旅人が教える「旅に出たくなる映画」

事故過失割合について納得いきません
1ヶ月程前、事故にあいました
片側1車線の割とせまめの道、制限速度40kmの道の反対車線が渋滞中で私が時速30km程で走行中、渋滞の切れ目から、反対車線側の駐車場からバックで出てきそうな車が見えました(発見時は駐車場内)

こちらに気付いている感じがなかったのでクラクションをならし減速し、相手の運転手がこちらを見て車が止まったのを確認し、ここで止まっても相手の車が入れない距離だったので
危ないなぁと思いながら左側に寄って20km程の速度で通過したところ相手が急にバックしてきて自分の車の右中から後方部に接触しました

相手は60代で、こちらを見て後方確認もしていた。そちらがぶつかってきた。どうしてくれるんですか?と、終始被害者のような感じで謝罪もありませんでした

先日、保険会社から過失割合を言われ、8:2との事でした(相手が8、私が2)
こちらは、生後3ヶ月の乳児を乗せていたので、終始走行速度も遅く、反対車線の間から飛び出しがあるといけない、と、危険予知をしながらの中で減速もして左側に寄って通過中にぶつけられた感じです

駐車場から車線をまたぎ、さらにバックで車線に入ってくるのは相当な危険運転だと思いますし、こちらを見ていたのならぶつけてきたともとれます

それで過失割合が8:2なのが納得いきません

このような場合でも8:2が妥当なのでしょうか?

修理代金はこちらが40万(ホイール交換、フェンダー板金)、相手が10万との事です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

妥当だね、相手はあなたが無理やり通り抜けたと証言していると思ってください。


両者の言い分を判断すれば保険屋はそんな割合を出すでしょう。
ドライブレコーダーがあれば多少あるほうが有利になる可能性はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nitto3さん、ありがとうございます

相手がそういう風に言っているなら8:2が妥当かもしれませんね

結局言ったもん勝ちなんでしょう

今後はそういう事をされないようにドライブレコーダーをつけます

お礼日時:2015/11/18 08:47

保険会社に、「駐車場から出てこようとしたのが見えてた」って言ったら7:3にされるからね。

    • good
    • 0

あなたが完全に停止していたのであれば10:0ですが、動いていたので8:2は妥当です

    • good
    • 0

8:2なんてずいぶん協力的な査定を出したもんだね。


一般的には7:3だよ。
8:2はごく一般的な査定で、相手が出てきてるのがわかってる場合は、更にアンタに1割の過失がつくのが相場。
だから本来はアンタが30%悪いって見られる。
8:2で出してくれてるのなら、文句を言わずにそれで合わせたほうがいいと思うよ。

ちなみに本当に危険予知をしてるなら、普段通ってる道のはずだからそこで反対側に駐車場があって車が出てくるのがわかってるはず。
そっちを見て車の陰から出てこようとした車を察知してその手前で止まらなければならない。
ただ単にノロノロ走ってるのは危険予知とは言わない。
認識不足。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

BSPEC2さん、ありがとうございます

そういう割合もあるんですね

参考にします

お礼日時:2015/11/18 09:02

事故の過失割合はどちらも自分は悪く無いと思っているので納得いかない事が多いものです


おそらく相手からすると 以前に同じ様な状況の時は 対向車線の車は止まってくれたのに
今回 質問者さんの車は止まってくれなかったから質問者さんが悪いと思っていることでしょう
(むちゃくちゃな理屈ですが)

突然でてきた ゆっくり進んでいたというのは 主観的な表現なのでお互いの主張が食い違うと
似た案件の過失割合に落ち着くことになります

今後は 危ないと思ったらぶつかる前に完全停止できるようにするか 
客観的な証拠を残すためドライブレコーダーを搭載することをお勧めします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ele_sheepさん、ありがとうございます

完全停止も3秒程じゃないと意味がないと保険屋さんに言われました

今回のように運転席を通過した後に視界外から来る車に対し止まる事は難しいと思います

むしろ止まれていたら、乳児が運転席の後ろだったので、そこにぶつけられていたら人身事故です

相手は保険屋にある事ない事言っているので、そんな時はレコーダーは必須ですね

動かぬ証拠がないと本当の事を言わず、逃れようとするなんて悲しい事です

自分だったら相手に全力で謝罪と補償するのが取るべき行動だと思います

お礼日時:2015/11/18 07:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故(物損) 過失割合の判例?

先日交通事故に遭いました。
私は助手席に乗っていたので、事故の瞬間は別の所を見ていましたが
状況は下記のとおりです。

こちらは、道路上で停車し右折して店舗に入ろうとしていました。
対向車線は渋滞して動いたり止まったりしていました。
店舗の入り口を塞いでいた車が少し前へ行き、少しスペースが空きましたのでこちらも、少し対向車線へ進めました。
(通れるほどのスペースはなかったので、少し対向車線にはみ出して停車したという状況です)
そこへ後方で停車していたはずの対向車が突っ込んできました。

事故の翌日、当方の保険会社(代理店)から来た連絡だと
「対向車線に出ていた段階で、過去の判例から言って
 8:2でこちらが悪いですよ!」とのこと。

道路上の事故なので10:0はほぼないのは、理解していますが
こちらが停車中で向こうが前を見ずに車を進めて来た状態で、
こちらが悪いとすぐに決めつけてきた点に不信感を持っています。

客観的に過失割合がどの程度かだいたいでもお分かりになる方、
その過去の判例とやらが正しいのかご存じの方がいらっしゃれば教えていただければと思います。

先日交通事故に遭いました。
私は助手席に乗っていたので、事故の瞬間は別の所を見ていましたが
状況は下記のとおりです。

こちらは、道路上で停車し右折して店舗に入ろうとしていました。
対向車線は渋滞して動いたり止まったりしていました。
店舗の入り口を塞いでいた車が少し前へ行き、少しスペースが空きましたのでこちらも、少し対向車線へ進めました。
(通れるほどのスペースはなかったので、少し対向車線にはみ出して停車したという状況です)
そこへ後方で停車していたはずの対向車が突っ込ん...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
過去の判例を元に裁判所から過失割合認定基準というものが発表されているそうです。
「交通事故の過失割合web」というサイトで(他にもありますが)詳しく紹介されています。
その中の自動車対自動車の場合で、片方が道路外へ右折で出る場合の件について、右折車(今回の場合でいうところのあなたの車両ですが)が9で直進車が1、つまり9:1となるとされています。これには、直進車が速度を出しすぎる、あなたが中央線をはみ出している、などにより修正が入るとのことですが、おおむね9:1みたいです。中央線をはみ出しているという過失があるので、8:2というのはもしかしたら良いほうかもしれませんね。
一般人の意見ですので、参考までに・・・・。

QT字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる? 先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってま

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろのドアにあたりました。相手も少しよけたらしく左の塀に擦ってしました。左よけた衝撃で右の方の運転席が開かなくなりました。

保険屋さんに話した相手のいいぶんが一時停止しないで右折してきて直進してるクルマにつっこんだ。と言ってるらしいです。

自分のいいぶんはまががり始めた頃には車いなかったし相手がいつ気づくかによって自分が一時停止したかどうかわかるとおもいます。仮に自分が右折途中で相手が右折してきた車にきずいた場合は一時停止したかわからないとおもいます。そこで引っかかるのが右折途中で車にきずいた場合一時停止したか相手はわからいのに一時停止もしないで右折してきたってゆえるんですかね?
直進してる車に思いっきりとびだしたら普通に相手の運転席のドアにおれのバンパーが当たるはずだとおもいます。そもそもミラーでうつってなくて自分が5キロ未満で右折して相手が60キロ以上で直進を走ってたら必ずぶつかると自分はおもいます。

こういったケースの場合過失割合はどうなるんでしょうか?

保険屋さんは
相手2
こちら8

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろの...続きを読む

Aベストアンサー

>右折してるのがわかったらスピードおとすなりブレーキ踏めたでしょってはなしなんですけど

その通りです。
ですから100:0にならないんです。
それが相手の過失2割なんです。

>相手が右折してきたのわからなかった場合ははなしがちがってきますけどね

この点を最も勘違いしていますよ。
わからなかったかどうかは過失に関係しません。一切関係しないんです。

Q最近の裁判での自賠責の総額は過失割合しないについて

最近の交通事故裁判での自賠責の総額は過失割合しないと聞いたのですが、調べてもわからないので、教えて頂きたく、宜しくお願いします。
裁判での総額が8000万円で自賠責がその内の2000万。過失割合5:5。

自賠責の総額過失割合ありの場合は8000万円の5割で4000万円。

自賠責の総額は過失割合なしの場合は自賠責から2000万円と6000万円の5割で3000万円の合計5000万円になるとと思いますが、そのような事が最近の裁判の判例でありますか?

あれば、サイト等を教えて頂きたく、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

損害額の考え方が違っています。

傷害部分の損害額は、治療関係費、休業損害、慰謝料
後遺障害部分の損害額は、労働能力喪失による逸失利益、慰謝料
死亡の場合の損害額は、葬儀関係費、逸失利益、本人および遺族慰謝料
が主なものです。

裁判で認められた損害額とは、これらの合計です。

この損害額に対して、被害者過失50%が減額されるので、8000万円×50%=4000万円が加害者の賠償責任額となります。

これをどう負担するかが、自賠責保険と任意保険(または本人負担)との調整となります。

自賠責保険では、被害者過失が70%未満のときは過失相殺しませんから、自賠責限度額まで支払われます。
よって、ご質問の例では、自賠責保険から2000万円(実際には自賠責限度額が2000万円というケースはありませんが)、任意保険(または本人負担)から2000万円となります。

従って、ご質問のケースで賠償額が5000万円となる判例はありません。

また、自賠責保険の支払額を自賠責保険支払基準に関わらず過失相殺しないという判例もありません。

自賠責保険は自賠法・同施行令・同施行規則・自賠責保険支払基準及び自賠責保険約款により支払われるものですから、支払額を減額するかどうかはこれらの規定によります。
減額:http://www.nliro.or.jp/service/jibaiseki/shiharai/cutdown.html
(規定は自賠責保険支払基準)

自賠責保険支払基準により支払われた保険金額が、不十分であるとして訴訟が提起された場合、裁判所は被害者の損害額を算定するにあたり、自賠責保険支払基準に拘束されないとした判例はあります。(最高裁平成18年3月30日http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060330141432.pdf)

損害額の考え方が違っています。

傷害部分の損害額は、治療関係費、休業損害、慰謝料
後遺障害部分の損害額は、労働能力喪失による逸失利益、慰謝料
死亡の場合の損害額は、葬儀関係費、逸失利益、本人および遺族慰謝料
が主なものです。

裁判で認められた損害額とは、これらの合計です。

この損害額に対して、被害者過失50%が減額されるので、8000万円×50%=4000万円が加害者の賠償責任額となります。

これをどう負担するかが、自賠責保険と任意保険(または本人負担)との調整となります。

自賠責保険で...続きを読む

Q過失割合について納得がいきません。

いつもお世話になっています。
先日、下記の質問をさせていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2221335

その後、調査の結果が出て下記の内容が判明しました。
・相手の車が早回り右折をした
=交差点の中央まで進んでいない
・こちらが右寄りを走ったり、相手側に突っ込むような走行はしていない

保険の担当者に問い合わせたところ、今回の場合の基本は40(当方):60(相手)であるという説明を受けました。
そこで、参考にした事例のコピーをいただいたのですが、少し納得のいかないところがあります。
ちなみに、事例は別冊判例タイムズNo.16の【130】aです。

1.事故が起きた場所は交差点を渡りきる付近であったこと(ゼブラゾーン付近)
=信号関係が対等ではないのでは?

2.バイク:車である点が考慮されてもいいのでは?

上記の2点を踏まえて妥当な過失割合がどの程度なのか教えていただければと思います。
また、差し支えなければ判例No.などを教えていただけると嬉しいです。

宜しくお願いいたします。

いつもお世話になっています。
先日、下記の質問をさせていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2221335

その後、調査の結果が出て下記の内容が判明しました。
・相手の車が早回り右折をした
=交差点の中央まで進んでいない
・こちらが右寄りを走ったり、相手側に突っ込むような走行はしていない

保険の担当者に問い合わせたところ、今回の場合の基本は40(当方):60(相手)であるという説明を受けました。
そこで、参考にした事例のコピーをいただいたのですが、少し納得の...続きを読む

Aベストアンサー

信号関係のことは双方の主張で変わってしまうので、目撃者の証言を重要視して黄色進入直進バイクと黄色右折車両の事故という調査結果になったようですね。
それであれば、判例タイムズ【130】aで妥当と考えられます。
判例タイムズ【130】はもともと単車対四輪車の事故である点は考慮されています。

相手の早回り右折でご質問者に10%有利に修正されると思います。
警察署に行って、事件の送致番号を確認し、送致先の検察庁に記録の閲覧・謄写申請をしましょう。
これで、実況見分調書が入手できますから、早回り右折が事実であれば調書に残っているはずです。

Q事故の相手が過失割合に不満

どうも、以前ここで事故後のお見舞いについて相談させていただいた者です。
とりあえず事故の翌週の日曜にお宅に伺ってお見舞いを渡し、特にその後連絡も無く日々を過ぎていきましたが、先日電話がかかってきました。
要点は2つで、一つ目が私の保険屋(三井○友海上)からの連絡が事故後の一回しかない。
2つ目は過失割合の7:3=私:相手が気に入らないそうです。特に私も壊れたライト部分を修理すると電話越しに露骨な嫌な声されました。
とりあえず保険屋に連絡しますと答えてその電話は終わりましたが不安です。
何か助言等ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

保険屋さんからの連絡が1回しかない
  ↓
私に言われても困ります。

事故のこと
  ↓
保険屋さんに一任してありますので私には分かりません。

私は、以前これを貫き通しました。

Q保険会社提示の判例、過失相殺割合に納得がいきません。

河川敷でサッカーを練習していて、練習中のボールが隣接のサイクリングロードまで出てしまい、サイクリング中の
男性がそのボールを乗り上げ、勢いで大きく転倒し頭、肩等を強打し怪我をさせてしまいました。
スポーツ安全保険に加入していましたので、保険会社に賠償責任保険でどの程度保険金が支払われるのかを問い合わせたところ、判例をもとに被害者に8割過失があるとの事で、保険金支払いは2割と言われました。
加害者側としては、治療費を支払う予定でいますが、保険で賄える部分は保険でと思っています。
保険会社には提示の判例に納得がいかない場合にはどうしたら良いかと問い合わせたところ、裁判をして判例を作るしかないと言われました。
保険会社が提示した判例、過失相殺割合は適当なのでしょうか。
適当でない場合、裁判をするしかないのでしょうか。

保険会社提示の判例と今回の事故で異なる部分は以下です。
判例:原付自転車の前方にボールが転がってきて転倒。
今回:自転車前輪と後輪の間に横からボールが転がってきて転倒。

判例では車両運転者の基本的義務である前方注視を欠いていたことが事故の原因としていますが、今回の場合、前方注視をしていても事故を防げる状況ではありませんでした。

河川敷でサッカーを練習していて、練習中のボールが隣接のサイクリングロードまで出てしまい、サイクリング中の
男性がそのボールを乗り上げ、勢いで大きく転倒し頭、肩等を強打し怪我をさせてしまいました。
スポーツ安全保険に加入していましたので、保険会社に賠償責任保険でどの程度保険金が支払われるのかを問い合わせたところ、判例をもとに被害者に8割過失があるとの事で、保険金支払いは2割と言われました。
加害者側としては、治療費を支払う予定でいますが、保険で賄える部分は保険でと思っていま...続きを読む

Aベストアンサー

内容から鑑みて、大きく判例からずれるほどの要因が見あたりません。

判例によって過失2割、いうことは相手の損害の2割をあなた方が負担する責任があり、それを保険会社が肩代わりする、ということです。

過失割合に不服があり、損害賠償額に納得行かない場合は被害者が裁判を起こす(提訴)ことであって、加害者側から保険会社に「もっと払え」という裁判は起こせません。

保険会社の過失割合提示内容に加害者として不服があるなら、保険からの支払額に任意で上乗せしてあげれば良いことです。
それを保険会社が悪いような書き方をしているのは、本末転倒です。

Q過失割合の前方不注意について

短時間の連続投稿をお許しください。

過失割合の加算修正の条件に前方不注意というのがあるのですが、これはどの程度のものでしょうか?
そもそも、前方不注意だから事故になったはずなのですが、基準が分かりかねています。

どうぞ、回答をお願いします

Aベストアンサー

例)1、信号が青の道路走行中交差点で右折の車と
   ぶつかった
   基本は2割の過失 相手8割

  2、信号の無い優先道路走行中の交差点で
   出会い頭に車とぶつかった
   基本は4割の過失 相手6割

  状況によって過失は変わりますので参考までに

  

Q物損事故の過失割合で加害者が納得しない場合

過日、左折できない交差点を左折してきた車にぶつけられた事故(物損)にあいました。
当方が、保険屋(相手が加入している)と話をしているのですが、相手が過失割合に納得がいかず話しが進みません。
保険屋も話が進まないので、先日リサーチ会社に調査を依頼しました。
リサーチ会社の結果は<100(相手):0(当方)>でした。
当然、相手はこの結果にも納得いかず、「裁判の結果ならしたがう」とか「80:20までしか譲れない」と言っているそうです。

車の修理代は、相手約33万円、当方約40万円です。
当方に非がないので、保険は使いたくない(等級が下がるので)のですが、、、
・小額訴訟
・紛争処理センター
・80:20で話をつける
など、どのような対処が1番費用がかからずに話がまとまるでしょうか?
他にもなにか良い案があればご教授願います。

Aベストアンサー

No.1ですが 回答の返事ありがとうございます。
弁護士費用は使っても翌年の保険料は上がりませんので心配はいりません。
しかし保険会社から弁護士を指定される事も考えられますので
一応 弁護士費用を使いたい旨保険会社に申し出をしておいた方がいいでしょう。
もしfire5さんの知ってる弁護士でもいるのであれば
それもまた保険会社にそのように申し出をした方がいいでしょう。

話しは変わりますが通常 調査会社を入れる場合は
双方の保険会社が別々の調査会社に以来するか
もしくはひとつの調査会社に依頼し双方の保険会社が調査費用を折半し
出た調査結果に従うという
双方の申し合わせの上で調査依頼したりもするのですけど
そういう流れで話しはなかったのでしょうか?
それにしても調査結果が100:0って出てるにもかかわらず
自分の非を認めない相手にはあきれてしまいますよね。

Q人身傷害と搭乗者傷害 過失割合は関係ありますか?

自動車保険の人身傷害補償、搭乗者傷害保険は過失割合によって支払われる金額はちがってくるのでしょうか?
たとえば過失割合が0の時に補償される金額が1000万円の場合、過失割合50:50なら半分しか支払われないなどあるのでしょうか?

Aベストアンサー

過失割合が発生した場合、自分の過失分は自己負担になり相手からは受け取れない。
その自分の過失分を補うのが人身傷害保険です。

搭乗者傷害は過失割合に関係なしに後遺障害などに対して満額支払われますので、
「生命保険における傷害特約」みたいなもの。
ただし、最近は大半が「部位症状払い」なので大した金額は出ないと思います。
日数払いであれば、通院日額1万、入院日額1.5万などになりますから
受取り額はそれなりに膨らんでいきます。

Q交通事故(物損)の過失割合に納得できません。

先月、走行中車をぶつけられました。保険会社の提示してきた過失割合にどうしても納得できません。皆様に教えていただきたく思います。
状況は、
片側1車線の道路を走行中、前方の信号(青)の3mほど先にある駐車場の出入口から車線に進入しようと止まっている車を認識。車が止まっていたのでそのまま通過したところ、先方の車が発進し接触。私の車の後部ドアの真ん中ほどから1mくらいの長さの傷。両車とも同乗者がいましたが、怪我はなしです。
私の保険は、対物保証で車両保険には入っていません。先方の保険の内容までは分かりません。
車の修理代は私の方は40万、先方は約10万です。
事故後、私の保険会社には「私に過失があるとは思えない。走行中の事故と言うことで過失を問われても、言わばぶつけられたのだから、割合は1:9までしか認めない。」と伝えましたが、昨日「先方が2:8を主張している」と連絡をしてきました。
普段から安全運転を心がけているのに、車をぶつけられ、どんな過失があるというのでしょうか。今でも0:10だと思っています…。
納得のいく決着をつけるには、私は何をどうすれば良いのでしょうか。何から始めれば良いのか分からず、困っています。
お知恵を拝借願います。

先月、走行中車をぶつけられました。保険会社の提示してきた過失割合にどうしても納得できません。皆様に教えていただきたく思います。
状況は、
片側1車線の道路を走行中、前方の信号(青)の3mほど先にある駐車場の出入口から車線に進入しようと止まっている車を認識。車が止まっていたのでそのまま通過したところ、先方の車が発進し接触。私の車の後部ドアの真ん中ほどから1mくらいの長さの傷。両車とも同乗者がいましたが、怪我はなしです。
私の保険は、対物保証で車両保険には入っていません。先方...続きを読む

Aベストアンサー

http://members.jcom.home.ne.jp/0110maito/sub5.htm
心中お察しいたします。保険会社は絶対に認めてくれませんが、いわゆる「動いている者同士」の事故でも、原告側無過失を認容する判決が出ているようです(上記サイトご参照)。ただし、相手保険会社に無過失を認めさせるには、裁判等に訴えるほかはないでしょう。修理代を余裕ある見積もりとする、代車費用も合算請求する・・・。9:1を踏み込んで95:5にしてもらう。9:0にしてもらう。往々にしてこうした交渉は時間の浪費に終わります。示談交渉に長けた保険代理店なら無料、行政書士、司法書士なら低廉費用にてサポートしてくれるはずです。お一人で解決しようとせず、専門家にご相談してみてはいかがですか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報