膝のケガで一か月以上もギブスで固定したことによって、関節がかなり硬くなってしまい、屈曲が20度しか曲がりません。
リハビリ開始して1週間が経ちますが、屈曲30度までしか曲がりませんし、リハビリした日は膝が痛いと言うか、だるいです。膝が曲がらないと歩行も不安定です。曲がるようになりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ゆっくりと、少しずつ曲げるを繰り返せば、いずれ曲がるようになりますし、痛さもなくなり、元のように歩けるようになりますよ



焦っちゃダメです、まだ1週間ですし

おだいじにしてください
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

コメントありがとうございますm(._.)m
焦らずに頑張っていきます。
取り敢えず目標は90度です(^.^)

お礼日時:2015/11/12 17:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膝手術後のリハビリについて

膝の靱帯再建手術をし、術後のリハビリを続けていますが痛くて中々思うように曲がりません。
ここの回答に「膝の関節の中に出血をする位の力を掛けられ、注射器で血を抜きながらリハビリをした。関節は使わないと固まってしまう」とありました。
麻酔をしてをする方法もあるとも聞きましたので、出来る事なら痛みを感じないようにしてリハビリをしたいと思っていますが、副作用はないのかとちょっと心配もあります。
どなたか経験された方はいらっしゃらないでしょうか?出来れば専門家の意見もお伺いしたいです。

Aベストアンサー

#1です。医者は「動かす事に機能上問題無い」と言ってるのですよね。それなら関節周辺の軟部組織が固まってるだけなので少しづつストレッチで動かしていけば良いと思います。
麻酔をかけて・・との質問ですが、これはどうかと思います。。どんなに体に良い事でも「限度」と言う物があります。「やり過ぎ」は「悪化」の原因になりかねないと思います。麻酔をかけて痛みが無くなれば「限度」が分かり難くなりますね、痛いを少し超える位の所でゆっくり時間をかけてストレッチをかけていくのが良いと思いますが・・。続ければ必ず動く範囲は広がっていくと思います。焦らないでジックリ構えましょう。どれ位の期間でどれ位の動きが出るようになるか先生に訊ねると良いと思います。お大事に

Q膝の治療・リハビリができる大阪の病院を探しています。

こんにちは、
膝の治療・リハビリができる大阪の病院を探しています。
半年ほど前にスポーツをしていて、「ポキっ」という音がして膝をひねりました。病院で強いねんざと診断を受けましたが、いまだに痛みがあり強い運動ができない状態です。
OKWEBで調べていると、前十字靱帯損傷じゃないかなと自分では思うのですが、一度しっかりと病院で診察をしてもらってリハビリが必要ならリハビリを行い直したいと思います。
大阪で良い病院がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

大阪ではないんですが、兵庫県の須磨にある新須磨病院はどうでしょうか?
この病院はリハビリなどは全国的に有名で、私も足を怪我した際お世話になりました。

全て丁寧に説明してくれます。
どのように治すのか、どのようにリハビリするのか、家ではどういう風に過ごして、自分で出来る治療法など、事細かに説明してくれます。

電車だと大阪から少しの距離なので行きやすいのではないでしょうか?
大阪でなくてすいません。検討してみてください。

QTKA(人工膝関節)のリハビリ

TKAにセメントの使用と不使用では、術後のリハビリでくれくらい差があるのか知りたいです。
部分荷重や全荷重の時期、退院の時期を教えてください。

Aベストアンサー

ちょっと読み返してわかりにくかったので、たびたびの登場で申し訳ありません。

<セメント使用>
メリット:固定力がある。安定性があるため、後に痛みが出にくい。
デメリット:交換することになった場合、交換がしにくい(TKAの寿命は15-20年)

<セメント不使用>
メリット:固定力がセメント使用より劣る。後に緩みが出た場合痛みが出る。
デメリット:TKAの寿命がきた場合、交換がしやすい。

簡単に答えれば以上です。

Q膝前十字靭帯損傷の入院期間とリハビリの内容

高校2年生の女子ですが、
 部活動中に膝を捻り、腫れと痛みがあったので、整形外科で診察を受けました。膝前十字靭帯損傷ではないかとのことで、1週間後MRIの検査をし確認をするとのことでした。
 手術を勧められましたが、入院期間が2週間程度なので今度の夏休みの予約はどうかと訊かれました。
 しかし、受験勉強の時期でもあるため、できれば術後すぐ退院し塾に通いたいと思っています。そこで、次の疑問がありますので、どなたかアドバイスお願いします。
 ・入院中の生活がどうなのか?(ベッドに寝たきり?)
 ・退院後の生活はどうなのか?(リハビリ?松葉杖?)
 ・どの位の期間、通院しなければならないのか?
 ・体育の授業は、いつから出席できるのか?
 ・1年後の3月の手術はできないのか?

Aベストアンサー

No 2の追記です。
‘入院は2週間’・‘手術は夏休み”でよいということは、よくあるケースの膝関節傷害だと想像されます。
この先はあくまでも一般的な経過なのでそのように受け止めていただけたらと思います。
手術後は、ある程度体重をかけられるようになるまで手術をした膝の装具と杖が必要となると思われます。
始めの1~3週間(状況により期間は異なります)は体重をかけることはできないでしょう。その後数週間かけて、体重の25%・50%・・・と体重をかけられるようになり、装具がとれ、杖を手放しして普通の生活に戻って行くのです。(だいたい1~3ヶ月はかかります。これも個人差が大きくあります。)
中学頃から体を鍛えているのでしたら、回復は思ったより早いかも知れません。但し、手術の翌日からやっておかなければならない事があります。
それは、傷めた間接以外の‘正常な間接’をよく動かしておかなければならないということです。
始めはあまり動けないので、正常な間接も動かさず正常なはずの間接が堅くなり動きが悪くなるのです。正常な関節が硬いと負荷をかけるリハビリに進んだ時成果が上がりにくくなることが多くあります。
また発達盛りなので体重を増やさないことが楽にリハビリをするためには大切です。
体育授業は、見学とはいっても記録員をやったりレポートを書いたり、形は違えても登校した日から出席できるのではないでしょうか。
でも、前にも書きましたが仲間に交わりたいためについつい無理をしがちです。無理せずあわてず、お医者さんやリハビリの先生とよくご相談されていただけたらと思います。

No 2の追記です。
‘入院は2週間’・‘手術は夏休み”でよいということは、よくあるケースの膝関節傷害だと想像されます。
この先はあくまでも一般的な経過なのでそのように受け止めていただけたらと思います。
手術後は、ある程度体重をかけられるようになるまで手術をした膝の装具と杖が必要となると思われます。
始めの1~3週間(状況により期間は異なります)は体重をかけることはできないでしょう。その後数週間かけて、体重の25%・50%・・・と体重をかけられるようになり、装具がとれ、杖を手放しし...続きを読む

Q関西でリウマチのリハビリで有名な病院、リウマチのリハビリの医療費について

(1)関西(出来れば大阪)でリウマチのリハビリが出来るところを探しています。
お勧めの病院はありますでしょうか?
リハビリ医のことなどはよくHPなどで見かけますが、リハビリについてはよく解りませんでした。

(2)リウマチの医療費については、何か補助などがでるのでしょうか。最近の医療費の改定で何か変わったり、変わりそうな傾向はありますでしょうか?

私がリウマチなのではないのですが、ぜひ知人の力になりたいと思い書き込みました。
なんでもかまいません。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

2.に付いてですが、「リウマチ」だけでは(範囲が広く)なんとも言えない所です。
実際には症状によって病名が違っていたりもするので、本当の病名が解らないと何とも言えません。

都道府県や市区町村によって補助対象や内容が微妙に事なる部分もあります。
また、病名や年齢にもよるものがあります。
身体障害者手帳の等級による物もあります。
また、収入によっても事なる場合もあります。

詳しくは、上記の事も踏まえて、お住まいの自治体の福祉窓口にお尋ね下さい。

難病認定に指定された病気なら補助は受けられるかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報