加藤陽子著の「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」を読んでいます。
その中で、パワーバランスという表があります。1939年当時の、人口・常備軍・戦闘機・主力鑑・駆逐艦・潜水艦について、英・仏・ポーランド、独・伊・日、米、露の4グループの比較がされています。

ところで、アメリカの常備軍数と戦闘機数は、他の3グループと比較し、明らかの少ない、と思います。アメリカの常備軍は19万人(ちなみに独・伊・日の合計は192万人)、アメリカの戦闘機は800機(ちなみに独・伊・日の合計は6245機)です。
なぜ、アメリカの常備軍と戦闘機は、少ないのでしょうか?

A 回答 (2件)

元も子もないのですが、まずお金がなかったことが


第一の理由でしょう。

"圧倒的なアメリカの国力"がGHQの戦後政策として
宣伝されていたこともあって誤解されがちなのですが、
実は開戦直前のアメリカは世界恐慌からの立ち直りから遅れ、
道義的な理由から、軍事輸出の制限をしたことで輸出も急減。
建国以来最大の大不況中にありました。

そもそも大戦前のアメリカの産業構造からして、
造船や航空産業に関しては、世界的に見れば生産力に
おいてまだまだ二流国で、
軍事費についても1939年~1940年以降
政策の転換があるまで、なんと日本のほうが
一時的にではありますが大きい状態になっていました。




次に常備軍に対する伝統的志向も影響しているでしょう。

実は第二次大戦まで、アメリカは常備軍を重視せず
アメリカ独立の歴史的経緯から、圧政の呼び水ともなりえる
常備軍より、「民兵」が重視され、国民一人一人が銃を持ち
危機にあたっては独立のために団結するという考え方が主流でした。
(1940年以降は治安維持軍(州兵)も動員されているので
数え方によってはもともと、もっといるのですけれど。)



これだけだと勝てる要素が無いように見えますが、
開戦直前から「戦闘機5万機計画」「レンドリース法」などの
戦争準備が景気刺激策となり、大軍拡が始まったのです。
不況の打開策として一気に軍事にシフトし、
生産力でも他国を抜き去っていきました。

反対に、アメリカにとっての有事の最たるものであった
南北戦争でも軍の規模は数年間で200万人規模に増えましたが、
終戦後は一斉に民間に戻り小規模になったという経緯があります。

こうしたオンとオフの切り替えを
ダイナミックに、そして迅速に行うのがアメリカという国であり、
1940年より前の数年間はまさに「オフ」の時期であったわけです。




というわけで最後に、アメリカの戦闘態勢のバロメータとなる
航空機の数についてですが、そもそも第二次大戦まで
航空機そのものが現代に比べれば戦術・戦略的に重視されておらず
観測用か、良くて防御的な兵器と考えられていました。
1939年のスペイン内戦や1940年のバトルオブブリテン、
そして日中戦争の戦略爆撃、多少あとになりますが真珠湾攻撃などを経て、
ようやく「有用な攻撃用兵器」として人類に認識されていったわけです。

すでに戦争中だったドイツや日本に比べ、
戦前はあまり生産に力を入れる理由はなかったでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
1.経済面や軍事費の面において、アメリカは
<世界恐慌からの立ち直りから遅れ>
ていたのですね。
2.軍事面において、常備軍や戦闘機について、事情があったのですね。
3.アメリカの社会や政治体制面において
<オンとオフの切り替えをダイナミックに、そして迅速に行うのがアメリカ>
なのですね。今の私にとって、オフであった当時のアメリカは、ほとんど別な国のような気がします。そして、日本もこの敗戦で、オフに切り変わってしまったのですね。

お礼日時:2015/12/02 12:02

アメリカは、1939年9月の第二次世界大戦勃発時には参戦していません。

第一次世界大戦でヨーロッパ列強の対立に巻き込まれてしまったという反省の感情が米国内に強く、伝統的な孤立主義の外交政策を採らせることとなって1935年に中立法が制定されていたからです。よって、参戦の予定もなかった1939年の時点では、米国の軍備はそれほど大きくなかったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<伝統的な孤立主義の外交政策を採>
っていたのですね。隔世の感がありますね。

お礼日時:2015/12/01 17:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦闘機、潜水艦、護衛艦を日本はどんな事態を想定して所有しているのでしょうか?

戦闘機、潜水艦、護衛艦等を日本はどんな事態を想定して所有しているのでしょうか?
戦闘機、潜水艦、護衛艦等を日本が所有していなかった場合、どのようなリスクがあると考えられているのでしょうか?
戦闘機、潜水艦、護衛艦の戦闘における役割の違いについて教えてください。m(__)m

Aベストアンサー

戦闘に於ける三者の役割そのものについてですね。

戦闘機とは、敵の航空機の作戦行動を阻止する事に役割を特化した航空機の事です。機関砲やミサイル等によって、敵機を撃破、撃墜する事を本務とします。進入する敵機に追随出来る飛行性能を求められる為、通常軍用航空機の中では最も高速力を有し、空中での格闘戦を想定して、高い旋回能力を有するものが多いです。これに対し、爆弾やミサイル等で、敵の地上部隊や施設、艦船を攻撃する航空機は爆撃機、攻撃機と呼び習わされるのが一般的ですが、航空機との戦闘を兼務する物を特に、戦闘爆撃機、戦闘攻撃機と呼び、現代日本の航空自衛隊ではこの種別の航空機を特別に、支援戦闘機と呼びます。

潜水艦は、海面下に潜航し、敵の艦船や潜水艦を攻撃する事を本務とします。発見され難い水面下を行動し、奇襲的な攻撃を行う事により威力を発揮し、その海域に「いるかも知れない」と言う抑止効果によって、敵に護衛艦艇を割かせる等、戦力の分散を強制する効果も期待されるものです。敵の同様の行動に対抗する為の、対潜水艦作戦も任務に課されます。
この他、核兵器保有国には、隠密裏に核ミサイルを運搬し、敵により核基地に対して先制攻撃を受けるリスクを回避、核反撃能力を確保する目的で建造された、戦略ミサイル潜水艦も存在します。

護衛艦は、フリゲートや駆逐艦と呼ばれる艦種と同様の物で、日本本国への物資輸送のための海上交通路、所謂「シーレーン」を防衛する為の戦闘艦です。貨物船やタンカー等、国民生活や戦争遂行能力(抵抗能力)を支える物資の流れに対しての、敵の打撃を阻止する事が本務であり、その為、長い航続能力と(この点の実態について異論がある方もいますでしょうが、基本理念として)外洋航行能力が求められ、主に、最大の脅威である潜水艦に対する捜索、攻撃能力に優れている事が戦闘能力として重視されています。単艦によるバランスの取れた戦闘能力も求められる、海上軍事作戦のワークホース的な役割も課せられており、砲や対空、対艦ミサイル等の攻撃手段も有するのが一般的です。海上自衛隊の主力戦闘艦と捉えて間違いありません。

戦闘に於ける三者の役割そのものについてですね。

戦闘機とは、敵の航空機の作戦行動を阻止する事に役割を特化した航空機の事です。機関砲やミサイル等によって、敵機を撃破、撃墜する事を本務とします。進入する敵機に追随出来る飛行性能を求められる為、通常軍用航空機の中では最も高速力を有し、空中での格闘戦を想定して、高い旋回能力を有するものが多いです。これに対し、爆弾やミサイル等で、敵の地上部隊や施設、艦船を攻撃する航空機は爆撃機、攻撃機と呼び習わされるのが一般的ですが、航空機との戦...続きを読む

Q米中機衝突事件での中国軍の戦闘機について。

この間、米軍の偵察機と衝突した中国軍の戦闘機は”F8”だと聞いています。
この”F8”についてなのですが、どことなく姿形が”MiG(ミグ)-21”に似ているような気がします。
”F8”と”MiG-21”には何か関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

あらまー、keronyanさんの回答(および参考URL)通りです(笑)。
せっかく家に帰って調べたのでもう少しだけ発言させてください。
参考URLに補足すると、MIG21を大型化した試作機Ye152のスタイルをパクっているそうです。
余談ですが、私が前回答で「クフィル」の事を言ったので、それも訂正しておきます。これもライセンス生産では無くおもいっきしパクリです。と言うのはフランスに武器禁輸措置をとられた後、国をあげてプロジェクトを計画し、なんとミラ-ジュを生産しているスイスの企業からトラック一台分の図面、資料を盗み出し、制作したとの事です。なんとまあ、パクリどころか何でもありかいな。
只、このパクリ機がオリジナルを遙かに凌ぐ出来だというのもおもしろいですね。
日本の話は、型式F-2で合ってました。

Q日本の潜水艦や戦闘機は他国の領域侵犯したことありますか

<領空侵犯>伊豆諸島南部でロシア機 空自がスクランブル

というニュースを見て、1年くらい前にも中国の潜水艦が日本の領海を侵して自衛隊が出動したような事件がありました。また何かで読んだのですが、ロシア、中国の領空侵犯はニュースになっていないだけであって、かなりの件数があるというような記事を読んだことがあります。逆に日本が他国、中国、ロシア、韓国あたりの領海侵犯はしたことがあるのでしょうか?彼らが領海侵犯されたら問答無用で攻撃してきそうですが、なぜ日本は攻撃しないんでしょう?

Aベストアンサー

>日本が他国、中国、ロシア、韓国あたりの領海侵犯はしたことがあるのでしょうか?
 基本的に日本は領空侵犯はしません。
 ただ・・・相手にとってはそうではありません。
例を挙げれば尖閣諸島や、沖縄近隣の海域、これは日本の領海ですが、中国に言わせるとそれらは中国の領海であり侵犯行為です。
 中国が沖縄からたった少し北上すれば、そこは中国の主張する領海です。ですので、日本の航空機や船舶は日本の領海であっても、それは中国に言わせると侵犯行為ですので、当然、何回も相手はスクランブル掛けてきます

Qアメリカ軍の再編・移転について

最近アメリカ軍の再編や移転について報道がされていますが、なぜ今こんなに報道されだしたのでしょうか?
又何兆円もかけて再編や移転するメリットはどこにあるのでしょうか?
そして結局はどう変わるのでしょうか?(日本、アメリカ両国のメリットは??)

全く無知ですいませんが誰か詳しい方がいれば教えて下さい

Aベストアンサー

 まず、米側から。これは自国の防衛戦略の変化と負担軽減を狙っています。
 アメリカは自己防衛や「世界の警察官」としての役割から国外に大規模な兵力を貼り付けていました。
 これは、一重に冷戦時にソ連との来るべき戦争に備えるためでありました。しかし、ソ連は崩壊し、かなり怪しいながらも民主国家になる一方、西欧の東側にソ連の衛星国でない新しい東欧が緩衝地帯として広がることになりました。これにより欧州平原を悪の帝国の機甲梯団が疾駆するような悪夢はもうないだろう、と思われます。
 同時に冷戦構造の崩壊は、来るべき戦争が、アフガニスタンやイラクで行われたような戦争・テロ組織討伐のための”サージカルストライク”・平和維持など、新しい戦争になると米軍は判断しています。

 これらの来るべき戦争を戦うために、米軍は大規模な組織改編を行っています。これがいわゆる米軍再編(トランスフォーメーション)。
 対外的な特長としては、海外駐留部隊の大規模な削減(と、一朝事有った際に迅速に投入できる部隊の編成)です。自国の軍隊を他の国に置いておくことはさまざまな面でデメリットが生じます。経費-そもそもそのための部隊を作って維持しなくてはならないことや、海外に赴任する手当て、出張費etcetc.-や、日韓で起きたように末端の兵士の犯罪が時として外交問題になる危険性があるし反発感情をもたらす、などです。

 そして今後の戦争は、世界大戦の様に戦線がどこに広がるかあらかじめ判ったものではなく、不特定の場所にいきなり起きる危機に対応するためのものです。それらの危機は、ソ連とちがってあちこちに分散しているため、大部隊をどこか(特にヨーロッパ方面)に置いておく意義は薄れてきました。
 また、現在ではテクノロジーや飛行機や船の発達により、軍隊を大規模に移動させることは困難ではありません(とアメリカは考えています。本当かどうかは分かりません)。
 そのためアメリカは国外にいる軍隊の大半を自国へ戻し、司令部(軍隊の頭脳で、作戦を考えて実行します)など一部の部隊だけを海外に置いておいて、いざとなったら本国から手足となる部隊を運んで来るという、軍隊配置が効率的だと思って、そうしようとしています。

 で、日本側には、米軍との連携強化による国防力の強化と在日米軍削減による基地の地元負担軽減というメリットがあります。
 前者は特に欧州とは異なり、冷戦構造の崩壊によって緩衝地帯が出来たわけではなく、中国の急速な軍拡(と周辺への侵攻の可能性)・北朝鮮の危険性などから必須のモノです。一方で、独自の軍事力で日本がそれをカバーするよりは、防衛力の一部を米軍に負担させた方がリーズナブルです。

 後者は、特に沖縄からグアム海兵隊7000人が撤収することなどで、負担を軽減することが大きなものとなっています。また、各地の米軍用地の内、不要となった部分の返還や、航空機部隊の訓練地の移動(騒音被害の軽減・分散)が計れます。

 で、これが騒がれていたのは、1日に、日米双方がこれらの再編について最終報告を出したからです。
 更に言えば、それを出すために、沖縄で基地を建設することについて、地元に因果を含めたり、費用負担割合を決めたり、岩国基地を抱える岩国市で住民投票が行われたりと、駈けこみでの動きが活発化したためです。
 本来、3月末をメドにこれをまとめようとしていたのですが、様々な理由でここまでずれこみました。

 まず、米側から。これは自国の防衛戦略の変化と負担軽減を狙っています。
 アメリカは自己防衛や「世界の警察官」としての役割から国外に大規模な兵力を貼り付けていました。
 これは、一重に冷戦時にソ連との来るべき戦争に備えるためでありました。しかし、ソ連は崩壊し、かなり怪しいながらも民主国家になる一方、西欧の東側にソ連の衛星国でない新しい東欧が緩衝地帯として広がることになりました。これにより欧州平原を悪の帝国の機甲梯団が疾駆するような悪夢はもうないだろう、と思われます。
 同...続きを読む

Q次期主力戦闘機F-Xにユーロファイター・タイフーンが導入されるにあたっての障害はなんですか?

質問失礼します。
航空自衛隊のF-4EJ改の更新機となる次期主力戦闘機F-Xについてお聞きしたく、教えて!gooを利用させていただいた次第です。
2009年11月28日現在、未だF-Xは決まりません。
11月23日に「防衛省、次期戦闘機F35採用へ 約40機の導入想定」というニュースが流れましたが、すぐに防衛省のホームページで否定されています。(リーク記事かもしれませんが・・)

実は私、以下の署名サイトで「次期主力戦闘機F-Xをユーロファイター・タイフーンに!」という署名プロジェクトをやらせていただいております。
http://www.shomei.tv/project-1317.html
F-22が導入不可能となった今、F-Xにふさわしいのはユーロファイター・タイフーンだと考えております。
万が一にF-22を導入できるとしても、完成品のダウングレード版F-22J-Exより正規のライセンス生産のできるタイフーンを魅力的に感じています。

ライセンス生産ができず、日本向けの改造(ダウングレードではない)に許可が下りないF-22では搭載ミサイルまで買わなければいけませんが、
対してユーロファイター・タイフーンはライセンス生産が認められ、日本向けの改造にも許可が下りているため、国産ミサイルが積めるように改造できますし。

以下の動画やサイトでも知れますが、なぜここまで優れた戦闘機を選ばないのか疑問です。
ユーロファイター・タイフーンのプロフィール動画1/2(ニコニコ動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5588557
ユーロファイター・タイフーンのプロフィール動画2/2(ニコニコ動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5588764
ユーロファイター・タイフーンのプロフィールサイト(難しい専門用語にカーソルを合わせると簡単な説明が表示されます)
http://www.geocities.jp/eaglet_f15/MILITARY/EF2000.htm

つい先日、「F-35の“頭脳”共同開発国でも共有せず 米国防総省 」というニュースがありました。
http://sankei.jp.msn.com/world/america/091125/amr0911251909013-n1.htm
開発に最初から参加しているイギリスでさえこういう扱いなら、日本はもっとひどい扱いを受けると予測できます。ライセンス生産は確実に認められないでしょう。

F-35がタイフーンより優れた戦闘機なら問題ありません。
ですが未完成なこともあり、実力は未知数、日本はその共同開発国に入っていないので引き渡しは2014年以降になることは確実と聞きました。
また、ライセンス生産の可能性も不透明です。個人的に防衛技術の底上げのため、国内の防衛産業の保護のため、ライセンス生産は必要と感じております。
先日、F-X機種の選定の遅れから戦闘機部品を製造しているメーカーの二十数社が撤退するとのニュースも聞いております。
http://news.aimu-net.com/read.cgi/bizplus/1255915091/
これは日本の防衛産業の危機であり、もっと進むと戦闘機の自国開発はもちろん、ライセンス生産すらままならなくなるのは明白です。
現在、日本は独自のステルス戦闘機「心神」を開発している最中であり、このような事態は望ましくないと思われます。
原因は「2011年のF-2生産終了後は受注見通しが立たず、設備や要員の維持は難しいとの判断がある。」ためと知りました。
日本の防衛産業や 国内の生産・技術基盤を維持・向上させるためにもF-Xには、ライセンス生産が認められ、各種技術移転も約束されているユーロファイター・タイフーンにしてほしいと強く思います。

個人的にユーロファイター・タイフーン導入の最大の利点はそのエンジンにあると思っております。
アフターバーナーなしでも超音速巡航が可能なそのエンジン、これはF-22とタイフーンだけです。
ユーロファイター社はライセンス生産や各種技術移転を約束してくれているのですから、そのエンジンの技術を『心神』のエンジン開発に活かせたらと感じております。

10月15日付けの読売新聞の夕刊「明日へ 夢の戦闘機」の『心神』記事で、IHIの技術者は「F-22並みのエンジンは無理」と開発費不足を嘆いています。
だからこそF-Xにユーロファイター・タイフーンを!と強く思っているわけです。

長々と書きつづりながら何が言いたいのかいまいち言えていませんが、次期戦闘機F-Xにユーロファイター・タイフーンを導入するにあたって何が障害なのでしょうか?ネット上で一部、航続距離を不安視する声もありましたが、上記の動画をみる限り3700km以上あるようです。搭載能力も問題ないように思えます。問題があるとしたらステルス性でしょうか?

もしF-35が導入されるとすれば、そんなに日米同盟が重いものなのでしょうか?しかし日米同盟は盤石ではなく、アメリカはいつ日本を捨て中国に寝返るかわからないと思っています。

長文失礼しました。よろしくお願いいたします。

質問失礼します。
航空自衛隊のF-4EJ改の更新機となる次期主力戦闘機F-Xについてお聞きしたく、教えて!gooを利用させていただいた次第です。
2009年11月28日現在、未だF-Xは決まりません。
11月23日に「防衛省、次期戦闘機F35採用へ 約40機の導入想定」というニュースが流れましたが、すぐに防衛省のホームページで否定されています。(リーク記事かもしれませんが・・)

実は私、以下の署名サイトで「次期主力戦闘機F-Xをユーロファイター・タイフーンに!」という署名プロジェクトをやらせていただ...続きを読む

Aベストアンサー

んー、まあ、防衛省(というか空自)としては「輸出用にダウングレードされていても高いステルス性を持った戦闘機が必要だ!」というのが大きいみたいです。あくまで航空機や軍事を扱っている雑誌からの伝聞ですが。なので、F-22とF-35以外はあんまり好まれないようですね。

開発に紆余曲折があったとはいえ、タイフーン自体は悪くない戦闘機みたいです。その上で問題を上げるなら以下の通り。

・AESAレーダーを搭載していない
小型目標や複数の目標に強いんですが、現在生産されているトランシェ2では未搭載です(当然ながら、現在のF-Xの候補はこれ)。相手の数が多かったり、巡航ミサイルの迎撃を重視している空自(F-15の改良でもAESAの導入を検討しています)の機体としては大きな欠点です。
搭載される予定だったトランシェ3の生産自体が危うくなっているのも追い打ちですね。

・国産の対空ミサイルの搭載が難しい可能性がある
これは機体の形の問題。タイフーンは4発の対空ミサイルを胴体に半分埋め込んで運用するんですが、これはAMRAAMと同じサイズかそれより小さいものに対応しています(質問の画像をよーく見ると溝みたいなやつがあります)。自衛隊が使うAAM-4はAMRAAMより一回り大きいスパローと同サイズなので、積めるのかどうか怪しいですね。実際、タイフーンはスパローの搭載に対応していなかったはず。AMRAAMとAAM-4では性能が違うため、単純には置き換えられません。

・空中給油の方式が違う
現在使われている空自の戦闘機の方式はすべてフライングブーム式ですが、タイフーンはプロープアンドドローグ方式です。空中給油機そのものの改造はできますが、乗員の訓練をしなおさなきゃなりません。場合によっては別々に乗員を用意しないといけないかも。

どれも「日本側で機体を改造すればいい」で解決できる問題ではないので、その辺りは他の候補に劣ってしまうんでしょうね。

んー、まあ、防衛省(というか空自)としては「輸出用にダウングレードされていても高いステルス性を持った戦闘機が必要だ!」というのが大きいみたいです。あくまで航空機や軍事を扱っている雑誌からの伝聞ですが。なので、F-22とF-35以外はあんまり好まれないようですね。

開発に紆余曲折があったとはいえ、タイフーン自体は悪くない戦闘機みたいです。その上で問題を上げるなら以下の通り。

・AESAレーダーを搭載していない
小型目標や複数の目標に強いんですが、現在生産されているトランシェ2では未搭...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報