教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

(問題)
実数x、yがx^2+y^2=1を満たすとき、4x^2+4xy+y^2の取りうる値の範囲を求めよ。
x=cosΘ、y=sinΘと置く方法がこの問題は一般的ですが、参考書に逆像法で解く方法が載っていて、自分で答案を書いたのですが、考えていることは正しいのでしょうか?
自分は、逆像法が苦手で、問題集で解いたことのあるような問題しか解けないという状況だったのですが、ここ数日、ほかの問題集の解説を読んで、自分なりに逆像法を納得したつもりなのですが、自分の理解していることが正しいのか不安なので、質問しました。また、逆像法で解く方法の模範解答を書いてくださり、疑問に答えていただけるとと幸いです。(言葉、論理展開の部分が知りたいので)
(自分の答案)
4x^2+4xy+y^2の取りうる値の範囲にkが含まれるための条件は、
4x^2+4xy+y^2=k①かつx^2+y^2=1②を満たすような実数x、yが存在することである。
①-②×kを行う。★(4-k)x^2+4xy+(1-k)y^2=0③
x=0のとき、②より、y=±1.①について、k=1であれば、①②をともに満たすような実数x、yが存在する。
③について、x≠0のとき、両辺をx^2で割り、y/x=t④とおくと、③は
(1-k)t^2+4t+4-k=0⑤
⑤を満たす実数tが存在するとき、④によって、②(1+t^2)x^2=1∴x=±1/√(1+t^2)と②を満たす実数x、yが存在する。☆そのようなx、yは③を満たすから、①かつ②を満たすような実数x、yが存在する。
⑤を満たすような実数tが存在するための条件は判別式≧0が成り立つことであり、
0≦k≦5。
以上より、kの取りうる値の範囲は0≦k≦5。
(疑問)
<1>★の部分についてですが、③をみたす実数xyの存在が保証されたからと言って、①かつ②を満たすような実数x、yの存在は不明ですよね?(①-②×kから③を導いたからと言って、③と①かつ②は同値ではないということでしょうか?)
<2>☆の部分ですが、ここでやりたいのは最終的には、「⑤を満たすような実数tが存在するときの、①かつ②を満たすような実数x、yの存在の保証」です。①を満たすような実数x、yの存在の確認は簡単だと思うのですが、②を満たすような実数x、yの存在は確かめるのが無理だと思って、③を満たす実数x、yの存在の確認にしました。②を満たすような実数x、yの存在の確認はできるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    質問をしたものです。
    皆さん回答ありがとうございます。
    質問をしてからこのサイトのパスワードを忘れてしまい、アクセスできませんでした。
    一応自分でも調べて、自分なりの理解をしました。
    少し長くなるかもしれません。皆さんの解答もきちんと読んだうえで、再度疑問に思ったことをまとめたいと思います。よろしくお願いします。

      補足日時:2015/11/23 16:25

A 回答 (3件)

これほどの解答を思いつける人が悩むとは、信じられないですね。


①-②×kの逆をたどっていけば、質問者さんの解答で、①も満たされることは、自明です。No.2さんの書いている通り、t^2の係数(1-k)が0かそうでないかを考えていない所が、難点でしょう。そこだけではないですか、特に問題なのは。

たとえ4x^2+4xy+y^2の因数分解が思いつかず、x=cosΘ、y=sinΘを使わなくても、これだけ簡単に解ける方向があることを示した解答として、意義深いものですね。

どうやってこの方法を思いついたか、この方法はどれだけ一般化できる方法なのか、を考察したほうが、数学的にはためになるのではないですか?

今の受験数学が、短時間で完璧主義を押し付けるなら、器の小さい日本人を作るだけで、日本にとってはマイナスですね。

そのような悪趣味である受験数学よりも、発想、単純さ、一般性といった数学本来の魅力にこだわることが、有意義です。
    • good
    • 0

とりあえず、まずは答案としての突っ込みどころ(減点ポイント)



・①かつ② ⇔ ②かつ③
・③ ⇔ (k=1,x=0)または (④かつ⑤)
という同値関係を意識するのは非常に重要です。
回答だと、一つ目の同値関係はきちんと意識されていますが、二つ目の同値関係は若干曖昧な感じですね。
場合分けして出してきた、k=1,x=0,y=±1が、最終的な答え、0≦k≦5 の中に含まれていることを、きちんと確認(言及)しないと、完全な満点はもらえません。

それから、⑤について、判別式を使う前にきちんと2次方程式になるかを確認、つまり、t^2の係数(1-k)がゼロの場合はどうかについて言及していないと、満点はもらえません。

この二つの問題点を解消すれば、質問文の答案でも、とりあえず論理の破綻ポイントはなくなるので、満点ということにはなると思います。

ただ、質問文の回答の方針は、少し疑問です。
①かつ② を ②かつ③ に同値変形したってことは、つまり、①の代わりに③を考えることにした、っていうことですね。
普通、なんで、こういうことをするかというと、①より③のほうが考えるのが簡単だからなわけです。
ところが、質問文の同値変形では、①も③も2次方程式なわけで、少なくとも私の個人的な感覚としては、全然、楽になってない。。
実際、質問文回答で、★以降で③について考察していることを、そのまま①に当てはめれば、そもそも③なんて式を出さないでも逆像法での完全な回答が完成します。

じゃあ、★以外の計算をうまい計算をすると、①そのものよりもずっと簡単な③’が得られるかと考えると、この問題では、なかなか難しいですね。例えば、①-②×4を考えると、xに関しての1次方程式になるんで少しは楽かな。(ただ、②との連立を考えると、そんなに楽になる気がしない。。)

もちろん、1さんの仰るように、①の左辺が (2x + y)^2 であることに気付けば、 ①そのものを1次方程式に変形できてしまうので、圧倒的に楽になります。
    • good
    • 0

逆像法なるものがどんなものか知りませんが、受験数学の観点から見ると実践には使えませんね。

試験場で悩みが生じるような方法は有害です。

4x^2+4xy+y^2=k①
x^2+y^2=1②
(4-k)x^2+4xy+(1-k)y^2=0③

2つの式を連立するということは2つの条件を満たす点の集合を扱うことに他なりません。
①,② ⇒ ③
これは左側が十分条件で右側が必要条件であることを示しています。同値関係にするには
①,② ⇔ ③,②
とすればよい。
質問者の回答は③で結果を出して、②を確認して進めているから、疑問 <1> <2>はいずれも解消されています。結果は間違っていません。

この問題ははっきり言ってつまらない。
k=(2x+y)^2は見えていましたか。
k≧0としてk=c^2をみたすcを導入すると
①は
2x+y=±c ①’
に還元され、直線①’と円②の接する条件が値域を与えるという、陳腐な2次方程式の話になってしまいます。①の係数が変わっていてもう少し頭を継あく問題がそのうち出てくるでしょうからその時またいろいろ試してみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2乗しても同値性が崩れないときと崩れるとき

2乗しても同値性が崩れないときともう一つの解が割り込んできて同値性が崩れるときはそれぞれどのような場合なのでしょうか。よく方程式の両辺を2乗してルートをはずしたり、代入しやすくしたりすると思うのですが、問題をやっていて「ここで2乗してもいいのかな?」といつも迷ってしまいます。このようにならないためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

例);2乗してもいいとき

X=-1/2(α+β){[(α+β)^2]-1}・・・(1)
Y=3/4[(α+β)^2]+3/4・・・(2)

ここでXとYの関係式を作るために(2)を(α+β)^2=・・・の形にして置いて・・・(2)”、(1)の両辺を2乗して(α+β)^2を作り出しておいてから(2)”を(1)に代入するというものです。

Aベストアンサー

OKじゃ!x実数⇒t実数はよいが、その逆、tが実数→x実数はかならずしも成り立たない。このことに気がつくだけでも良かったのだが、ちゃんと解答を作るとは!

x実数⇔t実数かつ(tは正または0)  
つまり、式の一部を他の文字に置き換えると、同値関係が崩れることがあるということ。解決法は、おきかえた式に戻って検討するだけ。解答はs-wordさんのでOK!

<まとめ>
同値関係が崩れる可能性のあるパターン
1.分母を払うとき
2.等式、不等式の両辺を平方するとき
3.2つの等式、不等式を加減するとき
4.式の一部を他の文字で置き換えるとき

s-wordさんの謎もこれで解決したはず。2乗(平方)したら、同値関係は崩れると思ったほうが良い。代入(加減)も同じ。(もちろん、崩れない場合もある)解決法は、平方の場合は、最初の条件にもどって検討する。代入(加減)の場合は、代入した式に戻って検討する。

ちなみに、7の問題は大変な良問で、いろいろな解法が出来ます。私はパラメ-タaを分離して、解決しました。これは、受験数学のテクニックのひとつで、aとxが伴って変わらくて、しかもaとxを分離することが容易な場合に威力を発揮します。また、xについての二次方程式でもあるので、判別式を利用して解くことも出来るし、さらにs-wordさんの解で、特殊な絶対不等式を使うことも出来る。この絶対不等式は、私は気づきませんでした。問題の型を見た瞬間に、パラメタ分離→微分して調べるという構図が浮かんでしまったからです。某料理会の○皇様が、料理は工夫しすぎるということはない。さらなる工夫をもって精進せいよなどどと言っていたのを思い出しました。まったく数学は奥が深いのう。

OKじゃ!x実数⇒t実数はよいが、その逆、tが実数→x実数はかならずしも成り立たない。このことに気がつくだけでも良かったのだが、ちゃんと解答を作るとは!

x実数⇔t実数かつ(tは正または0)  
つまり、式の一部を他の文字に置き換えると、同値関係が崩れることがあるということ。解決法は、おきかえた式に戻って検討するだけ。解答はs-wordさんのでOK!

<まとめ>
同値関係が崩れる可能性のあるパターン
1.分母を払うとき
2.等式、不等式の両辺を平方するとき
3.2つの等式、不等...続きを読む

Q連立方程式を代入法で解くか、同値変形で解くか

二つの連立方程式
2x-y-1=0
x+y-2=0
を解くにあたって、
上の式は
3x-3=0
x+y-2=0
と同値である。
と言われたのですが、
私には同値変形と代入法の違いが分かりませんでしたし、
また同値変形したときに、"3x-3=0かつx+y-2=0"のように2式を足したもの(または引いたもの)かつ元の式いずれかになるのかも分かりません。
どなたか説明して頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

こんばんは。

「同値変形」という言葉は初めて聞きましたが、
しかし、わかりましたよ。

「同値」というのは、論理で出てくる「同値」と同じことです。
記号で言えば、「≡」や「⇔」のことです。

つまり、
2x-y-1=0
x+y-2=0
という連立一次方程式は、
2つの式の加減法で求めた3x-3=0を2x-y-1=0の代わりに用いて
3x-3=0
x+y-2=0
と書いても同値であるし、
2番目の式をxについて解いたx=-y+2を用いて
2x-y-1=0
x=-y+2
と書いても同値です。

つまり、加減法も代入法も、同値変形の一種です。

元々2本の式しかありませんから、加減法や代入法で出てきた式を使って3本以上の式を「作成」しても、そのうち独立なものは2本しかありません。
たとえば、
2x-y-1=0
x+y-2=0
3x-3=0
という3本の式のうち、1本は使わなくても解けてしまいます。
(つまり、1本捨てた残りの2本が、元の方程式と「同値」です。

また、
たとえば、2番目の式と、それを2倍にしたものだけで
x+y-2=0
2x+2y-4=0
という連立方程式を「作成」しても、答えは出ません。

まとめると、
同値変形とは、
「互いに独立なn本の一次方程式からなるn元連立一次方程式を、
 そのn本の式のどれかを使って、
 ほかの、互いに独立なn本の方程式からなる連立方程式に
 変形すること。」


ただし、
「余分な式」であっても、方程式を解く計算途中で用いることは、いっこうに構いません。

こんばんは。

「同値変形」という言葉は初めて聞きましたが、
しかし、わかりましたよ。

「同値」というのは、論理で出てくる「同値」と同じことです。
記号で言えば、「≡」や「⇔」のことです。

つまり、
2x-y-1=0
x+y-2=0
という連立一次方程式は、
2つの式の加減法で求めた3x-3=0を2x-y-1=0の代わりに用いて
3x-3=0
x+y-2=0
と書いても同値であるし、
2番目の式をxについて解いたx=-y+2を用いて
2x-y-1=0
x=-y+2
と書いても同値です。

つまり、加減法も代入法も、同値変形の一種で...続きを読む

Qたとえ東大生でも個人契約で家庭教師の時給5000円って高すぎじゃないですか?

また、今はそんなことないのでしょうか?

今は東大生でも希望時給2500円程度の人が多い気がしますし・・・
いまどきは、5000円も貰ってるひとっているのでしょうか?
http://www.katekyo2000.com/

わざわざ5000円の人なんて雇わなくてもいい気がするのですが・・・

それとも払ってる側が多めに出してくれてるのでしょうか?

本人は2500希望ですが、親側が5000ぐらい出してくれてるとか?

Aベストアンサー

東大理IIIを受ける直前なら東大生か院生に三回くらい「落ち」が無いか、[不安」はないか聞いても良いのではないかな。本人も親も「太鼓判」押して貰えると「精神的に凄く楽になる」のは確か。
度々答えましたが私も院の時理IIIを受ける子の「数学」、三回だけ見ました。
本人に自信が付いたので三回でお終い。親御さんに「私よりよっぽど筋が良いですよ」と申し上げておきました。後ほどご丁寧なお礼のお菓子を戴きました。自分の能力が生きた「証し」なのでお菓子が旨かった。
三十年前で二千円位貰ったかも。だから一回五千円出しても「自信」が付けば安い買い物。
なお、旧帝大、東工大、一橋はいれるだけの「地頭」が無きゃ、東大生を付けるのは無駄。
それにやはり、それぞれの大学の[先輩」に当たる人が一番効率が良い。
なお、何ヶ月も見て貰わなきゃならない様なら、予備校の方が絶対良い。

Q同値性の崩壊

定円x^2+y^2=r^2の周上を点P(x,y)が動くとき,座標が(y^2-x^2xy)で表される点Qはどんな曲線を動くか。

x^2+y^2=r^2から,P(x,y)とするとx=rcosΘ,y=rsinΘと表される。Q(X,Y)とすると
X=y^2-x^2=-r^2cos2Θ
Y=r^2sin2Θ
よってX^2+Y^2=r^4(cos^22Θ+sin^22Θ)=r^4
ゆえに,点Qは円x^2+y^2=(r^2)^2の周上を動く。

教えてほしいところ
この問題を解き方が違和感があります。
X=y^2-x^2=-r^2cos2Θ
Y=r^2sin2Θ
を両辺正でなければ2乗してしまうと同値性崩れますよね?
また、2乗したものをそのまま足す場合、同値性は崩れる心配はないんですか??
この問題を上のように解いて、同値性が崩れる心配がないもしくは同値性が保たれるのは自明である理由を教えてください。

Aベストアンサー

円x^2+y^2=r^2を円A,円x^2+y^2=(r^2)^2を円Bとする。
点P(x,y)が円Aの円周上をぐるぐる回って、それに応じて点Qが決まる。
その回転が左(右)回りならx=rcosΘ,y=rsinΘのΘが増加(減少)するということなので、Θは実数全体を動く。
点Q(X,Y)のX=-r^2cos2Θ,Y=r^2sin2ΘのΘはPの座標を決めるΘによって決まるΘなので,こちらも実数全体を動く。
このことから、ある点T(x,y)についてx=-r^2cos2Θ,y=r^2sin2Θなら点Tは点Qであるといえる。

質問の同値性を示すには、円Bの円周上の任意の点は点Qである、ということが証明できればよい。
流れだけいうと、円Bの円周上の点x=r^2cosΘ,y=r^2sinΘ,からx,yを上の形に変形できればよい。変形については回答3が参考になる。


人気Q&Aランキング