【映画】『グリーンブック』アカデミー賞作品賞!!傑作の理由 >>

現在、下記のリボ払いの残高が有ります。
A社 年利13.2% 残高70万円 月利息 7,700円 毎月利息込1万円で支払い10,000円
B社 年利15.0% 残高25万円 月利息 3,125円 毎月利息+1万円で支払い13,125円
C社 年利15.0% 残高90万円 月利息 11,250円 毎月利息+1万円で支払い21,250円

現金100万円が手元に有った場合、どのように一部一括返済すべきでしょうか?

1.毎月の返済金額が安くなるのは、A社とB社を完済し、C社に残り5万返済
2.毎月の利息を安くするのは、C社を完済し、B社に残り10万返済
3.毎月の利息を安くするのは、B社を完済し、B社に残り75万返済
4.まんべんなく、3社に返済する
5.その他

以上、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

金利の高いもの残高の多いものから返済するのが原則なのですが、毎月の返済額を変えない前提であればご質問のケースではちょっと異なります。


理由は、A社の元本支払額が元利均等で毎月1万円のため、当初非常に少ない事に起因しています。

それぞれのケースで利息の総支払額がどうなるかを計算すると
1は、C社の分が456,875円
2は、A社の分が643,416円、B社の分が15,000円で合計658,416円
3は、A社の分が643,416円、C社の分が15.000円で合計658,416円
No.1の方の回答の場合は、A社の分が386,133円、B社の分が40,625円で合計426,758円
になります。

上記3つより安くなるのが、1つはA社に全額返済、残りをC社に返済する方法でこの場合の利息の総支払額は
B社の分が40,625円、C社の分が228,750円で合計269,375円になります。
この場合当初の支払額はB社(13,125)+C社(17,500)で30,625円になります。

さらに、No.4の方法で、例えばA社に35万、B社は完済(25万)、C社に40万返済すると
利息の総支払額は、A社で94,379円、C社で159,375円で合計253,754円になるので、この辺りが良いのではと思います。
この場合の当初の支払額はA社(10,000)+Ç社(16,250)で26,250円になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
毎月の利息や1年間の利息は見ていたのですが、
利息の総支払額を考えていませんでした…。

最後のA社に35万、B社に25万、C社に40万で進めます。

当初、1か3を考えていたので、約40万損する所でした。
本当に聞いて良かったです、有り難う御座いました。

お礼日時:2015/12/02 14:33

大変でんな!


お答えしまひょ。
>2.毎月の利息を安くするのは、C社を完済し、
これに
>A社に10万円の繰上げ返済
ですわ〜!
まっ!早い話「月利息 11,250円」はでっかいでっしゃろ。
これを無くして「月利息 3,125円+月利息 7,700円以下」の1万円位の方がえぇんとちゃう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

元金の高い物や利率の高い物から払うものだと自分も思っていました。

総支払額を考えて、もう一人の方の支払い方法を選ばさせてもらうことに
なりました。

毎月の利息はそんなに変わらなくても、
元利方式と元金方式で、こんなに違うとは、大変勉強になりました。

今回はどうも有り難う御座いました。

お礼日時:2015/12/02 14:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング