痔になりやすい生活習慣とは?

フリーでカメラマンの仕事をしています。
今まで対個人の方と仕事をしていたので必要なかったのですが
法人からの依頼があり、請求書の書き方を教えていただきたいです。

請求書の源泉徴収税を添付のように記載しようと思うのですが
一般的にこういう書き方はアリでしょうか。
先方が源泉徴収税を差し引いて報酬を支払うことは確認しています。
消費税は徴収しません。(小計額の中に込の考えです)
実際に入金してほしいのは、30,000円とします。

ご確認のほどよろしくお願いいたします。

「フリーランス源泉徴収税の請求書記載方法」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先方と源泉徴収後3万円ということで合意が出来ているならばいいですが、


あまり普通じゃないと思いますので、明確にそういう約束をしていない場合は
確認した方がいいと思いますよ。
(「私の税金分をあなたが負担して」という意味になりますから、
先方が厚意でそうしてくれるなら良いですが、こちらから言うのは厚かましい感じがします)

その上で、もしそうしてくれる場合、
源泉徴収額が違うと思うのですが・・・
源泉徴収の割合は復興特別税を入れて10.21%。
添付の合計額から源泉徴収額を計算すると33,063×10.21%=3,375
そうすると振込額は33,063-3,375=29,688
となるのでは?

合計33,411円で請求すればいいのではないですか?
あと、請求書に源泉徴収税は書かなくてもいいです。
向こうで計算して処理しますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

合計してはいけませんでしたね。失礼いたしました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2015/11/30 15:35

所得税の源泉徴収を行うということは「給与」として扱うことになると思いますが、給与をもらう時は普通請求書は必要ないのではないでしょうか。


相手が法人だから給与としてお考えなのでしょうか。
今までの個人が相手の時にはどういう形態で報酬を得ていたのでしょう。
あなたが個人事業主として働いているのでしたら、もらえるのは給与ではありません。事業収入です。
また相手が自然人であれ、法人であれ請求書を発行した方がよいでしょうし、源泉徴収は不要です。

また今回の取引先に臨時に雇用されたのであれば給与としてもらうことになりますが、その際の税率はきちんと決まっています。
給与所得の源泉徴収税額表という物に基づいて徴収されます。
月額が3万円なら30947円の給与なら源泉徴収後3万円ちょうどとなります。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/ …

いつから現在のお仕事を始めたのか判りませんが、税務署に個人事業の開業届は出されているのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

請求書は必要とされたとき以外は発行しておりません。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2015/11/30 15:39

1のかたの言うとおりだと思いますが



一般的にも特殊的にもそういう書き方は変です。

・報酬の額が30,000円なら

(記載例)
小計 30,000円
源泉所得税(10.21%)3,063円
差引請求額 26,937円

・入金額を30,000円にするなら
(ただし、この場合は手取り30,000円という約束は必要でしょう)

(記載例)
小計 33,411円
源泉所得税(10.21%)3,411円
差引請求額 30,000円


>今まで対個人の方と仕事をしていたので必要なかったのですが

源泉徴収義務のあるのは個人・法人を問いません。徴収されるほう(貴方)が個人か法人かが問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

記載例のご提示ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2015/11/30 15:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収がある場合の報酬請求書の書き方

税抜き3万円の報酬に対して10.21%の源泉徴収をしてもらう場合、請求書の書き方についてお尋ねします。

報酬 30000円
消費税  2400円
源泉税  3063円

請求額 29337円
※源泉税は御社にて納付願います

と書くのはおかしいでしょうか。
源泉徴収漏れを防ぎたいのですが、どのような表記が一般的なのか教えてください。

Aベストアンサー

【標準的な表記法】
報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
源泉所得税額(△)3063円
=================
差引き請求額  29337円

「※源泉税は御社にて納付願います」は余計です。顧客によっては「そんなことは言われなくても解っているよ」と不愉快に思うかもしれませんよ。


そもそも、なぜ源泉徴収漏れを防ぎたいと考えるのですか。私があなたの立場なら、源泉徴収を忘れてくれないかな。忘れてくれればラッキーなのだが………と考えますね。だって、源泉徴収を忘れて32400円を振り込んでくれればうれしいじゃないですか?

私の請求書:
報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
=================
請求額合計   32400円


しかし、もし顧客との間で、「請求書には源泉所得税額を表示する」との合意があるのであれば、やはり【標準的な表記法】がいいですね。

それと、私の請求書には欠点もあります。顧客の経理担当者が源泉所得税額の計算を間違えて、

報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
源泉所得税額(△)3308円
=================
差引き請求額  29092円

報酬額(本体)30000円に所得税率10.21%を掛けるのではなく、消費税込金額32400円に所得税率10.21%を掛けるという間違いをするかもしれないので、【標準的な表記法】はその間違いを防止する効果を期待できますね。

【標準的な表記法】
報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
源泉所得税額(△)3063円
=================
差引き請求額  29337円

「※源泉税は御社にて納付願います」は余計です。顧客によっては「そんなことは言われなくても解っているよ」と不愉快に思うかもしれませんよ。


そもそも、なぜ源泉徴収漏れを防ぎたいと考えるのですか。私があなたの立場なら、源泉徴収を忘れてくれないかな。忘れてくれればラッキーなのだが………と考えますね。だって、源泉徴収を...続きを読む

Q復興税が入った請求書の書き方

復興税が入った請求書の書き方が分かりません
はじめて個人で仕事を頼まれたのですが、
それに対しての、請求書の書き方が分かりません…。

相手からは、
「こちらへの手取り金額は2万円。
源泉と復興税が引かれるので22,274円で請求してください。」

とのこと。
消費税が1000円なぐらいで、あとはどうやって
計算(?)というか表にすればいいのでしょうか???
あいての方がくれた見本には、消費税しか税金は書いてなく、
そのまま請求額になっていました。
見本通りに計算したら21000円ですが、請求額は22,274円にして、
合っていないのですがそれでいいのでしょうか?


ネットで見ましたが、見本になるようなものがなく困っています。
猿でも分かるように教えて頂けると助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

消費税の1円未満の端数処理は、四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法も認められています。

お好きな方法でされてください。

Q源泉徴収税は請求書に記載しますか?

フリーでホームページ作成をしております。
今回クライアント(法人)からホームページに載せる画像加工を依頼され、作業料、消費税、合計を記載した請求書を送りましたが、源泉徴収税、実際の振込額を記載したものを発行してほしいと頼まれました。
いろいろな質問掲示板を拝見しましたが、「源泉徴収税を請求書に記載する必要はない」とのコメントをよく見ました。クライアントから要求されればその通りにしたほうがよいのでしょうか?また、請求書に源泉徴収税を記載する、しない、でなにか違いはあるのでしょうか?
税金などについてとても初心者です。どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>今回クライアント(法人)から…

一口に法人といってもピンからキリまでありますが、どの程度の規模の会社でしょうか。
おそらく、個人事業に毛の生えたような会社ではありませんか。

>源泉徴収税、実際の振込額を記載したものを発行してほしいと…

源泉徴収は、納税義務者の責で行うものです。
受取側が指図するものではありません。
税法に関し、それなりに知識のある会社ならそんなことを言わないでしょう。

たとえば、缶ビール 1本買うとき、
「商品代 100円と酒税 50円、消費税 7円下さい。」
と言われますか。
消費税はともかく、酒税やガソリン税は特に意識することありませんね。
酒税やガソリン税は、納税義務者が勝手に引き算して国や自治体に納めています。

報酬の源泉徴収も同じで、本当に源泉徴収が必要な職種なら、納税義務者が勝手に引き算して支払われます。

>クライアントから要求されればその通りにしたほうがよいのでしょうか…

「お客様は神様」
「長いものには巻かれろ」
と思われるのなら、そのとおりにするのも良いでしょう。

>請求書に源泉徴収税を記載する、しない、でなにか違いはあるのでしょうか…

不必要な源泉徴収をされた場合、抗議することができます。
そもそも、個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されるわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

個人に対すれ支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。
ご注意ください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>今回クライアント(法人)から…

一口に法人といってもピンからキリまでありますが、どの程度の規模の会社でしょうか。
おそらく、個人事業に毛の生えたような会社ではありませんか。

>源泉徴収税、実際の振込額を記載したものを発行してほしいと…

源泉徴収は、納税義務者の責で行うものです。
受取側が指図するものではありません。
税法に関し、それなりに知識のある会社ならそんなことを言わないでしょう。

たとえば、缶ビール 1本買うとき、
「商品代 100円と酒税 50円、消費税 7円下さい。...続きを読む

Q消費税と源泉徴収税の請求の仕方がわかりません。

恐れ入ります。
最近会社を辞め、フリーで原稿を書き始めました。
請求書を提出するよう初めてクライアントに言われたのですが、
「消費税」と「源泉徴収税」の書き方が判りません。

大変初歩の質問かとは思いますが、どなかた教えていただけたら大変助かります。

ちなみに、15万円の仕事を請け負い、「税別」でと自分からお願いしたのですが、
その際、「消費税」が別なのか、「源泉徴収税」が別なのか、自分でもよく判っておらず、
いざ請求書を作成する段階になり、混乱しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

当初のご質問にmukaiyamaさんの回答への質問とを見ると、少し混乱されてますね。

原稿代を請求する側は「源泉徴収がいくらか」を考えなくてもいい、と考えてください。

請求書には、原稿料+消費税を書けばいいだけです。
消費税率は現行5%ですから15万円+7,500円で175、500円が請求額になります。

貴方に出版社から支払われる時に、10%が源泉徴収されて105、750円が振り込まれるわけです。


さてに数字が並ぶ、、という現象をご説明します。

消費税込みで請求をしますという方がいて、その方が「とにかく手取りでピッタリ10万円にして欲しい」といいます。

その場合には原稿代金を支払う会社は「111,111円支払います。

支払金額から10%源泉徴収して10万円が振り込み額になります。

111,111円の10%は11,111円です。
「並び数字になる謎」は解明されましたか。

そして111,111円は消費税込みの額です。
5,291円が消費税です。
計算は111,111円割る105×5です。
原稿請求額は105,820円です。

原稿請求時の消費税と、源泉徴収税額は、考えると混乱しますけど「自分は源泉徴収税額を計算しないといけない立場ではない」と考えれば悩まなくてもいいです。

当初のご質問にmukaiyamaさんの回答への質問とを見ると、少し混乱されてますね。

原稿代を請求する側は「源泉徴収がいくらか」を考えなくてもいい、と考えてください。

請求書には、原稿料+消費税を書けばいいだけです。
消費税率は現行5%ですから15万円+7,500円で175、500円が請求額になります。

貴方に出版社から支払われる時に、10%が源泉徴収されて105、750円が振り込まれるわけです。


さてに数字が並ぶ、、という現象をご説明します。

消費税込みで請求をします...続きを読む

Q税込5万円の請求書を作成したいと思っています。

税込5万円の請求書を作成したいと思っています。

ところが、
(1)本体価格を47,619円にすると、消費税が2,380円で、合計49,999円
(2)本体価格を47,620円にすると、消費税が2,381円で、合計50,001円
となってしまいます。

この場合、請求書の表記はどのようにすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

本体価格 47,619円4銭76厘1毛  消費税 2,380円95銭23厘9毛

合計 50,000円 請求致し申す


・・・・・・


なんてね。

もともと税込み5万なのだから、端数が出るのは当たり前

どちらかを切り上げどちらかを切り下げて5万にしておけばいいのです。

個別の請求で1円程度の端数表示にあまりこだわる必要なし。

納付消費税=仮受消費税-仮払消費税

と、決算期間における会社全体の取引額での計算が求められますから。


人気Q&Aランキング