【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

男は体毛が濃い女を無意識的に避けるので、現代でも女は毛を剃ったりレーザー脱毛したりといったことが盛んに行われていますね。
人間が無毛に進化したのは性淘汰なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

"人間が無毛に進化したのは性淘汰なんでしょうか?"


これが逆だと思います。何らかの理由で無毛に近くなり、その結果として美意識が変わった、と考えるのが自然ではないでしょうか? 

人類の祖先に近いゴリラ等で、もし無毛に近い個体が出た場合、好かれるでしょうか? どうも違うように思えます。現在、犬などで無毛に近い品種が作られていますが、私にはかわいいとは感じられません。体温保存等を別にしても生き残れないのでは、と思えます。
とするなら、無毛になったのが先であると考えるのが適当と思えます。
    • good
    • 0

ヒトは分化の途中に一度水生生活をしていた時期があります。

これによって直立歩行、薄い体毛、厚い皮下脂肪、正対した性交渉の体勢など他の霊長類と違った特性を獲得できたとするのが水生人類説です。

今のところ、トンデモ説だけどね。
    • good
    • 2

人類が無毛に進化したのは、NO1さんの説が最有力と承知しています。


(毛穴の数はチンパンジーより人の方が多いらしいですが、表皮が露出しているという点で無毛ということです)

狩猟のため、より長距離を走れるように、ということですね。

しかし、男女の体毛の差、そしてその意識の差は、一種の性淘汰の結果といえます。
女性が意識する美しさとは、要は、子供の性質です。

より若い女性の方が出産率や出産数で、遺伝子を残す競争で有利です。
ということで、より若い女を好む男が、遺伝子を残す競争で有利です。
ということで、若くみえる女が男にモテるので、有利。
そうやって、同じ歳の女で、より老けて見える女はどんどん淘汰され、若く見える方向に進化が進んだということです。

男がきれいな肌の女を好み、女が体毛を意識するのは、そういう進化の結果。
ただし、若いと言っても、二次性徴の始まる前の女性は生殖能力がありませんから、それ以前の子供を好む幼児性愛の男は異常な部類に入るでしょう。
逆に、中学生くらいの女の子に対してでも、腰がくびれたり、胸がちょっと出てきた女の子に(多少なりとも)性的興奮を覚えるのは、ロリコンでもなんでもなく、正常の範囲です。
    • good
    • 0

プラトンに「最近の男は女が好むからと云ってすね毛を剃る、情けない」という爆笑物の議論があるし、レーザー脱毛は男性にもあり、剃るのが面倒だとヒゲまで脱毛する奴は多い、うちの次男も面倒だと言う。

江戸時代の武家が脱毛したら腹切りものだが、進化論は非常に微妙で、宇宙線、太陽の活動期、紛れ込んできた大彗星、変なウィルス、……、の全ての影響で「こうなっちゃったんだよ、文句言われても誰にも責任は無い」
    • good
    • 2

体毛が薄くても生存に支障のない生活様式の変化があって


そこからほかの動物との違いが大きくなる方向へ
性淘汰が機能したのかもしれませんね。
    • good
    • 1

ヒトはなぜ無毛になったのか?



5月も中旬になり清々しい薫風の季節ですが、日中はちょっと動くと汗ばみます。人間は全身で汗をかきます。むしむしする中でじわじわと、灼熱の太陽の下でだらだらと汗をかくのはたまりませんが、人間の発汗作用は、ヒト(人類)の進化の証(あかし)に他なりません。
 
人間においては、汗は主として体温調節の手段です。すなわち、皮膚表面からの汗の蒸発には、潜熱(液体が気化するときに吸収する熱)による冷却効果があります。この発汗能力の高さが、ヒトがマラソンのように長距離を走れる理由であり、アフリカの狩猟民族はこれを利用して獲物の大型獣が体温上昇で走れなくなるまで、追いかけて狩りをするそうです。先史時代のヒトも同様の狩りを行っていたと推測されています。(Wikipedia を参考)
 
6500万年前、地球に巨大隕石が衝突します。これによって多くの動物や植物が死滅し、恐竜が絶滅します。恐竜時代末期のこの時期に、熱帯密林の下生えや木々の間をちょろちょろと動き回る動物がいました。霊長類の始祖で、長く突き出た鼻を持つ小型のリスに似た動物でした。
 
恐竜時代の終焉によって新たに自由を得た霊長類は、やがて3000万年前頃になると、猿(ひひやマカクに代表される旧世界猿)と類人猿に分かれていきます。1000万年前頃までは、類人猿が森林を支配しており、猿の方は相対的に目立たない存在でした。
 
ところが、1000万年前頃、世界がしだいに冷えて乾燥していくに従って森林が縮小していくと、より質の劣る植物をとることのできた猿が類人猿との競争に打ち勝ち優位に立つようになります。問題の一つは、類人猿が猿とは異なり、熟していない果物のタンニン(渋味成分)を解毒する能力を持っていなかったことらしいのです。
 
類人猿は現在の我々と同様、熟していない果実を食べることができませんでした。一方、進化の歴史のどこかでタンニンを分解してくれる酵素とその他のメカニズムを獲得した猿は、熟していない果実を食べられるおかげで、類人猿より優位に立ちます。
 
森林の中のかなりの果実が熟す以前に猿によって食べられてしまうため、類人猿が入手できる量が激減していき、類人猿は徐々に数を減らしていきました。そして、生き残った少数種の類人猿は、森林の地面やはずれなどに追いやられます。そんな中で、類人猿の一つの系統(人類の祖先)が、まだ猿に採りつくされていない食物の木々を求めて、森林から出て二足歩行で先へ歩き出したのです。
 
直立歩行すると、四つ足全部で歩行するときに比べて、太陽の放射熱を受ける度合いが最大三分の一ほど少なくなるそうです。また、地面からおよそ1メートル以上の高さになると、地表の上で起こる風の速度が増すため、直立歩行には大きな冷却効果が得られるという利点がありました。
 
直立歩行によって直射日光にさらされる体表が少なくなると、断熱材として皮膚を涼しく保つのに役立っていた毛皮が必要でなくなってきます。加えて、毛がないことは、素肌から汗をかいて身体を冷却するのに都合が良かったのです。こういうわけで、我々は毛皮を失い、日中にいまだ太陽にさらされる頭と首筋だけに毛皮を残したのでした。
 
毛がなく二足歩行をして汗をかく先行人類は、毛皮を持つ四足のものに比べて、単位量の水につき移動できる距離が二倍になったことが示唆されています。この節約は、開けたサバンナに出て行った半遊動の先行人類にとって、途方もなく有利なことだったに違いありません。

http://washimo-web.jp/Report/Mag-Mumou.htm
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ人間は他の動物をかわいいと思うのでしょうか?

動物嫌いの人もいますが、多くの人たちが
動物が好きで動物園に行ったり、ペットを
飼ったりしています。
別の種の他の動物たちを何故人間はかわいがれる
のでしょうか?かと言って、食用にしたりもします。
矛盾しているこの人間の思考、行動はいったい何から
くるのでしょうか?
また、人間以外に他の動物も異種の動物を可愛がったり
するケースをまれにテレビで見ることもありますが、
どういう事なのでしょうか?(ねこがねずみと仲がいいとか)
お願いします。

Aベストアンサー

 Jagar39再びです。

 愛玩と食用について、よく理解されていないように思われる方がおられるようなので、少し補足します。

 まず「食べること」と「愛玩すること」は別々の回路なので本来矛盾はないという意見がありましたが、それは生産と消費が完全に分離されてしまった現代でのみ通用する見解です。
 実際、スーパーに並ぶまでの間には、その動物が生まれ、育てられ、と殺解体されて初めて「食べる」状態になるのです。現代は産ませて育てる人とと殺解体する人、そして食べる人が分離していますが、長い歴史のほとんどの間、これらは全て同じ人が担っていたわけです。
 そしてほとんど全ての人は、このサイクルと無縁ではいられなかったのです。

 ですから、「産ませ育てる」行為には「愛する感情」が必要で、それは「と殺する」行為、そして「食べる」行為とは同じ人が同じ動物に対する行為なので連続しているがために「矛盾する」と言っているわけです。
 「感謝」
 確かにそのとおり、感謝の気持ちは忘れてはなりませんが、感謝すれば可愛がっていた動物を心に負荷を追わずに殺せるというほど簡単なものではありません。

 ただ、他の動物を可愛がったり愛するという感情は、動物の家畜化には絶対に必要な感情だというのが私の意見です。現代の大規模化工場化した畜産現場では家畜に愛情を持つことは必須条件ではありませんが、例えば日本の和牛に関しては、今でも毎日子牛に引き綱を付けて散歩に連れ出すというようなほとんどペットのような飼い方がまだ主流です。
 そもそも、広大な土地がある国ではともかく、日本のような土地が狭く高価な国では、1つ1つの個体に細かく気を配らなければ収益は確保できません。

 ヒンズー教徒の牛と西欧の話も、「殺す」とこしか着目してませんよね。殺すだけなら「狩猟」であって「畜産」ではありません。

 結局、動物を家畜化してヒトの生存に役立てるためには、「他の動物に愛情を抱く」という資質が必要だったわけです。
 しかしその一方で、そうやって愛情を持って育てた家畜を殺さねばならないわけで、その矛盾を消化できる精神構造をも獲得したということなのでしょう。

 動物とヒトの強弱関係は、本来ヒトはほとんどの動物より弱いです。
 本気になったネコ1匹捕まえるのも、網や麻酔薬といった「道具」を使って数人がかりでどうにか、といったところでしょう。徒手空拳のヒト1人とネコ1匹では、ヒトはまず絶対にネコに勝てません。
 鶏ですらけっこう凶暴で、油断すると酷い目に遭うということはある年代以上の人なら誰でも知っていることです。
 つまり、「動物は人間より弱い」というのは誤解です。ヒトという種の社会は動物より優位にありますが、それは目の前の動物と自分の力関係は意味しません。

 なのに「可愛い」と思えるのは、とりあえず1つは、家畜はヒトに従順な性質に改良されているということです。本気になればヒトより弱い動物なんていないのですが、よほどでない限りヒトに対して本気にはならない個体を選択して残してきたわけです。
 なので「こいつは私より弱い」とヒトに勘違いさせてくれるわけです。

 ではクマは人間より弱いと思う人はいないはずで、面と向かえば誰でも恐怖すると思うのですが、それでもテレビなど「自分が安全な状況」で見ると、やはり可愛いと思うことも多々あるわけですよね。
 結局それも、幾多の動物を「家畜化」してきたヒトの資質なのではないかと思うのですが。
 家畜化される前のネコもイヌもウシもブタもほとんど全ての動物は、「ヒトより強かった」わけで、それらを人類は手懐けて家畜にしてきたわけです。それはとりあえず自分より強い動物に対しても、「お、こいつ可愛い」と思える資質がないと成立しなかったのでは。

 Jagar39再びです。

 愛玩と食用について、よく理解されていないように思われる方がおられるようなので、少し補足します。

 まず「食べること」と「愛玩すること」は別々の回路なので本来矛盾はないという意見がありましたが、それは生産と消費が完全に分離されてしまった現代でのみ通用する見解です。
 実際、スーパーに並ぶまでの間には、その動物が生まれ、育てられ、と殺解体されて初めて「食べる」状態になるのです。現代は産ませて育てる人とと殺解体する人、そして食べる人が分離していますが、...続きを読む

Q生物、植物が雌雄が個別の個体になっているメリットは?

植物、動物、ともにごく低級なものを除き、雌雄同体ではなく、雌雄が個体に分かれています。(植物の場合は、個体まで雌雄に分かれているものはなく、花の中で雄しべと雌しべに分かれている状態ですが。まあ、生物学は専門じゃないのでこれ以上詳しくは書き分けできませんが)
(植物で個体まるまる別個になっているのはイチョウでしたっけ?)

雌雄同体よりも、雌雄が別個になっていることのメリットを教えてください。
別個であると繁殖相手に巡り合えない、というデメリットしか思いつかないのですが。
深海生物など同種のオスメスが巡り合うのが奇跡的な確率の物もいる、と聞いたことがあるような気がします。

その上、わざわざ生殖行為や受粉行為を経なければ繁殖できないというのは、繁殖にとってデメリットだと思うのですけどね。
植物の中には、同じ花の中のおしべとめしべで受粉しても繁殖できず、同種の別の花粉でなければ殖えない、とか、同じく同じ花の中で雄しべと雌しべの生育速度が異なり、同じ花の中では受粉が出来ないように仕組まれている植物もあるとか。媒介してくれる虫が、雄しべと雌しべの成長差の期間、ずっと活動してくれなければ受粉できない、とはこれまた結構な試練ですね。

高度な植物、生物は皆雌雄が分かれているところをみると、おそらく雌雄別個体の方が進化上、生き残り上、有利だったから、そうなったんでしょうけど・・・

繁殖パートナーを巡って同種の同性同士(大抵はオス同士)で争い、勝ち残った方(即ち、繁殖能力や経済能力(獲物の獲得量))が優れている方だけが子孫を残せる、というぐらいですかね、メリットって。

植物、動物、ともにごく低級なものを除き、雌雄同体ではなく、雌雄が個体に分かれています。(植物の場合は、個体まで雌雄に分かれているものはなく、花の中で雄しべと雌しべに分かれている状態ですが。まあ、生物学は専門じゃないのでこれ以上詳しくは書き分けできませんが)
(植物で個体まるまる別個になっているのはイチョウでしたっけ?)

雌雄同体よりも、雌雄が別個になっていることのメリットを教えてください。
別個であると繁殖相手に巡り合えない、というデメリットしか思いつかないのですが。
...続きを読む

Aベストアンサー

遺伝子の多様性->環境変化への適応力という事だけどね

同体で自家受精が出来てしまうと、親も子も遺伝子的には全く同じ

同体でも自家受精が出来ない場合は、遺伝子の交換が行われるけど
生殖ってのは相応のエネルギーを要する事で、オスとしてもメスとしても機能しようとすれば
どちらの機能も中途半端に成らざるを得ない

そういう方法よりも、オス、メスそれぞれの特性を活かして生殖を行った方が生存性が高い


人気Q&Aランキング