gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

現在非上場の株式会社に勤めており、
全体の2%の株を知人から譲り受けております。

会社より自社株を5%ほど保有しないかという話が出ているのですが、

上記の話を承諾した場合に想定されるメリット・デメリットはどのような事があるでしょうか?

今こちらで調べた中では

●メリット
持ち株の割合が7%となるので

保有数3%以上  会計帳簿閲覧権
         業務の執行に関する検査薬の選任申立権
         取締役・監査役の解任請求権
         株主総会の招集請求権

が可能に
→最近保有したので株主総会にもまだ参加できていないのですが、
現状会計帳簿の閲覧権もないという事は2%保有だと、株主総会で何ができるのでしょうか?

●デメリット
会社に何かあった場合に株主にも責任が生じる?
→こちらも人から聞いた話なので確かな情報ではないのですが…


勤めている会社は親族外継承で
まだ確定してはおりませんが、このままいくと私が継承する可能性が高いです。

しかし、最近経営について学んでいく中で、
現在の株の保有数では雇われ社長となるため、
独立したほうが良いのでは無いかと考えるようになりました。


株に対する知識があまりないのでアドバイスをいただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

なるほど、では少し長いですが解説します。



そもそも株とは、会社の資本金を集める手段です。
本来創業者の社長がすべて資産を投げ打った分でやればよいのでしょうが、それでは資産家しか起業できなくなってしまいます。

それを補うのが株というシステムです。

株券1枚500円というように、お金の受け取る代わりに、それを保証する証券です。
つまり、資本金に対して、1枚分の配当を得られる権利です。
これが投資です。

投資によって、企業は安全に儲けに専念できて、その持ち株分の配当が得られます。

逆に、社長であれば、この持ち株比率が高くないと、会社の経営権を奪われてしまいます。

なので上場企業でもすべての株式は売らないのです。
上場とは、社内外の投資家に出資を募るという話です。

され、では非上場の株式とは?
つまり、親族などで持ち株を分け合っている企業です。
なので、大体跡目争いが起こりやすいのです。

しかし、会社は必ず親族が相続しなくてはならないものではないので、株式会社であれば、株の持ち株比率の高い人が、結果的に社長になります。
もちろん、自分の気に入った人間を経営者にすえてもOKです。

正直たかだか2%では、一般投資家と同じレベルで経営権も糞もありません。
それでも社長の話があるということは、実質の経営権がないままお飾りの社長ということになります。

なので過半数(最大持ち株主)にならないと意味を成しません。
でも倒産する場合は、持ち株比率が少ない方が責任を問われません。

そういうメリット・デメリットがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答いただきありがとうございます。

やはり雇われ社長になりそうですね。

大変参考になりました!

お礼日時:2015/11/19 22:14

小規模の非上場会社の株式を持つメリットは限られています。


1.配当
2.売却益
3.経営権の掌握

1.は毎期確実に配当が支払われることが条件です。また取得価格との比較の中で損得を判断することになります。

2.は会社の企業価値が増加し、株式の価値が高まれば売却益も期待できます。ただし業績が良くないとどうにもならないし、非上場会社の多くは株式譲渡制限が付いていますから、実際問題として簡単に売却することはできません。

3.は、過半数の株式を保有すれば株主総会を牛耳れますから、経営権も手に入れることが出来ます。しかし今の保有割合では何もできません。

株式会社に何かあった場合でも、株主は出資した範囲内でしか責任を取る必要はありません。つまり株が紙切れになるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

現在の2%の株でも株主総会に出られるので、
できることはほとんど変わらなそうですね。

株主総会に出て決算を見るのと、
保有数3%以上の会計帳簿閲覧権というのは
大きく違うものなのでしょうか?

お礼日時:2015/11/19 22:17

そんなことも知らないで持ったんですか?



信じられません。
余程、恵まれた資産家なんですね。

なんか教える気がなくなりました。
ファンドマネジャーでも雇ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

無知で申し訳御座いません。

最近少し特殊な理由で株を持つことになり、その際はあまり深く考えていなかったのですが、
今後のことを考えた時に、今回も購入したほうが良いのか考えるようになりました。

会社は小さな会社で、このまま行けば継ぐことになるかもしれない。
くらいの安易な気持ちでおりました。(実際に継ぐことになる時期はまだ10年くらい先なので)

ネットや書籍でも調べているのですが、調べ方が悪いのか、
ピンポイントの答えが見つからず相談させていただきました。

不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。

お礼日時:2015/11/15 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非上場株の売却の件 教えて下さい!

父の残してくれた非上場会社の株式があります。聞くところによれば、会社に買取請求をすれば額面でしか買い取ってくれないとか。少しでも高く処分できる方法はないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

株価の売買価額は、売り手と買い手の相対の交渉で決まります。一応、株価算定を行う様々な計算式(純資産価額方式、類似業種批准方式、DCF方式などなど)はありますが、それらは価格を決めるための参考資料でしかありません。

よって、少しでも高い株価での処分を考えるのであれば、会社に買い取ってもらう場合には高い株価で買い取ってくれるよう会社と交渉するか、もしくは、もっと高く買い取ってくれる第三者を自分で探す、という方法しか現実的にはありません。ただし、交渉の結果、額面(商法改正によって額面という概念がなくなりましたが)以下になることもあります。

なお、今回のように株主の一方的な都合での、株式の会社への買取については商法上規定されているような株主の権利ではありませんので、買取請求を行ったとしてもその買取が必ず認められるものではありません。

そうなった場合には第三者に売却(譲渡)するという手段しか残されていないのですが、非上場会社の場合株式に譲渡制限がついていることがほとんどなので、当会社の取締役会の決議が必要になります。が、譲渡先をnantot2014さんが既に決めていて、会社に「譲渡承認請求」を行った場合には、会社は取締役会を開いて
1.譲渡を認める
2.その株式を買い取る
3.別の譲受人を指名する
のいずれかを2週間以内に通知する必要があります。これを行わなかった場合には譲渡が認められたとみなされ、nantot2014さんの希望する譲渡先に株式を譲渡することができます。

以上ですがご参考になりますでしょうか。

株価の売買価額は、売り手と買い手の相対の交渉で決まります。一応、株価算定を行う様々な計算式(純資産価額方式、類似業種批准方式、DCF方式などなど)はありますが、それらは価格を決めるための参考資料でしかありません。

よって、少しでも高い株価での処分を考えるのであれば、会社に買い取ってもらう場合には高い株価で買い取ってくれるよう会社と交渉するか、もしくは、もっと高く買い取ってくれる第三者を自分で探す、という方法しか現実的にはありません。ただし、交渉の結果、額面(商法改正によって...続きを読む

Q未公開株の価格って誰が決めてるのですか?そもそも変動するのですか?

株の素人です。
質問は首題の通りですございます。
実は私の妻が自分の務めている会社の株(未公開)を持っています。
私の理解では、市場に出ていない以上、株価は変動しないものとばっかり思っていたのですが、妻が株価が上がったとか言ってるのです。
私は「はぁ?未公開なのに上がったとか下がったとかあるわけないじゃん!」とか自信満々に反論してたら、ちょっと口論になった次第です。
妻はその会社の会長が価格を決めているというのです。
そんな、いくら会長でも勝手に「今日はいくらだ!」とか言い値で決まるもんなのでしょうか。

Aベストアンサー

未公開株について奥様が言われているのは税法上の株価でしょう。
未公開株価は決算内容(利益、純資産、配当を要因として)により税法上の株価が算出されます。ですので、毎日変動するというものではありません。期毎に変動するといえます。

評価価格は
(1)配当還元価格
(2)純資産価格
(3)類似業種比準価格
の3種類(あるいは組合せ)で決定されます。計算方法は上記コメントをインターネットに入力されれば、計算方法が把握できると思いますので割愛します。

上記3つの評価方法でどの株価を適用するかは、そのお勤めになっている会社と奥様の関係により異なります。会社の株主比率30%以上所有している株主一族か(同族株主)、それ以外か(非同族株主)が一義的な判定方法です(実際はもっと細かく規定されていますので、場合によって違うケースもあります)。
(1)株主比率30%以上の株主の一族 ⇒会社規模によりますが、「配当還元価格or純資産価格」「配当還元価格と純資産価格の組合せ」
(2)(1)以外 ⇒配当還元価格

となります。

税法上は相当の価値になる可能性があります。よく中小企業オーナーは自社株の相続の問題でお悩みになっています。

ご回答されている方がいらっしゃるように、(1)であれば業績が上がったため株価が上がったということでしょうが、奥様が筆頭株主一族と関係がなければ配当還元価格となるため、略額面価格となり殆ど変動はありません。

未公開株について奥様が言われているのは税法上の株価でしょう。
未公開株価は決算内容(利益、純資産、配当を要因として)により税法上の株価が算出されます。ですので、毎日変動するというものではありません。期毎に変動するといえます。

評価価格は
(1)配当還元価格
(2)純資産価格
(3)類似業種比準価格
の3種類(あるいは組合せ)で決定されます。計算方法は上記コメントをインターネットに入力されれば、計算方法が把握できると思いますので割愛します。

上記3つの評価方法でどの株価を適用するかは...続きを読む

Q未公開株を購入するにあたって

主人の会社(ベンチャー)の未公開株を購入出来ることになったのですが、私達夫婦には投資するだけのお金がありません。

実家の父(自営)が購入したいと言っているのですが、株を購入する時には、当然株は主人名義になると思います。
近々、株が公開されるようで公開し、少しでも株価が上昇すれば売ってしまおうとは考えているのですが、自営業の場合、株を他人名義で購入転売するのは問題があることでしょうか?

また、未公開株を購入するデメリット・メリットなど教えていただけたらと思います。

株の購入は初めての初心者です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、一般的に未公開株は未公開株を買えるのは、その会社の役員、従業員、重要な取引先など、きわめて限定されていますし、買った後も自由に売ることができないのが普通です(会社によって決められています)。つまり、質問者さんのお父さんはご主人の会社の株を買うことはできず、資金を提供する(貸す)だけになります。その場合は、株とは関係ない話ですので、省略します。

ご主人が株を買える場合でも、ご主人が会社の取締役などの経営者の場合と一般の従業員の場合で異なります。
ご主人が取締役の場合は、少なくとも未上場の間は売れないでしょう。上場後は、ロックアップ(株を売ることができない期間)を過ぎれば売ることができると思いますが、インサイダーに注意する必要があります。
一般従業員の場合は、従業員持株会に入るのが普通です。(持株会がない場合は、取締役と同じ条件)
その時は持株会を脱退しないと株は売れない場合が多いです。なお上場した後は、単位株になった分をご主人名義で引き出して市場で売ることができる場合もあります。これも持株会の規約によります。

未公開株のメリット
もしうまく公開されたら、大きな値上がり益が得られる可能性があります。5倍・10倍も珍しくありません。もちろん、値上がりしない可能性もあります。
未公開株のデメリット
未公開の間は、簡単に現金化できません。もし会社の経営が悪化すれば元本割れの可能性が高く、倒産すれば紙くずです。

まず、一般的に未公開株は未公開株を買えるのは、その会社の役員、従業員、重要な取引先など、きわめて限定されていますし、買った後も自由に売ることができないのが普通です(会社によって決められています)。つまり、質問者さんのお父さんはご主人の会社の株を買うことはできず、資金を提供する(貸す)だけになります。その場合は、株とは関係ない話ですので、省略します。

ご主人が株を買える場合でも、ご主人が会社の取締役などの経営者の場合と一般の従業員の場合で異なります。
ご主人が取締役の場合は、...続きを読む

Q上場していない会社の株は買えるの?

よく興味のある会社の株情報を調べようとその会社名をYahooファイナンス等で入力しても、情報が一切ありません。

Yahooファイナンスなどで表示されない会社は上場していないと聞いたのですが本当ですか。このような会社の株は買うことができないのでしょうか。また○○株式会社という名前だからといって、その会社の株は必ず買えるとは限らないのでしょうか。ご存知の方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

Yahooファイナンスの情報は上場会社と日経平均などの指数しかありませんから
会社名を正しく入力して表示されないなら上場されていません。

上場されていなくても証券会社で売買されているものも
数は少ないですがある様です。
その様な会社は上場を目指しているので将来買える様になる可能性があります。

上場していない会社は有名企業でも沢山あります。
身近なものではサントリーは上場していません。
サントリーを買うことが出来るかと言えば先ず無理だと思います。
株主は創業者一族?程度しか持っていないでしょうから
株を売って身内以外のものが株主になる事を嫌っている
とも言えます。

買える可能性は、その会社の株主を捜して売ってくれるか、
直接の交渉する程度でしか方法はないです。

Q非公開株の売却について教えてください。

現在、母親の名義で中小企業の株を保有していますが、売却しようとおもい同会社の専務に相談したところ、評価を出しそれから計算し会社にて買い取るとの答えでした。その後連絡があり話をしてみると当時75万円分の株に対し20年の期間を考慮して100万円で専務自身が買い取るとの答えでした。この会社はここ20年で規模は10倍ほどになっていますし、実際決算報告なども出ないうちに金額が出せるものなのでしょうか?
又、こういう株の計算方法などは法律ではどうなっているのでしょうか。母親も納得できないといってます。ご存知の方がおられましたら教えてください。 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。補足ありがとうございました。

他の方のご指摘にもありますが、中小企業の株式(出資)の売買は、市場がありませんので、相対で決定される
つまり、売り手と買い手が双方合意した価格、となります。
よって、買い手が安くしか買えない、とかそもそも買う気が無いということになりますと、売買そのものが成立
しません。勿論、会社が買い取る義務もない、ということです。

現行は有限会社ということですので、株式ではなく出資、ということになりますが、これは他の出資者(社員と
いいます)以外の第三者に売却するには、社員総会(=株主総会)の承認が必要となりますので、非常に処分が
しづらいもの、と認識下さい(勿論無価値ではありませんが)。
もうすぐ会社法が施行され、有限会社も株式会社に一本化されます。ただこの場合にも、おそらく譲渡制限会社
になるはずですので、売却には会社の承認が必要となることとなるでしょう。

つまり、いずれにしても非常に処分がしづらいものですので、そもそもあまり買い手がいない、ということです。

このような交渉不利な状況ではありますが、可能であればこの出資を欲しがる第三者を見つけられてはいかがで
しょうか(会社法施行後)?
第三者への売却には、先に申し上げたように会社の承諾が必要ですが、会社は無制限に拒否はできず、拒否した
場合には、他の買主を指定する必要が出てきます。
こうした場合、いずれにしても売却は可能、となります。

ただ、貴保有出資シェアがどのくらいあるか、によって状況は異なってきます。相当なシェア(1/3超とか)を
保有されているのであれば、会社はそれが第三者に流れるのを恐れるでしょうから、値段も自ずから騰がっていく
でしょう。そうでないのであれば、会社にとってさほど影響がありませんので、安い条件、もしくは買わない、と
いうことになるでしょう。

#3です。補足ありがとうございました。

他の方のご指摘にもありますが、中小企業の株式(出資)の売買は、市場がありませんので、相対で決定される
つまり、売り手と買い手が双方合意した価格、となります。
よって、買い手が安くしか買えない、とかそもそも買う気が無いということになりますと、売買そのものが成立
しません。勿論、会社が買い取る義務もない、ということです。

現行は有限会社ということですので、株式ではなく出資、ということになりますが、これは他の出資者(社員と
いいます)...続きを読む

Q未公開企業の従業員持株会について

こんにちは。いつも参考にさせていただいています。
会社で、従業員持株会への加入を強く勧められています。担当の社員は
まだ未公開だから、利率の良い積立貯金のようなものだ、と言っています
が、本当に安全なのでしょうか。銀行の預金よりも持株会の奨励金の方が
高く、入りたい気もするのですが、なんとなく株というと心配で・・・。
まったく知識がないため、ご存知の方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>>本当に安全なのでしょうか

 会社がつぶれなければ安全です。

 つぶれれば、投資額のほぼ全額を失います。

 さらにあなたは従業員でありますので、失業になります。

 したがって、つぶれた場合、失業+投資額の消滅という2重苦を味わいますので、十分注意してください。

 もちろん逆に会社が成長して、上場などすれば、投資額が何十倍になったりします。

 例えばある会社株は上場前は1株1万円でしたが、上場時には50万円、上場後には100万円以上と約100倍になったりします。

 100万円投資すれば、1億円になる計算ですね。

 結論としては上場予定がない、未公開株に投資するのは大きなリスクを伴うが、逆に会社が伸び上場すれば、とてつもない利益を得ることが出来る可能性があるということです。

 いずれにせよ、自分のお金ですので、よく考えてから投資するか決めた方が良いでしょう。

Q未上場企業が行う自社株買いの株価について

未上場企業の自社株買いについて質問させてください。

私は小規模の投資会社に勤めているものです。

弊社の投資先の未上場企業が自社株買いをしようとしていて、もともと手放したいと思っていたのでそれ自体は特に問題はないのですが、大株主とそれ以外の株主とで買取価格に差があり(大株主の方が株価が高い)、しかもその2種類の価格での自社株買いを1回の株主総会で決議しようとしています。

会社法では株主の権利は平等とあるので、同じ普通株である以上、一物二価というのは認められるはずがないのですが、一方で相手は「国税庁方式だと持ち株比率で株価の計算方式が異なるので、問題ないはず」と言って譲りません。

総会で議案に反対すれば済むことなのでしょうが、それよりもこちらの主張と相手の主張のどちらが正しいのかをはっきりさせたいので、どなたかご教示いただけますでしょうか。

Aベストアンサー

非上場株式の時価評価ですが、これは投資先の会社の主張が正しいことになります。
非上場株式の場合、市場で形成されている時価がありませんので、様々な方法(純資産方式・DCF方式・配当還元方式など)を利用して株価を算定することとなります。

ここで最大の問題になるのが、税務上の贈与・寄付です。
つまり、税務上で妥当な時価だと考えられている金額よりもかなり低額で譲渡が行われた場合、それは税務上、贈与や寄付といった扱いになります。
そして、税務上で妥当な時価だと考えられている金額を算定する場合(国税庁方式)には、支配権というものを考慮にいれることになっています。
つまり、大株主として会社の経営に口出しを出来るだけのまとまった量の株式というのは、それだけで価値が高いということなのです。

また、会社法における株主の平等、というのは、会社に対する権利内容に関する平等を言う概念です。(つまり、同じ種類の株式で、同じ株数だったら会社に対する権利(議決権・配当権など)は同じという趣旨)
一方、株式の取引価額は売買当事者間の交渉によって決まる性質のものですので、その当事者それぞれが、その株式にどれだけの価値があると考えているかによってその金額は様々です。

よって、大株主と少数株主では、その株式の価値に差があるというのは正しいです。(とはいえ、今回の条件で実際に株主総会で株主の承認が得られるのか、というのはまた別問題ですが。)

非上場株式の時価評価ですが、これは投資先の会社の主張が正しいことになります。
非上場株式の場合、市場で形成されている時価がありませんので、様々な方法(純資産方式・DCF方式・配当還元方式など)を利用して株価を算定することとなります。

ここで最大の問題になるのが、税務上の贈与・寄付です。
つまり、税務上で妥当な時価だと考えられている金額よりもかなり低額で譲渡が行われた場合、それは税務上、贈与や寄付といった扱いになります。
そして、税務上で妥当な時価だと考えられている金額を算定...続きを読む

Q非上場会社を(敵対的な)買収をすることはできるのでしょうか?

よろしくお願いします。

上場会社は市場で株を取引しているため、
金額を出せば買収できます。(敵対的にも可能)

一方、非上場会社は、事業承継など、株主を
説得しないと買収できないのでしょうか?
上場会社がMBOで非上場化するのも買収防衛策と聞きますし・・・。

非上場会社の買収方法にはいくつ種類があるのでしょか
(現金による買収、株式交換など)

また、友好的、敵対的買収という区別はあるのですか?

M&Aの基本的なところがわかっていません。

基本的なことが詳しく書かれているページなど
ありましたら教えてください。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も調べてみましたが、非上場会社のそのようなことが詳しく書かれているページはありませんでした。
ただ、ちょっと私の知っていることをお話ししますと、
基本的に買収自体は難しいと言うより無理です。
まず、その非上場会社の株主と接触等をしても、
株の売買には役員会の承認を得なければならないなどと
なっていることがほとんどだからです。
ですから、売りたくても、勝手に売ることができないのです。
友好的に事業投資、もしくは継承をしてくれなければ、
売ってくれませんよ。

Q非上場株の相続

昨年に父親を亡くし相続がはじまります。

父はうちの中小会社の代表取締役でした。
もちろん非上場で一番最初株式会社にした時に全部で100株あり 父が80株 母が17株 あとの1株ずつを3人ほどで立ち上げました。

私は長男で父と同じ会社です。 相続にあたり株を相続し筆頭になる予定ですか、非上場株の評価は高いと聞いております。
父が亡くなった直後に父の株は全て僕に相続ですよね?と顧問税理士に聞くと そんなことすればものすごい相続税がかかるぞといわれました。
とりあえず税金かからないようにほとんどを母親に相続し 毎年毎年母から私に株を税金のかからないように移した方がいいといってました。 そん時はわけがわからなかったですが、いわゆる贈与のことをいってたんですね!
しかし個人的な預金は4000万ほどです。 別に土地などもなく この株のみと預金の相続になります。

前置きが長くなってしまいましたが、 この非上場株の評価額というのはどうやって決定されるのでしょうか? 誰が決めるのでしょうか? そりゃ儲かってる会社のが評価がいいのは大体わかりますが、 どういう計算式で1株あたりの評価がでるのですか?
ちなみにその1株あたりの値段×株数が 相続の値段に加算されるのでしょうか?
よろしくお願いいたします

昨年に父親を亡くし相続がはじまります。

父はうちの中小会社の代表取締役でした。
もちろん非上場で一番最初株式会社にした時に全部で100株あり 父が80株 母が17株 あとの1株ずつを3人ほどで立ち上げました。

私は長男で父と同じ会社です。 相続にあたり株を相続し筆頭になる予定ですか、非上場株の評価は高いと聞いております。
父が亡くなった直後に父の株は全て僕に相続ですよね?と顧問税理士に聞くと そんなことすればものすごい相続税がかかるぞといわれました。
とりあえず税金かからないように...続きを読む

Aベストアンサー

> この非上場株の評価額というのはどうやって決定されるのでしょうか…

こちら
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4638.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q非上場株式会社への出資リスクについて

株式会社を持っている友達がいるのですが、増資の出資を相談されました。会社の将来性は普通ですが、友達の信頼性は小学校からの付き合いで今も時々遊んだりしますので信用できます。
また、上場している会社の株は20社程度持っているのですが、非上場の株は持ったことがありません。友達の会社の株式を保有する上でのリスクは、上場している会社と比べてどの様な物がありますか?
・流動性リスク
・信用リスク
この二点が上場株式と比較して急上昇するの分かります。
他に、例えば、無限責任になるなど出資額以上の損失を被るリスクはありますか?

Aベストアンサー

非上場会社に数億円出資している者です。経営指導をしない限りは、ほとんどの場合は無配当で出資金はあげたことと同じことになります。

増資理由は、一時的な資金繰りなど様々な理由がありますが、出資する際には配当計画を聞き、出資金が10年以内に戻ってくるようであれば、投資判断のステージにのると考えてください。株式公開するという言葉の場合はほとんどが嘘です。

流動性はほぼありません。非公開企業の場合には譲渡制限がかかっているためです。貴方限りと考えてください。
信用リスクはありません。会社が破綻しても出資金以上に金銭が必要となることは株式会社組織の場合にはありません。


人気Q&Aランキング