これからの季節に親子でハイキング! >>

私、2014年10月から太陽光発電50kw未満の発電をはじめまして、またそれ以前から米作りで農業をサラリーマンをしながら給与所得を得ていました。いわゆる兼業農家です。
この度2016年5月会社(事業所)の移転により、転勤が出来ない事情で、退職を考えています。しかし太陽光発電が事業所得に扱われますと、個人事業者ということになり失業保険が給付されない事になるのか非常に不安になっています。太陽光発電は勤務に関係なく発電してくれますので就職の妨げにならないと思いますが。
また農業所得は赤字状態で給与所得にくいこんでいる有様です。
どなたか、適切な回答、またアドバイスいただけたらありがたいです。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ここで質問するより、現状の設定を箇条書きでも良いから作り、税務署の相談窓口へ行きましょう。


行政の相談窓口は皆さんの思い込みより、ずっと親切で、親身になって、相談を受けてくれます。

Ps.事例は違いますが、実際、当人も以前働いていた会社の、賃金味払いの相談で行った時も、その後に、無断名義使用での会社の借金問題も、迅速に対処してくれましたから。

皆さんが思うほど行政の相談窓口ば敷居高では無いです。
税金を払って、奴らを養っているのだから、フル活用しましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

実際にハローワークの雇用保険窓口に相談に行き、心配事とりあえず解決いたしました。
事実を述べた結果、気にしていた太陽光発電は、不動産所得と同じで、労働せず収入が入るとの解釈で、問題なし。
ただ、農業につては、失業保険給付中は、週20時間未満の労働時間制限が付きます。また日々の生活の中の労働時間を申告する必要があるとのことでした。
ご回答・アドバイス頂いた方厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。ジョジクルーニ

お礼日時:2015/12/02 18:32

履歴書や面接の際に「副業として……」「後継ぎとして……」という発言をして、理解を得られた会社に入るのがよろしいかと。



太陽光が「事業規模」と兼業であっても「農家」である以上、一番厳しいのが失業保険になります。
こればかりはハロワの担当者次第なので、ダメ元で相談してみると良いかと思います。
    • good
    • 2

>太陽光発電50kw未満の発電をはじめま…



1kWでも 50kW 未満、49kW でも 50kW 未満ですけど、具体的に何kW あるのですか。

>太陽光発電が事業所得に扱われますと…

住宅の屋根に乗っている 3kW 前後のものなら、事業とは言わないでしょう。
「雑所得」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

49kW に近いのなら、やはり事業所得でしょうけど。

>個人事業者ということになり失業保険が給付されない事になる…

でしょうね。

>農業所得は赤字状態で給与所得にくいこんでいる…

税法の定めにしたがって正しく計算した結果が赤字なら、給与所得との損益通算は可能ですけど、ご存じありませんでしたか。
サラリーマンをやめたのなら、太陽光発電による事業所得との損益通算でもかまいません。
太陽光が雑所得に過ぎないのなら、農業赤字との損益通算はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2250.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兼業農家の失業保険について

我が家は4世代同居6人家族の兼業農家で、主人の会社給与以外に年70万円程度の農業収入があります。両親は年金受給者です。この状況で主人が会社を辞めた場合、失業保険はもらえるのでしょうか?
農業収入だけではとても生活できません。私が働けると良いのですが、1歳の子供に加え、介護の必要な高齢者が2人いるため無理です。
何かご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問に関して補足です

はい、あくまでも、ご主人がお母様の農業のお手伝いをした場合のみ、
「手伝い」として申告することで問題ありません。
(口座にお金が入ったから「お手伝い」ではありません。)

家族全員でサポートしている形になっているようですが、
所有権や口座が誰のものであるかが大事なのではなく、
実際にメインとして誰が管理しているかが大事です。

ここでは、お母様が農業に関するお仕事に従事されているわけで、
失業給付での申告は、「仕事をして収入があるかないか」を
確認するだけで、極端な話、ご主人は名義上存在しても、
全くお手伝いすることが無く、また、失業中になっても
手をつけない(お手伝いしない)のであれば、
失業認定時において申告する必要がありません。

たとえば、駐車場としての土地を持っていて今まで会社勤務
していた人が離職していても、その奥さんが管理運営をほぼ行い、
ご主人は名義だけというケースであれば、問題無いわけです。
収入がいくらあっても(逆に無くても)、仕事をしたかしないかだけが
問われるのが「失業の認定」です。

質問に関して補足です

はい、あくまでも、ご主人がお母様の農業のお手伝いをした場合のみ、
「手伝い」として申告することで問題ありません。
(口座にお金が入ったから「お手伝い」ではありません。)

家族全員でサポートしている形になっているようですが、
所有権や口座が誰のものであるかが大事なのではなく、
実際にメインとして誰が管理しているかが大事です。

ここでは、お母様が農業に関するお仕事に従事されているわけで、
失業給付での申告は、「仕事をして収入があるかないか」を
確認...続きを読む

Q会社を辞めて農業を始める場合の失業給付は

自営業(準備を含む。)をはじめたときは失業給付は受けられないようですが、例えば6月に自己都合で退職し農業の準備を始め年内の収入がゼロであってもダメなのでしょうか。
何か収入を得る方法はないのでしょうか。

Aベストアンサー

失業給付は条件付で受けられるのではないかと考えます。
失業給付は細かくいうと失業等給付といい、そのなかには、求職者給付のほかにいくつかの給付があります。
上記の件でいいますと、失業等給付のなかの就職促進給付の内、再就職手当てが受給できる可能性があります。
これは失業した労働者がある一定の条件を満たした場合、一時金で支給されるもので、これは自営業を始めた場合でも該当します。
ただ細かい条件が設けられていますから、ただちに受けられるとは限りません。
詳しくは安定所に問い合わせてください。
あと、雇用保険法には細かな規定がいくつもありますが、実態として機能していないものもあるようです。

Q家賃収入があります。失業保険もらえますか。

3月末で自己都合退職します。再就職先はまだ決まらず、退職後に就職活動を本格的にしたいと思っています。
じつは小さなアパートを所有し、わずかですが家賃収入があり、確定申告(青色申告)もしています。
就職先が決まるまで、失業保険が給付されると生活費としては、とても助かるのですが、受給資格はあるでしょうか。

Aベストアンサー

問題はありませんから、ハローワークで失業給付の申請を行なって下さい
必要書類等は下記を参照
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_procedure.html

Q失業手当の不正受給について 農業 (再度質問)

前回質問しましたが、(1)失業してから失業手当の手続きを済ませ、すぐに農業の準備をしながら手当てを受けるのは違反になりますか?(農業準備期間に受給)

(2)手当てを貰いながら、収穫した野菜を市場やJAに出荷せず、収入がばれないように個人(仲介卸業者)に出荷した場合は、ばれないのでしょうか?

(3)密告しない限り、絶対にばれないのでしょうか???

Aベストアンサー

お答えします。
>(1)
不正受給です。
>(2)
税務署とハローワークの「情報共有勉強会」があるならばれるね。
普通は「畑違いの話」でばれない。
>(3)
密告以外に「ハローワークの調査」が失業保険受給者全体の1~5%は行われてるらしい。
この「1~5%」の調査対象に「ご質問者様」が入ればアウト。
ジャンボ宝くじ「3等」の当選確率と大体同じだよ。

Q個人事業主は失業保険をもらえる資格はありますか?

個人事業を始めてやっと約1年。
準備などに殆ど明け暮れ、去年は利益は0。今年に入ってようやく少しお客様がついたぐらいなのですが、定収入にはまだまだ程遠く、派遣の仕事をしていました。ですが、今回、健康の理由でどうしても退社しなくてはならず、定額の収入がなくなるので、失業保険を申請したいのですが、個人事業主になっている場合は、個人事業での利益がなくても、もらえる資格はないのでしょうか。 どなたか、出来れば専門家の方、アドバイスをお願いできれば幸いです。

Aベストアンサー

ちょっと失礼します。
 
http://www.hellowork-sapporo.go.jp/koyouhoken/koyo_a01.html
このWeb頁の下の方を読めば、個人事業主が失業保険を受給出来るかどうか、よく分かります。

http://yamashiro.web.infoseek.co.jp/jouken.html
このWeb頁の下1/3辺りには、
<blockquote>
受給中に心境の変化があった場合、たとえば「最初は就職するつもりで給付を受けていたが、途中でラーメン屋をやることにした」というケースでは、不動産屋で物件の契約をした日であるとか、セミナーの受講手続きをした日など「具体的な準備を始めたとき」からが不正受給の対象となる場合が多いようです。
</blockquote>
と有ります。

なかなか御苦労が多い様ですが、「事業主」となったからには「個人」で頑張らねばならない、
と云うのが実情です。世知辛い世の中です。状況が好転する様に電線の向こうから、御祈り致します。
 
まずは御話まで。御役に立てれば幸いです。

<img height="6" alt="" src="images/dot.gif" width="1">

ちょっと失礼します。
 
http://www.hellowork-sapporo.go.jp/koyouhoken/koyo_a01.html
このWeb頁の下の方を読めば、個人事業主が失業保険を受給出来るかどうか、よく分かります。

http://yamashiro.web.infoseek.co.jp/jouken.html
このWeb頁の下1/3辺りには、
<blockquote>
受給中に心境の変化があった場合、たとえば「最初は就職するつもりで給付を受けていたが、途中でラーメン屋をやることにした」というケースでは、不動産屋で物件の契約をした日であるとか、セミナーの受講手続きをした日など「...続きを読む

Q副業で個人事業主(青色申告)している場合の失業保険

現在、サラリーマン(主収入・雇用保険加入)をしつつ、
細々とアフィリエイトを行い、個人事業主として開業届をだして青色申告をしています。

ただし、副収入については年間数万円で、サーバー代やドメイン費用を経費で差し引くと
決算はマイナスになっており、まだまだ趣味の領域をでておりません。

(1)この状態で8月に主収入のある会社を自己都合で退職した場合、
失業手当の支給を受けることはできるのでしょうか?

(2)開業届をだし個人事業主になっている時点で、利益がマイナスだとしても
失業手当の受給資格はないという認識でいますが、それであれば
個人事業の廃業(または停止)届を出せば、失業手当は受給可能でしょうか?

(3)廃業(または停止)する場合、主収入のある会社を退職するよりも前に
手続きを完了しておく必要があるのでしょうか?
(退職後、失業手当の受給待機期間が終わるころ(12~1月頃?)に届けを出しては遅い?)

副収入のほうは利益がぜんぜん出せておらず、今後も再就職を予定しております。

開業届については、屋号を付けてみたいという自己満足で届けをだしましたが、
失業手当がもらえなくなるのであれば一度廃業届をだそうかと検討しています。

できれば今後も屋号を使いたく、将来的には副業として利益をだし青色申告をしたいため
廃業届などを出さずに失業保険が受給できる方法があれば幸いなのですが。。

現在、サラリーマン(主収入・雇用保険加入)をしつつ、
細々とアフィリエイトを行い、個人事業主として開業届をだして青色申告をしています。

ただし、副収入については年間数万円で、サーバー代やドメイン費用を経費で差し引くと
決算はマイナスになっており、まだまだ趣味の領域をでておりません。

(1)この状態で8月に主収入のある会社を自己都合で退職した場合、
失業手当の支給を受けることはできるのでしょうか?

(2)開業届をだし個人事業主になっている時点で、利益がマイナスだとしても
失業手当の受...続きを読む

Aベストアンサー

一応開業状態が続いていれば「失業の状態」では無い為(現に職業に就いている為)失業給付金の申請自体が却下されます。
廃業届を税務署に提出後、受理印のある副本を添付する必要があります。
尚廃業当日迄の経費は税務上必要経費として尚認められますから青色申告は継続し、失業給付金を受給終了(又は再就職)した時点で再度開業届を提出します。

Q収入があるのに失業保険もらったら?

会社員が会社をやめて、何らかのかたちで収入があるのに

失業保険を貰ったらどうなりますか?

アルバイトで収入があったらばれますか?
株の配当や、土地の賃貸収入など何らかの権利収入があった場合は?
確定申告すればばれるのですか?

教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

失業保険は
雇用保険の失業給付ですね。

失業給付は失業している人に給付されます。
失業とはすぐ働ける状態にあるのに職がないことです。

>株の配当や、土地の賃貸収入など何らかの権利収入があった場合は?

雇われていませんし、自らの労働によって得た収入ではないので問題ありませんが
賃貸を事業として青色申告の特別控除65万円を使っていれば
失業ということにはなりません。
株取引や賃貸を業として行えば自営の開業なので
失業給付自体が打ち切られます。
業として賃貸をしている人は失業者ではないので
不正受給以前に失業給付を受ける権利がありません。

業の判断基準としては

独立家屋の数が5棟以上
独立家屋以外の建物の賃貸が10室以上
土地の賃貸件数が10件以上
建築物である駐車場または機械設備を設けた駐車場
駐車台数が10台以上
不動産または駐車場の賃貸に係る賃貸料収入の額が年額500万円以上
 
このどれかに該当すれば業として賃貸業をやっていることになって
失業給付は受けられません。

>アルバイトで収入があったらばれますか?

ばれますかではなく、
受給期間中に自らの労働によって収入を得た場合は
申告することになっています。
一日4時間を越える労働をすればその日の基本手当は不支給となって
日数が後ろに足されます。
4時間までの内職、手伝いに関しては受け取った収入と
貴方の賃金日額によって基本手当の減額等があります。

それらを申告せずに基本手当を受け取れば不正受給ということになります。
その賃金を払った会社の全従業員、社長、役員、
自分の家族全員に口止めできなければ
どこから漏れるかわかりません。
飲み屋で今働きに来ているアルバイトの○○さんと紹介されたときに
関係者がその場にいたとか
子供が友達の家でしゃべったとか
そんなことからの通報で見つかるんです。
見つかった不正受給の8割以上は
就職がきまったのに黙っていたということなので
不正にもらった額は20万円未満が大多数です。
これは雇用保険に加入するので
雇われた企業がグルでないと必ずばれます。
そんなことをするのはアホです。

不正に手当を受け取った事が確認されれば
支給が停止され
受け取った基本手当の返還と不正に受け取った額の2倍の額の納付命令なので
俗に言う3倍返しということになります。
返還請求権の時効は2年ですが、
ハローワークがその記録を残すことは禁じられていません。

失業保険は
雇用保険の失業給付ですね。

失業給付は失業している人に給付されます。
失業とはすぐ働ける状態にあるのに職がないことです。

>株の配当や、土地の賃貸収入など何らかの権利収入があった場合は?

雇われていませんし、自らの労働によって得た収入ではないので問題ありませんが
賃貸を事業として青色申告の特別控除65万円を使っていれば
失業ということにはなりません。
株取引や賃貸を業として行えば自営の開業なので
失業給付自体が打ち切られます。
業として賃貸をしている人は失業者ではないの...続きを読む

Q失業保険貰いながら個人事業の立ち上げ

失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備(資料集めや資金集め)をしたいと考えています。

ハローワークに、無収入であることは間違いないのでそのように報告して、満期まで失業保険を貰って、給付終了と同時に個人事業の立ち上げ(正式営業のための申請)をすることは出来ますか?

またはフライングで先に申請をしてしまうことは出来ますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 Uragimielさん こんばんは

 失業保険を受給出来る条件は、就職活動している人(つまりUragimielさん以外が起業した企業に就職する意志がある人)と言う事になります。その間の就職活動資金や生活費の足し前として受給されるのが失業保険の保険金です。ですから失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事は違法になります。
 もし本当に「失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備」(違法と解った上でも)をしたいなら、どこかの企業に就職の為の訪問をしたと言う実績を作って下さい。(もちろん友人が経営している企業に就職活動をしたと言う事にしてもらって口裏を合わせるでも良いです。)それか職業訓練学校に通って下さい。以上の事をしない限り、途中で給付カットになる可能性が有ります。
 私が失業保険の受給した時では、どこでどんな就職活動または職業訓練学校に通ったかの確認が有った後に給付となりました。私の場合は、父が病気になって父のしていた商売を手伝う為に今まで勤めていた薬局を退職して受給していました。父の死が近い事も解っていましたので、父が亡くなった後の店舗を薬局にする予定での退職でしたから、どこにも就職するつもりは一切有りませんでした。それでは受給出来ない事が解っていますから、端から友人の薬局に就職の面談に行った事にして口裏を合わせてもらっていました。そう言う形で9ヶ月間失業保険を貰っていました。ですから、何らかの形で就職活動をするか友人の企業に口裏を合わせてもらうかしないと満期まで貰う事は出来ません。

 以上が法律上の正しい解釈と正しい(ある意味裏技を含みますが・・・)処理方法です。ところ失業保険を貰っていながらフライングで個人事業主の登録をしても、縦割り行政の悪い点で多分見つからないだろうと思います。これは「だろう」であって、「見つからない」と言う断定ではない訳です。ですから、本当に満期まで受給したいと考えているなら、絶対にフライングしない事です。例えば国金等の公的機関からの資金集めだとそこから漏れて事業の資金集めしていると言う事がばれないとも限らないので、絶対に受給期間中は公的機関からの資金集めはしない事です。そこまでしないと、どこからバレルか解らないですし、正確には失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事自体が法律違反なんですから満額受給することは難しいと考えた方が良いでしょう。

 Uragimielさん こんばんは

 失業保険を受給出来る条件は、就職活動している人(つまりUragimielさん以外が起業した企業に就職する意志がある人)と言う事になります。その間の就職活動資金や生活費の足し前として受給されるのが失業保険の保険金です。ですから失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事は違法になります。
 もし本当に「失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備」(違法と解った上でも)をしたいなら、どこかの企業に就職の為の訪問をしたと言う実績を作って下さい。...続きを読む

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q60歳定年で失業保険の受給資格について

あと、2ヶ月で60歳定年を迎える会社員です。
いままで38年あまり失業保険を支払ってきました。
60歳定年になったら失業保険の受給を受けて少しのんびりしようと思っていたのですが
先日、友人より60歳定年は失職するのが最初から分かっているのだから失業保険の受給資格は
無いのでは?と言われたのですが本当ですか?
では、59歳11ヶ月で自己都合退職と、どう?違うのでしょうか?
よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

> 60歳定年になったら失業保険の受給を受けて少しのんびりしようと思っていたのですが
制度上、働く意思を示さない(一定期間ごとに規定回数以上の就職活動実績を示す)と給付されません。

> 先日、友人より60歳定年は失職するのが最初から分かっているのだから失業保険の受給資格は
> 無いのでは?と言われたのですが本当ですか?
それは何かの間違い。
他方も書かれて居りますが、定年退職は「会社都合」による雇用保険被保険者資格の喪失。
資格喪失後にハローワークで手続きを行い、説明会に出席し、上で少し書きましたが一定期間ごとに就職活動の実績報告を行うと、失業の認定がなされ、忍耐された日数分の給付額が後日指定口座に振り込まれます。
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_procedure.html#jukyu

> では、59歳11ヶ月で自己都合退職と、どう?違うのでしょうか?
a 59歳11ヶ月で自己都合退職すると
 1 給付日数は150日
 2 3ヶ月間の支給制限(ハローワークで必要な手続きをした日の7日後から起算する)が課せられるので、失業等給付(所謂「失業保険」)がもらえるのは、退職日の翌日にすぐ職安で手続きしても、退職後4ヶ月目頃からとなる。だからと言って、受給可能期間[1年間]が3ヶ月若しくは4ヶ月延びるわけではないから、ハローワークへ初めて手続きをしに行く日が遅いと、貰える物も貰えなくなる。
b 60歳[誕生日]以降に会社規定による定年で退職すると。
 1 給付日数は240日
   https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_benefitdays.html
    ↑ ここで表示される最初の表で「60歳以上」と「20年以上」が
     交差するマスを見てください。
   ※会社の規定により、60歳到達日前(例えば59歳11ヶ月と20日)に
   定年退職するのであれば、330日になります。
 2 全員に課せられる「待機7日」はあるが、3ヶ月の給付制限は課せられない。
   尚、1日でも早く給付金を受け取る為には、会社経由で渡される離職票を可能な限り早いタイミング(注)で受領し、時間が許せばその足でご自身の住所地を管轄するハローワークに出向くとよいです。
   (注)方法としては
    ・手続き完了したら会社に受け取りに行く。
    ・会社の事務担当者が手続きに行く際に同行する。
    ・事前に大凡の時間を会社の事務担当者と約して手続きが完了後にハローワークで落ち合う。
 3 ご質問者様の「少しのんびりして」と言う意向のみを尊重した場合、本来は『退職日の翌日から1年以内』となっている受給期間を2年間に延長し、最初の1年間程は受給せずに預金等で好き勝手に生活する事も可能。
   http://www.1sitsugyou.com/method/teinen.htm
   http://senior.ojaru.jp/employment/basic.html

> 60歳定年になったら失業保険の受給を受けて少しのんびりしようと思っていたのですが
制度上、働く意思を示さない(一定期間ごとに規定回数以上の就職活動実績を示す)と給付されません。

> 先日、友人より60歳定年は失職するのが最初から分かっているのだから失業保険の受給資格は
> 無いのでは?と言われたのですが本当ですか?
それは何かの間違い。
他方も書かれて居りますが、定年退職は「会社都合」による雇用保険被保険者資格の喪失。
資格喪失後にハローワークで手続きを行い、説明会に出席し、上で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング