最新閲覧日:

乳がんの全摘出手術後初めての外来診察で病理レポートを頂きましたが、専門用語が多くて良く判りません。主治医にもっと詳しく聞けばよかったと後悔しています。自分のステージが良く判らないのでお判りになる方がいらっしゃれば教えてください。
浸潤の範囲 15×15mm approx、in situを含む全体 40×16×60mm
随伴するDCIS Extensive int~high、comedo、cribriform
センチネルリンパ浸潤 0/1 
宜しくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • 病理結果を添付致します。
    よろしくお願いいたします。

    「乳がん全摘後の病理結果ステージについて」の補足画像1
    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/11/17 20:50
  • ご回答本当に有難うございます。
    先週からフェマーラ錠でホルモン治療が開始されました。が・・・翌日より烈しい吐き気嘔吐で1週間弱で今の所、来月の診察まで休止状態です。
    術前にはしこりが3個あるがそれぞれが2センチ以下なのでステージ1だけれど、うち1個が乳頭近くにあるため全摘出の方がベターと言う事で泣く泣く全摘出をしました。傷口は約13センチほどになりました。本当は結構ショックです・・・術後1か月がたちましたが、未だ鏡は見られません・・・。
    術後最初の外来で病理結果を頂き「腫瘍が6センチあったので結果やはり全摘出は正解でしたよ」との事でしたが、6センチと言うう事に結構ショックを受けていたようで自分のステージを聴き損ねてしまいました。
    お忙しい所大変申し訳ないのですが、次の診察まで3週間以上あります。詳しい解説をいただければ嬉しいです。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/11/18 17:06
  • うれしい

    有難うございます。お待ちしています。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/11/22 21:15
  • どう思う?

    病理レポートを打ち直してみました。ステージはやはり1でしょうか?
    お忙しいところ何度もご回答いただいてすいません。宜しくお願いいたします。

    検体は全摘された左乳房。8スライス、26標本を作製した。
    1. 組織型:乳頭腺管癌
    2. 腫瘍の大きさ:浸潤部15×15mm approx、in siteを含む全体=40×16×60mm
    3. 浸潤の範囲:g、f
    7. 随伴するDSIS:Extensive(25%~)Grade及び組織形態:int~high(3段階)、cribriform、comedo
    8. 切除縁:断端露出なし  水平方向(2mm、頭側、標本#3;DCIS成分)垂直方向(12mm、深部側、標本#9)
    9. コメントその他
    ・全摘ですが、頭部側にDCISが伸展し、断端までの距離はわずかです。
    ・標本#15にFA、#20にbenign PT(径10mm程度)を認めます。

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/11/23 17:13

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

たびたびすみません、そうですね、No.3で書いた見解で変わらないと思います


ステージ1以降ですが、ステージ1で良いと思います、核分裂像スコア1ですし、悪性度も低いですし、
脈管侵襲も軽度で、センチネルリンパ節に転移も無いですし。
浸潤浅いですが、範囲がgfなので、全摘出も正しい判断だと思います、多分女性としては乳房欠損はショックですよね。
まずは、ホルモン療法で再発を抑制し、落ち着いたところで、乳房再建術を考えてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しく教えて頂き本当に有難うございました。
最初の検査では3個のしこりがあるが皮下全摘で乳頭は残す予定でした。
再発のリスクを考えての決断ですので覚悟はしていましたが、やはり思ったより以上のショックです。
最近は再建術も進んでいるようですので、希望を持つ努力をしようと思います。
有難うございました。

お礼日時:2015/11/23 23:35

すみません、画像の解像度が悪くて判別できない部分があります、もし可能なら高解像度の画像があると良いのですが。


読めるところだけざっと説明しますね。

1.乳頭腺管癌 (参考)非特殊型の浸潤性の癌
2.腫瘍の大きさ? 浸潤部=15mm×15mm 非浸潤を含む全体=40mm×16mm×60mm
3.浸潤の範囲 g(がんが乳腺組織内にとどまるもの)f(乳腺外脂肪に及ぶもの)※gとf同時はあまり見たことないです。
4.脈管侵襲  ly1(リンパ管侵襲有り)v0(血管侵襲無し)※ly1は4段階評価の1ですから軽い侵襲です。
6.核グレード Grade2(核異形スコア=3 核分裂像スコア=1)※気にしないで良いです
7.随伴するDCIS(非浸潤性乳管癌)は広範性で25%程度、内側から高く、タイプは、篩状の面皰(コメド)癌である。
8.※漢字不鮮明で読めませんが、Negativeになっているの大丈夫だと思います。
9.コメント・その他
  全摘ですが、※以降文字が潰れていて読めません
ホルモン受容体
ER(エストロゲン) 陽性(100%)
PR(プロゲステロン)陽性(100%)
HER2 score0 陰性 ※分子標的薬のハーセプチンは使用できない。
Ki-67(腫瘍マーカー) おおよそ1-3% ※10%以下なら悪性度が低いです30%超えると悪性度が高いです
後は他の回答された方の部分を見ていただければと思います。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

ごめんなさい、忘れてました・・・夜中の休憩時間に書いておきますね。

この回答への補足あり
    • good
    • 0

ステージで言うならステージ1以降ですがステージ1でいいと思います。


進行速度が極めて遅いですし、ER、PgRが+100%なので今後は再発抑止としてホルモン療法になると思います。
担当医に聞くのが一番ですが、詳しい解説が欲しいようであれば、ER勤務明けに記載しますよ~。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ベストアンサーを決定すると質問を打ち切られる様なのでそのままにさせて頂いております。
次の診察日までしばらくあるのでご解説お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2015/11/22 20:01

①浸潤の範囲 15×15mm approx 


 癌細胞が周辺の組織に浸潤していた範囲はおおよそ1.5センチ×1.5センチ
②随伴するDCIS Extensive DCIS
 浸潤している癌以外にも広範囲にわたって非浸潤癌もある、タイプはコメド型とふるい型
③センチネルリンパ浸潤 0/1 
 一箇所のセンチネルリンパを切除した中には転移が認められなかった

すみません、書かれてある内容をそのまま訳したらこうなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
病理レポートは専門の言葉(まして英単語ですよね)が多くて・・・困ります。

お礼日時:2015/11/17 20:53

病理結果全部書くか、文字が読めるレベルのレポートの画像を貼ってくださいね。

この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非浸潤性乳管癌について

妻が乳房温存療法を受け非浸潤性乳管癌と診断されました。
7年程前に再発の卵巣癌で子宮全摘しており転移を心配してました。
非浸潤性乳管癌という事なので新たに発症したものと考えたので良いのでしょうか?
そうだとしたら少し安心だと思ってるんですが間違ってますか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

癌細胞が乳管内に留まっている状態ですので、単独で発症した癌だと信じたいですよね。
でも本当のところ、担当医じゃないと分からないと存じます。
次回の診察時にご確認下さい。
ちなみに私も10年前に非浸潤性乳がんの治療を受けました。
今年の2月に無事寛解を迎えることができました。
奥さまもきっとそうなります。
お大事になさって下さい。

Q膀胱がん 浸潤性 末期 リンパ節転移

タイトルの通りですが、そういうことです。現在がん研有明病院に入院してます。3日前に膀胱鏡手術をして3センチ大の腫瘍を取れるところまで除去も、「根が深い」とのことで全部取りきれませんでした。先月12月上旬に撮ったCTスキャンの時点でリンパ節転移が確認出来ています。11月に初めて血尿があってから、急転直下の出来事です。

来月なかばにまた再入院して抗がん剤を1度やるとのこと。私はきゃしゃで体力がありません。なので1度しか出来ないと。それが効く確率が40%。もし効かなければ余命1年と。

良い病院があったら教えて下さい。もしくは、治療法など。欲を言えば竹原慎二のように、どこでやったのかは知らないですが膀胱を取らないで治せれば良いですが。


※ある掲示板に同様の質問を書いたら心ない言葉を浴びせられました。ガンになったことがない人は、面白がって人が傷つくのを見て楽しんでいるようです、真面目にやめてください。真剣に悩んでいます。

Aベストアンサー

回答させて頂きます
まず最初に、私は全くのド素人です。偶然、貴方様の質問をみつけ、質問文を拝見したら大変な事だと思い、何か手伝えないかと思いました。

私なりに調べました。竹原さんの件ですが、たぶん病院は東大付属病院だと思われます。

あと、竹原さんは 琵琶の葉療法、がん抑制のための点滴などをされたそうです。
ただ、それらは一千万円くらい費用がかかるそうです、貴方様の経済事情は存じ上げませんが、私の感覚では、う、高いな と感じました。

すいません、以上こんな感じです。

私、本当に素人なのでなんにも役にたたない情報かも知れません。

病は気から という言葉があります。大変だと思いますが、気持ちで負けないでください、

私の想像を遥かに越えて貴方様は過酷な状況かも知れませんが、私、貴方様が少しでも癒されるように祈ってます。だって貴方様の質問文から貴方様の真剣さ、深刻さが私に伝わってきましたから、何か私なりに手助けしたかったのです。

負けないでください。

Q大腸がん 病理検査後の抗がん剤治療について

現在40代主人が、大腸がん検診でひっかかり、大腸がんの診断を受け
腹腔鏡手術を受けました。
術前のCTでは転移は見られず、現在病理検査結果待ちです。

先生は通常ガンは60-70代でなる事が多く、40代のガンなので言い方は悪いがタチが悪いと思ってもらっていい。若いので病理検査にもよるが、積極的な抗がん剤治療を進めると思います、といわれました。

ある程度、抗がん剤治療をするのだろうという覚悟は出来ています。が、
病理検査についての説明(今後の治療も含め)の時についての質問があります。

1 webで様々な抗がん剤治療を見ましたが、分かりやすいサイトがあれば教えて下さい。
 それぞれの副作用が載っていると有り難いです。

2 主人は抗がん剤治療中も仕事をするつもりでいます。が、私は傷病手当もでる会社なので、出来れば無理をして欲しくないし、周りの方やお客様に迷惑がかかるのではと懸念しています。もちろん、副作用は人それぞれだと思うのですが....。デスクワークの様に、比較的動きの無いものではなく、集中力を必要とする職種です。

3 主人が一番大変なのは重々承知していますが、とにかく痛みに弱く、もともとちょっと頭痛がするだけで寝込む人です。障害のある子どもも抱えていて、正直支えきれるのか、私自身が崩れてしまわないか....その事が恐怖です。入院中も、娘の事より何より毎日見舞いにきて...でとても大変でした。私もそんなに心が強くないので....今娘は一年生で初めての環境に慣れず、精神的に不安定で送迎をしています。色々重なり本当にしんどいです。

支離滅裂な文になってしまいましたが、宜しくお願い致します。

現在40代主人が、大腸がん検診でひっかかり、大腸がんの診断を受け
腹腔鏡手術を受けました。
術前のCTでは転移は見られず、現在病理検査結果待ちです。

先生は通常ガンは60-70代でなる事が多く、40代のガンなので言い方は悪いがタチが悪いと思ってもらっていい。若いので病理検査にもよるが、積極的な抗がん剤治療を進めると思います、といわれました。

ある程度、抗がん剤治療をするのだろうという覚悟は出来ています。が、
病理検査についての説明(今後の治療も含め)の時についての質問があります。

1 webで...続きを読む

Aベストアンサー

「病は気から」と申しますが、今、あなた様が挫けたら、旦那様・お子さんが辛い思いを去れます。
気を強くして乗り切られる事を祈ります。
私(男・85才)は、4年前、大腸RS部に癌(ステージ:1)が見付かり、腹腔鏡手術で除去しました。
術前にCT検査・PET検査・胃内視鏡検査などで、リンパ節に転移なども無い事を確認しました。
上記諸検査を含んで2週間の入院生活を地域の基幹病院で送りました。
その病院(病床数:1,000超)は、現役時代(設計事務所勤務)設計に携わった病院です。
勿論、術後の抗がん剤投与・放射線治療もありませんでした。
直腸の一部を切除していますので、瀕便は致し方無い事で、初めは苦になりましたが、
今は、さほど気になりません。
却って、便秘など気にする事もなく。老廃物(大便)を早く排泄できると思っています。
主治医の指導に従い、気楽に予後を過ごされる事を!!

Q病理検査の結果は先生から提示してもらえますか?

先日、乳ガンの手術をしました。
どんな薬でも効く種類のガンですと言われましたが、投稿を見ると、細かい内容が示されていて、私は何も知らない状態です。
こんなものなのでしょうか?
抗がん剤治療EDを三ヶ月、アブラキサンを三ヶ月、ハーセプチンを一年、ホルモン剤、放射線と続くと言われています。再発のリスクを抑えるための抗がん剤としか説明がありませんでした。質問をすると、逆ギレされてしまいました。ほんとに転院するには、実際どこにいけばいいのかわかりません。大阪府下でご存じないでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

色々な方法があるでしょうから、私の経験が絶対的なものとは考えずに、ひとつの参考として頂ければ幸いです。

私の病院では病理結果は必ずプリントアウトして渡してもらえます。
手術の病理結果に限らず、針生検などの細胞検査結果も同じです。先生がお忘れになっているのか、頂けないときは、お願いして頂いています。快く応じてくれます。
血液検査の結果なども、先生によって若干異なるようですが、お願いすれば快くプリントアウトしてくれます。私は必ず頂いて、ファイルに保存しています。
自分のデータを頂くのは、患者として当然の権利だと私は考えています。

治療内容を見るとトリプルポジティブなのでしょうか。
ホルモン受容体の強弱とか、何より切除断端とか、脈管侵襲の状態とか、今後の為に詳細を把握しておくべきです。

私は術後の病理結果の一部に納得できない点があり、「病理のセカンドオピニオンに出す」とお願いして、標本を病院から頂き、セカンドオピニオンに提出したところ、大きく結果が変わりました。
私が手術を受けた病院は、手術の症例数は全国で5位以内ですが、自分の命に関わる大切なことなので、しっかり納得したかったからです。
二つの異なる病理結果のどちらが正しいのか、治療内容にも影響するので、オンコタイプDXにも出して確認しました。

さて大阪府下とのことですが、私は東京ですし、他人の人生に関わることですから安易に病院名をここに提示することは控えたいです。
このような方法で検索してみると、ヒントが得られると思います。
「乳がん 症例数 病院」と入れると、色々でてきます。
そこで出てくる病院名はサイトによって違います。一つのサイトを信じるのではなく、いくつものサイトから出てくる病院を、私なら選びます。

問題は、術後の治療から受け入れてくれるかです。
大きな病院は、手術まではそこで、でも術後の治療は地元の病院で・・・というところもありますので、あらかじめ病院に電話して、転院を受け入れてくれるか聞いてみたほうがいいと思います。
或いは「術後の病理結果についてセカンドオピニオンを受けたい」と申し出て、行った先で転院を申し出る、といいう手もありです。手術を受けた病院で資料を頂くには1週間くらいかかるかもしれません。

手術から既に1ヶ月くらい過ぎているなら急いだ方がいいと思います。頑張ってください。

色々な方法があるでしょうから、私の経験が絶対的なものとは考えずに、ひとつの参考として頂ければ幸いです。

私の病院では病理結果は必ずプリントアウトして渡してもらえます。
手術の病理結果に限らず、針生検などの細胞検査結果も同じです。先生がお忘れになっているのか、頂けないときは、お願いして頂いています。快く応じてくれます。
血液検査の結果なども、先生によって若干異なるようですが、お願いすれば快くプリントアウトしてくれます。私は必ず頂いて、ファイルに保存しています。
自分のデータを頂...続きを読む

Q乳癌の病理診断書の読み方と今後の治療法

右乳腺悪性腫瘍手術(全摘)腋窩部郭清はやらずにすみ、今自分がどの位 悪い状態なのかと、今後の治療法で最適なものをアドバイスして頂きたいと思いました。至急 的確なアドバイスを宜しくお願い致します!

所見

検体は全摘された15x13. 5x3.5㎝の右乳房。9x2㎝の皮膚がついている。割面で2.8x1.5x1.5㎝の灰白色結節性病変をみとめる。細胞学的に、肉眼病変にほぼ一致して乳腺組織から周囲脂肪組織にかけて、索状構造、小胞巣構造、一部単純な腺管構造の浸潤増殖をみとめる。それらを構成する腫瘍細胞は小型から中型で、比較的豊富な好酸性の細胞質を持ち、N/C比は中等度。核のクロマチンは顆粒状。その他、上記の病変から主に反乳頭側(一部乳頭側)の方向へ乳管内病変が広がっている。病変は切除しきれている。

部位:right D
腫瘤の大きさ: 全体(浸潤部分+管内性)30x28x1㎜ 浸潤部分のみ(多発の場合最大)28x15x15㎜
組織型: Invasive ductal carcinoma, papillotubular carcinoma

Nuclear atypia Score: 2 核分裂数: 11/10HPF 個 / 10HPF Score: 3(11個以上)
核グレード: Grade3(5-6点)
浸潤度:f リンパ管侵襲: 1y+ 静脈侵襲: v+
断端:皮膚側(-)筋膜側(-)側方(-)
リンパ節転移 陰性
Total: 0/3 Sentinel LN:0/3(CP: 16-04672)
規約分類: pT2 (浸潤部最大径)28㎜
UICC 7th: T2NOMX Stage II A
【ER】0:5% 1+: 25% 2+: 45% 3+: 25%
【PgR】0:55% 1+: 35% 2+: 10% 3+: 0%
【HER2】浸潤部での判定
score 0: 65% score 1: 25% score 2: 5% score 3 : 5%

判定score 2+
【MIB-1 index】 33.3%(hot spot)
以上です。今後の治療法をどうするのがベストか どうか皆様アドバイス宜しくお願い致します!

右乳腺悪性腫瘍手術(全摘)腋窩部郭清はやらずにすみ、今自分がどの位 悪い状態なのかと、今後の治療法で最適なものをアドバイスして頂きたいと思いました。至急 的確なアドバイスを宜しくお願い致します!

所見

検体は全摘された15x13. 5x3.5㎝の右乳房。9x2㎝の皮膚がついている。割面で2.8x1.5x1.5㎝の灰白色結節性病変をみとめる。細胞学的に、肉眼病変にほぼ一致して乳腺組織から周囲脂肪組織にかけて、索状構造、小胞巣構造、一部単純な腺管構造の浸潤増殖をみとめる。それらを構成する腫瘍細胞は...続きを読む

Aベストアンサー

リンパ節に転移が見られなかったのは幸運で、切除は成功している。
だが、切除された部分の所見では典型的な悪性腫瘍で、体内の他部分への転移が無いとは言えない。
通常、抗腫瘍剤は離せない、頭髪の抜ける様な劇毒な物で無くても良いが、副作用は覚悟が必要。
現在最新の抗腫瘍は重元素(バリオン)照射だが、現在そこまでやる必要は無さそうだ。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報