身長156、体重44.6、BMI18.1の痩せ型の男(25歳)です。お酒は少々、喫煙はしません。
今月の頭に会社で健康診断を行いました。
昨日結果を見ていたところ、脂質検査で中性脂肪67、HDLコレステロール44、LDLコレステロール139という結果が非常に気になっています。
中性脂肪は中間値、コレステロールは一応どちらも基準値の範囲内で結果は「異常なし」なのですが、それぞれの値でみると下限ギリギリと上限ギリギリです。
調べてみるとLH比というものがあるらしく、2.5を超えると動脈硬化のリスクが急増するという情報をみて、結果の値で計算したところ3.1という結果になり大変ショックを受けております。

ちょうど1年ほど前に同じ病院で健康診断を受け、その時の結果で計算したみたところHDL53、LDL136と、1年前の段階でも2.5ほどでした。その結果から見ると悪化していました…。
当方デスクワークで基本的に机に向かいっぱなし… 仕事も忙しく常に終電帰り、ほぼ毎日お昼も夕飯もコンビニ弁当やカップラーメンで済ませ、それに加えて運動不足と如何にも不健康の塊のような生活をしてきたことを反省して生活を見直していこうと思っています。
確かに最近階段の昇り降りや少し歩いたら心臓がドキドキすることが増えて運動不足も改善しなきゃなぁと思っていたところでした…
上記の結果からちょっとしたことでも病気なのではと考えこんでしまうほどナーバスになっているのですが、ネットで調べると青魚、キャベツやブロッコリー、海藻、豆腐などの豆製品を摂ると悪玉コレステロールを減らすことができ、有酸素運動を行うと善玉コレステロールを増加させる効果があるという情報を見つけました。

昨日からまずはじめに
・キャベツや茹でたブロッコリーのサラダを食べる
・納豆を食べる
・味噌汁にわかめと豆腐を入れて食べる
・30分~60分ほど歩く
・補助としてマルチビタミン、DHA、アシタバ葉粒などのサプリも取り入れる
ということを始めたのですが、毎日同じ食事メニューで行くわけにもいかないので、
これはオススメだから食べたほうがいいというものはなにかありますでしょうか?
運動も家の中で出来るものとして腹筋や腕立て伏せといった運動でも構わないのでしょうか。
また、これらを続けることで改善が見込めるかどうかも気になっています。

ただ食べればイイということでもないかと思いますが、そもそも今まで健康に気を使ったことがなかったので何をしたらいいのかわからずにいます…
長々と質問させて頂きましたが、ぜひご教示頂きたいです。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

味噌汁 キャベツ」に関するQ&A: 皆さん、味噌汁の具はどれか最高ですか? ワカメ 大根 シジミ キャベツ 白菜 豆腐 油揚げ 以上です

A 回答 (3件)

コレステロールが高くても今は生活には何の支障もないんですよ。

痛みもありません。
ただ健康な人より早く動脈硬化が進むので、50歳ぐらいで心筋梗塞や脳卒中や、くも膜下出血、動脈瘤などになってしまいます。

>コンビニの弁当や肉類ばかり食べていた気がします。

これを改善すればもしかするとよくなるかもしれませんが、これ本当に改善するにはコンビニが無いところに引っ越すか、家事をしてくれる人と結婚したりでもしない限り無理じゃないでしょうかね。一時的に魚食にしたり、自炊心がけようとしても、忙しくなるとすぐサボって、一時のつもりがいつの間にか何年も・・・。

そもそもコンビニは金もったいないからあまり使わないほうがいいなと思いつつ、便利だと習慣化しますからね。

コレステロールが多少高すぎても、深刻になるのは何年も放っておいた場合だからというのも、気が緩みますね。
    • good
    • 0

何を食べたほうがいいというのはありませんねえ。

きっと変わらないと思います。
漠然と高脂質のものをなるべく食べないようにして、運動習慣を設けることで、少しは改善するかもしれません。

ただ、もともとの体質や遺伝による影響のほうが大きいので、なにをやっても変わらないかもしれません。私もジム通いしてしっかり運動して、食生活はかなり健康的ですが、20代後半からどんどんコレステロール値が上がり、30代半ばからついに基準にを超えるようになって、高コレステロール血症あるいは高脂血症と判断されるようになってしまいました。

よって、コレステロールを低下させる薬飲んでます。
動脈硬化怖いですからね。

しかし仮にコレステロール値の改善が見られなくても、運動は本気でしっかりやっといたほうがいいですよ。痩せているようなのでメタボな人よりも運動に気持ちが向かないと思いますが、老後に要介護になりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
この1年間、思い返すとコンビニの弁当や肉類ばかり食べていた気がします。あとは間食もしたりとコレステロール値を悪くするような生活を続けていました。

体質や遺伝の影響も大きいのですね。血液検査で詳細なデータをもらったのは去年が初めてで、それ以前まではコレステロール値がどうとかはわからず、これが生まれつき高いのかどうかというのはわからなかったです。 少なくとも今の生活を続けるのはまずいと思うので食生活の改善と、適度な運動をしようと思います。

コレステロールを低下させる薬というのは医者にかかった際に処方されるものかと思いますが、その薬を飲むきっかけになったのは何か身体に症状が出てお医者にかかった等でしょうか?

お礼日時:2015/11/23 13:02

こんばんは



どれが合うかわからないので
少しずつ、先ずは続けてみてください

実は私、どれをやっても効果は出て居ません(すいません)
歩くのだってもう5年以上続けて居ますがコレステロールには何とも効果なしです

今回は甘酒を(アルコール分無し)続けて見ました(ドラックストアの薬剤師さんが効果が出たそうです)
さてどうなるか

一番怪しそうなのがストレスです
日常のストレスなので落とすのは難しそうなので
うまく付き合ってみるしかないとおもいますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
食生活や運動では改善が見られない場合もあるのですね。しかし改善することに損はないかと思いますので続けようかとは思っていますが。。
体質やストレスにも依存するものなのですね。
当方職業はいわゆるシステム系でしてストレスだらけの環境ではあります。休日に上手く発散するなどしていく必要もありそうですね。。

お礼日時:2015/11/23 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q筋トレとHDL/LDL比

50代でウエイトトレーニングを中心に体を鍛えています。
特に、この1年間は増量期も設けて、筋肉量・体重ともにかなり増加しました。
ところが残念な事に、最近の人間ドックの結果として、HDL/LDL比が、かなり悪化しました。
血糖値他は全く問題がありませんが、総コレステロールが若干増え、LDLが著しく増加しました。

以前からの研究として有酸素運動がHDL/LDL比を改善させることは知っています。
また、近年の研究として、無酸素運動であるウエイトトレーニングでも、安静時の代謝を高めることによりHDL/LDL比の改善にも効果があると推測されていると理解しています。
しかし、結果として僕の場合、少なくともHDL/LDL比については、良い結果をもたらしていません。

医師の指導としては、食生活の問題であろうということです。
やはり、特に増量期のカロリー過多が、僕の年齢としては好ましくはなかったのかも?と想像しています。
トレーニングそのものよりも、筋肥大のための食生活が50男には不健康だった?若しくはかねてからの甘いもの、酒、肉全部好きが、食べる量が増えて悪影響を及ぼした。
とはいえ、こまめに検診を受けているので、体に異常をきたしているわけではないですし、半年くらいの時間で飛躍的に改善させたいと感じています。

質問は、

1.ウエイトトレーニングを継続されて行われている方で、一時的にHDL/LDL比に大きな変動を経験した方はいらっしゃいますでしょうか?

2.対策として、

(1)運動面では、ウエイトトレーニング後の有酸素運動を、トレッドミルでの時速10~12km走(時々)でなく、速度を落として30~40分のウォークに切り替える

(2)栄養面では、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3483205.htmlも参考にし、コレステロールを減らす。
甘い物は和菓子中心、ワインは赤ワインだけど、ちょっと量を減らす。

の両面を考えていますが、トレーニングを常として入る方で、コレステロールのコントロールに注意を払っている方は、他にどのようなことに注意していますか?

思うに、食べすぎ、飲みすぎでした。
昨年も一時的に尿酸値が4.2から8.3に増えて通風の症状がでましたが、理由は美食のしすぎでした。
今回も、「トレーニングしているんだから食べても大丈夫♪俺は健康だ!」という過信が招いた天罰だと反省はしています。
妻や子供達には、「いい年してあれだけバリバリ食べてたら、当たり前でしょ。」とは言われています。

50代でウエイトトレーニングを中心に体を鍛えています。
特に、この1年間は増量期も設けて、筋肉量・体重ともにかなり増加しました。
ところが残念な事に、最近の人間ドックの結果として、HDL/LDL比が、かなり悪化しました。
血糖値他は全く問題がありませんが、総コレステロールが若干増え、LDLが著しく増加しました。

以前からの研究として有酸素運動がHDL/LDL比を改善させることは知っています。
また、近年の研究として、無酸素運動であるウエイトトレーニングでも、安静時の代謝...続きを読む

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴7年。

bagnacaudaさん、こんにちは。
お久しぶりです。
お変わりはありませんか?。

●私の場合は、万年増量期ですが、ここ4年はLDL[mg/dl]/HDL[mg/dl]比は2.6[LDL/HDL]くらいです。

総コレステロールは、200[mg/dl]を少し切るくらいです。

■ネットでいろいろ調べると、余剰コレステロールの排出には、★食後直後にのビタミンC1000mg摂取が良いとの記事もありました。

<コレステロールについて>
http://plaza.harmonix.ne.jp/~lifeplus/text/colest.html

<以下抜粋>

 コレステロールが胆汁酸へと変換されるためには、ビタミンCが不可欠です。
さらに、コレステロールは胆汁酸となって小腸内へ分泌(排泄)されますが、食品から摂取した脂肪とミセルダンゴを作ります。
小腸はミセルダンゴの形になった脂肪しか吸収しないため、コレステロールの再吸収と脂肪の吸収が起こることになります。

<抜粋終わり>


<以下抜粋>

■ビタミンCの摂取
 ・ビタミンCを毎食後すぐに1000mg程度を摂取する。

 ビタミンCは、このくらいの量になると、良質なサプリメントを利用する以外方法はないと思われます。
これで1日3000mgほど摂取できることになります。

 ビタミンCが充分にあれば、コレステロール値はある値を越えないようです。
これは、コレステロール血中濃度はフィードバック的に制御されているようですので、
これを運ぶための栄養素の条件を整える目的に働くためのです。

<抜粋終わり>

真偽の程はわかりませんが、お試しになってはいかがでしょうか。


■最近のニュースで参考記事がありましたので上げます。

<動脈硬化の危険度 「悪玉÷善玉」で目安>
http://sankei.jp.msn.com/life/body/080409/bdy0804090747000-n1.htm

<以下抜粋>


動脈硬化の危険度 「悪玉(LDL)÷善玉(HDL)」で目安  (1/3ページ)
2008.4.9 07:46

「『悪玉(LDL)÷善玉(HDL)』の値を自己点検し、動脈硬化の予防に役立ててほしい」と話す
東京医科歯科大学生命倫理研究センターの吉田雅幸教授

 心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞を引き起こす動脈硬化。
その予防に欠かせないコレステロール管理の目安として、「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロール値を「善玉」の
HDLコレステロール値で割った数値が注目されている。
LDLとHDLのバランスの善しあしを一目で把握できるのが利点で、
専門医は「生活習慣の改善や医師の指導を受けるきっかけとして活用してほしい」と呼びかけている。(海老沢類、写真も)

 コレステロールは血液に含まれる脂質の一種。
悪玉のLDLは体中の血管にコレステロールを運び、善玉のHDLは余分なコレステロールを回収する役目を担う。
動脈硬化に詳しい東京医科歯科大学生命倫理研究センターの吉田雅幸教授は「両者とも体内の細胞膜に欠かせないものだが、
LDLの量に比べてHDLが少なすぎると、コレステロールの供給過剰を招く。
プラークと呼ばれる塊が血管に付着しやすくなり、動脈硬化の原因になります」と指摘。
動脈硬化の予防には、悪玉のLDL値を下げるだけでなく、余剰分を回収してくれる善玉のHDL値を上げる必要があるという。

 日本動脈硬化学会は昨年4月、診断基準から従来の★総コレステロール値を削除した。
★悪玉のLDL値「140以上」を「高LDLコレステロール血症」、★善玉のHDL値「40未満」を「低HDLコレステロール血症」
とし、動脈硬化性疾患を引き起こす危険性を指摘した。

 ただ、医師向けの診断基準をすべて覚えるのは大変だ。そこで手軽に危険度をチェックする目安として、
吉田教授が紹介するのが「悪玉÷善玉」という数式。
★この値が「2・5以上」なら要注意で、健康な人なら「2・0以下」、
★糖尿病や高血圧といった危険因子を持っている人は「1・5以下」を目指すよう呼びかける。


動脈硬化の危険度 「悪玉÷善玉」で目安  (2/3ページ)
2008.4.9 07:46

「『悪玉(LDL)÷善玉(HDL)』の値を自己点検し、動脈硬化の予防に役立ててほしい」と話す
東京医科歯科大学生命倫理研究センターの吉田雅幸教授

 「悪玉のLDL値が同じ120でも、善玉のHDL値が60だったら『2・0』でほぼ標準だが、
30なら『4・0』でリスクがより高いと判断できる。
この値をできるだけ小さくするよう心がけてほしい」と吉田教授は説明する。


動脈硬化の危険度 「悪玉÷善玉」で目安  (3/3ページ)
2008.4.9 07:46

「『悪玉(LDL)÷善玉(HDL)』の値を自己点検し、動脈硬化の予防に役立ててほしい」と話す
東京医科歯科大学生命倫理研究センターの吉田雅幸教授

 吉田教授が掲げる指標の根拠は複数の研究データだ。
軽症狭心症患者約100人を対象に実施した国内の臨床研究では、「悪玉÷善玉」の値が「2・5以上」になると、
血管内のプラーク占拠率が目立って高くなった。また、昨年発表された米国での研究論文によると、
この値が「2・0以下」になるとプラークの体積は縮小に向かい、「1・5以下」ではさらに小さくなったという。

 吉田教授は「さらに明確な基準を設定するにはより多くの臨床データが必要だが、この指標は一つの目安にはなる。
動脈硬化は数十年単位の長い年月をかけて徐々に進行していく。
手持ちの健診結果で誰もが計算できる数式なので、過去の健診結果もフォローしながら予防に役立ててほしい」と話している。

                   ◇

 ■禁煙と適度な運動を

 動脈硬化の予防には、生活習慣の改善が必要だ。
日本動脈硬化学会はガイドラインで、禁煙▽食生活の是正▽身体活動の増加▽適正体重の維持と内臓脂肪の減少
-の4項目を対策の柱に掲げている。
東京医科歯科大学の吉田雅幸教授は「禁煙の徹底はもちろん、肉類よりも魚類や海藻、野菜、キノコなどを積極的に食べ、
過剰な脂質の摂取を抑えることが大事。
20~30分のウオーキングなど脂肪を燃焼させる運動も続けてほしい」とアドバイスする。


<抜粋終わり>


■また、こんな記事も最近あります。

<コレステロール、低い方が危険>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000148-jij-soci

<以下抜粋>

コレステロール、低い方が危険=男性は高いほど死亡率減る-富山大など
3月28日20時1分配信 時事通信


 血中の総コレステロール値が低い人は死亡リスクが高いことが28日までに、浜崎智仁富山大教授、
大櫛陽一東海大教授らの研究で分かった。
特に男性の場合、総コレステロール値が高いほどリスクが低くなる傾向がみられた。
 大櫛教授らの別の疫学調査では、「悪玉」とされるLDLコレステロールで同様の傾向がみられた。
 4月から始まる特定健診では、LDLが一定値以上だと受診勧奨となるが、
浜崎教授は「コレステロールを悪者にする説はもともと米国から来たもの。
米国は心臓疾患や肥満が多く、体質が違う。
不必要な人まで薬物治療の対象になる」と懸念している。
 同教授らは、コレステロールと死亡率に関する国内の疫学調査を検索し、
「5000人以上を5年以上追跡」などの条件で5本の文献に絞り込み、延べ約17万3500人分を「メタ分析」という手法で解析した。

<抜粋終わり>

40代。男性。ウエイトトレーニング歴7年。

bagnacaudaさん、こんにちは。
お久しぶりです。
お変わりはありませんか?。

●私の場合は、万年増量期ですが、ここ4年はLDL[mg/dl]/HDL[mg/dl]比は2.6[LDL/HDL]くらいです。

総コレステロールは、200[mg/dl]を少し切るくらいです。

■ネットでいろいろ調べると、余剰コレステロールの排出には、★食後直後にのビタミンC1000mg摂取が良いとの記事もありました。

<コレステロールについて>
http://plaza.harmonix.n...続きを読む

Q贅肉を落とすには 有酸素運動(ランニング)→無酸素運動(筋トレ)と、 無酸素運動→有酸素運動 どっち

贅肉を落とすには
有酸素運動(ランニング)→無酸素運動(筋トレ)と、
無酸素運動→有酸素運動
どっちが「脂肪を落とす」には効果的なんでしょうか?

Aベストアンサー

贅肉を落とすには、
無酸素運動(筋トレや100メートルダッシュ)→有酸素運動(ランニングやウォーキング)をしますとより脂肪を効率よく落としてくれますよ。
つまりダイエットには、男性でも女性でも有効的な順番です(^◇^)

その流れは・・・
①まず筋トレをやります。と、成長ホルモンとアドレナリンが多く分泌されます。
②次に、脂肪酸とグリセロールの分解・代謝の2段階の変化があります。
 その脂肪酸とグリセロールの分解と代謝をするのに、筋トレで作られた成長ホルモンとアドレナリンが大きな味方になってくれるという訳です。
③そして結果、脂肪(中性脂肪)が代謝される訳です。
④その代謝された脂肪がランニングの有酸素運動により燃焼しやすくなっているという訳ですよ(^_-)-☆
 (筋トレがまず結果、脂肪を代謝してくれて、次に代謝した脂肪を有酸素運動が実に燃焼しやすく消してくれるという訳ですね)

でもその有酸素運動を先にやって、次に無酸素運動の筋トレをやると、ホルモンの分泌がされていません。全然ダメですね。
ですから無酸素運動(筋トレや100メートルダッシュ)→有酸素運動(ランニングやウォーキング)が効果的ですよ。

でもだからと言って、すぐに効果が出るという訳ではないですよ。
そして毎日は止めた方がいいですよ。
有酸素運動をやり過ぎると、老化とガン化が恐れがあるといわれています。
筋トレがめんどくさく今日はやりたくないという日が、いつかあると思います。
そうしたら、無理なく、
「今日は疲れているから、筋トレ止めてウォーキングだけにしようかなぁ!次回からまた筋トレやるね>^_^<」でもいいんですよ。
ですから余裕をもって、メニューは長い目でみて下さい(^_-)-☆
脂肪がなかなか取れなくても、トレーニングをやっていれば、永遠にとれない訳はないですから、めげないで下さいね。

筋トレはホルモンをイッパイ分泌してくれまして、脳や心にいいやさしい影響を与えます。
同時に体の基礎代謝が大きくなりまして、痩せやすい・太りにくい体をつくってくれますよ。

ですから脂肪を落とすのが真の目的ですから、
筋トレはわき役で、有酸素運動を主役としてがいいような感じです。
脂肪を落とし、望みの体になれる事を願ってやみません(^。^)y-.。o○

贅肉を落とすには、
無酸素運動(筋トレや100メートルダッシュ)→有酸素運動(ランニングやウォーキング)をしますとより脂肪を効率よく落としてくれますよ。
つまりダイエットには、男性でも女性でも有効的な順番です(^◇^)

その流れは・・・
①まず筋トレをやります。と、成長ホルモンとアドレナリンが多く分泌されます。
②次に、脂肪酸とグリセロールの分解・代謝の2段階の変化があります。
 その脂肪酸とグリセロールの分解と代謝をするのに、筋トレで作られた成長ホルモンとアドレナリンが大きな味方になってく...続きを読む

Q有酸素運動と無酸素運動

現在フィットネスに通い有酸素運動(ジョギング40分~50分)→無酸素運動→プロテイン、バナナ、オレンジ摂取 という流れでやっています。私は脂肪燃焼を優先しているのですが、ネットでの情報を見ると無酸素を先にやったほうがいいと書いてあります。でも自分自身先に無酸素運動からはじめると有酸素運動に集中できなく疲れて長くできないのです。情報を見れば見るほど自分のやり方は良くないのかという意識が生まれてしまいます。今のところ体脂肪・体重も順調に落ちてきているのでこのままでも大丈夫なのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 その順序は、無酸素運動の効果、ことに成長ホルモンの分泌を阻害します。ウォーミングアップとして10分程度の有酸素運動はいいですが、それ以上はNGです。
 無酸素運動をすると、成長ホルモンが出、その効果で体脂肪が遊離脂肪酸となって使われやすい形になります。そこで有酸素運動が効いてきます。運動効果は無酸素運動でも充分あるので、有酸素はやれる範囲内でOKです。

Q無酸素運動 有酸素運動

筋肉肥大を目的に筋トレを行う場合は高負荷でキツい回数を3セット行えば筋肉ついてくると聞きました。しかし、私の腹筋は軽い負荷になっていて平気で30分腹筋できてしまいます。この場合有酸素運動になっているのでしょうか?
消費カロリーは30分やって100kcalは消費しているでしょうか?
また、私はマラソンを趣味でジムでトレッドミルの傾斜2%で週5~6で1日15Km(75分)走ってます。
詳しく教えてください。摂取カロリーは1800kcalくらいです。
163センチ44キロ20歳男性

Aベストアンサー

 無酸素運動では筋肉中にある糖質をおもなエネルギー源にしており、たとえば100mダッシュのように強烈なパワーがすぐに出せるのですが、すぐに尽き果てます。100mダッシュの勢いは1分すら続けられませんよね。

 これに対して有酸素運動は糖質もエネルギー源になりますが脂質もよく使われ、次々と供給可能で肺から血液を通じて送られる酸素で燃えます。ですから何回でも、あるいは時間をかけて出きる運動は有酸素運動になってきます。

 平気で30分もできる腹筋は有酸素運動です。消費カロリーは、おおざっぱに言えば10回で5kcalあるかないかです(ないかも)。

Q有酸素運動 + 無酸素運動 = 効率悪?

調べてはいるのですが、考えがまとまらず、質問するに至りました。皆さんの知識をお貸しください

現状) 年齢28 身長180cm  体重81kg  体脂肪率23%  トレーニング開始から2週間程度 服用プロテイン savas speed(ホエイ+大豆)
過去にスポーツ暦あり(陸上、バスケ、ジム通い)

という自分ですが、現在2ヵ月半後の体力試験のためトレーニング中です。トレーニングの内容は

4~5日間 午前中→ジム(5kmルームラン→ラットプルダウン、バタフライ、腹筋、背筋)
        夕方→5km~10kmジョグ、就寝前、腕立て伏せ

        プロテイン摂取(1日3回、ジム前、ジム後、夕方ジョグ後)

1日休み、上記にもどる。というサイクルで2週間やってきました。(休養が少ない?のは、減量も行ないたいからです。)

目標は、体力試験に向け (1)減量5kg程度 (2)筋力強化 (3)走力強化 です。 試験内容が 懸垂 腹筋 腕立て 1500m走 なので、上記の内容にしました。

この内容で2週間行なったところ、体重→変わらず 体脂肪率→2%上昇 という結果になりました。(当初、体重81kg、21%の意)
このままだと、逆に太る?事になるのか心配です。有酸素と無酸素を同時に行なうとマイナスであるとの記述もあり、安心してトレーニングできません。

質問したい事は (1)筋トレあとのジョグは、やらないほうがいいのか  (2)休養が少ないのか  (3)プロテインの使い方が間違ってるのか(多い等) です。

補足 一日の食事量は一般程度かそれ以下です。ジョグの距離とタイムは若干上がってきています。また、器具のウェイトも少しだけ上がってます。(7%ほど?)

長文、乱文で見苦しい限りですが、どうか御教授を宜しくお願い致します

調べてはいるのですが、考えがまとまらず、質問するに至りました。皆さんの知識をお貸しください

現状) 年齢28 身長180cm  体重81kg  体脂肪率23%  トレーニング開始から2週間程度 服用プロテイン savas speed(ホエイ+大豆)
過去にスポーツ暦あり(陸上、バスケ、ジム通い)

という自分ですが、現在2ヵ月半後の体力試験のためトレーニング中です。トレーニングの内容は

4~5日間 午前中→ジム(5kmルームラン→ラットプルダウン、バタフライ、腹筋、背筋)
        夕方→...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)筋トレあとのジョグは、やらないほうがいいのか

 体脂肪燃焼には筋トレの後の有酸素運動は効果的です。おおむね有酸素1時間以上でなければ、筋トレの効果を阻害することもありません。

>(2)休養が少ないのか

 そうかもしれません。筋トレ開始しばらくは、驚くほどのスピードで扱う重量が上がるはずです。過去の運動暦からどれだけ間が空いているかにもよりますが、開始2週間で7%は少ないかな、という気がします。

>(3)プロテインの使い方が間違ってるのか(多い等)

 除脂肪体重1kgあたり2gのたんぱく質が取れているかどうかで判断してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報