紹介する本では、あったりするので(高校に入ってからなら参考になることはあるでしょうが)、教え方のプロが、素人さん向けに初歩の話を丁寧にしている本を探すのがコツです。

 この方法は、数学・理科・社会などでは、英語よりも有効な勉強法で、そういう、素人の大人の人向けの本は、学生さんなら覚えている可能性が高いことも、忘れてしまっている前提で書いてあったりするので、教科書・参考書より、解りやすいことが多い、さすがに問題を解くところまで踏み込んだ本はめったにありませんが^^
 素人の大人の人向きだけじゃなく、小学生で、中学・高校で習うようなことに興味がある子のために、あらすじを紹介した本や、高校になれば、中学生のために、高校や大学でやることを、というタイプの本もあり、こういうタイプの本を読むと、勉強してきたことは、こういうことだったのかぁ、というのが解ったり納得できたりします。

#1さんのおっしゃるような形で、復習ができれば、理想的ではありますが、現実に、そうしようがないから、こう質問しているんですよね?

2 について、カタカナでは区別のつかない「アー」をどうしたら区別できるのか、ですが、例えば、そういう音を区別するそのために「発音記号」というものがあります。

知っていれば、こういう質問にはならないと思うので、学校や塾でまったく教わってないのかもしれません。ひょっとしたら、話の中に出てきたくらいのことがあったり、辞書をひいたことがあれば、見出しの次に...続きを読む

Qネイティブは[f],[v]の発音をどのように・・

[f],[v]の発音でわたしは未だに、上前歯で下くちびるを噛むようにして発音していますが、最近になって市販の教材から気がついたのですが、かむようにするのは、間違いらしいのです。
「耳」の松沢のおじさんの説明では、“下唇を上の歯に軽くあてるだけでO.K.”田尻悟郎先生は“下の歯を上唇の内側につける”?とか少しずつ説明が違います。
それではネイティブはどのように発音しているのですか。
誰か教えてください・・

Aベストアンサー

私もネイティブに確かめてみたのですが、彼らはすべて“下くちびるの上に上前歯をおくのではなく、下くちびるの山の後ろの柔らかい内側に上前歯を当てて強く発音してます。
これを多くの日本人が実行しているように、下くちびるの上にかるく当てて発音する方法は、一応ネイティブもどきの音が出ますが、正確でないことになります。
そして、fishとか filmを発音する場合に、くちびるの上に前歯を載せて、発音するとフイッシュとかフイルムのように“フイ”と発音される可能性が高くなり、フイルムなどと発音するとネイティブには通じません。しかしこれをくちびるの内側に前歯を当てて発音するとフィッシュとかフィルムのように、“フィ”となり“フ”と“ィ”がほぼ同時に発音されるのでネイティブと同じ発音が可能です。
日本の発音教材はすべて、下くちびるの上ではなく、内側に上前歯を当てると言うことを強調して、全国の中学生以上にこの正しい発音方法を教えなければいけないと通感じます。
したがって「英語耳」での[f/v]や[er/r]やその他のの発音の説明はチャランポランの説明にすぎません。ベストセラーであるなら、もっとネイティブの発音を調査して正確な発音を読者に伝える義務があるとおもいます。


参考URL:http://www.winwin.ne.jp/~ichikawa/serial/e-story6-10.htm#6

私もネイティブに確かめてみたのですが、彼らはすべて“下くちびるの上に上前歯をおくのではなく、下くちびるの山の後ろの柔らかい内側に上前歯を当てて強く発音してます。
これを多くの日本人が実行しているように、下くちびるの上にかるく当てて発音する方法は、一応ネイティブもどきの音が出ますが、正確でないことになります。
そして、fishとか filmを発音する場合に、くちびるの上に前歯を載せて、発音するとフイッシュとかフイルムのように“フイ”と発音される可能性が高くなり、フイルムなどと発音すると...続きを読む

Q不完全LU分解前処理つき双共役勾配法についておしえてください。

連立方程式を解くために不完全LU分解前処理つき双共役勾配法
について勉強しています。

前処理の際に、行列Aを不完全LU分解しその逆行列(LU)^(-1)というのを使用します。LU分解まではできたのですが、この逆行列は普通にLU分解+直接法という形でもとめるのでしょうか。だとしたら、直接法をつかっていてあまり高速化が期待できない様な気がしました。

不完全コレスキー分解つき共役勾配法(ICCG)のときは、不完全コレスキー分解後、間接的にAの逆行列をもとめて使用する方法がありましたのでなにかいい方法があるのかと思い質問しました。

はじめてのプログラミングで見当違いなことをいっているかもしれませんがよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

あと、p.115の
6.2代入計算
の方が参考になるかもしれません。

Q[some] [any] [no]のあとは複数名詞?単数名詞?

[some] [any] [no]のあとは複数名詞ですか?それとも単数名詞ですか?

例えば
1. I have some books. であってますか?
2. Are there any books. であってますか?
3. I have no books. であってますか?

あと、その単語の後は単数名詞になる単語教えてください。

Aベストアンサー

[some]に関しますと、両方ありますね。
例えば、数が数えられないようなものの場合は次のように使われています(例は、dictionary.reference.comから引用しています)
(1) Would you like some sugar?
グループ化されたもの指す場合もそうです
(2) He likes some modern sculpture but not all.
名前がわからない場合などは:
(3) Some man called.
そして、数が数えられるものの場合は、「I have some books」 のように使われます。


[any]に関しても、ひとつ、複数、又は数を問わずにすべてという利用ができます:
(1) Take any book you want.
(2) Are there any messages for me?
(3) Any child would love that.

[no]の場合も同様に両方あります:
(1) I have no money.
(2) No animals allowed.

--Hope this helps.

参考URL:http://dictionary.reference.com/

[some]に関しますと、両方ありますね。
例えば、数が数えられないようなものの場合は次のように使われています(例は、dictionary.reference.comから引用しています)
(1) Would you like some sugar?
グループ化されたもの指す場合もそうです
(2) He likes some modern sculpture but not all.
名前がわからない場合などは:
(3) Some man called.
そして、数が数えられるものの場合は、「I have some books」 のように使われます。


[any]に関しても、ひとつ、複数、又は数を問わずにすべてという...続きを読む

QLU分解

LU分解するプログラムで求められる行列はなぜはじめの掛け算を行う前の行列に対して小さな誤差が生じるのでしょうか?(ちなみに値は整数です)
LU分解自体誤差が出るものなのでしょうか?

おしえてください

Aベストアンサー

LU分解に限らず、Javaにも限らない、
コンピュータによる数値計算の一般的な問題として、
浮動小数点演算では精度の問題があります。
数学的には「1÷3×3」は「1」ですけど、
小数点演算では「1÷3」の時点で、0.3333333となって、これを3倍にしても0.9999999であり、1にはなりません。
(実際には、PC内部では10進数ではなく2進数ですが、上記の10進数での説明と問題の本質は同じです。)

「有理数演算ライブラリ」でも作って、浮動小数点数ではなく有理数で演算を行うようにすれば、
LU分解などについてはPC上でまったくの誤差なしに演算が可能です。

Q何故、[∫][t∫]などの子音は微小[i]を含むのか?

殆どの子音は、自然な口の形により微小[u]を含みますが、
[∫] [t∫] などの子音は微小[u]の前に微小[i]を含むのは何故でしょうか?
また、
他の子音のように、[∫][t∫]などの子音は微小[i]を除いて、自然な口の形で微小[u]のみにできるかどうか?

以上、2点の質問をご教示願います。

(尚、ここで言う”微小”は、母音と区別するため。)
(参考の音声;1番目の音声=子音+微小[i]+母音)
参考の音声のURL
[∫]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E5%A3%B0%E5%BE%8C%E9%83%A8%E6%AD%AF%E8%8C%8E%E6%91%A9%E6%93%A6%E9%9F%B3
[t∫]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E5%A3%B0%E5%BE%8C%E9%83%A8%E6%AD%AF%E8%8C%8E%E7%A0%B4%E6%93%A6%E9%9F%B3

Aベストアンサー

もともとのご質問には、(1)音声学的な側面と(2)音韻論的な側面があります。

(1)は音声学、要は物理学です。
(2)はその言語に備わった文法としての音声です。

質問者さんは(1)と(2)を混ぜて議論されてます。やや(1)よりかな。2番目の回答者さんは基本(1)の立場で議論されてます。私は(2)の立場で議論しています。wikiは、、見てないのですが、この区別をしてないのだとすると質問者の参考にはそもそもならないですね。

(1)の場合、物理の話なので、仮に自然と発されてしまうかもしれない”微小”i、u等をきちんと認識する捉え方をします(そのようなものがあるとして)。

(2)の場合、”微小の”iだとかuだとか気にしません。なぜなら、文法上の言語音としてその認識(区別)が意味の違いを影響を及ぼさないからです。つまり、aceと発音したときとh([eit∫])と発音したとき、一番最後に聞こえるかもしれない微小母音がそれぞれ、uだとかiだとか気にしている英語の母国語話者は存在しないということです。

私の結論は、音声学的な傾向としては2番目の回答者さんの記載のような
ことがあると思います。点、面の話は発音記号が化けているようなので、正確なコメントができませんが。

ただし、質問者が英語の学習者として上記の質問をされているのなら、最初のご質問

> [∫] [t∫] などの子音は微小[u]の前に微小[i]を含むのは何故でしょうか?

には、自信をもって、そんなものは英語には存在しないと回答します。英語の文法として意味を持たない音について学習する意味はないです。どうせネイティブも聞き分けれませんから。逆に、このレベルの区別を気にするというのであれば、上記のケースに限らず、英語の中には、本来物理的には区別される音が発生される場合があるがネイティブは認識していないというケースなんて多く存在します。

調音音声学をやりたいとおっしゃるのなら、上記のような区別をがんばって練習されたらよいかと思います。

> ”日本語のや行、わ行は、半母音と母音から構成されるモーラとして独立した文字を持つ。”とありました。
モーラは論点とはあまり関係ありません。y、w等の音が半分母音的な子音ということです。

> [t∫]+母音を発音する時、子音+半母音+母音ということでしょうか?
最初の論点とは少し違った話になりますが。。。音声学的にはそうなる場合もあると思います。これも英語の文法としては、あくまで子音+母音です。つまり、英語では間に半母音をここに挟むかどうかで意味が変わるような単語が存在しないということです。

> もしそうであれば、半母音を発音することなく[t∫]+母音を発音する方法は存在するのかどうか、という疑問に至ります。
なるべく半母音をはさまない的に発音することは可能です。ただし、何度も言いますが、少なくとも英語でこれを気にする必要はありません。半母音など存在しないと思ったほうがよいでしょう。逆に、仮に思いっきり半母音を発音しても違和感を覚えるネイティブはいません。

> 狭母音とも関係がありそうですが、
何を論点にされているかによりますが、単にi、u系の音の話なので関係ないと思います。

> (2)他の子音のように、、、などの子音は微小[i]を除いて、自然な口の形で微小[u]のみにできるかどうか?
>
> 無理ですね。

ほんとでしょうか?結構簡単に発音はできそうな気がしますが。。

もともとのご質問には、(1)音声学的な側面と(2)音韻論的な側面があります。

(1)は音声学、要は物理学です。
(2)はその言語に備わった文法としての音声です。

質問者さんは(1)と(2)を混ぜて議論されてます。やや(1)よりかな。2番目の回答者さんは基本(1)の立場で議論されてます。私は(2)の立場で議論しています。wikiは、、見てないのですが、この区別をしてないのだとすると質問者の参考にはそもそもならないですね。

(1)の場合、物理の話なので、仮に自然と発されてしまうかもしれない”微小”i、u等を...続きを読む

QSolaris9で複数のLUを認識させる方法

現在NetraT1(solaris9)に外付けRAIDをつけようかと思っています。RAIDはADTXのArrayMaStorPシリーズです。
ADTXのサイトを見ると、Solarisでは1TB以上のLUは認識しないらしく、2つのLUを作りました。しかし、Formatコマンドでラベルをつけようとしたら、LUをひとつしか認識していませんでした。
ADTXに問い合わせたところ、OSかHBAの問題であろうという回答でした。docs.sun.comでHBAで検索したのですが、該当するものが多く、必要な情報にたどり着けません。
どなたか、Solarisで複数のLUを認識させる方法を、ご存知の方、いらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

Solarisは標準でLUN0しか認識しないので、
/kernel/drv/sd.conf
を修正する必要があります。

===========================
name="sd" class="scsi"
target=X lun=Y;
===========================
X : SCSIターゲットID(今見えているディスクと同一)
Y : 認識させたいLUN ID

Q[i] と [i:] の発音の違い

今まで[i] を伸ばしたら、[i:] になると思っていました。ところが、発音の本には、そうではないとかいてありました。ほんとうなのでしょうか? また、[i]を伸ばして[i:]を発音していたら、なにか不都合はありますか?

Aベストアンサー

日本語には母音はアイウエオしかなく、その中ではそう感じるだけで、
sit の i と、seat の ea の発音は長さだけの違いではありません。

短い i の方は、日本語でいうと「イ」と「エ」の中間です。

英語に長母音はありますが、長さはそれほど大切ではありません。
長さより、音自体です。

put の u と、pool の oo も長さだけではなく「ウ」が違います。

だとしても、長く読めばいい?
というわけにはいきません。

英語ではアクセントがあると、自然にある程度長く発音されます。

エとアの中間の「ア」(map の a)がしばしば「:」つきで書かれるのもそのためです。

だから、i を長く読んだつもりでも、seat にはなりません。
sit と感じられます。

最近は短い「イ」は I で表す辞書も増えてきています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報