ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

家庭教師先の生徒に質問されて困っています。中1の理科で植物を勉強しました。植物はひげ根と主根・側根の違いにより維管束の並びが整列していたり散らばっていたりで違っていました。あれには何か意味があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

根の維管束の並び方は,双子葉と単子葉で異なりますが,その配置が根の成長の特性を決定しています.




双子葉の根は,成長とともに太くなります.

双子葉の根では,維管束が整列しているので,形成層で細胞分裂が起こると横方向に大きく(太く)なることができるのです.


単子葉の場合,根はひげ根ですが,成長しても根の直径はあまり太くはなりません.

これは,維管束がばらばらに散らばってるため,効率よく横にサイズを広げられないからです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
散らばっていると茎の直径あまり変化しないということは知りませんでした。
逆にいうと双子葉は直径を大きくするために整列しているのでしょうか?

お礼日時:2004/07/04 20:36

植物の種類によって異なります。


植物と言ってもここでは被子植物です。
被子植物(胚珠が子房に包まれている)には双子葉類と単子葉類があります。双子葉類の根は主根・側根で維管束は円状に整列しています。一方、単子葉類は根はひげ根で維管束はばらばらに位置します。
どちらも木部(道管など)が内側にきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。僕の説明の仕方が悪かったのでしょうか?維管束がなぜそのようになるのかが知りたかったのですが・・・。

お礼日時:2004/07/04 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植物の茎の維管束の配置について

双子葉植物では規則正しく並んでいるのに対し、単子葉植物ではばらばらなのはなぜですか?教えてください~

Aベストアンサー

 単子葉類の維管束は、放射状に散在しており、秩序正しい配列に見えます。ばらばらという表現には違和感を覚えました。内側には木部が外側には師部が位置しており、この点は双子葉類と同じです。
 双子葉類と単子葉類の維管束の配列の違いは、形成層の有無と深い関係があると思います。単子葉類には形成層がなく、肥大成長はできませんがヤシ科を除くほとんどすべての単子葉類は草本であり、木本に比べて一世代のサイクルが短いため、進化のスピードが速いという特徴を持ちます。
 この特徴のため、現在、単子葉類が繁栄しているのだと思います。維管束の配列の説明にはなっていませんが、参考までに答えました。

Q自由研究--野菜の維管束について--

野菜の維管束を調べる実験をしたのですが、アスパラガスは双子葉類なのか単子葉類なのかわからなくて。。
知ってる人、教えてください(><)
それから、
双子葉類→レタス・ダイコン
単子葉類→ネギ
であってますよね・・?!
教えてください。。

Aベストアンサー

参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.dokidoki.ne.jp/home2/jr5bun/rikajyugyou/ikansoku2.html


人気Q&Aランキング