プロが教えるわが家の防犯対策術!

宗教を信じる人々は神の存在を信じています。しかし、神の存在を信じることは人類のためになるのでしょうか。数学者であり哲学者の故バートラン・ラッセルは幼少にキリスト教の洗礼を受けましたが後に無神論者になりました。理由は”人々は神が生き物を造ったと言うが、では神は誰が造ったものなのかと問いかけても答えられないからだ”と言っています。有史以来神の名のもとに恐ろしい程の人々が殺害されてきました。ムハンマドとキリストは同じ神に教えを受けていたのに、広めた考えは水と油です。矛盾を感じます。太古には神の存在を信じることは人々の心を癒やしたでしょう、現在はどうでしょうか、一部の金持ちが利用しているように思えてなりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

私も宗教は人類を不幸にしてきた元凶だと思います。

靖国は国家信教そのものだったので、時の権力が宗教と結びついていたのも歴史的な事実だと思います。
パリの同時テロは、宗教的な見方をすると、先祖がアラブの民に対して行った数々の犯罪行為に対して、子孫が罰を受けさせられたと言えなくもないと思います。

 ユダヤ教を親として生まれたのがキリスト教とイスラム教だとすれば、兄弟同士が憎みあうだけではなく、その兄弟が親を虐待していると考えるとわかりやすいと思います。
 キリスト教は、科学の進化とともに教義の解釈を巧みに変えて洗練されていますが、イスラム教はいまだに俗世っぽいので極貧の人々に受け入れられやすいのだと思います。
差し障りのないところで・・・浄土真宗は、当初、極貧の人々に対して念仏唱えていれば天国に行けるという具合でしたが、戦国時代は一向一揆の原動力になっています。今や葬式仏教化して、金かかってしょうがないですね。
 キリスト教の人類に対する最大の害悪は、懺悔と奴隷だと思います。子供のころから「悪いことしても懺悔すれば許される」と洗脳されている人は怖いと思いますし、キリスト教における奴隷は、人ではなく家畜ですから黒人奴隷に対してあれほどの非人道的なことができたのだと思います。

 宗教に洗脳されている人たちを叩きのめす方法は簡単です。
「あなたは神を信じますか?」と聞かれたら、
「私は神を信じます。しかし、神は人智の及ばないものであり我々の想像をはるかに超えたものだと思いますが、あなたは私の言うことは正しいと思いますか?」
「私の言うことが正しければ、この世に存在する「人間が創りだした神や宗教は全て偽物です。・・・・だから、あなたの信じる宗教は偽物です。くれぐれも、おれおれ詐欺よりも酷い詐欺にひっかかりませんように・・・。」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。だんだんと宗教の本体が見えてきた気がいたします。
>宗教に洗脳されている人たちを叩きのめす方法は簡単です。
このような方法があるのに、オバマはウサーマ・ビン・ラーディンをパキスタンまで不正入国し殺害し復讐をしました。また、シカゴのマラソンでのイスラム教徒の爆発物使用には弁明の機会を与えず兄弟を殺害しました。ロシア旅客機の墜落ではブラックボックスを公表せずプーチンはISの仕業と決めつけシリアを空爆し、同じくパリのイスラム教徒の爆発物使用に対しオランドは翌日にシリアを空対地ミサイルで空爆しました。このようなやりかたは無限報復を禁止するハンムラビ法典に背く行為ですし、人類がにとって絶対悪である人類を滅ぼす行為です。余談ですが、空対地ミサイルは一つ当たり3000万円から6000万円もします。このような生活にゆとりのある人々は中東やアフリカの飢えた民を救うために金を消費してもらいたいものです。

お礼日時:2015/12/06 15:39

確かにそうゆう面もありますね それでもこれほど多くの人が宗教を信じているのを見ると人間にはそうゆうものを求める潜在的な欲求があるのでしょうね 無神論者でもお金や自分自身を神のように見ている人もいますしね



ラッセルの言葉は 人間は何でも理解できる という前提にたっている様ですが果たしてそうでしょうか 理解できないから否定というのはどうかな
ヤブ医者が多いからと言って医者を無くそうとする事はしないでしょう
良い医者を見つける必要があるように 良い教えを見きわめる力を各自 身につけることが大切だと思います
    • good
    • 0

所詮、西洋化された考え方。

イスラム国はKKKの国だから原始と別もの。イスラム教もキリスト教も原始は同じ。神から遠ざける行いしかあいつらはしない。日本は唯一、原始が残る。今や根絶させられそうではあるが(~_~;)まだ大丈夫。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
いやはや、神の存在を前提にしたご意見になってきましたね。バートランド・ラッセルが言うように私も神は龍のような架空のものと考えています。

お礼日時:2015/12/05 07:55

アルカイダやISなどは、正しく宗教を理解していません。

単に自分たちの都合の良いようにして、それを宗教と言って利用しているだけです。
宗教は個人が、この人生は人生らしくより良きものにしていくかという決意のもとに続けていくべきものです。他の者を巻き添えにして、自己の都合を優先させるものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>アルカイダやISなどは、正しく宗教を理解していません。

彼らが正しく宗教を理解してないことを確認しましたか。間接的証拠や憶測で判断することは争いの元ともなるものです。

お礼日時:2015/12/05 07:49

宗教とは、形を表すものではありません。

心です。
この心を、神の如くにならしめて行こうとする自分自身の行いが、宗教ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新しい方向からの知見ありがとうございます。

しかし、それはかつてアルカイダが仏教遺跡を破壊したことやISが宗教遺跡を破壊しているとを肯定することにならないのでしょうか。

お礼日時:2015/11/29 16:10

奥が深い問題ですよね。


深く追求すれば大学の論文レベルになる難問かも。

これは私個人の考えですが、
宗教がこれだけ広まったのは、群れ動物特有の性質が大きく影響しているように思います。

犬にしてもサルにしても、群れをつくる動物は、群れの頂点のボスにしたがうことで安心感を得る性質を持っています。
そして、その群れが大きいほど、安心感も増します。

宗教は、この人間の性質が最大限に利用されたものと思います。
神という人間をはるかに超越した絶対的存在をボスとし、それに従うという構図。
そして、布教活動によって仲間を増やし、群れを拡大しようとする構図。

宗教対立は、群れ同士がぶつかった縄張り争いと根本的には同じ。
愛とかいたわりとか教義に書かれていても、人間の縄張り争いの本能も強力ですから、右の頬を叩かれて左の頬を差し出せる人間はほとんどいません。

単なるなわばり争いより厄介なのは、群れの頂点のボスが常に不在であること。
なんせ、この世にいない架空の存在ですから。
ボス同士が話し合いで「やっぱ偶像崇拝禁止はお互いナシにしね?」とか、譲歩しあうこともできません。
同一の神から分裂した宗教の争いも、肝心の神が行方不明なので、どうしようもありません。

しかし宗教は、害悪があっても、人間の本能に根ざした「精神安定剤」的な役割がある限り、なくそうと思ってもなくならないんでしょう。
それは太古の時代も今現在も同じと思います。
宗教を金儲けに利用する者もいますが、そうでない純粋な布教活動も相変わらず活発です。
先進国のアメリカでも、創造論を信じるキリスト教徒が全体の4割もいるという話もありますし。

私も、宗教は人類のためにならないことの方が大きいと思います。
しかし宗教の問題は、人間という動物の宿命のように感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

動物学的知見からのご指導ありがとうございます。
>犬にしてもサルにしても、群れをつくる動物は、群れの頂点のボスにしたがうことで安心感を得る性質を持っています。
>そして、その群れが大きいほど、安心感も増します。
> 宗教は、この人間の性質が最大限に利用されたものと思います。

しかし、それでは人類だけが抜きんでた知恵を持った理由を説明できません。
高い知恵を得るドライビングフォースを人類は持っているはずです。
私はそれが人類特有の飽くなき物欲と考えています。例えば、犬やサルは
満腹になれば食うことを止めるだけですが、人は食物を栽培し蓄積することを考えだしました。
人は価値のあるものを蓄え続けます。満足と云うものを知りません、まるで餓鬼と同じです。

お礼日時:2015/11/29 11:15

太古から、人々は神を創って、


神を利用してきたのでしょう。
単なる癒しだけの存在だったことはなかったでしょう。

仏教にしても、宗派(仏陀の教えの解釈の違い)による争いが、
長く続いてきました。

過去も現在も、一部の金持ちや権力者が、
宗教を利用している側面はあると思います。
宗教は、恋異常に厄介な物であると同時に、
信じる者にとってはかけがえのない救いにもなっています。
    • good
    • 0

判ってないですねぇ


宗教があるから争いが生まれるのです
現に彼らの信仰する宗教以外は
邪教扱いとなってます
そればかりか
もし神が実在しえるばらば
争いは絶えません
その理由に神は争いが大好きだからです
実際問題そう見えます
なので世の中から宗教がなくなれば
争いはなくなるかもです
まぁ無理でしょうね
人はか弱き存在であり
心の拠り所を求めようとする限りね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宗教観についてのご説明ありがとうございます。
>人はか弱き存在であり
人はか弱き存在であり、かつ、地球で最も物欲の深い生き物ですね。

お礼日時:2015/11/22 08:46

まさにマスコミのインチキ報道の被害者ですね。

イスラム教の各派は宗教の違いではありません。民族の違いです。例えば貴方がスンニ派の人間であった場合、勝手にシーア派にはなれません。またなったとしても最下層の身分になります。それはユダヤ教も古代キリスト教も同じです。
宗教の派閥同士の争いが宗教の違いだなんていってるのは不勉強なマスコミだけですよ。
そしてテロを指示するのは純粋な各系統の指導者ですが、実際に計画するのは傍系、実行するのは外来の信者どもです。彼らは戦闘を起こすことでしか天国に入れないからです。
宗教の戦争ではなく、教育のナイ者の戦いなのです。
だからこそ、解っている人々はこの人たちに教育を施そうとしているわけです。
    • good
    • 0

宗教と暴力の共存は古今東西問わず見られることです。


ISISの問題は、対岸の火事ではありません。
国際テロ組織に国境は関係はないことは見てわかりますし、国内でも大きな事件があったことを忘れてはいけません。

代表的な日本の新興宗教団体にスポットを当てますと、見えてくるものが多いと思います。

オウム真理教は、地下鉄テロを起こし、対立者を何人も手にかけてきました。最終的には信者のみを残して日本を”浄化”させる計画もあったそうですね。
宗教を装ったテロ組織と呼んだほうがいいでしょう。
詳しい説明は不要かと思います。

国内大手の新興宗教団体である創価学会は、
対立する宗教団体を攻撃し、会員同士でも、特定個人を吊るし上げて攻撃することで一致団結するような一面もあると感じます。
あまり、報道もされないため、知っている人も少ないかと思いますが、
大きな事件の一例を挙げますと、

・脱会者や創価に批判的な政治家、評論家などの個人情報や通信通話記録を大量に盗みだし、通信会社に100億円以上の損害を与え、500万人の情報が漏洩したYahooBB情報漏えい事件とNTTドコモ通話抜き取り事件。

・創価に批判的な本の出版を妨害するために、自民党や都議までも駆り出して著者を説得、出版社、書店を脅し、出版社の電話は鳴りやまず、著者の家族は日常生活が困難になったほどの抗議脅迫を加えた、言論出版妨害事件

・15億円裏金事件(ルノワール事件)

・仏教総本山への攻撃(破壊行為)、盗聴、住職への集団リンチ、身代金誘拐

・リクルート事件、大阪事件、池田レイプ裁判

暴力団の後藤組とは数十年にわたり親しい関係にあり、組長引退時に、創価学会との裏仕事について書いた書籍「憚りながら」を出版。

元創価幹部、元創価顧問弁護士、政治家、学者などによれば、創価学会は「盗聴教団」だそうです。盗聴盗撮、監視やつきまとい、いわれなき中傷は学会のお家柄ともいうべき得意技だそうです。
上層部は、変質者やストーカー犯が多いということと解釈できそうです。
詳しいことは、元幹部による著書
元公明党委員長 矢野氏の「黒い手帳」
元創価顧問弁護士で理事長 山崎氏の「盗聴教団の解析」をお読みください。

以上の問題点が危険視され、海外10カ国でカルト教団であるとして政府指定されている。

自民党と手を組んでいるのが公明党(=創価学会党)ですから、宗教問題は簡単な問題ではないですし、対岸の火事とはとてもいえないでしょう。

他の新興宗教団体も宗教の名を借りた非道な事件(寄付金詐欺、セクハラ、暴力など)を起こしています。

誰でも同じですが、思想の押しつけや気に入らない人への言論弾圧や個人攻撃(個人情報窃盗、盗聴、中傷、脅迫など)が当たり前となっている教団と接点を持ちたくないし、そんな教団を信奉している人ともかかわりたくないと思います。

これらの攻撃的な思想の延長線にあるものがイスラム国であると主張する人も少なくないですし、先日のフランスでの悲劇がその主張をより強固なものにしたと言えななくもないかもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。池田は仏教の教えの六道の内、餓鬼道をあゆんでいるのはよく知っています。学会を批判して干された人々や、利用して富を築いた人々も知っています。

お礼日時:2015/11/20 07:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング