タイ語への翻訳をお願いします。

「今日はあなたと再会できた夢をみたんだ!すごく嬉しかった^^」

これをお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ผมเห็นความฝันที่อาจจะกลับมารวมตัวกับคุณในวันนี้! จริงๆผมมีความสุข

    • good
    • 2
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございました(*'ω'*)

お礼日時:2015/11/13 20:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q翻訳お願いします! 翻訳機を使わずに翻訳お願いします! 長文申し訳ないです! どうかお願いします!

翻訳お願いします!
翻訳機を使わずに翻訳お願いします!
長文申し訳ないです!
どうかお願いします!
Cats should be kept indoors and ought to be neutered, according to new guidelines on pet treatment released by the Central Environment Council, an advisory body to the environment minister The guidelines are aimed at raising owners' awareness of their responsibilities so that they don't end up burdening others The head of the Environment Ministry's animal management office says, "Being indoors is actually better for cats' health and safety, and for the well being of the community. When outdoors, cats often get hit by cars. They can also get infected with so-called cat AIDS, leukemia and other diseases. They ultimately live shorter lives." Cats and small dogs cared for at home live as long as 20 years, while stray cats live a mere three years on average.
The problems are not limited to the cats themselves. "Their urine and droppings as well as foul odor and noise often cause problems in the community," the official says. "There are constant complaints. I really encourage owners to get their cats neutered to reduce the number of strays and neglected animals." The number of stray dogs that get taken in has fallen drastically over the past quarter century. In 1975, 529,000 dogs were taken in. But following the introduction of a registration and capture system aimed at preventing rabies, the number plunged to 145,000 in 1999. In contrast, the number of stray cats taken in ballooned from 68,000 in 1975 to 276,000 in 1999. The new guidelines have also stirred debate on animal imports. Hokkaido is overrun with wild raccoons. The North American-bred animals often become violent when they reach maturity and run off, or their owners release them back into the wild, unable to tame or tolerate their pets. In the wild, the raccoons breed extensively thanks to the absence of a natural enemy. This has disrupted Hokkaido's natural cycle, with the raccoons destroying foxes, raccoon dogs and the nests of gray herons.
Another problem is the increase in the number of reptiles, which account for half of all animal imports at about 2 million a year. Following a surge in the animals popularity in the early 1990s, department stores are selling 20- to 30-centimeter baby iguanas for 5,000 yen. But in three years, the iguanas grow to about 1 meter, and in five years can be as long as 2 meters. Pet shops are inundated with calls from irresponsible owners, asking the stores to take their iguanas back. Akira Yamauchi of the Yamauchi Iguana Research Laboratory, who gives advice online about iguana care, has taken in a number of the unwanted pets, and the lab now has 10 iguanas more than 2 meters long. "I can't take in any more," he says "To keep iguanas in a room, I have to keep the temperature above 30 degrees. The heating costs alone are bankrupting me. I hope both iguana sellers and buyers will study the reptiles' habits and take responsibility for their actions.

翻訳お願いします!
翻訳機を使わずに翻訳お願いします!
長文申し訳ないです!
どうかお願いします!
Cats should be kept indoors and ought to be neutered, according to new guidelines on pet treatment released by the Central Environment Council, an advisory body to the environment minister The guidelines are aimed at raising owners' awareness of their responsibilities so that they don't end up burdening others The head of the Environment Ministry's animal management office says,...続きを読む

Aベストアンサー

終日立て続けに長文を連投してますが、この分量をただでやってもらうのは非常識ですよ。原稿にも一貫性ないし、何者なんですか?

Q英語訳してください! あなたの後ろに私が作った折り紙が!! 私は嬉しいです!! を、お願いし

英語訳してください!


あなたの後ろに私が作った折り紙が!!
私は嬉しいです!!


を、お願いします

Aベストアンサー

I can see the origami work I made behind you!
What a pleasure!

Qどなたか翻訳お願いします! 翻訳機を使わずにお願いします! 長文申し訳ありません A recent

どなたか翻訳お願いします!
翻訳機を使わずにお願いします!
長文申し訳ありません
A recent study by the National Institute of Population and Social Security Research (Pss) found that in 2006, for the first time, one-person households were the most common living arrangement in Japan, outnumbering couples with children. In 1980, one-person households were just 20 percent of the total in Japan, but this figure rose to 30 percent in 2006 and is expected to pass 37 percent in 2030, according to IPSS predictions. The trend looks set to continue, says Toru Suzuki, a researcher at IPss, as the population ages and birthrates remain low. For now, most of those living solo are young and single, with under-40s making up 42 percent of such households. Suzuki points to changes in family life such as the decline in marriage and fertility rates, increasing divorce rates, and more unmarried people living alone in urban areas as key reasons for this shift.
"Spreading urban lifestyles may also make living alone easier," Suzuki says. "There could be an increase in the preference to live alone among currently unmarried people." The situation is most striking in Tokyo, where almost 43 percent of households contain just one person, according to the 2005 national census. Elsewhere in Japan, such homes are Just 17 percent of the total.

どなたか翻訳お願いします!
翻訳機を使わずにお願いします!
長文申し訳ありません
A recent study by the National Institute of Population and Social Security Research (Pss) found that in 2006, for the first time, one-person households were the most common living arrangement in Japan, outnumbering couples with children. In 1980, one-person households were just 20 percent of the total in Japan, but this figure rose to 30 percent in 2006 and is expected to pass 37 percent in 203...続きを読む

Aベストアンサー

国立人口社会安全研究所による最近の研究は、2006年に初めて一人暮らしの世帯が日本で最も一般的な生活所帯となったことを発見した、夫婦と子供1人という所帯の数を越して。1980年間には、一人暮らし所帯は日本では全ての中のたった20%だったが、この数字は2006年には、30%まであがり、IPSSの予想では、2030年には、37%を超えるのではと予測されている。この傾向は続いていくようどある、とIPSSの研究者である鈴木とおる氏は言う。人口は高齢化していくし、出生率が低いままなので。今のところ、1人暮らしをしている人のほとんどは、40代以下の若い独身の人で、1人暮らしの所帯の42%を占める。鈴木氏は、家庭生活の変化を指摘する、結婚と出生率の減少や、増える離婚率、そして都市部の独身所帯が増えていることがこの変化の主な理由である。

都市部の生活洋式の普及もまた、1人暮らしを楽にさせている、と鈴木氏は言う。「1人暮らしを好む人の数は現在独身の人達の間で増加するだろう」と。このような状況は、東京に最も顕著である、そこでは世帯のほぼ43%が1人である。2005年の国勢調査によると。日本の何処でもそのような家庭は、全部で17%であるのに対して。

国立人口社会安全研究所による最近の研究は、2006年に初めて一人暮らしの世帯が日本で最も一般的な生活所帯となったことを発見した、夫婦と子供1人という所帯の数を越して。1980年間には、一人暮らし所帯は日本では全ての中のたった20%だったが、この数字は2006年には、30%まであがり、IPSSの予想では、2030年には、37%を超えるのではと予測されている。この傾向は続いていくようどある、とIPSSの研究者である鈴木とおる氏は言う。人口は高齢化していくし、出生率が低いままなので。今のところ、1人暮らしをしてい...続きを読む

Qすいません。翻訳お願いします! 翻訳機使わずお願いします! 助けてください。 長文申し訳ありません。

すいません。翻訳お願いします!
翻訳機使わずお願いします!
助けてください。
長文申し訳ありません。

The two students in Southern California had just been introduced to each other during an experiment to test their "interpersonal chemistry." The man a graduate student, asked the undergraduate woman what her major was. Spanish and sociology," she said. "Interesting," he said. "I was a sociology major." "My passion has always been spanish, the language and the culture. I love traveling and knowing new cultures and places."
Gian Gonzaga, a social psychologist, could see possibilities for this couple as he watched their recorded chat on a television screen.
Once upon a time, finding a mate was considered too important to be entrusted to young people under the influence of hormones. Their parents supervised courtship, until customs changed in the West because of what was called the Romeo and Juliet revolution.
But now some social scientists have rediscovered the appeal of adult supervision
ーprovided the adults have doctorates and vast amounts of psychometric data. Online matchmaking has become a boom industry as rival scientists test their algorithms for finding love.
One of the leading companies, eHarmony, does not allow its online customers to browse for their own dates. It requires them to answer a 258-question personality test and then picks potential partners for them.
Its algorithm was developed a decade ago by Galen Buckwalter, a psychologist who had previously been a research professor at the University of Southern California. Drawing on previous evidence that personality similarities predict happiness in a relationship, he administered hundreds of personality questions to 5,000 married couples and correlated the answers with the couples' marital happiness as measured by a survey.
The result was an algorithm that matches people on 29 "core traits" like social style, emotional temperament, and relationship skills. "Our models emphasize similarities in personality and in values," Dr. Buckwalter said. "It's fairly common that differences can initially be appealing, but they're not so cute after two years. It's just much easier for people to relate i they don't have to negotiate lots of differences.
So far, the company has not produced much scientific evidence that its system works. It has started a study comparing eHarmony couples with a control group and Dr. Buck walter says it is planning to publish the research results, but not the details of its algorithm.
Until outside scientists have a good look at the numbers, no one can know how effective their algorithm is, but one thing is already clear. People aren't so good at picking their own mates online. Researchers who studied online dating found that the customers typically ended up going out with fewer than 1 percent of people whose profiles they studied, and that those dates often ended up being huge letdowns.
The new matchmakers may or may not have the right formula. But their computers at least know better than to give you what you want

すいません。翻訳お願いします!
翻訳機使わずお願いします!
助けてください。
長文申し訳ありません。

The two students in Southern California had just been introduced to each other during an experiment to test their "interpersonal chemistry." The man a graduate student, asked the undergraduate woman what her major was. Spanish and sociology," she said. "Interesting," he said. "I was a sociology major." "My passion has always been spanish, the language and the culture. I love...続きを読む

Aベストアンサー

南カリフォルニアで2人の学生が互いの「人間の相性」をテストする実験に今導入されました。男性は大学院生で、大学生の女性に彼女の専攻がなにか尋ねました。「スペイン語と社会学よ」彼女が言いました。「面白いね」と彼。「僕は社会学専攻だったんだ。」「私はずっとスペイン語、その言語や文化に夢中なの。旅行して新しい文化は場所を知ることが大好きなのよ。」
社会心理学者のジアン・ゴンザーガは、テレビ画面で記録されたチャットを見たかのようにこのカップルの可能性を見ることができました。
かつては、パートナーを見つけることは非常に重要なことなので、ホルモンの影響下にある若い人たちに託すことはできないと思われていました。ロミオとジュリエット革命と呼ばれたものの為に、西洋では慣習が変化するまで両親が求愛を監督していたのです。
しかし現在一部の社会科学者は、この大人の監督の魅力を再発見したのです~その大人たちが博士号と膨大な量の精神測定データを持っていた場合に。オンライン結婚仲介はブーム産業となり、ライバルの科学者たちは恋人を探すアルゴリズムを検証しています。
このブームを牽引する会社の一つであるイーハーモニーは、オンライン顧客に彼ら自身のデータを閲覧させることを拒否しています。顧客に対して258の性格テストを実施してそれから潜在的に適した相手を選ぶのです。
そのアルゴリズムは、心理学者であり、かつて南カリフォルニア大学の特任教授(※大学で講義を持たず研究だけに専念できる教授)であったガレン・バックウォルターによって10年前に開発されました。性格の類似性で人間関係における幸せは予測できるという過去の証拠に基づいて、彼は5000人の夫婦に何百もの性格に関する質問を行い、アンケートによって査定した夫婦の結婚の幸せと質問の答えを関連付けました。
その結果が、ソーシャルスタイル(※外から見えるその人の態度を観察して、4つのタイプに分類したもの)、感情的な基質、そして人との結びつく能力のような29の「コアな特性」で人々をマッチさせるアルゴリズムでした。「私たちのモデルは性格と価値観の点で類似性が強調されています」とバックウォルター博士は言いました。「互いの違いは当初魅力的であっても2年もたつともうそうでなくなるというのはかなり一般的なことです。たくさんの違いを調整する必要がなければ、人に関係を持たせるのはもっとずっと簡単なのです。」
これまでのところ、会社(=イーハーモニー)は、そのシステムが効くというそれほど科学的な証拠を発表はしていません。イーハーモニーで知り合ったカップルとそうでないグループを比較する研究ははじまっており、バックウォルター博士は、アルゴリズムの詳細ではないが、研究結果の公開は予定していると述べています。
外部の科学者が数値をよく見るまでは、誰も彼らのアルゴリズムがどれほど有効なのかどうか知ることはできませんがひとつだけすでに明らかなことがあります。人々は自分の相手をオンラインで見つけるのが得意ではないということです。オンラインデートの研究者が、顧客は自分たちがプロフィールを見た人の1%足らずとだけデートして終わるのが典型的だということを発見したのです。
新しい結婚仲介業者は(恋愛の)正しい公式を持っているかもいないかもしれません。しかし彼ら(=結婚仲介業者)のコンピューターは、あなたが望む相手をあなたよりも知っていても与えてくれるとは限らないのです。

南カリフォルニアで2人の学生が互いの「人間の相性」をテストする実験に今導入されました。男性は大学院生で、大学生の女性に彼女の専攻がなにか尋ねました。「スペイン語と社会学よ」彼女が言いました。「面白いね」と彼。「僕は社会学専攻だったんだ。」「私はずっとスペイン語、その言語や文化に夢中なの。旅行して新しい文化は場所を知ることが大好きなのよ。」
社会心理学者のジアン・ゴンザーガは、テレビ画面で記録されたチャットを見たかのようにこのカップルの可能性を見ることができました。
かつては、...続きを読む

Q英語に翻訳してください!!お願いします!翻訳アプリとかは使わないでください! もし、よろしければ

英語に翻訳してください!!お願いします!翻訳アプリとかは使わないでください!


もし、よろしければたまにメッセージを送ってもいいですか?

Aベストアンサー

If you'd like,may I occasionally send you a message ?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報