プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

相続税について教えていただけませんか。 実家が両親も兄(独身)の亡くなり、空き家となりました。姉妹(3人)で売却することに決めました。
まだ、売却できていませんが、おおよそ売却予想額が、1500万ほどとのことです。単純計算として、500万が一人当たりの相続額となるとして、相続税がかかるのでしょうか。 少し調べたのですが、3000万+1800万(600x3)=4800万までは、非課税と書かれていたと思いますが、不動産業者の方は、「20%の相続税がいります」といってます。・・500万だと100万の税金がいるわけでしょうか。教えていただけませんか。

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

>おおよそ売却予想額が、1500万ほどとのことです…



贈与税や相続税は、売却額で判断するのではありません。建物は固定資産税評価額、土地は路線価または固定資産税評価額です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm

そもそも売却するは、贈与や相続を受けたのちの話であり、売却せずにそのまま持ち続けたら贈与税も相続税も関係ない?
そんな話にはならないですね。

>3000万+1800万(600x3)=4800万までは、非課税と書かれていた…

その建物のみでなく、現金や預金、宝石金属書画骨董類ほかあらゆる遺産を合計してその数字に達しとなければ、確かに相続税の申告は無用です。

>不動産業者の方は、「20%の相続税がいります」といってます…

不動産屋は税の専門家ではありませんから、間違いもあります。

それは相続税でなく、「(譲渡による) 所得税」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/jouto3202.htm

>500万だと100万の税金がいるわけでしょうか…

譲渡所得に限らずどんな所得でも、所得税は「収入」に課せられるのではありません。
収入から仕入れと経費を引いた「利益 = 所得」を元に算定するのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3208.htm

1,500万の売値から、不動産屋の売買手数料が「譲渡費用」となることはもちろん、親が買ったときの値段、いや親よりもっと前の世代からあるのならその先祖が買ったときの値段を、「取得費」として引き算するのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3252.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3255.htm

そんな大昔のことなど分からないというのなら、売値の 5% を取得費と見なします。
これでは 95% が利益となってしまいますので、先祖が買値の分かる資料を何か残していないかよく探さないと税負担が多くなることになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3258.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。 名義は、亡父の名義でした。売却予定額は、1,780万ほどですが、
建物自体もう住める状況ではなく、解体するのでその費用(150万ほど)と不動産業者の手数料等を差し引いて 残額が、1,500万ほどになるのでは、とのことです。
つまり、仮に1,500万残ったとして、相続人3名ですので、一人当たり500万の所得となるわけで、それに所得税がかかるわけですね。その所得税が、20%となるのですかねえ。

お礼日時:2015/11/28 08:32

実家があり、両親とご質問者の兄が暮らしてたのですね。


両親がなくなり、兄が一人で暮らしてたが、この度亡くなったということでしょうか。

確認したいのは、実家の土地家屋が誰の名義なのかです。不動産登記簿の所有権者は誰になってますか。
まず、この点がはっきりしないと話が進みません。

土地の売買にかかる税金は所得税でして、相続税ではありません。
不動産屋が相続税と口にされてる点が「単純な誤り」なのか、なにか要素があって相続税と言われてるのか?と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早朝からご丁寧にありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2015/11/28 08:47

>おおよそ売却予想額が、1500万ほどとのことです。

単純計算として、500万が一人当たりの相続額となるとして、相続税がかかるのでしょうか。
いいえ。
まだ売ってないんですから、1500万円は相続税の対象ではありません。
その家の評価額が相続税の対象額です。
家は「固定資産税評価額」、土地は「路線価方式」もしくは「倍率方式」でによります。

>少し調べたのですが、3000万+1800万(600x3)=4800万までは、非課税と書かれていたと思いますが、
控除額はそのとおりです。
「非課税」というか、それ以下なら相続税かからないということです。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …

>不動産業者の方は、「20%の相続税がいります」といってます。・・500万だと100万の税金がいるわけでしょうか。
いいえ。
相続税ではなく、「所得税」がかかるということです。
なお、取得費を売った額から引けますが、その額が不明なら1500万円の5%を引けます。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/28 08:48

相続税は被相続人が死亡した日から10ヶ月以内に申告納税しなければなりません。


しかし、相続財産がその土地家屋のみなら非課税範囲内の可能性はあったでしょう。
ただし、市場価格ではなく、路線価や固定資産税評価額から計算しないと本当のところは判明しません。

なお、相続税は非課税でも、その物件を売却した時には、その譲渡益に所得税、住民税はかかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早朝よりご回答いただきありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2015/11/28 08:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング