『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

とある漫画を探しています、大島弓子さんの作品かもしれませんが見つかりません。絵がなんだか似ていると思うので彼女の作品では?と思うのですが・・・

キャラクターは全てちんちくりんで小人みたいな感じでした。そして主人公はチューリップが大好きな女の子。ふたつお団子の頭で、髪の毛は真ん中で分けてあって前髪がない覚えが・・・確か弟がいたような。大体ワンピースとタイツという恰好でした。とにかく彼女は寝相が悪くて、お嫁に行くまでには直すみたいな事を言っていた覚えが。母親はいなくて、父親しか出てきませんでした。父親は歯医者に行くのが怖い人で、確か家の周りに堀を掘ってそこに水を流して、家の目の前に小さな橋を作ってたはず・・・

唯一の普通のサイズの人間は髪が肩まである成人の男の人で、なんだかいつも寂しそうな感じで夜になると優しくピアノを弾いて主人公の家まで聞こえて、それを聞きながら眠る、みたいな感じでした。

もしかしたら大島弓子さんじゃないかも?彼女のサバの話を一緒に読んでいた気がするのですが、それでごちゃ混ぜになってしまっているのかもしれません・・・

主人公の女の子の絵を思い出しながら描いてみました。あまり上手くないですし、適当です、みません。もっとふっくらしていたかもしれない・・・かも?

最後に読んで10年以上経っているので、全く思い出せません。

「とある漫画を探しています、大島弓子さんの」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

岩館真理子さんの「冷蔵庫にパイナップルパイ」だと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そそそそそれです!ありがとうございます!感謝感激です!
見つかるとは思っていなくて、半分諦めていたのですが
本当に見つかって良かったです、ありがとうございます!

早速買う事にします!本当に感謝してます!

お礼日時:2015/11/16 14:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q岩館真理子さんの作品☆

「うちのママがいうことには」でハマって
今すごく岩館真理子さんの作品を集めようと意欲満々です。
オークションや古本屋さんでちらほら買ったりしましたが
岩館さんの作品は文庫だったりマーガレットコミックスだったり
全集ちっくだったりと、どう買えばいいのかがよくわかりません。
また、初期と今ではかなり違うみたいなので
「うちのママ」や「キララのキ」のような絵柄のものを多く集めたいのですが
どう買えばいいのでしょう?

いまは「うちのママ」ワイド版全5巻
   「子供は何でも知っている」文庫全2巻
   「キララのキ」ワイド 全4巻
   「おいしい関係」マーガレットコミックス全2巻
   「アリスにお願い」大きい本 
   「アマリリス」ワイド 1巻
   「まだ八月の美術館」
を持っています。大きさは片手で支えられるくらいが
いいのですが・・。
変な質問ですが、手伝ってください!!!

Aベストアンサー

高校生の頃、妹から借りて読んで以来10年以上のファン(♂)です。

いまの絵柄、話になったのは『えんじぇる』以降と考えて間違いないと思います。その前の『ガラスの花束にして』とは一線を画した、岩館真理子らしさがはじめて表に現れた作品かと。

しかし、調べてみたところ、マーガレットコミックスはほとんど絶版で入手が難しくなっているようですので、文庫版の自選集で揃えるしかありません。個人的には小さいのは不満ですが(特に『イラストレーションズ』)、やむを得ないか。もちろん、古本でこつこつ揃えられるのならその方がいいかもしれません。

長いキャリアがあるにもかかわらず、この人、いまだに一作一作絵柄が少しずつ変わってます。すごい冒険心。ときには駄作・凡作もありますが(『子供は何でも……』なんかどうでもいいような……)、ツボにはまったときの出来は最高。

つぎは『冷蔵庫にパイナップルパイ』がいいんじゃないですか。文庫版ではひとつ話が追加されてます。絵柄は随分違いますが、楽しめると思います。新しめのところでは『月と雲の間』『薔薇のほお』ですね。


人気Q&Aランキング