責任を取ろうとしないのか。

だって、自分の民でしょう?
自分の組織でしょう?

何故それらが大迷惑をかけたのに責任をとろうとしない
悪い神なのか。

質問者からの補足コメント

  • へこむわー

    人間にはありますが、
    自分の民であるので、神にも責任があるはずなのです。

    例えで話しましょう。
    子供がいますよね?その子供が犯罪をするとします。
    やはり親の責任もあるのではないでしょうか。

    また、ある会社でも、
    従業員がクレームを出させたとします。
    やはり、社長や上司の責任にもなります。
    異物混入とかなら、会社の責任です。

    なので、エホバにも罪があります。

    罪を着せられたくないのなら、すぐにそれらの迷惑なエホバの証人を排斥にするなどして、
    組織を清い状態に保つことが大事です。
    エホバって何なの?
    罪深い神?
    あたしのほうがまだ賢いし、情愛が深いよ!!

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/11/30 13:00
  • へこむわー

    待つ必要はないと思います。
    そして、悪行者を排斥しないと、悪が伝染するでしょう。
    王国の良いたよりに良い反応をする人にも、害が及ぶでしょう。
    それらの悪行者により、救われる人が減るかもしれないのです。

    今すぐに裁かないというなら、エホバはいないということになりますよね。

    すぐに裁かないというなら、
    排斥の取り決めなどはなくても結構だと思います。
    いずれ、もしかしたら、1975年のように精錬されるかもしれませんが、それなら排斥制度などなくてもよいのです。
    そんなエホバは間違ってはおられませんか?

      補足日時:2015/11/30 19:59
  • まあ、もんたま。
    あんた如きの苦しみに比べたら、
    私の苦しみのほうが遥かに大きい。

    そんなあんたからあれこれ、エホバはいい神だ、と言われても、
    説得力のかけらもありません。

    エホバを信じている、という時点で、
    あなたはレベルの低い人間なのです。

    だって、シンプルに考えて、分かるでしょう?
    悪行者を、排斥制度を行使しておきながら、何故即座に裁かない?
    どう考えてもおかしいでしょう?
    善人や弱い立場の人間に悪影響が及ぶのですよ?
    それも少しではなく、大いに。

      補足日時:2015/11/30 20:09
  • ムッ

    今行動を起こさないのは、都合のいい決まり文句です。
    理由があるなら詳しく提示すればいいだろう。
    どう見ても最善の方法とは言えませんよ。

    まあ、貴方なんぞに願われても問題は解決しないと思いますが。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/12/01 21:54

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「エホバの目はあらゆる場所にあって、


悪い者と善い者とを見張っている。」箴言15:3
エホバはすべてをご存知です。しかるべき理由があって
今は裁かれないのでしょう。難しい問題が解決されますよう
祈っています。
この回答への補足あり
    • good
    • 2

またまた、もんたまで~す!


こんばんは、jwyumiさん。ツライ状況にあるのですね。
エホバはご自分の民の中で、重大な罪を犯し、悔い改めない者を排斥するでしょう。
「隠されているもので明らかにならないものはなく、また、注意深く秘められている
 もので知られずに終わり、あらわにならずに済むものは決してないのです。」ルカ8:17
「神は心の秘密を知っておられる。」詩44:21
実は私も排斥されましたが、その後復帰した者です。
エホバを待ってみるのはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

責任はエホバではなく、人間にあるのではないでしょうか。


人間は罪を犯します。エホバに見倣って、惜しみなく許し
あう必要がありますね。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの世は幻で、私が創造神なのですよね?私が神なのですよね?

この世は幻で、私が創造神なのですよね?私が神なのですよね?

例えば、人の出ている動画がある。外の景色もですが。
その場合、

1,映像が創造される

2,音声が創造される

3、1と2を合成して、「あたかも本物のように、存在する」ってことですよね?

外の3次元の景色も、
ゲームや、YouTubeのように、創造された、ただの映像ですよね?

音の広がり方が、とても、細かいので、「リアルさ」を、感じているだけなのでは?<外の景色

Aベストアンサー

あなたがそう思うならそうなのではないですか?

考え方は人それぞれです。


あなたが創造神なのかもしれませんね。
あなたの考え方次第ですね。

Q私がやろうとしている事は迷惑でしょうか…?

二年前、自殺という衝撃的な方法で、亡くなった、先輩のお宅に、お線香をあげに行きたいのです。
が、親御さんにとっては、当時のショックもようやくおさまり、落ち着いてきたころでしょうし、いまさら古傷をえぐる、招かざる客の迷惑な行為なのでは?と悩む気持ちもあります。
先輩の生前、お宅へお邪魔した時、一回だけお母様とお会いしましたが、多分覚えておられないでしょう…

もちろん、突然、お訪ねするつもりはありません、お電話等で、連絡して、許可をいただいてから、と考えていますが、そのお電話も「迷惑かもしれない」という思いからかけられずじまいです。

もしも皆さんが、先輩のご両親、ご兄弟だった場合、このような、訪問はどのように感じますか?ただの余計なお世話でしょうか?率直なご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

ずばり、その家族です。
私も二年前でした、同じように家族を亡くしたのは・・・。

正直に言って、家族にとって面識のあまりない方が家へ訪ねてこられるのは、迷惑です。

その後すぐ来ていただけるなら、まだいいのですが、今更、来たい、と言われるのは本当に辛い。
皆さんもその家族の気持ちはどれほどか推し量れない・・・とおっしゃっていますが、今でも、本当に辛いのです、こういう形で家族を失う悲しみや苦しみは、病気や事故で亡くされた方とは、また別のものがあるのです。

本当に親しい間柄であれば、故人のために時間を共有することもできますが、家族同士でも、なかなかそうは行かないときがあります。

できれば、そっとしておいて欲しい。
できれば、面識のない人からの思い出話なんて、聞きたくない、これは私の個人的な感情です。

ただ、お墓参りをしていただけるのは、本当にありがたく思います。

迷惑じゃないなんて、その家族じゃないのに言ってほしくない・・・と思い、書き込ませていただきました。

ただ、あくまで私の家族の場合です。
よそでは、違う気持ちかもしれません。
そのご家族に、まずは「お墓参りに行きたいので場所を教えて欲しい」と、連絡されるのが一番かと思います。
お宅を訪ねるのは、その後ではないでしょうか?


失礼な文章になってしまったかもしれません、
お詫びいたします。

ずばり、その家族です。
私も二年前でした、同じように家族を亡くしたのは・・・。

正直に言って、家族にとって面識のあまりない方が家へ訪ねてこられるのは、迷惑です。

その後すぐ来ていただけるなら、まだいいのですが、今更、来たい、と言われるのは本当に辛い。
皆さんもその家族の気持ちはどれほどか推し量れない・・・とおっしゃっていますが、今でも、本当に辛いのです、こういう形で家族を失う悲しみや苦しみは、病気や事故で亡くされた方とは、また別のものがあるのです。

本当に親しい間柄...続きを読む

Qある組織の金を自分の事業の金と同じにすること

急いでいます。隣の旦那が、ある組織の金を自分の事業の金と一緒にしているということです。この場合の犯罪としては、どのようになるのでしょうか?法律に詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

質問者様の仰る「ある組織の金を自分の事業の金と一緒にしている」とは、つまりは勤務先の会社の資金を着服しているということでしょうか?

その場合、犯罪としては業務上横領罪(刑法235条)、もしくは背任罪(刑法247条)のどちらかが成立します。どちらが成立するかは着服のやり方によって異なります。

なお、着服した人が取締役などの地位にあれば、特別背任罪(会社法960,961,962条)の成立もありえます。

詳しい状況が分かりかねますので、回答が的外れだったら申し訳ありません。

Q捨てる神あれば拾う神あり

こんばんわ。

今回りの人たちが人生の転換期で悩んでいます。
悩み事を聞くことぐらいしか出来ないのですが、質問タイトルの「捨てる神あれば拾う神あり」という経験をされた方、ぜひ聞かせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「捨てる神あれば拾う神あり」

この例は、ある夫婦が離婚することになり、彼等を知る周りから、こんなあらゆる声が聞こえてきました。

知人A :「(心配だけど気持わかるから)今は心癒えるまでそっとしておこう・・・」
知人B:「私と同じように、あの子にみじめな思いをさせてやりたかったのよ。」
知人C:「ちょっとしたニュースがあるよ!(喜) ○○が離婚するんだって!」
知人D:「僕がいるよ・君の笑顔が見ていたいんだ」
知人E:「僕と結婚してください!」
知人F:「ざまぁみやがれ! あいつが落ち切ったら(嫌がらせ)やめてやる」
知人G:「結婚できただけいいじゃーん!」
知人H:「悪いようにはせんでぇ・・・」
知人I:「(爆発寸前な嫌がらせをして)慰めるいい方法ないでしょうか、、、(と近付く手段を考えている)」
知人J:「早く別れた方がいい(危険・心配)」
知人K:「早く別れて・・・(あとは私が可哀想な彼の面倒をみてあげる・・・)」
知人L:「別れた方がいい、優しすぎるのがいいわけない!見切ってやれ。」
知人M:「えらいのに捕まったもんだな!」
知人N:「人生いつでもやり直しきくよ!」
知人O:「ずっとそんな風だけど、いつ離婚するの?」
知人P:「・・・ということは、私にもチャンス?」
知人Q:「なんでもいいから、とにかく元気になってほしい」
知人R:「離婚の1回くらいなんだ。なら俺は(3回)どうなるんだ・・・!」
知人S:「お金はあるんだけど、年は6つくらい上で、頭の毛が少し、、、こんな人はどうでしょうか?」
知人T:「他にもいい人なんかって・・・いないよ、きっと。」
知人U:「結婚なんか、そんなにいいもんじゃないよ」
知人V:「そんな嫌がらせして、別れさせたいの?」
知人W:「いい加減にしなよ、死んじゃうよ!」
知人X:「何か悪いことがあったら、俺等の責任にされるぞ! 協力しろ!」
知人Y:「もういいよ、我慢しなくて。自分の好きなように生きた方がいい。。。」
知人Z:「君のことは俺が守る」

こんな言葉1つからも感じられる人間性というものがありますよね。
やはり人にはいろいろな人間性レベルの人がいるものだと感じられます。
こういうところで、人の人間性と価値は見えてしまうものなのかも知れませんね。

世の中には、どんなにエゴイストが都合の悪い邪魔な人をねじ伏せて、自分中心に好き勝手操作しようとしていても、
そういう人であればあるほど、その人自身、1歩外に出れば、敵だらけになっていることが常なんですよね。

万一、嫌なことにターゲットにされたとしても、その人間がそのために敵に回した人たちがいればいるほど、
味方になってくれる人から助けが得られたりもする。
だから、ひとり孤独・・・なんて、有り得ないのです。
どこかに必ず、理解者と味方がいるものなんですよね。
人は、自分自身のとってきた行為次第。良いことも悪いことも、自分にいずれ降り掛かって来る、、、
世の中うまく巡っている、、、ことを考えて生きることが大切ですよね。

「捨てる神あれば拾う神あり」

この例は、ある夫婦が離婚することになり、彼等を知る周りから、こんなあらゆる声が聞こえてきました。

知人A :「(心配だけど気持わかるから)今は心癒えるまでそっとしておこう・・・」
知人B:「私と同じように、あの子にみじめな思いをさせてやりたかったのよ。」
知人C:「ちょっとしたニュースがあるよ!(喜) ○○が離婚するんだって!」
知人D:「僕がいるよ・君の笑顔が見ていたいんだ」
知人E:「僕と結婚してください!」
知人F:「ざまぁみやがれ! あいつが落ち切ったら(...続きを読む

Q本当の神だという御守護神様について。

 僕は小さい頃親に、霊波の光という宗教にいれられました。僕の意志ではなくいれられたので、いまでも半信半疑です。
 
 たしかにここは、すごい体験が多いのです。たとえば手術しなければとれない顔のシミが自然にきえたり、末期のガンがきえたり、妊娠できない女性が妊娠したり、経済苦の人が救われたりといろいろあります。しかもの信者のほとんどになにかしらの体験があります。(僕を除く)
それから外国にも支部があるそうです。

 そして親に信じていないことをいったら、事故にあってからでは遅いといわれました。でもどうしても目に見えないものを信じる事はできないのです。

 最近変な宗教団体が多いので近頃はすべてが作り話じゃないのかとも思うようになりました。

 ここは本当に素直に信じている人を救うチカラをもっているのでしょうか。霊波の光について知っている方、信じている方がいましたら教えてください。お願いします。

 

 
 

Aベストアンサー

宗教を信じている人は、
どんなことも結びつけて考えることが多いです。
例えば、車をぶつけたとしても、
「普通ならきっと大惨事なるところを、
信心しているお蔭で助かった。」と、解釈します。
もしくは、「日頃の信心が足りなくて、
きっと、もっと信心するようにとのメッセージにちがいない。」と、
解釈する事もあります。
どちらにしても、信心していることが、
有利に感じるように考えてしまいます。
信じるものは救われる、病は気から、
人間は、精神的な支えがあって生きる力が倍増する事もあります。

>しかもの信者のほとんどになにかしらの体験があります。(僕を除く)

あなたは、心から信心していないのでは?
だから、全てを信心していたから助かったと、
良い方向に考えることがないのかもしれません。
それが、普通の人の思考だとわたしは思います。
信仰心が強くなれば、
全ての事柄を宗教と結びつけるようになり、
自分も奇跡の体験をしていると思えるようになるのでは?

なんて、言ったら怒られてしまうかな?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報