【中国人観光客】日本に来日する中国人観光客が急減しているそうです。

来年度予測では中国人観光客が日本に観光に来る人数が2割減になると分析結果が出ています。

2015年がピークでその後8割に落ちると予想されていますがこれはなぜなんでしょう?

なぜ中国人観光客が日本に来なくなるのでしょう?

日本に興味があった中国人は大体が来て、次は違う国に行く?

中国が不況になるから中国人観光客が激減すると分析している経済アナリストは間違っていると思います。

どうも中国人は日本より行きたい国がある?ように思います。

シンガポールとか?

中国人観光客の1番人気の海外旅行先は日本が1位じゃない?

中国人の海外旅行トップ5を教えてください。

日本は1位ではないですよね?

2位の国に中国人観光客が総取りされる勢いで伸びているのか3位以下の国で爆進している国があるのか?

どう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

中国は、国民が自由な行動を出来ていません。



政治的な意図によって操られていますので、国民が行きたいかどうかではなく、国の政策次第です。

少し前に尖閣の件でいざこざがあった時に中国人観光客が激減したのは記憶に新しいと思います。

日本の魅力自体は増していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2015/11/15 12:12

・経済成長の鈍化


・汚職追及の強化
・ネット通販の普及 <-特に日本製品を扱う信頼の出来る業者の進出

調査主体が、どこの国の誰かによって数値は変わる
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qがん治療の保険適用について

 がん治療についてわからないことがありまして質問いたします。
 最近、がん保険のCMをよく見かけます。普通に考えて、がん治療が全て保険適用内の治療であれば、公的保険の場合、高額療養費制度があるので、月8~10万円ほどの自己負担ですむと思います。ですから、CMにあるような、数百万円~数千万円の治療代がかかります、というのはオーバーな気がします。
 しかし、未承認の抗がん剤治療の場合は保険適用外のため、それを使用する場合は混合治療が認められない現実の中、全ての治療が自己負担でそれくらいの高額の治療代がかかることもわかります。
 ただ、患者の方は、治療に使われる抗がん剤等が保険適用のものか保険適用外のものかわからないと思うし、どちらが効き目があるものかも当然わかりません。
 それでもこのように高額の治療代がうたわれているのは、医者側で保険外適用の治療を勧めている現実があるのでは、と思うのですが。
 それとも、保険適用の抗がん剤は、がんに効き目が薄いという現実もあるのでしょうか?
 もしそうならば、民間のがん保険には入っておいたほうがいいと思うのです。
 がん治療の実態がよくわからないため、その辺に詳しい方のご回答をお待ちしております。

 がん治療についてわからないことがありまして質問いたします。
 最近、がん保険のCMをよく見かけます。普通に考えて、がん治療が全て保険適用内の治療であれば、公的保険の場合、高額療養費制度があるので、月8~10万円ほどの自己負担ですむと思います。ですから、CMにあるような、数百万円~数千万円の治療代がかかります、というのはオーバーな気がします。
 しかし、未承認の抗がん剤治療の場合は保険適用外のため、それを使用する場合は混合治療が認められない現実の中、全ての治療が自己負担でそれくらい...続きを読む

Aベストアンサー

内科医です。
がん保険の会社のサイトがどうもわかりにくいいのですが、たぶん給付が降りるのは厚労省が認めた先進医療だけではないでしょうか。重粒子線治療などが有名です。こういう治療の対象になる方は癌の中でもごく一部です。胃癌、肺がん、大腸癌、食道癌といったよくあるものにはまず、使われません。
未承認の抗がん剤に関しては保険診療に関しては質問者の方のいうとおりで、混合診療の禁止で本来はすべてが実費になりますが、これは先進医療特約はカバーしていないでしょう。ただ、実際は未承認の薬を実費を請求して使うことはまずありません。大学病院などでは治験として会社から無償で提供されるか、さもなくば研究費として大学側が負担します。また、現在有力な抗がん剤はほとんど認可されていますので、未認可の薬でいまある薬よりすごく有効というのは実はあまりありません。最近は薬屋さんがマスコミを巻き込んでほんのわずかな延命効果でもあれば「有望な新薬」と宣伝するので、患者さんが勘違いするのです。ちなみに高度先進医療もほんとうは「実験的でありもひとつ効果が実証されていない医療」というのが本来の意味で、別に保険で認められた実証済みの医療より良いとわけではありません。

取り留めなくなってしまいましたが、はっきり言いましょう。保険会社は商売です。不安をあおって売り上げを増やしたいのだ。と。

注意:先進医療特約がどこまで保障するのか正確には私は知りませんので約款で確認してください。

参考URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/10166/

内科医です。
がん保険の会社のサイトがどうもわかりにくいいのですが、たぶん給付が降りるのは厚労省が認めた先進医療だけではないでしょうか。重粒子線治療などが有名です。こういう治療の対象になる方は癌の中でもごく一部です。胃癌、肺がん、大腸癌、食道癌といったよくあるものにはまず、使われません。
未承認の抗がん剤に関しては保険診療に関しては質問者の方のいうとおりで、混合診療の禁止で本来はすべてが実費になりますが、これは先進医療特約はカバーしていないでしょう。ただ、実際は未承認の薬を...続きを読む

Q来日する台湾人観光客のホームページ

台湾人観光客が日本に来て
どんなところに興味があって
それをみて、どう感じているのか、また、それを
ネットで写真を中心にして公開している
ホームページやブログがあれば
教えてほしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

台湾のYahooで「日本 旅遊記」と検索しました。
参考にしてください。
http://tw.search.yahoo.com/search?fr=yfp&ei=UTF-8&p=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%80%80%E6%97%85%E9%81%8A%E8%A8%98

参考URL:http://tw.search.yahoo.com/search?fr=yfp&ei=UTF-8&p=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%80%80%E6%97%85%E9%81%8A%E8%A8%98

Q免疫療法(がん治療)の医療費と保険について

がん治療での免疫療法及び、それにかかる費用、生命保険などからお金が下りるかどうかを教えてください。

<経緯>
2007年に母が乳癌末期と診断され、2009年にかけて癌が転移していたため他界しました。
私は母と10年以上別居状態にあり、当時、私自身が身体を壊して就業不能となり通院していたため、私自身は母の世話をすることができませんでした。
20年近く母と親しくしている母の知人(男性)A氏の希望で「免疫療法をしたい」とのことで、同意を求められました(その際、A氏は母のために、医療費支払い可能な給与の職業に就かれた後でした)。
私1人では抗ガン剤による延命治療しか選択できない状況でしたし、A氏へは感謝していますが、その後(私が身体を壊して以降)A氏からの連絡が全くなく、母が危篤状態になって初めてA氏からの連絡が来た状態のため、母が結局どんな治療を受けたか等、かかった医療費も含めて全てわかりません。
なお、私自身は体調も含め、精神的にA氏に連絡を取れるような状態ではありませんでした。

<質問1>
私の記憶が正しければ、1クール(1週間か1ヵ月かは記憶が定かではありません)40万円の保険外治療だったかと思います。
2年間その治療をしていたかは不明ですが、仮にそうだとして、免疫療法とは基本的に全額自己負担なものなのでしょうか?
<質問2>
がんと診断され、免疫療法になった場合に生命保険などからお金が下りるケースはありますか?
※母が加入していた保険は県民共済以外は不明です。
<質問3>
免疫療法を選択せずに、抗ガン剤治療のみで行った場合の医療費は概ね幾らになるものなのでしょうか?

母が他界した今、母に関わる事柄を整理しておりますが、母がA氏と半同居状態にあったため、遺品や遺言等の母の所持品が全てそちらにあります。
赴いて整理したいと考えましたが、A氏の代理人弁護士より遺産等の通知がきたため、直接連絡が取れない(取ってはいけない)ような状況です。
通知書には、遺産の結果と思われる部分・遺言の一部・負債、という簡潔な箇条書きの文書のみで、詳細は一切記載されておりません。
ややこしいことに、生前、母が私に「A氏に1500万円貸していて返済していただく誓約書をもらった」と言い残していたため『母が本当にA氏にお金を貸していたのか・A氏は母の医療費に幾ら支払ったのか』が不明(通知書に記載されていない)で、遺産の整理がつきません。

私としては、A氏にはお世話になりましたし、母が仮にお金を貸していたとしてもこだわるつもりはないのですが、母と同居していた母方の祖母(持病あり)が介護施設に入居するに当たり身元保証人になることを考えているため、費用のことも考えて結局のところお金の整理をせざるを得なくなりました。

どうぞよろしくお願いいたします。

がん治療での免疫療法及び、それにかかる費用、生命保険などからお金が下りるかどうかを教えてください。

<経緯>
2007年に母が乳癌末期と診断され、2009年にかけて癌が転移していたため他界しました。
私は母と10年以上別居状態にあり、当時、私自身が身体を壊して就業不能となり通院していたため、私自身は母の世話をすることができませんでした。
20年近く母と親しくしている母の知人(男性)A氏の希望で「免疫療法をしたい」とのことで、同意を求められました(その際、A氏は母のために、医療費...続きを読む

Aベストアンサー

質問1 免疫療法とは基本的に全額自己負担なものなのでしょうか?
(A)基本的に保険外治療なので、全額自己負担となります。

質問2 免疫療法になった場合に生命保険などからお金が下りるケースはありますか?
(A)がん保険に契約していれば、がんと診断された時点で、診断給付金。
医療保険(県民共済を含む)やがん保険に契約していれば、
入院治療をした日数に応じて、入院給付金が支払われます。
また、免疫療法は、通院での治療が多いのですが、通院の場合、
通院治療の保障のある保険でなければ、給付金は支払われません。

質問3 免疫療法を選択せずに、抗ガン剤治療のみで行った場合の医療費は
概ね幾らになるものなのでしょうか?
(A)単純に計算できるものではありません。
高額療養費制度もあります。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
それでも、年間100万円以上かかったという話も珍しくありません。

その他……
御母堂様が生命保険に契約されておられたのならば、死亡保険金が受け取れます。

遺産については、相手方の弁護士の方に説明を求めてください。
内容がわからない、納得できないならば、質問者様も質問者様の弁護士を雇って、
相談してください。

質問1 免疫療法とは基本的に全額自己負担なものなのでしょうか?
(A)基本的に保険外治療なので、全額自己負担となります。

質問2 免疫療法になった場合に生命保険などからお金が下りるケースはありますか?
(A)がん保険に契約していれば、がんと診断された時点で、診断給付金。
医療保険(県民共済を含む)やがん保険に契約していれば、
入院治療をした日数に応じて、入院給付金が支払われます。
また、免疫療法は、通院での治療が多いのですが、通院の場合、
通院治療の保障のある保険でなけ...続きを読む

Q中国人観光客

日本に観光に来てる中国人は、飲食店を検索する時どんなグルメサイトを見てるんでしょうか?
ご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ホットペッパーグルメ」です。 「ホットペッパー グルメ」は日本の飲食店情報サイトで初めて、3億人以上の会員を持つ中国の決済アプリ『Alipay』と連携し、中国からの訪日観光客向けに東京・大阪・京都の飲食店情報を提供しています。

Q中国人の健康保険について

日本の方に対して質問するのは、おかしいかもしれませんが、分かる方またご経験者の方教えてくださればと思います。

私(日本人)は現在、中国の上海に住んでいます。
妻は中国人ですが、仕事をしていません。(戸籍は中国の農村です)

妻は、日本でいう健康保険の対象者ではありません。
毎回通院時に病院で、高い治療費と薬代(1万円~3万円)を支払っています。

「四金」という制度が中国にはあり、それに健康保険の類も含まれるそうです。
ただし、「四金」は一般企業に勤めている人間+条件を満たした人間が加入できるそうです。
※条件を満たしたという部分については以下で質問します。

そこで以下質問です。
(1)中国農村の戸籍の人間が、一般企業に勤めた場合、四金に加入できますか?
(農村出身以外の人間であれば四金に加入できると聞いたことがありました。)

(2)このように仕事をしていない、農村出身の妻が健康保険のようなものに入る(毎回の治療費負担が安くなれば良いです)には、何か方法はありますでしょうか。

中国の事で、しかも専門的分野になってしまいますが、ご存知の方、是非教えてくださればと思います。
よろしくお願いします

日本の方に対して質問するのは、おかしいかもしれませんが、分かる方またご経験者の方教えてくださればと思います。

私(日本人)は現在、中国の上海に住んでいます。
妻は中国人ですが、仕事をしていません。(戸籍は中国の農村です)

妻は、日本でいう健康保険の対象者ではありません。
毎回通院時に病院で、高い治療費と薬代(1万円~3万円)を支払っています。

「四金」という制度が中国にはあり、それに健康保険の類も含まれるそうです。
ただし、「四金」は一般企業に勤めている人間+条件を満たした人...続きを読む

Aベストアンサー

保険の名前は適当(忘れた…)のでその点ご了承ください。また制度が変わっている可能性も否定できませんので、お含み願います。

(1)農村出身者が就職し保険に加入しようとしても、農民保険(給料基準で掛け率があり、職務賃金から実際には80元以下)に入れられてしまいます。これを回避するには、高級人材として雇用されレベルが1つ上の保険に入れてもらうことです。多分こちらが「四金」かと。

(2)中国の健康保険は地方政府がその中心におり、その保険費用を取りまとめているのはその政府となります。したがってお住まいの区域の政府方針によって内容は変化します。市内全体がカバーされている場合もありますが、区域ごとに(料率も)違う場合もあります。仕事をしていない場合、地方政府がその人たち(○市民、×域内の住人)に健康保険の適用を行えばそれらを受けられますが、そうでない場合は残念ながらありません。

養老保険については民間保険会社で手配できるようですので、健康保険についても何らかの商品が出ているかもしれません。お調べになってはいかがでしょうか。

Q訪日外国人観光客向けの、日本の観光ガイドブックを探しています。

訪日外国人観光客向けの、日本の観光ガイドブックを探しています。
日本の観光地のお勧め情報などが載っているガイドブックをたくさん置いている本屋はありますでしょうか?
できれば東京近辺で見つけられるとありがたいです。

情報をお持ちの方、いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

東京駅八重洲口から徒歩数分のところにある八重洲ブックセンター
http://www.yaesu-book.co.jp/ybc-shops.html

同じく東京駅八重洲口から徒歩数分のところにある
丸善日本橋店
http://www.maruzen.co.jp/corp/shop/nihombashi.html
などに大きな洋書コーナーがあるよ。

新宿、池袋にも大きな洋書コーナーがあり。
ジュンク堂 池袋本店 (洋書は9F)
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-ikebukuro.html

こうゆうところにおいてある観光ガイドブックは、たいてい
ゲイシャとかニッコウとか、マウントフジとか、日本の伝統を
ことさらに強調する変な本ばかりだけどね。

観光の本じゃないけど、個人的にはタウンページの英語版が便利かも。日本の主要交通機関、病院、各種機関などの説明が英語で書いてあります(NTTの116で聞いてください。以前は無料だったけど、今は有料になっているはず)。

Q中国人の保険の事で教えて下さい。

中国の知人ですが現在会社に勤めていますが
今日本への在留資格を申請中でが在留資格が取れましたら日本に住む事に成ります。
現在会社の保険に加入しておりますが 日本に住む事に成ったときは保険はどのように
成りますか例えば日本の国民健康保険に加入するとか です
よろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

>今日本への在留資格を申請中でが在留資格が取れましたら日本に住む事に成ります。

日本人と条件は同じです。

Q中国人の来日

南京市にhideファンのメル友(24歳女性)がいます。
今年9/25にhideミュージアムが閉館するので
それまでに日本へ来る方法を調べています。

彼女が調べた処では以下3通りのビザがあるそうです。
1観光ビザ
2訪問(親戚又は友人)ビザ
3商業ビザ
今回取得可能なのは1または2だと思うのですが、
目的が目的なので、行動制限のある1ではなく
2の訪問ビザがベストだと思っています。

外務省HPで手続きや条件について調べた処
訪問ビザの場合は身元保証人が必要なようです。

これまで身元保証人になった事がないので
分からないのですが、滞在者の全行程に
同行できなくても、保証人になれるのでしょうか?

また、保証人になった場合、考えられるリスクは
どのようなものがあるのでしょう?
例えば来日する中国人が逃亡または事故にあった場合、
保証人が負わされる責任にはどんなものがありますか?

彼女の希望をかなえる為に
できるだけの事をしたいと思っています。
アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1、#2の方の回答で出尽くしていますので、蛇足とお考えください。もしポイントを発行するのであれば、#1と#2の方へお願いします。

あなたが保証人になることは可能ですが、それをご友人が持って日本大使館で短期査証の申請をした場合、認められる可能性は低いと思います。

ご自分が、日本大使館領事部員であったと仮定してみてください。結構いい大学を卒業した頭の硬い30代後半男性、もしくは入管で入国警備官を務め、ご褒美の感もある大使館領事部へ異動した30代男性、さて彼らは申請をどう見るか想像してみてください。
・メル友って、会ったこともないんだね。日本人の保証人は会いにきたこともないみたいだよ。
・hideって誰?(恐らく彼らはこう思います)
・何か不法就労しに行くように見える。
・日本人保証人は利用されているのかな。
恐らく、上記のように見ます。逆に申請人が50代後半以降であれば、「隠居してますので収入はありません。日本に桜を見にいきます。開花日は不確定なので、帰国日は決めていません」で通ります。そんな馬鹿な、とお思いでしょうけど、リアリティってそんなものです。実際、私はそういう招聘状で外国人妻の両親を来日(短期滞在)させました。嘘も言って(書いて)ませんし、超過滞在もさせていません。

ご友人を目的のとおり来日させるのであれば、hideミュージアムを訪ねるツアーを探すか、作るか(中国側の旅行社に主催させれば不可能ではありません。参加者が増えれば単価は下がります)することが、最も近道でしょう。

#1、#2の方の回答で出尽くしていますので、蛇足とお考えください。もしポイントを発行するのであれば、#1と#2の方へお願いします。

あなたが保証人になることは可能ですが、それをご友人が持って日本大使館で短期査証の申請をした場合、認められる可能性は低いと思います。

ご自分が、日本大使館領事部員であったと仮定してみてください。結構いい大学を卒業した頭の硬い30代後半男性、もしくは入管で入国警備官を務め、ご褒美の感もある大使館領事部へ異動した30代男性、さて彼らは申請をどう...続きを読む

Qがん治療(通院)について

がん治療について教えてください。

一般論でお答えいただければと思います。

がん治療をする場合、どれくらいの通院頻度となるのでしょうか。

また治療期間も一般的にはどれくらいみればよろしいでしょうか。

また、1回の治療の時間はどれくらいかかるのでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

がんで通院治療をする場合、最も多いのは、
放射線と化学療法(抗がん剤など)でしょう。

放射線の治療自体は、あっという間ですが、準備などを考えると、
1時間ほどは見ておいた方が良いでしょう。

抗がん剤の治療は、点滴の時間に左右されます。
一時間~数時間程度を考えてください。
万一、副作用がでれば、もっと時間がかかる、または、
様子を見る為に入院ということもあります。

飲む抗がん剤の場合には、診察と処方の時間でしょう。

回数は、それぞれの治療方法で異なります。
例えば、抗がん剤の点滴を、2週間に一度、12回とか、
3週間に一度、18回とか……
治療方法によって異なるの一概には言えませんが、
上記のように、治療計画によって治療されます。

風邪の治療のように、「よくなったら、来なくても良いよ」という
治療方法とは、根本的に異なります。

一つの例として……
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/HCN.pdf
これをご覧になって、イメージをしてください。

Q外国人観光客

日本で一番外国人観光客が多いところはどこですか?

Aベストアンサー

国際観光振興機構の公式調査です。ただし2007年の発表です。
http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/pub_houmonchi.pdf 

京都が3位なのが意外ですが、そのすぐ上の2位が大阪であるのは、訪日外国人の多数を占める中国人と韓国人が関空に最初に到着する、あるいはここから帰国することが多いのが理由でしょう。

日本旅行業協会の調査結果もあります。これは昨年までの4年間の統計です。
http://www.jata-net.or.jp/data/inbound/04.html 

東京や横浜、箱根や日光などのある関東、大阪・神戸・京都や奈良などの観光資源の多い関西がひときわ多いのは当然ですが、九州、特に福岡も善戦しています。これは海路、空路で極めて近い韓国人旅行者の多さが原因です。

都市別・地区別では2009-2010年の調査統計を国際観光振興機構が発表しています。新宿がトップですね。
http://ameblo.jp/3600824/image-10783053386-11012136973.html

今年の結果はまだ先の発表でしょうが、竹島と尖閣諸島の争いが原因で中・韓旅行客が激減していますから、昨年までと大きく変わる可能性があります。

国際観光振興機構の公式調査です。ただし2007年の発表です。
http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/pub_houmonchi.pdf 

京都が3位なのが意外ですが、そのすぐ上の2位が大阪であるのは、訪日外国人の多数を占める中国人と韓国人が関空に最初に到着する、あるいはここから帰国することが多いのが理由でしょう。

日本旅行業協会の調査結果もあります。これは昨年までの4年間の統計です。
http://www.jata-net.or.jp/data/inbound/04.html 

東京や横浜、箱根や日光などのある関東、大阪・神戸・京都や奈良などの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報