家庭教師先の生徒に質問されて困っています。中1の理科で植物を勉強しました。植物はひげ根と主根・側根の違いにより維管束の並びが整列していたり散らばっていたりで違っていました。あれには何か意味があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

根の維管束の並び方は,双子葉と単子葉で異なりますが,その配置が根の成長の特性を決定しています.




双子葉の根は,成長とともに太くなります.

双子葉の根では,維管束が整列しているので,形成層で細胞分裂が起こると横方向に大きく(太く)なることができるのです.


単子葉の場合,根はひげ根ですが,成長しても根の直径はあまり太くはなりません.

これは,維管束がばらばらに散らばってるため,効率よく横にサイズを広げられないからです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
散らばっていると茎の直径あまり変化しないということは知りませんでした。
逆にいうと双子葉は直径を大きくするために整列しているのでしょうか?

お礼日時:2004/07/04 20:36

植物の種類によって異なります。


植物と言ってもここでは被子植物です。
被子植物(胚珠が子房に包まれている)には双子葉類と単子葉類があります。双子葉類の根は主根・側根で維管束は円状に整列しています。一方、単子葉類は根はひげ根で維管束はばらばらに位置します。
どちらも木部(道管など)が内側にきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。僕の説明の仕方が悪かったのでしょうか?維管束がなぜそのようになるのかが知りたかったのですが・・・。

お礼日時:2004/07/04 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単子葉類と双子葉類の維管束

数日前に、導管の構造について質問させてもらい、新たな疑問が生じたのですが、双子葉類は、なぜ形成層に沿って維管束があり、単子葉類は茎全体に維管束が散らばっているのでしょうか。

Aベストアンサー

ヤシ科を持ち出すとは,生物に詳しい方だったのですね,大変失礼しました。

維管束の進化は,形成層がある裸子植物から被子植物が進化しましたので,被子植物では木が最初だったと考えられています。それから形成層をほとんど失った草が生まれました。

単子葉類は,ですから基本的に草です。生態的な隙間を埋めるべく,素早く成長します。じっくり成長型の形成層を持った双子葉類に対し,形成層を失い素早い成長で対抗しようとしたのでしょう。

その草の単子葉類から,さらに進化してタケやヤシのような再び木になるものが出現しました。竹は内部を空洞にし,ヤシは形成層を再び持つ変わり種の木になりました。これらはきわめてまれなケースです。

よいURLが見つかりませんでしたが,下記URLの〈木から草へ,更に木へ〉の部分を参考にしてください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

Q中一の理科で、手根側根の植物と、ひげ根の植物教えてください!テストに出るような感じの教えてくれるとあ

中一の理科で、手根側根の植物と、ひげ根の植物教えてください!テストに出るような感じの教えてくれるとありがたいです。(さくらやイネなど)

Aベストアンサー

身近なところでは、アブラナ科の植物(アブラナ、キャベツ、大根etc.)は、比較的主根・側根がハッキリしてたと記憶してます(大根が一番典型例?)。
ひげ根の代表的なのはイネ科の植物(イネ、ススキ、オヒシバetc.)ですね。

Q単子葉類」と」単子葉植物のちがい。植物は古い言葉か

最近中学の教科書では単子葉類だが一般の本で今も単子葉植物という表現も見る。なお、私は遠い昔に高校か中学で単子葉植物と習った記憶があるが、数年前に中学の教科書で単子葉類と見てとまどったしだいです。

Aベストアンサー

植物の系統分類は色々な人が様々な分類を提唱しています。「単子葉植物」は「単子葉類」とほとんど同義語と思って頂いても良いのではないかと思いますが、「双子葉植物」は一つの分類例では「原始的双子葉類」と「真正双子葉類」を含んだ言葉です。

文科省が子供達に教えて欲しいことは、多くの植物を含みます双子葉植物を取り扱うのではなく、あくまでも現在の植物の中心を成しています「真正双子葉類(双子葉類)」と「単子葉類」の違いを取り扱って欲しいわけです。

文科省の意図を忠実に読み取った教科書会社は「双子葉類・単子葉類」と言った言葉を使用しているのではないかと思います。しかし、例え教科書会社が「双子葉植物・単子葉植物」と言う用語を使用しましても教科書検定官も「双子葉類・単子葉類」を含んだ用語ですから検定意見は付けられないため教科書により混乱が生じたのだと思います。私が検定官や教員だったら「双子葉類・単子葉類」に統一しますが…何かの参考になさってください。

Q主根側根タイプの植物とひげ根タイプの植物を教えてください!

主根側根タイプの植物とひげ根タイプの植物を教えてください!

Aベストアンサー

単純に分けるとひげ根タイプは単子葉植物で、主根側根タイプの植物は双子葉植物となります。
Wikiの単子葉植物:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E5%AD%90%E8%91%89%E6%A4%8D%E7%89%A9
同じく双子葉植物:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8C%E5%AD%90%E8%91%89%E6%A4%8D%E7%89%A9
必ずしも当てはまるのでありません。
植物といえば裸子植物もありますので、それに含まれる針葉樹は主根側根タイプ。

Q単子葉類の茎は細い

単子葉類には維管束に形成層がないため、茎が細いと習いました。
エノコログサやイネ・ススキなどがそうです。
しかし、トウモロコシの茎は太く、ススキなどのようにカゼにしなうような感じではありませんよね。
何か理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

細いというのはそのような意味ではありません。横に太らないという意味です。種類によって太さに違いがあるのは当然です。トウモロコシは一年で枯れてしまうので分かりにくいで、タケを考えてみてください。何年経っても全く太くはならないですね。

Q植物 大根のつくり 理科 側根であるくぼみの並びは、180度2列なのに 葉のつきかたは、2/5葉序で

植物 大根のつくり 理科
側根であるくぼみの並びは、180度2列なのに
葉のつきかたは、2/5葉序ですよね?
葉の付き方とくぼみの並びは一致しないのですか?
じゃがいもは、葉の並びとイモのくぼみは一致しますもんね…

Aベストアンサー

地下にあるからと言って、根とは限らない。
ダイコンは根であるが、ジャガイモは茎である「塊茎」です。
したがって地上部の茎と一緒と考えられる。
参考URL:https://ww1.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/5-3.html
参考URLの「表面に弧状の葉が点在し」・・・
えっ!葉が点在している?ビックリです。

Q猫って単子葉類好き!?

ウチの猫はことあるごとに草を見つけて噛み付いています。
で、発見したのですが、ユリの花、ニラなと…平行状葉脈のものばかり噛んでいます
これは何でなんでしょうか!?
猫は単子葉類のものが好きなんでしょうか!?それともウチの子だけでしょうか…??

Aベストアンサー

ユリ科の植物は猫にとって有害な植物で、死に至ることもありますから絶対に食べさせないで下さい!!
猫にとって有害な植物はたくさんありまして、「猫を飼うなら植物を置くな」と言われるほどです。

私は2年前に愛猫を原因不明の病気で亡くしています。動物病院を何件回っても原因不明でした。
思い当たるのが、猫にとって有害な植物のうちの一つである観葉植物のポトスの葉を亡くなった猫が
しょっちゅう噛んでいたことです。当時は有害だとは気づかず「猫草の代わりかな?」と思っていました。
しかし、ポトスも猫にとっては有害な植物でした。愛猫を亡くしてから気づきました。

ユリ科の植物はポトスよりも危険なようです。参考URLに猫にとって有害な植物のリストが載ってますので
参考にして下さい。愛猫は5才で亡くなりました。tawake4946さんのにゃんこには長生きして欲しいです。

参考URL:http://www.nekohonpo.jp/Column/yugai.html

Q種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい あとそれぞれの植物で代表的

種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい
あとそれぞれの植物で代表的な植物ってなにがありますか?

Aベストアンサー

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イチョウなどです。

被子植物は、胚珠が心皮にくるまれて子房の中に存在する植物です。他の動物を利用して受粉する種が多く、めしべの先端についた花粉が受粉管を延ばして受精します。果実を作って種を運ばせることもします。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
広葉樹、草などの多くの種。

さらに光合成のタイプによってC3、C4、CAM植物といった分類があります。

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イ...続きを読む

Q自由研究--野菜の維管束について--

野菜の維管束を調べる実験をしたのですが、アスパラガスは双子葉類なのか単子葉類なのかわからなくて。。
知ってる人、教えてください(><)
それから、
双子葉類→レタス・ダイコン
単子葉類→ネギ
であってますよね・・?!
教えてください。。

Aベストアンサー

参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.dokidoki.ne.jp/home2/jr5bun/rikajyugyou/ikansoku2.html

Q菌の感染と植物根の褐色化

「植物が土壌病害菌などの病害菌に感染すると、その植物の根部分が褐色化する」という記述が園芸関係の本などによく見られるのですが、これはどういったメカニズムなのでしょうか?多分、ある種の防御機構だと思うのですが、褐変化と防御機構の関係について詳しく書かれている書物をなかなか見つけられません。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

根部分の褐色化はkbmさんの予想通り防御機構の1つだと思います。
病原菌が植物内に侵入してきた際、その植物がその菌に対して抵抗性を持っていたならばそれが働き、これ以上体内に病原菌が広がるのを防ごうとします。その方法として、侵入されてしまった細胞を犠牲にします。活性酸素等を生産して自らの細胞を殺してそこに病原菌を閉じ込め、足留めしてしまいます。この時死んだ細胞が褐色化するので、その事を言っているのかと思います。
もしかしたら、もっと簡単に病原菌が侵入して病斑が出てるって意味かもしれませんが。

お勧めの本として養賢堂の「新編植物病理学概論」をあげておきます。


人気Q&Aランキング