人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

どうして協調外交から積極外交に変わったのかがわかりません。

質問者からの補足コメント

  • 田中義一内閣の積極外交のことです。
    中国と日本の関係に何があったからかがわかりません。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/11/10 06:00

A 回答 (2件)

当時の中国は複数の勢力にわかれていました。


主に北方軍閥の張作霖、国民党の蒋介石、あとは共産党。

少し前に国民党と共産党は国共合作として協力していました。
そして、蒋介石による北伐が開始され、北方の勢力との戦いが始まっていました。

日本と中国との関わりですが、まずワシントン会議のときに英米などと協調して中国に関わることになっていました。
協調外交はその流れです。
その上で、日本は張作霖を支援、欧米は国民党に近づきつつも共産党を嫌がっていたため張作霖も認めつつ中国諸勢力とは微妙な距離感、ソ連は共産党を支援しつつも国民党にも注目しているといったところ。

日本は他の列強が一つに絞れていないときに張作霖のみ支援し、うまく英米から文句をいわれないように対応していました。
同時に国民党との関係も極端に悪化させず、内戦にはあまり介入しないように気を配っていました。

一方で張作霖は欧米との関係を構築しつつあり、日本との関係が少し疎遠に。
国民党は欧米の目を気にして共産党と手を切ってしまいます。

また、中国の各地で日本人が襲撃されたり、欧米の権益が脅かされる事件が頻発していました。
国民党の北伐により既存の権益が失われることも恐れられていました。
欧米からは日本に中国の治安維持を期待する国もありましたが、日本は中国に遠慮して介入を控えていました。

このような状況で憲政会の第一次若槻内閣から政友会の田中義一内閣に政権交代します。

この時期の日本の対中国政策にも様々な考え方がありました。

1.極端な積極外交で、英米など無視して武力で一方的に満州を奪う考え。
2.積極外交として、国民党と武力衝突してでも日本の権益を広げようとするが、英米とのある程度の協調は維持。
3.協調外交で、英米とも協調、武力には訴えず国民党とも争わない。それでいて中国での権益は広げたい。

というような感じです。
若槻内閣の協調外交といわれる幣原外交は3。
田中内閣の積極外交のなかでも、外務大臣を兼ねた田中首相は2、外務政務次官の森は1に近いでしょうね。
後に満州事変を起こした関東軍はばりばりの1でしょう。

田中内閣は張作霖が国民党に負けるのを見て、積極外交として日本の権益があった山東半島に出兵して国民党と戦います。
ここで英米から牽制(日本が既存の権益を守るだけならいいが、新たな権益は取るなと)が入ったのと、国民党が山東半島に手を出さないという手打ちがあったので、田中首相は戦いをやめました。

しかし、日本側では二つの問題がありました。
国民党と戦って損傷があったのに権益が増えていないことと、敗者の張作霖を今後も利用するか捨てるかです。

このような中で張作霖爆殺事件が起こり、その処理に失敗して田中内閣は総辞職しました。
で、政権交代で民政党の浜口雄幸内閣となり、幣原外相の協調外交が復活します。
欧米は国民党を支援するようになり、日本は張作霖のような間接的に介入するための手段を失います。
続く民政党の第二次若槻内閣のときも協調外交でしたが、関東軍などが勝手に満州事変を始めてしまいました。
山東出兵のときと異なり、新規の権益の確保となり、英米の理解も得られませんでした。

以上、書き散らしてしまいましたが、
・中国内の諸勢力の力関係や対立・協力関係、
・欧米と中国諸勢力との関係、
・日本に複数あった中国への考えと政権交代のタイミング、
・日本の軍部のそれぞれの動き(日本国内の軍と中国にいた日本軍とでも考えが違う)
なんかが複雑に絡み合っていたので単純な説明ができず理解が難しい時期ですね。

協調外交・積極外交といっても字面ではなく、実態を見たほうがいいでしょうね。
田中義一は積極外交でも英米と協調を放棄まではしていないので。
中国に積極的に介入したかどうか、武力を手段としたかどうかなんかで判断することになるのでしょう。
    • good
    • 0

田中義一内閣の積極外交のことでしょうか?



内閣が替わって外交の担当者がかわったからという答えでいいのかな。
若槻内閣で協調外交を進めていた幣原喜重郎外務大臣から田中内閣で積極外交を進めた森恪外務政次官になりました。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原敬の内閣が日本初の本格的な政党内閣と言われるのはなぜ?

米騒動を経て内閣を組閣した原敬ですが、その内閣は本格的な政党内閣と言われています。これはなぜですか?原敬は党首から首相に選ばれたわけですが、この内閣以前はどうやって首相を選んでいたのでしょうか?天皇が勝手に首相を選んで良かったのでしょうか?大日本帝国憲法下における組閣の仕組みが良くわかりません。選挙によって選ばれた与党の党首が首相になるということはなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

ごきげんよう。



【回 答】
大日本帝国憲法(明治憲法)下では、現在の日本国憲法で定められているように内閣総理大臣が選ばれていたわけではありません。明治憲法が出来た最初の頃は、明治政府を作った「元勲」と呼ばれる人々が交代で内閣総理大臣に就任していました。その後「元勲」のうちの何名かが「元老」として、「次の内閣総理大臣はこの人に」と天皇に推薦し、天皇が任命するのが慣例でした。別に、議会で与党の党首が選ばれていたわけではありません。

さて、そうやって選ばれる内閣総理大臣ですが、予算案や法律案を通して政治を円滑に進めるため、衆議院の多数を占める政党と仲良くする人が出てきます。そういう意味で「政党内閣」の原形は原敬以前に成立していました。

原敬内閣が『初の本格的政党内閣』と呼ばれるのは、原敬が「爵位をもたない」「選挙によって選ばれる衆議院に議席をもつ」「政党『政友会』の党首」であり、原内閣が「陸軍大臣・海軍大臣・外務大臣以外の閣僚はすべて政友会員が就任した」内閣であったことが、「選挙によって選ばれた多数党の党首が内閣総理大臣に選ばれ、閣僚の多数が政党の党員(政党所属の議員)である」という『政党内閣』の定義にほぼ近かったことによるものです。

(上記の「政党内閣」の定義は完全に正確ではない可能性がありますが、だいたいこのような内容だったかと思います)


以下、詳細な説明です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 大日本帝国憲法(明治憲法)下での首相の選定方法

大日本帝国憲法(明治憲法)には、内閣総理大臣の決定方法は記載されていません。

大日本帝国憲法第10条に、「(統治権を有する)天皇が行政を行なう官僚を任免する」ということが書かれています。かといって、天皇が内閣総理大臣を勝手に選んでいたわけでもありません。「宮中・府中の別」という慣例がありまして、天皇は政治の世界には関与せず、行政機関である内閣の決めた方針にもとづいて「YES」と言うだけでした。内閣総理大臣を決める時にも、天皇は、誰かが選んだ内閣総理大臣をそのまま任命するのです。

大日本帝国憲法(明治憲法)
http://www.edogawa-u.ac.jp/~kiuchih/home/statutes/teikokukenpou.html


では、内閣総理大臣の決定方法ですが、

歴代内閣総理大臣一覧
http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/ichiran.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E9%96%A3%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
http://www.promised-factory.com/100years_after/pm/pm-list.html


上の一覧をご覧になればわかりますように、最初は明治維新の功労者であった人々が協議の上、内閣総理大臣や各国務大臣を務めていました。「明治政府を作ったのは俺たちなんだ!」ということでもあり、内閣総理大臣や各国務大臣として明治初期~中期の政治を引っ張っていけるのは、この人々しかいなかったのだと推測されます。

明治維新の功労者達は、明治初期から後期にいたるまで第一線で政治を動かし続け、その後も「元老」という立場で、天皇の諮問に答える形で、国家の政策決定に関与しました。
伊藤博文、黒田清隆、山縣有朋、松方正義、井上馨、西郷従道、大山巌、桂太郎、西園寺公望の九人です。

その主な仕事のひとつが、内閣総理大臣が辞めた場合、次の内閣総理大臣を選ぶことです(ちなみに、法的な根拠はまったくありません)。彼らが選んだ内閣総理大臣を、天皇が任命していました。

元老 - wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E8%80%81

ちなみに、昭和に入って、最後の元老の西園寺公望が死んでからは、天皇の側近で天皇の仕事を助ける役職であった「内大臣」が中心となって「重臣会議」を開いて、内閣総理大臣を選んでいました。

内大臣 - wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E5%A4%A7%E8%87%A3


■ 内角総理大臣と、議会や政党との関係

内閣総理大臣は、別に議会での選挙で選ばれているわけではないので、議会を無視して勝手に政策を決めて政治を行なっていくことができる、・・・というわけではありませんでした。

選挙で選ばれた政党系議員が多数を占める衆議院は、予算案を貴族院より先に審議するので、内閣が政党と対立してしまうと、予算案が議会を通らず、政治が一気に止まってしまうのです(政党を無視して独自に政治を行なおうとす『超然主義』の方針をとる内閣と、衆議院で多数を占める政党が対立して混乱したのが、1890年代の『初期議会』と呼ばれる時期です)。

そういうシステムの中で、内閣総理大臣のなかには、政党に理解を示して協力してもらい政治を行なおうとする人が出てきました。代表的なのは、伊藤博文、西園寺公望、大隈重信などの人物達です。彼らは政党の党首も兼ねていたので、一応、「政党内閣」と言えなくもありません。


では、原敬とその内閣の場合は、彼らと何が違うのでしょうか?

「原敬」個人に対する注目点は3つ
  ○爵位をもたない
  ○選挙によって選ばれる衆議院に議席をもつ
  ○政党「政友会」の党首

「原内閣」のポイント
 ○陸軍大臣・海軍大臣・外務大臣以外の閣僚はすべて政友会員が就任

つまり、「選挙によって選ばれた多数党の党首(衆議院議員)が内閣総理大臣に選ばれ、内閣閣僚の多数が政党の党員(政党所属の議員)である」というところが、『本格的な政党内閣』と呼ばれる意味です。


ですが上で述べた通り、原敬は議会で選ばれたわけではなく、やはり「元老」による推挙によって天皇から任命されています。

原敬が内閣総理大臣に選ばれた理由としては、その前の寺内正毅内閣が米騒動の対応に失敗して総辞職して、政府に対する国民の不満が高まっており、「元老」としても国民の意見を反映した内閣を作らないといけなかったこと、原敬がもともと官僚出身で、内務大臣も務めたこともあって、内閣総理大臣に任命しても行政を行なうのに問題がないこと、そして、原敬は元老や貴族院の勢力とも対立しないで上手くやれる政治家であったこと、などがあげられます。

原敬 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E6%95%AC

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E6%95%AC

ごきげんよう。



【回 答】
大日本帝国憲法(明治憲法)下では、現在の日本国憲法で定められているように内閣総理大臣が選ばれていたわけではありません。明治憲法が出来た最初の頃は、明治政府を作った「元勲」と呼ばれる人々が交代で内閣総理大臣に就任していました。その後「元勲」のうちの何名かが「元老」として、「次の内閣総理大臣はこの人に」と天皇に推薦し、天皇が任命するのが慣例でした。別に、議会で与党の党首が選ばれていたわけではありません。

さて、そうやって選ばれる内閣総理大臣...続きを読む


人気Q&Aランキング