ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

実母(74歳)が大腸がん リンパにも転移がみられ
ステージ3で手術し 遠隔転移は無いと言われていますが
再発 転移のことも考えて 補助治療を行うべきだと考えています。

現在の一般的な治療として 調べたところ
5-FU+LV 療法注
UFT+LV 療法
capecitabine 療法
FOLFOX4 療法または mFOLFOX6 療法(CQ-14)
とありましたが、ほかにもゼローダといった中外製薬からの新薬とかもあり模索中です。

急なことで混乱しており 頭でっかちになりすぎて迷うばかりで困っています…
どうか 医師の方 医療関係の方 実際治療されてる患者さん及びご家族の方
なにかアドバイスがあれば助かります!!
どうかよろしくお願い致します!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

進行大腸ガンの夫を持っていた遺族です。

2年間みっちり勉強しました。

補助的な化学療法であれば、5-FU+ロイコボリンがいいのではないでしょうか。
昔から使われている療法で副作用もそれほどではありません(もちろん個体差あり)。
UFT+LV 療法はこれも昔からの定番療法で、5-FU+ロイコボリンと同等の効果が実際に観られました。こちらは経口なので飲みやすいというのも患者さんには楽です。

進行ガンの化学療法と補助的化学療法、前者は長い寿命は望めないというところで大きな差はありますが
再発がまったく考えられないわけばないので、
やはり術後の化学療法は行うべきではないでしょうか。

副作用を出さずに効果を出すためにおすすめするのは「漸増投与」です。少量から始めて、副作用が出るぎりぎりのところで量を決める。通常、抗がん剤の量は、厚生省のガイドラインに沿って行われます。単に体重で決められているだけです。お酒に強い人弱い人がいるように、同じ量でも副作用がひどい人もいればまったく出ない人もいます。

しかしこれはオーダーメイドですから、普通の病院(がんセンター、市立病院などでは)ではやってもらえません(医師が忙しすぎてそこまでできないという意味です)。化学療法について独自の考え方を持っている個人病院、あるいはお金を持っている私立の医学部付属病院ではやってくれるところもあります。

あと、ガン患者にとっては、体重減少=寿命減少と言われています。
化学療法をうまく続けていくためにも体重を減らさないことが肝心です。
何でも好きなものを好きなように食べさせてあげてください。
ガンになってから食事療法などをしても何の意味もありません。
民間療法も効きません(本当にそれほど効くのなら厚生労働省が認可しても良いのにされていないことが証明です)。
ただし、温熱療法は、化学療法の副作用を緩和させる程度の効き目はあります。

お母さまにとって、そしてご家族のみなさまにとってもベストな治療が行えるよう、心から祈っております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

rue0717様

お心痛む質問に お心をこめられてのご回答 ただただ頭がさがるおもいです…
ほんとうにありがとうございます!!

貴重な具体的な薬剤のお話の中で
アドバイスの中から 体重減少=寿命減少…
これから薬剤と向き合っていく覚悟の中から このことだけは
ほんとうに留意しておかないとって痛感しました…

どの薬の選択をするにしても 癌に立ち向かうのは
やはり 薬は自分を助けてくれるかもしれませんが
結局は 体力があってのことですもんね…

温熱療法は副作用の緩和の緩和のため…現実を考えさせられ
すごく勉強になりました!!

お礼日時:2015/12/08 16:51

#3の回答者です。



>今回 先生からあえて 選択可能な環境を与えてくださったので
>余計に迷い 悩んでいるところです…

そうなんですか! 一般の患者に選択させるとかいっても、やって見なければ分からないということではありませんか?インターネットなどで体験した人の文章でも、具体的には分からないかもしれませんね。

>ゼロックス療法…やはり身体の負担大きいのですか??
ゼロックス療法というのは、ゼローダとオキサリプラチンの点滴も加わりますよね。つまり、ケモセラピーをすることですから、3週間に1度外来で2~3時間、点滴をします。ゼローダは、朝夕の2回に分けて2週間と1週間の休薬期間です。そして、手足のしびれは、治療を始めてからずっと続きます。制吐剤(吐き気止め)は点滴に入っているはずですが、それでも、吐く人は吐くはずです。

これって、人によって違いがあるのだとは思いますが、点滴した後の2日間ぐらいは特に辛いと思います。だんだん慣れるとは思いますが、それが、6ヶ月間ぐらいは続きます。

だから、術後、いきなりというのは、きついのではないか、と私は思いました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

WindFaller様

ゼロックス療法について具体的におしえていただき  ありがとうございます!!
いまの段階では 選択しないほうがよさそうですね!!
FOLFOX 療法を中心に考えて あと その補助をどうするか…
そこから考えを展開していきたいと決めました!!

どちらにしても これから 母とともに立ち向かわねばいけませんが
貴重なご意見で方向性がはっきりしました!!

ほんとうに親身に教えていただき ありがとうございます!!

お礼日時:2015/12/08 16:59

こんにちは。



>現在の一般的な治療として
とか書かれていますが、その内容は、補助化学療法のことだと思います。しかし、手術したばかりで、転移も認められないのに、いきなりそうした療法に入るということはないはずです。

ゼローダを用いたゼロックス療法などは、それなりに身体の負担も大きいです。癌の再発などが認められれば、そういうことにも視野に入れなくてはなりませんが、当面、抗癌剤などの投与も、すでに始まっているはずですから、医療機関による治療は、担当医にお任せするしかないはずです。もとより、患者側からは、そうした選択の余地というものはほとんどありませんが。

まず、術後は、徐々に、体力の衰えを感ずることがあるかもしれません。お母様の体力の維持・向上に励むように、適度な運動やバランスの良い食事などに心がけてください。特に、歩くことは大事です。女性の場合は、ふつうは毎日のように、近所のスーパーなどに買い物に出かけますので、それで十分に補えます。体力の衰えは、足から感ずるものです。また、できれば、体重などの変化もこまめにチェックしているとよいかと思います。

お大事になさってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

WindFaller様

はい!!一般的な治療とは 補助化学療法のつもりで書きました!!
ゼロックス療法…やはり身体の負担大きいのですか??
今回 先生からあえて 選択可能な環境を与えてくださったので
余計に迷い 悩んでいるところです…
おっしゃる通り 体力の回復こそ大切で そのうえで補助化学療法も行えることを
これからも意識して こまめにチェックする心がけでのぞめるようがんばります!!

適切なアドバイス ありがとうございます!!

お礼日時:2015/12/03 22:39

外科病棟の事務をしてます。


確かに抗がん剤治療は選択肢のひとつですね。完全にがんをたたかないと転移して、やっかいになります。
また大腸癌の再発や子宮への浸潤も避けたいですが、こればかりは抗がん剤と本人の治癒力を信じるばかりですね。
ご高齢、リンパ節転移、ステージ3だと外科的侵襲などの癌治療に本人の体がどこまで耐えうるかがポイントになりそうです。お大事にしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

tn.copen様

そうなんですよね…たとえステージ1とか2でも 経過観察中に 早期に転移再発してる話もよく聞きますよね…
おっしゃるとおり 最初の段階で 薬でたたきたいっていうのがあります…
もちろん 薬だけの力じゃなく 本人の治癒力を信じたいです!!

励みになるご回答 ありがとうございます!!

お礼日時:2015/12/03 22:30

お役に立つかわかりませんが、癌というのは低体温で発症するという基本があります。


恐らく、お母様は腹回りは冷たい方だと思います。女性に多いです。
ですので、普段から冷やさないように工夫をされるといいです。
(湯たんぽなどもいいですが、年齢的に熱さに鈍感なので自覚症状がなく、実際熱くても感じないということですので、電器系は低熱やけどをおこしますのでタブーです。フリースなどはとても保温効果が高いので腰巻風の腰掛ブランケット商品など存在しますからお勧めします。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

mai3456様

心の温かいご回答いただきまして ほんとうにありがとうございます!!
日々の母の環境 考慮しなければいけませんね!!
低体温で発症…温めることが大切…なるほど
とくにこのところ寒い日が続いてますので尚更考慮するようにします!!
さっそくフリースを着せ 腰元を温めるようにしました!!

貴重なご意見 ありがとうございます!!

お礼日時:2015/12/02 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸がんからリンパへ転移した場合について

今日、父が病院の外来へ行って
大腸がんからリンパへ転移していたという話を聞きました。

色々考えてしまって、寝られそうにないので質問させていただきます。
話にまとまりがないかもしれませんが、宜しくお願いします。

まずは父の病気の経緯からお話します。

3月の半ばに、お腹がパンパンにはれて
病院へ行くと、今日中に手術しないと危険という状態で
緊急手術をしました。

大腸がんの腸閉塞で、腸が破裂寸前だったそうです。

手術は無事成功し、その時にお医者さんに
「転移もなく、全部取れました」
と言われ安心していました。

10日間ほど入院し、3月末に退院しました。

そして、今日の外来でリンパに転移していた…と。

これって、手術の時には
リンパに転移していることがわからなかったということですよね?

リンパというのがいまいちわからず、色々調べても私には理解できません。
どうして手術の時にはわからなかったのでしょうか?

ゼローダという抗がん剤を処方されたようなのですが
やはり抗がん剤というのは副作用がきついものですか?

リンパへの転移というのは手術できないものなのでしょうか?
抗がん剤で「完治」というのはありえますか?

質問が多くて申し訳ありませんが、何か一つでもわかることがあれば教えて下さい。
お医者さんにもっと詳しく聞けばいい話なのでしょうが
父から聞いた話だけだと不安で、眠れなくて困っています。
私は来月に出産予定があり、ここのところ色々あって不安でたまらないのです。

お勧めの本などあれば、それも教えて下さい。
知識に乏しい人にもわかりやすく書いてあるものをお願いします。

あと、次の外来の時に、お医者さんに聞いておいた方がよいことなどあれば
それもアドバイスいただけると助かります。

今日、父が病院の外来へ行って
大腸がんからリンパへ転移していたという話を聞きました。

色々考えてしまって、寝られそうにないので質問させていただきます。
話にまとまりがないかもしれませんが、宜しくお願いします。

まずは父の病気の経緯からお話します。

3月の半ばに、お腹がパンパンにはれて
病院へ行くと、今日中に手術しないと危険という状態で
緊急手術をしました。

大腸がんの腸閉塞で、腸が破裂寸前だったそうです。

手術は無事成功し、その時にお医者さんに
「転移もなく、全部取れました」
...続きを読む

Aベストアンサー

私もリンパ節に転移があった大腸癌患者です。

他の回答者の方もおっしゃっていますが、リンパ節は手術時に多めに切り取り、それを検査に出し2週間くらいして転移しているかどうかが初めて分かります。

そしてリンパ節転移があった場合は補助的に抗がん剤治療をします。

肝臓や肺などの遠い臓器に5年間転移しなければ、ほぼ完治したと言えます。リンパ節までなら大丈夫です。

オススメの本とかはありませんが、私はネットで大腸癌のサイトをよく読むようにしています。

Q大腸がんの再発(1年以内)について

父の大腸がん(S字結腸)の再発について知りたいことがあります。

(経緯)
昨年、大腸がんが内視鏡でみつかり(ステージII)手術をしました。
その後、定期的に血液検査やCTを行っていましたが、全て陰性。
術後、半年経ち、異常な疲労感を感じ、主治医に相談しましたが、
検査で陰性なので、考えすぎと言われ何も検査はしてもらえずでした。
その後、すぐ人間ドックで潜血反応が出たので、内視鏡検査を
お願いしたところ、手術からまだ8ヵ月しか経っておらず、1年間は
内視鏡ができないと言われ、潜血は、手術患部の炎症によるもので
癌はあり得ないと言われ、またそのままにされました。

その後、体調が悪化し、見かねた母が主治医に検査をお願いに行くと
CT検査と血液検査だけされました。結果は陰性。
手術から1年経ち、ようやく内視鏡検査をしたところ、
腸が細くなっていると言われ、細胞を病理検査したところ
癌細胞が発見され、局所再発(5cm)と言われました。

(質問)
・本当に大腸がんの手術から1年間は内視鏡ができないのか?
・最初の時は、内視鏡検査の時点で癌だと言われたが、
 今回は、言われなかった。5cmにもなるのにわからないものか?
・1年以内で5cmに成長する癌はあるのか?(父は69歳)
・取り残し(見逃し)があったのではないか? 
 (主治医は、ないと断言している)
・PET-CTを予定しており、その結果次第で治療法が決定するが、
 転移している可能性はあるか?
・余命はどのくらいか?(転移している場合と、手術できた場合)

覚悟はしているつもりです。真実を知り、できるだけのことを
父にしてあげたいと願っています。
よろしくお願いします。

父の大腸がん(S字結腸)の再発について知りたいことがあります。

(経緯)
昨年、大腸がんが内視鏡でみつかり(ステージII)手術をしました。
その後、定期的に血液検査やCTを行っていましたが、全て陰性。
術後、半年経ち、異常な疲労感を感じ、主治医に相談しましたが、
検査で陰性なので、考えすぎと言われ何も検査はしてもらえずでした。
その後、すぐ人間ドックで潜血反応が出たので、内視鏡検査を
お願いしたところ、手術からまだ8ヵ月しか経っておらず、1年間は
内視鏡ができないと言われ、...続きを読む

Aベストアンサー

・PET-CTで陰性の場合、手術と言われておりますが、微小転移していたとして、手術した場合、逆に手術が悪影響を及ぼす可能性がありますか?それでも手術はした方がいいですよね?
体力的な負担がデメリットだと思います。これにより、全身的にはストレスがかかった状態となり、免疫力が低下します。肺炎などを併発しやすかったり、微小転移が大きくなる可能性もあります。
もちろん、再手術なので技術的に難しくなり、合併症のリスクも高まるでしょう。
大腸などの消化管の場合、放置すると食事を食べることができなくなります。腸閉塞などを合併する為です。それを予防する為だけでも、行う意義はあるのではないかと思います。

・他に微小転移していた場合、後でその部分が再発という形で癌が発見されることになるのでしょうか?その癌を現時点で、化学療法で無くす、もしくは進行を遅らせることは可能でしょうか?
おそらく、追加で化学療法をされるのではないかと思います。これが完全に腫瘍細胞を殺してしまうことは難しいとしても、進行を遅らせることは可能だと思います。ただし、腫瘍が抗がん剤治療に耐性を持ち始めると、その時点で再発となってしまうものと思われます。

・PET-CTで陰性の場合、手術と言われておりますが、微小転移していたとして、手術した場合、逆に手術が悪影響を及ぼす可能性がありますか?それでも手術はした方がいいですよね?
体力的な負担がデメリットだと思います。これにより、全身的にはストレスがかかった状態となり、免疫力が低下します。肺炎などを併発しやすかったり、微小転移が大きくなる可能性もあります。
もちろん、再手術なので技術的に難しくなり、合併症のリスクも高まるでしょう。
大腸などの消化管の場合、放置すると食事を食べる...続きを読む

Q大腸がん ステージ3b

70歳の父が腸閉塞からの入院で直腸に癌が見つかりました。

手術では 、癌が膀胱に浸潤しており
リンパ節にも転移が認められたとのことで
手術時には人工肛門を付けることしかできず、
癌は切除出来なかったとのことでした。
ステージ3bと告げられました。

術後2週間ほど経ちますが、現在入院中で、
今後は、抗がん剤による治療を進めていくことになっております。
癌が残った状態で延命治療の場合、平均的な寿命は何年ほどでしょうか。

退院後やりたい事が沢山あるようですので、
少しでも多く希望が叶えられるようにと思っております。

Aベストアンサー

単純に言えば、IIIbであっても、6割程の5年生存率がありますが、
ステージIVになると、それが1~2割に激減します。
その差は、遠隔転移(肺、肝臓など)があるかないか、という点です。
膀胱は直腸に隣接しているので、遠隔転移とは言いません。

抗がん剤によって、がんが小さくなれば、手術可能となる場合もあります。
なので、単純には言えないのです。
主治医の先生と良く相談してください。
また、納得するために、セカンドオピニオンを受けることを
お勧めします。

セカンドオピニオンとは、主治医の先生から診療データを借りて、
そのデータで他の先生に意見を聞くことです。
つまり、データ上での診察ということになります。
セカンドオピニオンの先生の意見が主治医の意見と異なる場合、
セカンドオピニオンの先生から主治医に対しても、
専門的な意見が行きます。
なので、再び、主治医の先生と相談をして、治療方法を
決めることができます。
主治医の先生を無視して、別の先生の診察を勝手に受ける
ドクターショッピングとは根本的に異なるので、
混同しないようにしてください。

Q抗がん剤を断ることは悪いことですか?

母が抗がん剤治療を受けたくないことを、病院側に伝えられません。
いつも付き添ってくれる友人も、抗がん剤治療は絶対するべきだ、といい、
2回目は友人に連れていかれるようです。

私と父は母の気持ちをよく聞いて、もうしなくていいのではないか?と思っています。

しかし、抗がん剤をしないことに賛成した私にいわれることは、
しなかった結果がよくなかったときに、あなたに負担がかかる、といわれます。
病気の治療というより、周りの心理戦のような気がして、本人の意思は関係なくなってしまってます。

今は、抗がん剤を受けたくないという母に賛成してる私と父が悪者になっています。

実際、知り合いの父親が、元気に4クール目にいどんだ結果、
あっというまに亡くなりました。
家族は絶句だったようです。

病院に断りの電話をすることを母に頼まれていますが、
怒られるか、冷たくあしらわれるか、また考え直すように説得されるか、
話すのも億劫になっています。
断ることは、非常識というか、悪いことなんでしょうか?

Aベストアンサー

No.10です

私の主人は 特に挑戦するタイプではありません
命がかかった病気だから前向きになるしかなかったのです

ガンという病気を普段からよく勉強してて ゆっくり考える間はあったのです
何もしなければ 死ぬ・・・わかっているからこそ 前向きに頑張ったのです

手術をした主治医は 抗がん剤の効果をあまり期待してはいません
なので どこか抗がん剤を引き受けてくれるところ探さないと・・・と病院を紹介してくれました
最初の病院は断られました
主人は かなり落ち込んで・・・・
次に紹介してもらった病院は 抗がん剤の専門チームです
主人は喜びました

命がつながった。。と思ったのでしょう

結局 抗がん剤の効き目を見るまもなく 機能が落ちていって・・
しかし主人は 亡くなるほんの少し前まで
治る!と言う希望を持つことが出来ました

お母さんの場合ですが
元気だから治ったと思ってというか 元気だから抗がん剤が必要ないと思われているのならちょっと話は違うかな。。。と思いますが 必ずしも抗がん剤をすることが延命になるとは限らないと・・・

その副作用はかなりのものだと・・・。

>断ることは、非常識というか、悪いことなんでしょうか?
 そんな事はないと思います
 断る勇気も必要です

No.10です

私の主人は 特に挑戦するタイプではありません
命がかかった病気だから前向きになるしかなかったのです

ガンという病気を普段からよく勉強してて ゆっくり考える間はあったのです
何もしなければ 死ぬ・・・わかっているからこそ 前向きに頑張ったのです

手術をした主治医は 抗がん剤の効果をあまり期待してはいません
なので どこか抗がん剤を引き受けてくれるところ探さないと・・・と病院を紹介してくれました
最初の病院は断られました
主人は かなり落ち込んで・・・・
次に紹介してもら...続きを読む

Q人工肛門ですが、自然肛門から出始めました。

90才の祖母の件で、相談いたします。10年前に、大腸ガンということで、人工肛門にしました。ところが、2週間前から、自然肛門(10年前迄通常使用していた肛門です)より、便意を感じるようになり、とうとう1週間前から、自然肛門より、小豆大の黄色い汚物が、3ー4個出るようになりました。3ー4回/日です。
また、水も出るようになっています。
手術した病院で、自然肛門を受診してもいましたが、問題ありませんと、本人が聞いてきましたが、非常に不安です。
病院を変えるべきか、何でも結構ですので、アドバイス願います。

Aベストアンサー

人工肛門と言っても、腸管を切断して断端を体外に出す場合だけでなく、腸の壁に穴を開けてそこを持ち上げて人工肛門とすることがよくあります。この場合、腸管自体は腫瘍の切除後に吻合して肛門までの道筋を確保してありますから、人工肛門だけでなく、もとの肛門からも便の排泄が見られます。便の殆どはより手前にある道筋(=人工肛門)から排泄されますから、肛門からの排泄の方が量は少ないですが。
潰瘍性大腸炎という病気で全結腸切除後人工肛門とした場合で、肛門側から指先が少し入るくらいの範囲で完全に塞いでいるのにも拘らず、そこに炎症粘膜が少しだけ残存していたために血便を呈した患者様を経験したことはありますが、今回黄色(=便中の胆汁成分)の固形便が出ているとのことですから、上記のような吻合法をとっている可能性が最も高いのではないでしょうか?
実際に手術を受けた医療機関でご相談なさるのが最も近道ではないかと思います。もし何か新たな病気の発生が疑われるようであれば、経肛門的にでも経人工肛門的にでも、そこから大腸ファイバーを挿入して内部を観察して診断に結びつける方法をとることが可能です。

人工肛門と言っても、腸管を切断して断端を体外に出す場合だけでなく、腸の壁に穴を開けてそこを持ち上げて人工肛門とすることがよくあります。この場合、腸管自体は腫瘍の切除後に吻合して肛門までの道筋を確保してありますから、人工肛門だけでなく、もとの肛門からも便の排泄が見られます。便の殆どはより手前にある道筋(=人工肛門)から排泄されますから、肛門からの排泄の方が量は少ないですが。
潰瘍性大腸炎という病気で全結腸切除後人工肛門とした場合で、肛門側から指先が少し入るくらいの範囲で完全...続きを読む

Qがんを治す生き方

これまで大きな病気をしたことがない夫が大腸がんステージ3の宣告をされ途方に暮れています。そんな中で、「本村ユウジ」さんという方のサイトに出会いました。19,800円で表題の本「がんを治す生き方」とメールサポートが得られます。こちらの本の内容やメールサービスにつきどなたか情報提供いただけないでしょうか?手術は避けられないと思っていますが、食生活等の生活習慣からの治療も進めたいと思っております。

Aベストアンサー

大腸がんの同じステージでも出来てる場所によって手術出来ない場合の方も居ります。
手術が出来ると云う事は、それなりに良かったと考えた方がいいように思います。
勿論、治療法を選択するのは、ご本人であり、そのご家族だとは思いますが・・・
がん治療の日本における「三大治療」以外で治すと云う諸々の書籍は沢山ありますが、例え、知名度のある
教授とか医師とかが出版していても、其々に意見(治療法)が違います。
それを踏まえると、書籍の中で紹介されてる「これで治った」と云う方々は稀だと思います。
そこに希望を抱く人も”命を賭けたギャンブル”みたいなものだと私は思います。
それで治癒出来ずに諦めざるを得ない方々も居られるということです。

ネットで見つけた、その情報も然り。
決して有害では無いにしても、”あくまでも情報を売る”です。
何故、書籍にしないの?と疑問に感じるし、癌で苦しむ人を助けたい、救いたいなら・・・
そういう知識があるなら・・・私なら無償で提供します。

ネット検索するなら、大腸がんとは(ステージも含め)どういうものか・・・
治療の過程や過ごし方、副作用の対処法など、色々と出てきます。

ブログ検索では、所謂、民間療法にて完治したと云う記事を余り拝見した事がありません。
私が知る限りでは1件で、現在は存命されてない方のみです。
実際に治られた方もいらっしゃるかも知れませんが、もし本当にそれで完治されて再発もなく過ごされているのであれば
もっと広く世間に(テレビなど)知られているとは思いませんか?
適応もあるかも知れませんが、それで全ての方々が治るのであれば医者いらずですよ。

勿論、三大治療が全てでは無いし完治を約束するものでは無いけれど・・・
安易に”情報を買う”のは疑問に思います。

他の方も書いてますが、主治医が相談にのってくれないようであれば、納得できるよう、
セカンドオピニオンもオススメします。

私も含め、この場もそうですが、どうぞ情報に振り回されないように・・・
そして、善き方向に向かっていきますように祈ってます。

大腸がんの同じステージでも出来てる場所によって手術出来ない場合の方も居ります。
手術が出来ると云う事は、それなりに良かったと考えた方がいいように思います。
勿論、治療法を選択するのは、ご本人であり、そのご家族だとは思いますが・・・
がん治療の日本における「三大治療」以外で治すと云う諸々の書籍は沢山ありますが、例え、知名度のある
教授とか医師とかが出版していても、其々に意見(治療法)が違います。
それを踏まえると、書籍の中で紹介されてる「これで治った」と云う方々は稀だと思います。...続きを読む


人気Q&Aランキング