『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

質問です。

世界中で行われる映画祭ってあるじゃないですか。その○○映画祭で上映される作品ではどうしてヒューマンドラマなど感動系のジャンルの作品が多いのでしょうか?
アクションやSFのジャンルは見かけませんが、選ばれないのでしょうか?またその理由とは??

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

映画祭もピンからキリまでありますが、カンヌ・ヴェネツィア・ベルリンの3大映画祭とその他の映画祭は「格」が違いますから、一応3大映画祭に限って話を進めます。



>ヒューマンドラマなど感動系のジャンルの作品が多い

そうとは限りません。3大映画祭では(ジャンルは問わず)斬新な手法・主題を扱ったものが賞を貰うようです。たとえば各賞を獲得しているミヒャエル・ハネケ監督の作品なんか「感動系」どころか「鬼畜系」ですし(笑)。

ただ、アクションやSF系は斬新な手法・主題を盛り込むことは、その興行的な性格上、難しいのだと思います。あまりにもトンがった意匠を伴うと、いくら題材がアクションやSFでも客は呼べませんから、プロデューサーは許可しません。

まあ、カンヌでは「ワイルド・アット・ハート」や「パルプ・フィクション」といったアクション・犯罪ドラマ系が大賞を獲得したことがありますけど、これらの映画が大ヒットしたという話は聞きませんしね。
    • good
    • 0

映画祭といえばまず思い浮かぶのは、国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の「コンペティティブ長編映画祭」です。

カンヌ・ベルリン・ベネチア・東京など15の映画祭があります。
http://www.fiapf.org/intfilmfestivals_sites.asp
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B …

これらの映画祭のコンペティション部門には、批評家が高く評価するような作品が並びますね。このうち質問者さんの目にも触れるような、日本でも広く劇場公開される映画となると、感動作が多い印象になるかもしれません。

今年の東京国際映画祭だと、コンペティション部門にホラー映画もありましたけどね。
http://2015.tiff-jp.net/ja/lineup/list.php?categ …

ただし、これらの映画祭にはコンペ以外の部門もあります。例えば、今年のカンヌ映画祭ではアウト・オブ・コンペティション部門にて『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が上映されました。
http://www.festival-cannes.com/en/archives/fiche …
http://eiga.com/news/20150515/18/

また、FIAPF公認の映画祭には「コンペティティブ長編映画祭」以外に「コンペティティブ・スペシャライズド長編映画祭」というものもあります。特定の作品のみを集め、コンペティションを行う映画祭です。この中にはファンタジーやSFやミステリーなどに特化した映画祭もあります。
http://www.fiapf.org/intfilmfestivals_2015_sites …

また、世界にはFIAPFに公認されてない映画祭も多くあります。FIAPF公認・非公認問わずファンタスティック映画祭などと呼ばれるタイプの映画祭では、アクションやSFやホラーなどが上映されてます。
http://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/about.html
http://umikarahajimaru.at.webry.info/theme/f3433 …
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A0%E7%94%BB …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング