回答お願いします。

建設の個人事業主です。
仕事中に駐車禁止の紙をはられました。元請から借りていたトラックだったので、売掛金から相殺となりました。
売上時、
売掛金300000 売上300000

入金時、
預金282000 売掛金300000
車両運搬具? 18000

の仕訳でしょうか?

また相殺する。とよくありますが年収に影響はありますか? 相殺するから売上が減るわけではないですよね?

乱文ですいませんが回答お願いします。

質問者からの補足コメント

  • 駐禁の請求書、領収書はもらっていません。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/12/10 12:19

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

元受け業者の対応により変わります。


1、交通反則金の領収書をあなたに送付してくる場合。
 現金 282,000 / 売掛金 300,000
 事業主貸 18,000

2、交通反則金を元受けが支払ったが、領収書があなたの手元にこない場合。
 預金 282,000円 / 売掛金  300,000
 雑損失(あるいは交際費か) 18,000






1の仕訳は「交通反則金をあなたが負担した」ということになります。
 現金  300,000  / 売掛金  300,000
 交通反則金  18,000  / 現金    18,000
 上記の仕分けの現金を相殺するとともに、交通反則金を経費から外すために勘定科目を事業主貸にしますと、上記「1」の仕分けになります。
 わかりやすくするために「現金預金」でなく「現金」にしてます。

2は、元受けが交通反則金を支払い、その領収書をもって元受けが会計処理するケースです。
 元受けは交通反則金の支払いを、個人なら事業主貸、法人なら交通反則金として処理をします(※)。
 ここで元受けは、18、000円の損失が発生しますので、次の二者選択をすることになります。
 ひとつは「元受けが交通反則金を負担してしまう」。
  つまり支払いすべき買掛金(質問者から見た売掛金)と相殺しないで、全額支払う。
  これは「も~しょうがねぇな。下請けの責任だとすると、今後仕事を受けてくれなくなっちまうといけないから、うちで負担するわ」と元受けで負担するケースもあるからです。


 もうひとつは、その損害を原因を作った下請けであるあなたに請求をする。
 元受けにとっては、交通反則金を支払う羽目になった原因を作った下請けに対して「損害賠償」を請求するわけです。
 文書でも電話でもいいでしょうが「交通反則金相当額の損害賠償を請求する」と下請けが請求されます。
元受けにとっては「買掛金30万円」と「損賠賠償請求額18,000円」が同時に存在しますので、買掛金30万円から損害賠償請求金額18、000円を相殺して支払うこになります。

交通反則金相当額の損害賠償をするかどうかが分かれ目になろうかと。
仮に下請けが「交通反則金などは、元受けの責任なのだから、うちは知ったことではない」と争うケースも考えられるわけですから、「下請けが支払うべき交通反則金」と決めつけてしまって、交通反則金相当額について事業主貸勘定で処理をする必要はなかろうと存じます。

 損賠賠償の請求をされて支払ったお金は交通反則金を支払ったことにはならないと私は解釈しますので、「2」のケースで売掛金と相殺された18,000円は雑損失、あるいは元受けとのこれからの付き合いを維持するための交際費と考えます。
 交通反則金を支払うように請求されたのは「元受け」なのですから、元受けが負担すべきものです。
元受けがそれを支払えば経費になりません(法人なら損金不算入)。
 それとは別に「お前のせいで18,000円余分に支払いしなくてはならなかったから、損害を賠償しろ」と請求され、その支払いに応じたとしても、それは交通反則金を支払ったのではなく「相手の経済的損失を補った」にすぎないと考えるからです。

※法人でも交通反則金は経費になりません。申告書作成時に申告書別表4という様式にて「交通反則金の損金不算入」という処理をします。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答頂きありがとうございます。

お礼日時:2015/12/11 07:51

#2です。

訂正します。
#1の言われているとおり、反則金は経費にならないので事業主貸で整理してください。
    • good
    • 0

車両運搬具は固定資産なので正しくない。

雑損失(あるいは車両費、雑費など)にしましょう。

いずれの経費科目でも税務署には叱られません。あくまでも一貫して同じ仕訳で通すことが肝心です。

>また相殺する。とよくありますが年収に影響はありますか?
●影響有りません。

>相殺するから売上が減るわけではないですよね?
●はい、そうです。
相殺は期限の到来した売上げと支払とを同じ時期に差し引きするだけのこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
事業主貸で仕訳します。

お礼日時:2015/12/03 21:53

>車両運搬具? 18000 …



違います。
「事業主貸」です。

罰金、科料、過料などは経費になりません。
反則金も同じです。

(3ページ、「租税公課」の項)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>とよくありますが年収に影響はありますか…

年収ってなんですか。
サラリーマンでなければ、あまり使わない言葉ですよ。

個人事業者の指標としては、「売上」、「粗利」、「純利益」などいくつかありますが、いずれも「事業主貸」を引く前、「事業主借」は足す前の数字ですから、関係ありません。

>相殺するから売上が減るわけではないですよね…

減りません。
増えるのは「事業主貸」イコール生活費であって、減るのは1ヶ月生活して残る余裕資金だけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。事業主貸で仕訳したいと思います。

お礼日時:2015/12/03 21:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q買掛金や売掛金の相殺について

青色申告初心者です。
基本的な事を質問するようですがどなたかご教示下さい。

売掛金と買掛金の借方貸方金額が合わないことに気付きました。
よくよく考えてみると昨年の12月に掛けで仕入れたものは
翌月の支払いになるので今年の1月に支払っている分があった為です。
売掛金もこれ同様のしくみで借方と貸方の金額にズレが生じたようなのですが
このような年末から翌年の繰越の売掛買掛はどう処理するべきなのですか?

回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>12月に掛けで仕入れたものは翌月の支払いになるので今年の1月に…
>借方と貸方の金額にズレが生じたようなのですが…

ズレなどでなく、正当なことです。

・12/20 【買掛金 100円/仕入 100円】
・12/31・・・買掛金が 100円残っている
・1/10 【買掛金 円/現金 (or 普通預金) 100円】
・支払ったので買掛金が 0 になった

>年末から翌年の繰越の売掛買掛はどう処理するべきなのですか…

相殺などしてはいけません。
大晦日現在で未入金、未払いのものはそれぞれそのとおりに、貸借対照表に表現しないといけません。

>売掛金と買掛金の借方貸方金額が合わないことに…

もともと同じ数字になるものでありません。

Q売掛金に対して売上をまとめて記載する方法について

私は青色申告をして今年からクラウド会計ソフトを使って複式簿記で記載していますが、私のしているネットビジネスでは複数の会社と取引きをしていますが、どの会社も毎月月末に売上が確定し、数日~1ヶ月後に振り込まれます。

本来は1社ごとに売掛金と売上を書かないといけないようですが、日付が同じなので、下のように月末にまとめて売掛金を書いてもいいのでしょうか?

1/31 借方    /貸方    摘要 
   売掛金6,000/売上3,000 会社Aの確定報酬
          売上2,000 会社Bの確定報酬
          売上1,000 会社Cの確定報酬

なお、下の通り、振り込みは分けて書いています。

2/15 借方    /貸方     摘要
   預金 3,000/売掛金3,000 会社Aから入金

2/22 借方    /貸方     摘要
   預金 2,000/売掛金2,000 会社Bから入金

2/28 借方    /貸方     摘要
   預金 1,000/売掛金1,000 会社Cから入金

私は青色申告をして今年からクラウド会計ソフトを使って複式簿記で記載していますが、私のしているネットビジネスでは複数の会社と取引きをしていますが、どの会社も毎月月末に売上が確定し、数日~1ヶ月後に振り込まれます。

本来は1社ごとに売掛金と売上を書かないといけないようですが、日付が同じなので、下のように月末にまとめて売掛金を書いてもいいのでしょうか?

1/31 借方    /貸方    摘要 
   売掛金6,000/売上3,000 会社Aの確定報酬
          売上2,000 会社Bの...続きを読む

Aベストアンサー

念のため、クラウド会計ソフトでしたら、決算書を表示・印刷なさるときは、仕訳ごとの(各社の)売掛金残高を合計し「売掛金」に一本化されたデータになっていることと思います。

この場合、仕訳段階でも会社別に売掛金を分けなくて差し支えありません。


もちろん、管理上必要かどうかをご検討なさり、必要と判断して会社別に売掛金を分けても、差し支えありません。

ただそれは、管理会計の話であって、税務会計などの制度会計に適用されうる明瞭性の原則が無関係であることには変わりありません。言い換えれば、会社別に売掛金を分けなくても税務会計などには何ら違反せず、この点についてはご質問者さんは気にしなくて大丈夫です。

Q個人事業主が廃業する時の売掛金と未払金の処理について

青色申告の個人事業主が廃業する場合の仕訳について教えてください。

例えば、今年12月に廃業して翌1月から専業主婦になる場合の話です。
来年以降は収入がなく、確定申告は今年分が最後とお考えください。

12月の売掛金の回収が翌1月、12月の経費の未払金の支払いも翌1月になった場合、
1月まで帳簿付けすることになるのでしょうか?
でも、1月まで帳簿付けしても、申告書や青色決算書には反映されませんよね。

かといって、12月までしか帳簿付けをしないとなると、
記録上は売掛未回収、経費未払いの状態で終わりますよね。
それでいいのでしょうか。

Aベストアンサー

>来年以降は収入がなく、確定申告は今年分が最後…

大晦日付で、廃業届
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
と青色申告取りやめ書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/23200008.htm
を提出するという意味ですね。

>1月まで帳簿付けすることになるのでしょうか…

確定申告のため、ということなら必要ありません。

自分の覚えのためなら、入金も出金もすべて完了するまできちんと記帳しておかないと、取りはぐれて損したり、払い忘れで何ヶ月も過ぎてから催促されたりしますのでね。

>記録上は売掛未回収、経費未払いの状態で終わりますよね…

青色申告の帳簿とは、実態をありのままに記録することです。
廃業届の日現在で、負債が残ったままなら残ったように、資産についても同じく正直に記帳しておきます。

Qリベートの引当金(売上割戻引当金?)

例えば期末までに120購入していただけた場合には10%の12を割り戻します。という契約があるとした場合に、毎月割戻の額を引き当てることは可能でしょうか?

4月に10売上がたったとします。この時点では最終的に目標額の120が達成されるかどうか読めませんが、4月に売上割戻引当金繰入として売上の-1を入れてしまっても構いませんか?

税務上は債務が確定するまでは損金には入れられないと理解しています。

Aベストアンサー

財務会計と管理会計とで結論が異なります。管理会計として月次計上をなさりたいのでしたら、できます。

財務会計、すなわち外部向けの会計では、計上できません。財務会計では、当期末に発生する見込の売上割戻に対する引当金の計上をすることができないためです。当期の売上が貸し倒れた場合に貸倒引当金を使えないのと同じ理屈です。

他方、管理会計、すなわち内部向けの会計では、計上して差し支えありません。管理会計では自由な会計処理が認められているためです。

したがって、管理会計として月次計上をなさりたいのでしたら、計上できます。

Q経理仕分 仮受け金から売上金に。

お世話になります。
以下仕分けで困っています。わかる方ご回答お願い致します。

・不動産管理
・借主から賃料を弊社あてに送金
・管理手数料1万円を引いて大家へ送金

100万円 仮受金 / 普通預金 100万円

1万円 仮受金/売上金 1万円
1万円 現金/普通預金 1万円

通帳に振り込まれた(家賃)仮受金から弊社売上金にして、
通帳から現金取り出しという流れですが、上記の感じであってるのか間違ってるのかわからなくなりました。

Aベストアンサー

店子から入金された家賃から管理手数料を受け取った差額を大家さんに渡すわけです。

入金時

普通預金  9999  / 借受金  9999

管理手数料(売上)の計上時

仮受金    999 / 売上  999

大家さんに受け取った家賃の支払いをするとき

仮受金   9000 / 現金 9000

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報