4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

ダイエット中の女性です。
私は食べることが生きてて一番と言えるほど大好きで、現在食べる量を減らしてのダイエットをしています。
運動もしていますが、以前よりも食べる量を減らすダイエットはとても辛いです。。

そこで、ダイエットにおすすめな食べ物がありましたら教えていただきたいです。
嫌いな食べ物は特にないので、何でも大丈夫です!

gooドクター

A 回答 (10件)

食べたいのに食べないようにするのは辛いですよね。


それはいわゆる根性・努力系のダイエットで長続きしません。痩せられてもリバウンドの恐怖と闘いながら一生過ごさなければならないということです。

食べ方次第で食欲はコントロールできます。そうすれば辛くなくいつもお腹一杯食べているのに太らない体を手に入れられます。
簡単ですよ。要は糖質の摂り方に注意をすればいいのです。

特に朝が大事。朝がっつり糖質を摂ると一日の食欲コントロールがガタガタになります。
朝はなるべく糖質オフにし、代わりに脂肪とタンパク質をしっかり摂ることをお勧めします。
よく朝はガッツリ食べても太らないという情報がありますが、あれは正しくないです。
糖質を摂るとお腹が空きやすくなり「食べたいのに食べると太る」状態で一日を過ごさなければなりません。

米や小麦(パン、麺類)、シリアル、フルーツを避け、豆腐や卵、乳製品(チーズやヨーグルト)、肉(ハムやソーセージ)、魚(干物やツナ缶など)を中心に摂取するといいでしょう。脂肪、タンパク質中心の食事なら満腹になるまでしっかり食べてOK。

そうするとお昼や夜までそれほど強烈な空腹は感じずに済むようになります。
あとは昼と夜ですが、量を決めてだらだら食べ続けることだけ気をつけておけば、空腹ストレスはそれほど感じないはずなのでドカ食いしないでも過ごせるはずですよ。

糖質も夜だったら多少摂ってもOKです。だって夜はもう寝るだけですから。
寝ている間に食欲コントロールがガタガタになっても問題は少ないです。

でも糖質ってお腹いっぱいになるまでに時間がかかるので、あと一口、あと一口が止まらずついつい食べ過ぎちゃうんですよね。
その点だけ気をつけておきましょう。

ダイエットにオススメな食べ物はずばり油です。
糖の摂取を減らし、油を上手に摂ることがダイエット成功のコツ。
魚(DHA, EPA)の摂取を増やし、ココナツオイルを試してみてください。

あとはタンパク質豊富な食べ物、豆腐、チーズ、卵をたっぷり摂る。最新の研究では食事中のコレステロールと体内のコレステロール値との間には関係がないことが明らかになっています。つまり従来は卵を食べ過ぎるとコレステロールを摂り過ぎになるから体に悪いと信じられていましたが、これはウソだった、ということです。

糖質の摂り方さえ気をつければ、あとは何を食べてもOKだと思いますよ。
    • good
    • 1

ダイエットにいい食べ物というのはありません。



減らしていると言ってもどのレベルまで減らしてるのかわかりませんし、そんもそも質問者様が太っているのかもわかりません。
※女性で太っていないにもかかわらず、無理なダイエットをしている人が多数いるため、この質問から判断は難しいということです。

適切な運動、そして食事のコントロール、そして何より「ダイエットは一生モノ」という考えを持ちましょう。
そう考えれば短期間の無理なダイエットはまず間違いなく続きませんので、いかに続けられるかを意識したほうがいいと思います。
    • good
    • 0

私も食べることが大好きなので、食事制限なんてできない!って思ってしまいます。


キャベツをたくさん食べたり、しらたきやこんにゃくを炒め物でも煮物でも多めに入れたりしていますが、ご飯やお菓子が好きなので、なかなかダイエットは辛いです。

ボリュームだけあれば良いと言うことでしたら、他の方も書かれているように、
キノコ類、海藻類、などをたくさん食べれば大丈夫だと思います。

私は大きく減量まではいきませんが、2キロダウンして体重をキープしています。
本当はあと5キロくらい痩せたいのですが、ずっと中年太りで太る一方だったので、増えなくなっただけでもOKって感じです。

そのためにしたのが、
・白米よりは玄米。
・うどんよりはスパゲッティ
・饅頭よりはケーキやアイス
って感じです。
どれも同じ位好きなもの同士なのですが、成分表示を見て糖質の量が少ないものをえらんだり、GI値の低い方を選んだりしています。糖質オフダイエットの要素を取り入れました。パッケージ裏の成分表を確認して選ぶだけでも、だいぶ違いますよ(GI値は調べないとわからないですが…)。
もしお料理をされるのでしたら、お砂糖の代わりにラカントSなどをお使いになるといいと思います。おからとラカントSを使ってお菓子などを作ると、糖質オフでお腹のもちも良いのでお勧めです。

ただ、食べる量を少なくしたり、低カロリーのもので一時的に体重を減らすより、美味しいものをしっかり味わって食べるようにする方が、長い目でみてダイエットになると思います。
昔、渡辺徹が良く味わって食べるようにしたら痩せたと話していました。
私は疲れていると漠然と口に食べ物を運んでしまいます。
そうするとあっという間に凄い量をたべちゃうんですよね。
ながら食べをやめて、しっかり食べるものに意識を集中して食べる方が、食べ過ぎを防ぐと思います。
既にしっかり味わって食べていたら、余計なアドバイスですが…。

私ももうちょっと頑張ります!

お互い頑張りましょう!
    • good
    • 0

ダイエットとは、そもそも「食事」という意味です。


vegetable dietで菜食という意味ですし、meatになると肉食という意味です。
dietという単語単体では、「規定に沿った食事」という意味を持ちます。
なので、「食べても良い」「食べたらいけない」というものではなく、「普通に」「バランス良く」食べることが大事です。
    • good
    • 0

ダイエットには


歩く、筋トレ、晩ごはんを減らす
が有効だと思います。

歩くときはお腹を凹ませて、
左右の骨盤を前に出すようにすると
腹筋が鍛えられます。

また、晩の空腹対策には
ハチミツが有効だと思っています。

太る原因は晩ごはんをしっかり食べるから。
でも、その時間はやっぱり一番お腹が
空いていますよね。

私は晩ごはんの代わりにハチミツを
スプーン1杯舐めています。
甘さで満腹感が来ます。

ハチミツには他にもあまり知られていない以外
な効果がたくさんあり感心してしまいますよ。
    • good
    • 1

すでに回答が出ていますが、たくさん食べても大丈夫なのは、葉物野菜(キャベツ、レタス、ホウレン草、もやし、キムチなど)、コンニャク(関連食品)、キノコ類、寒天・トコロテン、海草類…といったところです。



概して言えば、そのまま食べて美味しくないものは低カロリーで、食べても太りません(美味しく食べられるように調理するとカロリーが増えてきます)。とろけるように甘い(糖質)とか、脂ぎって食べごたえがある(脂質)とか、食べて美味しいものほど高カロリーです。そう思っておくと間違いありません。
    • good
    • 0

>以前よりも食べる量を減らすダイエットはとても辛いです。



減量する方全てが体験することです。しかしこれは意外と簡単です。それは、食事の前に低カロリーでかさばるものを
沢山食べれば良いのです。こんにゃく、しらたき、キャベツ、キュウリ、寒天、ところてんなどいくらでも挙げられます。

例えばキャベツですが個人差はありますが、300~400gをざく切りにして食事の前に食べます。(千切りよりもざく切りが良いと思います)
ドレッシングをかけてもけっこうですが、私は油と酢(できればオリーブ油とバルサミコ酢がお勧めです)で食べます。
余り口に合わなくても、これだけは我慢して食べてください。
その後で食事本番に入ります。
キャベツの説明をしましたが、こんにゃく、しらたき、きゅうり、かんてんなどでも結構です。

私がキャベツを一押しするのは、こんなにビタミン・ミネラルに富んでいるからです。(表示は1020gの栄養量です)

http://calorie.slism.jp/106061/

食事ではタンパク質、ビタミン、ミネラルは不足させないように注意してください。タンパク質は髪の毛、爪、皮膚、内臓、血液など
体のすべてにわたって重要な栄養素です。必要量は体重1kgあたり1gと覚えてください。これは肉、魚、玉子、納豆、チーズなどの分量に
換算するときは0.14で割ってください。例えば50gのタンパク質を摂るときは、50÷0.14≒360gの肉、魚、玉子、納豆、チーズなどが
必要になります。タンパク質が不足すると、肌荒れ、抜け毛、生理不順・停止などの症状が現れます。
ビタミン、ミネラルの必要量は厚生労働省の推奨値です。

キャベツなどを食べた後、重要なタンパク質を摂り終えれば、あとは制限カロリー内で何を食べても大丈夫です。(ビタミン
ミネラルには注意しましょう)
ひもじい思いは随分と軽減されるはずです。今はキャベツは安くなっています。高い時期でも1玉400円もしませんので
変なダイエット食品よりもずっと安いです。
    • good
    • 1

炭水化物と脂質を減らして、たんぱく質や繊維質を多く含む食品を食べるようにすればよい。


食品に含まれるカロリーは物質としての熱量ではなく、人体に吸収されてエネルギーとして使われる成分によるものを示しています。
それが、
・炭水化物(お米、パン、砂糖など)
・脂質(植物性油脂、動物性油脂など)
・たんぱく質(肉、乳製品、大豆など)
です。
この中でエネルギーとして体に蓄えやすいものは、炭水化物です。
炭水化物を減らすことで脂肪として蓄えることなくカロリー消費できます。

また、エネルギーとして使われず、人体に吸収されないものを全般に「繊維質」と呼びます。
代表的なものは「こんにゃく」です。

なお、炭水化物や脂質をまったく含まない食品はありません。
目安として「減らす」で十分です。
(肉にも牛乳にも大豆にも脂質が含まれていますからね)

ですが、炭水化物は生命維持に絶対に必要な栄養素なので、
これを積極的に排除するような食生活はいろんな意味で危険です。
バランスよく栄養を摂るようにしましょう。

・・・
腹が減ったらカロリーの低いもので我慢する。
味は二の次、量で勝負。
1日の摂取カロリー量は、運動量や基礎代謝量によって個人差がありますが、
概ね目安になる値が示されているので、それを参考にして
1日に摂るカロリーを制限しましょう。

おいしいものの大半は炭水化物と脂質でできています。(この時期、ケーキなんて大敵だろう)
基礎代謝機能が上がるまでは、おいしいものは我慢しよう。
※基礎代謝は筋肉が付くことで上がる。


継続することで得られるご褒美がダイエットの成功です。
目標体重になったからと言って努力を怠ると、ご褒美は取り上げられてしまいますよ。
    • good
    • 0

メインとなるのはタンパク質です。


タンパク質は1日の消費カロリーの70%を占める基礎代謝を維持向上するのに必要不可欠な栄養素です。
また、食べたカロリーの約半分を熱として消費する働きもあります。
肉、卵、魚を毎食に取り入れる等が良いでしょう。

もちろんカロリーオーバーにならないようにすることは必要です。
    • good
    • 1

専門家紹介

専門家プロファイル_佐久間健一

職業:ボディメイクトレーナー

ボディメイクスタジオCharmbody代表
株式会社Futures代表取締役
年間4000件以上のボディメイク実績ファッション誌エクササイズ監修多数テレビ企画エクササイズ監修フランス、パリでのモデルボディメイク指導などお行う。
菊地亜美様、熊田曜子様、藤谷二コル様等企画エクササイズでのご指導。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

080-3426-1039

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

こんばんは。




油…「エクストラバージンオリーブオイル」(料理は全てこれ。)
  「ココナッツオイル」(トーストにマーガリン代わりに塗る。)

甘いもの…「ハチミツ」「ヨーグルト」「黒糖」「小豆」

食物繊維…「チアシード」「セロリ」「レタス」

その他…「ほうれん草」「わかめ」「もずく酢」「ひじき」
    「もやし」「魚系」「しじみ汁」「豆乳」「納豆」「キムチ」
    「グレープフルーツ」「雑穀米」

ドリンク…「ドロドロ系野菜ジュース」「飲むヨーグルト」
     「緑茶」「ウーロン茶」「バナナジュース」
     「豆乳」「カルピス」「スポーツドリンク」


私は、上記の物に全てチェンジしました。

ココナッツオイルは、油を油で落とす作用がありますので、
いわゆる“良い油”です^v^
温めたトーストに塗るとココナッツの甘い香りがして美味しいですよ♪


お米は、必ず「雑穀米」に。
雑穀米は、栄養も高く、ビタミンも取れますし、
食感がさまざまで、美味しい上におもしろいので気に入っています^^



甘い物が食べたくなったら、ハチミツが便利です!

ココナッツハニートーストにしたり、
紅茶に、砂糖やシロップのかわりで使用したり、
フルーツやヨーグルト、シリアル系にかけたりしてます♪


低脂肪牛乳よりは、豆乳がおすすめです。

ミルクティーが好きなので、牛乳のかわりに使ったり、
スープ系の料理にも入れています。

寝る前や朝起きて最初に飲む、
ソイハニー白湯(または紅茶)はおすすめです!

あったまるし、ホッとできるので♪



チアシードは、高いんですけども、
食物繊維がものすご〜〜〜いんです。
必ず、1日大さじ1杯分摂取すれば、お通じが良くなります。
1杯以上は、必要な水分までとってしまって悪化する可能性もあるので、
必ず“大さじ1杯だけ”です。

何が良いって、味がしないので、何に混ぜてもOKというところです。

ごまをさらに細かくしたような見た目なのですが、
ヨーグルトに入れてもいいし、
パスタ、カレー、おにぎりなどに混ぜたり・ふりかけたりすればいいだけ。
便利ですよ〜。

水につけると、タピオカみたいになるので、
ヨーグルトなどに混ぜたり、ドリンク類にまぜて味を付けると
また違った食感になります♪


納豆・キムチ・ヨーグルトは発酵食品なので、栄養もあります。

納豆キムチにすると楽チンですよwww



私自身は、
よくスープ類を食べるのですが、
かならず入れるのが「セロリ」です。

セロリ丸々1つ分を1cm以下に細かくカットし、
お鍋や、シチューなどに入れちゃいます!


ダイエットとして食べてお気に入りなのは、
豆乳・セロリ・レタス・豚しゃぶ用肉・あらびき胡椒・塩・コンソメの
スープです♡
ヘルシーです。

1回作れば、何食分にもなりますし、カレールウを入れればカレーになったりと
後々味付けを変えられるので便利なのです。


その他、いくつかのルールを決めました。

・毎食前に、かならず大きいコップ1杯分の
 ドロドロ系野菜ジュースor飲むヨーグルトを飲む。
 (胃に、膜を作るイメージです。余計な吸収を抑える効果あり。)

・朝&昼はガッツリOK。(※ただしおかわりはしない。)

・夜は18時台が理想。(遅くても20時までに食べ終わる。)

・甘い物は必ず “ 食後すぐ ” 、デザートとして食べる。
 (時間を空けて食べると、その都度、必要以上に糖分や脂肪分を吸収するため)
 (最後に摂取する事で、一番最初に吸収する事がなくなります。)

・ビタミン・食物繊維・乳酸菌・カプサイシンなど、ダイエットに効果のあるものと、
 しじみ汁・ほうれん草・もやし・海草類・魚類など、
 ダイエットで不足しがちな栄養価の高い食品を意識して食べる。

・炭酸飲料と、ジャンクフード系は基本NG。

・どうしても夜お腹がすいたときは、
 インスタントの、「スープ春雨」を食べる(笑)←重宝します。


・入浴をする。(一番の運動になります♪)

・部屋を綺麗にする。

・歩くときは「早歩き」!

・でっかい鏡を置く。


……入浴や辛いものは、体をあたためてくれるので発汗作用があります。
痩せやすい体作りが目的ですね^v^
(あ、整体で歪みを整えるのもおすすめです。)


たまに、唐揚げとかガッツリした物を食べたくなるので、
お昼に食べるようにしていますが、
必ず、上記の様に、先にどろどろ野菜ジュースをお供にしています。


私の場合は、159cm・50kg前後がベースで、
51〜53kgになったら、これらで落とすように心がけています。
だいたい、1〜2週間で、3〜4kg落ちますよ。


ぜひ、お試しください。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング