困っています、教えてください。
大株主が株を所有する会社で働いても良いのでしょうか?

A 回答 (2件)

質問の内容がわかりません。

何を心配しているのでしょうか?

日本企業の98%までがそういう会社です。
(きっと、確か、多分98% 90%以下では決して無い)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ちょっと不安なだけでした。

お礼日時:2001/06/16 13:03

別に問題はないと思いますが、何か不都合があるのでしょうか。


法的には全然問題ないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q研修時の交通費は課税?非課税?

給与時の交通費の考え方(課税、非課税)について質問です。

通常通勤交通費(車通勤)は、往復距離×@15円で出勤日数を計算し、支給しています。
片道6.5kmの場合、非課税交通費限度額は4,100円になると思います。

例えば15日出勤したとすると、15日×(6.5×2)×15=2,925円の支給となります。
この15日の他に、別の場所で研修があり、その分の交通費=電車代が別途3,000円かかったとします。

この場合、交通費を給与で支払うとすれば、2,925円+3,000円=5,925円となり、
4,100円非課税+1,825円課税、となるのでしょうか。
それとも、2,925円非課税+3,000円非課税=5,925円全部非課税となるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

研修に伴う交通費は通勤手当ではありません。経費処理される旅費交通費に該当します。通勤交通費2,925円は非課税限度内ですので、全額非課税になります。

通勤手当は各企業が独自に設定できますが、非課税限度額を越えた分は課税処理となります。

Q会社の社長が、取締役会の決議無く、自社の株を他の株主から自らの会社の融資によって購入、これって罪じゃないの?

私の会社は、社長と創業者が株を持っています。創業者から社長へ一部売却したことでそうなったのですが、その際の社長の購入資金が、会社から社長個人への貸付でした。貸付について取締役会の議決がありません。いろいろなりゆきがあり、その売買に問題が無いのかな、と疑問をもっております。その融資が無ければ、社長は株を買う事ができなかったようです。法律を調べても今ひとつわかりません。なにとぞお教えください。

Aベストアンサー

 その金額による貸し付けが、取締役会決議を必要とする決議に当たるかどうかは、その会社の規定です。社長決裁だけでよく、取締役会決議を必要としないものだってあります。
 そして、もしもその融資が問題あるものだったとしたら、株主が訴訟を起こすことができます。でもその株主が認めていることなら、それはないですよね。
 融資であって、株主が認めていれば背任でもないし、まして横領でもないのなら、法律的には問題はないのではないでしょうか。

Q年末調整 非課税交通費の記入

給与明細には非課税交通費として交通費を記載しています。
年末調整の源泉徴収簿の総支給額には非課税交通費も合わせた金額を記載するのでしょうか。

Aベストアンサー

源泉徴収簿の総支給額の欄には非課税交通費を除いた金額を記載します。源泉徴収票の「支払金額」の欄にも非課税交通費を除いた金額の合計額を記載します。

Q株式会社の株主総会議事録について、譲渡制限の有無で定時株主総会での議事

株式会社の株主総会議事録について、譲渡制限の有無で定時株主総会での議事録内容に違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

譲渡制限株式の譲渡が株主総会の決議事項である会社(取締役会が未設置の場合)はその譲渡についての決議が必要ですが、それ以外の差異はないはずです。

したがって、議事録の内容にも格別他の会社と異なることはないと思います。

Q交通費の非課税上限について

交通費の非課税上限について
電車・バスなどを利用する場合の交通費非課税の上限は1ヶ月あたり10万円と言うことですが、以下の場合は課税か非課税か教えてください。
・1ヶ月分の交通費は3万円であるが、6ヶ月分がまとめて支給されるため、支給月には18万円が交通費として支給される。よって、支給月だけを見ると非課税上限の10万円を超えている。
 「1ヶ月あたりの上限」の意味が支給した月単位で考えるのか、年間を通して1ヶ月あたりの平均として考えてよいのか分かりません。
 以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ヶ月分の交通費は3万円であるが、6ヶ月分がまとめて支給されるため、
> 支給月には18万円が交通費として支給される。
> よって、支給月だけを見ると非課税上限の10万円を超えている。
> 「1ヶ月あたりの上限」の意味が支給した月単位で考えるのか、
> 年間を通して1ヶ月あたりの平均として考えてよいのか分かり
> ません。
↓このように計算してください。
支給した額18万円 ÷ 対象月数6 = 1箇月当たり3万円

Q株主総会の所有議決権数について

初歩的な質問なんですが、株主の所有議決権数と所有株式数(発行済株式数)はどう違うのでしょうか?

例えば、所有株式数1,000,000株で所有議決権数1,000個というのはどういう意味なんでしょうか?
発行株式が1,000株単位ということでしょうか?

ちなみに、10株券を15枚、50株券を17枚、計32枚発行してしているときは所有議決権数はどうなりますか?
(1株50,000円 計50,000,000円)

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

例であげると
単位株が1000株時は1000株が議決権数は1となります
 1000株未満は議決件がありません

所有株式数1,000,000株で単位株が1000株なので所有議決権数1,000個となります

これ
多分上と別の株ですね
10株券を15枚、50株券を17枚、計32枚発行の時は合算されます(株主が同じ時)

 したがって、1000株となりますので単位株が1000株ならば・・・所有議決権数1個となります
 でも、1株50,000円ならばたぶん単位は1だと思いますので単位株が1ばらば1000個となります

なお、単位株制度が無い時は・・・
株数が所有議決権数となります

単位株は会社によって違います
1株 10株 500株 1000株 3000株
とか色々ありますので
お持ちの会社の単位株を確認下さい
 

Q派遣のバイトしています。 交通費が給料所得になり、課税される派遣会社と、交通費として非課税の派遣会社

派遣のバイトしています。
交通費が給料所得になり、課税される派遣会社と、交通費として非課税の派遣会社があるようですが、これで税金の額に違いがあるのは合法なんでしょうか?
派遣会社に交通費は非課税にして分けて欲しいとお願いできるのでしょうか?

Aベストアンサー

おじさんです。
多くの派遣会社は 時給のほかに 交通費を支給することはあっても 実際の金額に拘らず定額です。徒歩で通勤できる人にも 月3万円かかる人にも 一律5千円くらいです。その場合は、通勤手当ではなく給料とみなされ課税対象です。
人によって 通勤手当を計算するなんて 面倒くさいし 派遣先に請求できませんから する会社は極めてまれです。
お願いしても 基本的に認められません。派遣のシステムは そういうのなのでする。

Q三菱自動車1株当たり株主資本(BPS)

三菱自動車(7211)の17年3月期、連結一株当たり株主資本が、-47円34銭とあります。
連結株主資本は3247億円、連結株主資本比率は20・4%とあります。連結一株当たり株主資本が、マイナスとなるのはなぜなのか分かりません。
また、計算項目等記載があるものがあれば合わせて教えて頂けると、助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

三菱自動車は17年3月期に、普通株式ではなく優先株式をたくさん発行してますよね。その優先株式の発行金額の影響のようです。

1株当たり純資産額の計算式は参照リンクに入れておきました。
このリンク先(6)の控除する金額3です。
17年3月期の有価証券報告書より、分母の普通株式にかかる期末発行済株式数と自己株式数はB/S注記から、分子の期末純資産はB/S、控除3の金額は資本金等明細表や株式等の状況に書いてある情報から、自分で計算できそうです。

参考URL:http://www.azsa.or.jp/b_info/acn/20021011/acn_20021011_4.html

Q交通費の非課税限度額と課税額について

会社で給与計算の担当になって1ヶ月の者です。
給与と一緒に支払われるマイカー通勤の場合の
交通費の非課税限度額について質問なのですが、
決められた非課税限度額以上の額の交通費を
非課税交通費として支払っていた場合、
罰則を科せられることはありますか?

例えば、自宅から会社までの通勤距離が3kmで
会社が支給する交通費が6,000円
そのすべてを非課税交通費として支給していた場合です。

前任の担当者が1年未満でコロコロと変わっており、
どうしてそうなったかまでは把握できていないのですが、
どうぞお力をかしてください。

Aベストアンサー

 支給した通勤手当から非課税分を引いた差額に掛かる
毎月の源泉徴収税額が過少であったということで、
厳密にはその部分につき不納付加算税等が課せられる
ことにはなります。
 ただ国税通則法の規定により、早めに税務署に事情を説明し
て不足分につき納付することで、ペナルティの税金を軽減あるいは
なしにできる場合がありますので、所轄税務署にご相談されること
をお勧めします。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2585.htm

Q株主排除目的の自社株買いについて

数年前、10人の出資者を募って小さな人材派遣会社を作りました。苦労した甲斐もあり、業績も順調に伸びてきました。ところが、ここ数年出資者である株主を集めた総会を開催するたびに会議が紛糾し、私自身もすべて投げ出したくなるほど落ち込んでしまうことも多くあります。原因は、「利益の株主還元」の名のもとに、会社のなけなしの現金をどうにか引き出そうとあれこれ画策するからです。そこで、新会社法の施行を機に(株式会社の資本金制度撤廃)、自社株買いという方法で、出資者に出資金を返し株主でなくしてしまうという方法は合法的ですか。またその場合、他の株主について何らかのメリット・デメリットが生じますか。

Aベストアンサー

自社株の価格算定が必要で、当初出資金と同額では無く、業績も順調であれば、高い価格になっています。
まずは株価の算定が必要です。
顧問税理士が算出してくれると思います。
そういう方であれば、多分、少しプレミアムを乗せないと納得しないでしょう。
これ現金の外部流出となりますので、手持ち現金と相談しながらになります。
他の株主としては、持ち株比率が上がるので歓迎ですが、現金が出るので、その部分はデメリットです。
こういう配当政策に賛成であったら株主のまま、嫌でしたら買い取ります としては如何でしょうか。もしかしたら、煩くなくなるかもしれません。
税理士と良く打合せ後、他の株主への根回しをお忘れなく。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報