仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!

パワハラ等で精神的苦痛を理由に訴えられた場合、逆に、逆パワハラで訴え返すことは可能なのでしょうか。要は、本当に精神的苦痛を受けているのは訴えられた側にあるのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

訴え返すことは可能です。



たとえ、どんな訴えであっても、訴えること自体は可能です。

そして、訴えの形式が整っていれば、裁判所は受理してくれるでしょう。

ただ、当たり前ですが、訴えることが可能と言うことと、裁判で勝訴するということは全く別な話であって、敗訴した上に、相手の弁護士等の裁判費用まで払わされることもあります。
また、勝訴するためにの、あなたが主張したい真実は、第三者に納得させるだけの証拠をあなたが集める必要があります。
裁判所が調査してくれるわけではありません。
また、あなたの主張だけでは「第三者に納得させるだけの証拠」とはなりませんので、上手に資料を集める必要があります。
特に、「精神的苦痛」の部分を立証するのは難しそうな気がします。

精神科の先生に、
「○○××の行為により、精神的苦痛をこうむり、うつ病となり、一ヶ月間の休職を行なった。」
といった感じの、診断書でも書いてもらえれば、話は早いでしょうがね。
    • good
    • 1

反訴は可能です。


ただし、悪意を持った反訴については 本来の訴えに懲罰的な慰謝料が加算される場合もあります。
どちらが正しいかは 裁判所が判断しますので ココでは何とも言えません。
    • good
    • 1

「訴え返す。

」ことを「反訴」といいます。
パワハラ等で精神的苦痛を理由に、例えば「被告は原告に100万円支払え。」との訴えについて「原告は被告に200万円支払え。」と反訴することはできます。
    • good
    • 0

できません。



ならない理由は、会社や組織での役職がどちらが上かで決まります。

例えば社長が平社員にパワハラ受けることができません。
また同じ平社員でパワハラもできません。
そういう話です。
    • good
    • 1

そりゃあ、逆提訴は可能ですよ。


ただし、逆パワハラなんて言葉はありませんので、それなりの「精神的苦痛による損害賠償請求」ということになります。
ただし、弁護士が内容を聞いて引き受けてくれるかどうかです。

どちらが精神的苦痛を受けているのかは裁判所が判断してくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうですよね。ありがとうございました、すっきりしました。

お礼日時:2015/11/19 10:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q部下にパワハラで訴えられた時の対処法

転職したばかりで仕事の経験が浅い部下に対して、責めて責めて責めまくる指導法を行っていたら、「常軌を逸している」とパワハラで訴えられてしまいました。

こういう場合、どのように対処するのがベストなのでしょうか?

Aベストアンサー

>責めて責めて責めまくる指導法を行っていたら、「常軌を逸している」とパワハラで訴えられてしまいました。
これは、当然の結果でしょうね・・・

責め方にも、やり方があります。
経験が薄い人間に、慣れている人間と同じ扱いをするほうが異常です。
教え・注意し・最後に怒るというのが「一般常識」です。
早く戦力にという気持ちかもしれませんが、その気持ちの空回りが今回の結果です。
判らない・知らない人間に、相談者は上司という立場で責めたのですから「パワハラ」以外何物でもありません。
どこに訴えられたのかが書いていませんが、できるだけ火は小さいうちに消火するべきでしょう。
上司としてだけではなく、「人間として」の謝罪が必要でしょうね!

この問題は、当該の部下は「法的な対応」をするしか方法がなかったのだと思います。
そこまで追い詰めた相談者は、きちんと謝罪するしか方法はないでしょう。

Q侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物

侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物として何がありますか?
具体的に言うと傷害罪の二次被害です。精神的苦痛の裏付けを取った医師の診断書は必要でしょうか?
証拠としては、ボイスレコーダーに相手方の声が録音してあります。相手方のうち一人の一回分だけ録音してあります。
侮辱、名誉棄損として訴えたい理由は私に対して、
●「お前は、普通の人じゃない。」
●「精神科で診てもらえ。」
●「自分だけ立派なつもりしてんな。」
●「お前を偽証罪で訴えてやるよ!」
と言われたからです。相手方は4人います。二次被害では、「パニック障害」を発症しました。毎日、大変苦しいです。
以上のような事を毎日、起きてから寝つくまで考えてしまっています。
厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

・名誉毀損罪について。

名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。

「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。

今回「公然と事実を摘示」したのは、この質問文に
>●「お前は、普通の人じゃない。」
>●「精神科で診てもらえ。」
>●「自分だけ立派なつもりしてんな。」
>●「お前を偽証罪で訴えてやるよ!」
と書き込みをした「質問者さん自身」であり、発言した本人ではありません。

なので「名誉毀損罪が成立するとしたら、ここに投稿を行う事により、公然と事実を摘示し、自分で自分の名誉を毀損した、質問者さん自身」です。

で、この場合、被害者と加害者が同一人物ですから、犯罪は成立しません。自殺により自分で自分を殺した場合、殺人罪が成立しないのと同じです。

・侮辱罪について

侮辱罪は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することによって成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、侮辱罪は成立しません。

なお、侮辱罪の場合「言われた時に、第三者が同じ場所に居て、発言を聞いていた」と言う場合には「公然」となりますので「他に、誰か居たかどうか」が重要です。

また、名誉毀損と侮辱の違いは「事実を摘示しているか、事実を摘示していないか」の違い、というのが通説です。

侮辱罪の場合は、事実を摘示している必要は無いので「本人に対して、面と向かって言った」のが「公然」であれば成立します。

そういう訳で、名誉毀損罪は成立しないので、名誉毀損罪での告訴は不可能。

その場に無関係な第三者が居たなら侮辱罪は成立しますが、侮辱罪で告訴しても第三者の証言が得られないと思われるので立件は難しいです。
(たぶん、その場に居たのは「貴方と、相手方の4人」ですよね?で「相手方の4人」のうち「その場で聞いていた発言者以外の3人」は、個々の侮辱行為を「公然」とする為の「第三者」になる訳ですが、お互いがお互いを庇い合い、絶対に証言しないでしょう。なので「貴方でも、相手方の4人でもない、6人目の人物」が「その場」に居る必要があり、その6人目の証言者の証言が必要になります)

有望なのは「精神的な苦痛を負ったとして傷害罪での告訴」です。

「精神的な苦痛を受けた」と明記された診断書と、精神的な苦痛を負った理由となる行為の客観的な証拠(言われた事を日記に書いておいたとか、言われた事を録音してあるとか)があれば、かなり有望です。少なくとも、警察に被害届けを出した上で告訴すれば、立件まではされるでしょう。

なお、録音の無い他の3名は、たぶん「証拠不充分で不起訴」になるでしょう。

>厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか?

う~ん、傷害罪で立件され、運良く有罪が確定しても、内容が内容ですから、厳重な処罰は無理でしょう。たぶん、不起訴処分か執行猶予か。

もし、刑事での処罰が軽過ぎて不服と言うなら「精神的な苦痛を受け、損害を受けた。損害の賠償として○百万円を払え」と、民事で「損害賠償請求訴訟」を起すしかないですね。

・名誉毀損罪について。

名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。

「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。

今回「公然と事実を摘示」したのは、この...続きを読む


人気Q&Aランキング