昨日高校の生物の資料集を見ていたのですが、ちょっと興味を引かれるものを見つけました。
ミトコンドリアの内膜の内側が「マトリックス」と示してあったのです。
その資料集にはマトリックスという名前以外の情報は書いてなかったので余計に気になります・・・
あの映画「マトリックス」と何か関係があるんでしょうか??
ミトコンドリアのマトリックスってどういう構造をしているんでしょうか???
お願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ミトコンドリアは,細胞内の発電所(エネルギー発生器官)です。



揚水発電というものをご存じでしょうか。上部調整池へ水を汲み上げておき,電気の消費の多い昼間に上部調整池の水を下部調整池に落として発電する方式です。(参考URLをご覧ください。)
http://www.hepco.co.jp/kyougoku_ps/02.html

ミトコンドリアも同じことをしています。マトリックス内のH+を,クリステの膜間スペースに汲み出しています。そのH+をクリステ内に流入させて,プロトンポンプというものを逆回転させて,ミトコンドリアは発電しています。
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/2308/sub2- …

揚水発電は,上部調節池と下部調節池をダムが仕切っていますが,ミトコンドリアはクリステの膜がその役を果たします。

映画は見たことがありませんが,2つの世界が存在するようですね。どちらが「マトリックス」で,どちらが「膜間スペース」か分かりませんが…クリステを抜けると別な世界という設定のようです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Beautycare/2308/sub2- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ミトコンドリアと揚水発電は同じなんですか!
ちと難しいけどなんとなく分りました。
しかし映画マトリックスとの関係はあんま分んないですね~w
実際あんま関係なかったりして・・・!?
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/02 21:54

>しかし映画マトリックスとの関係はあんま分んないですね~w


マトリックスとは、「行列」という意味で、しばしばコンピューターグラフィックスで3Dを表現する際の計算に利用します。
(この分野の場合、マトリクスというカタカナ表記のほうが一般的です)

図形(人間や建物もコンピュータの世界では図形です)の回転や拡大縮小にはかかせない存在で、マトリクスには、数字が格納されており、マトリクス同士を足したり、掛けたりすることで図形を変形させます。
映画マトリックスの場合、主人公が、緑色の文字に直接触って操作するような場面もあることから、このマトリクスのことをさしていると思います。

3Dのコンピューターゲームは、マトリックスを多用しています。
それを発展させて、コンピュータが支配する世界を表現した映画なのではないかと思います。
映画マトリックスの世界は、コンピュータが支配しているため、演算にマトリクスを多用していると思います。したがって映画の主人公のように直接、コンピュータコードを触れるのであれば、視覚的な部分に他ならず操作形などにも影響を与えることが出来るでしょう。

実際、3D系のプログラムを書く際などに、変数にmat4x4 や matrix などという変数名を使うことがあります。

以下のサイトでは4x4のマトリクスを使って図形を操作する例があげられています。
参考
http://www.ceres.dti.ne.jp/~ykuroda/oyaj/bone/ba …
    • good
    • 0

DVD「マトリックス」を購入された方のカスタマーレビューに興味深い事が書いてありました。


参考になると思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008I …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
「生体によるエネルギー工場」ですか・・・
映画マトリックスにこの名前が付いた理由がいまいち分んないっすねぇ~^^;
確か映画上ではあの緑のゴニョゴニョしたのがマトリックスって名前だったような?
まだ疑問は残りますねぇ・・・
どうもありがとうございました!

お礼日時:2004/07/02 21:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QアセチルCoAからマロニルCoAになる反応はどこで行われていますか?例 ミトコンドリアマトリックス、

アセチルCoAからマロニルCoAになる反応はどこで行われていますか?例 ミトコンドリアマトリックス、細胞質等。

Aベストアンサー

脂肪酸の生合成は細胞質で行われる。

アセチル-CoAを直接利用するのではなく,一旦,マロニル-CoAがつくられ,CO2を放出してアセチル基が脂肪酸の鎖に転移する。

CO2はマロニル-CoAの合成に再利用される。

Q生物・化学の資料集・事典など、オススメのものを教えてください。

現在、高校1年なのですが、学校で行った実験や観察のレポートを書く際、教科書・学校で配布された図録に載っていない薬品や反応が出てきて、対応に困っています。

今、悩んでいるのは、「タマネギの鱗片の観察」で出てきた「メチルバイオレット」という染色液、
どこの部位を染色するか?や、何に反応するか?などが知りたいです。

化学と生物どちらなのかよくわからないのですが…

資料集や図録、事典などで、
・写真が多く、反応ごとに化学式などが詳しく載っているもの
・薬品ごとに解説が載っているもの
・索引がついているもの
・私大附属なので、大学受験用ではないもの
が理想です。

高校生でも納得できそうなものであれば、高校生用でなくてもでいいので、オススメのものを教えてください。

Aベストアンサー

写真は少ないですが「生化学辞典」が定番ですかね。
東京化学同人から出ています。
そのまま大学生になって専門に進むつもりなら今買っても損はないでしょう。少しお高いですが。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4807904809.html

Q生物問題集

生物IB・(2)のオススメな問題集、または参考書があったら教えてください。
大学受験(薬学部)を考えています。
勉強法のアドバイスなどもありましたらお願いします。

Aベストアンサー

 生物の勉強方法について私なりの意見を言わせてください。
 まず、生物の学習を何ステージかに分けて話を進めます。そのほうが分かりやすいと思いますので。
 1:基礎力養成期:生物で一番入試に直結している参考書は実は教科書なんです。三省堂から出版されている教科書は数ある教科書の中でもいいとよく聞きますが、別に三省堂にこだわらなくてもかまいません。ですが、教科書は生物の受験ではとにかく最高の武器となります。なので、教科書の内容を完璧にまずは理解し、暗記することが求められます。そしたら、その確認として私は第一学習者が出版しているセミナー生物をお使いになることをお勧めします。セミナーシリーズは好評ですが、本屋の店頭にはあまり置いていないと思いますので、学校の先生に相談するなどして購入されるとよいでしょう。教科書の内容を完璧に暗記しているかはこの問題集を解くことによって試されます。この問題集を一冊仕上げれば、入試で標準と呼ばれている問題は一通り解けるレベルにはなると思います。あと、生物の学習で図説は必ず用意しましょう。生物の学習において図説の果たす役割はとても大きいです。視覚的な理解もできますし、結構図説に載っている実験がそのまま試験に出ることもあります。なので、図説は必ず、買いましょう。私は個人的に数研出版が出版しているフォトサイエンスを購入されることをお勧めします。数ある図説の中でも、これが一番コンパクトにまとまっていると思うからです。
 2:実力養成期 さて、一番で基礎的な実力はもうつけられたと思いますから、今度は実践的な問題に数多く当たって力をつけていきましょう。ここからは、私大を受けるか、国立を受けるかで話はずいぶん異なってきます。たいていの場合、国立大学の生物の入試では記述が大きな割合を占めます。この対策として記述問題集を一冊購入して解くという方法もありますが、実際ここまでやる必要はないと思います。(もちろんやって損はないと思いますが)そんなときは、河合塾が出版している入試精選問題集を解くとよいでしょう。これは非常に良問が揃っており、実践力をつけるには非常に有効です。基礎に自信がないと思ったらセミナーをもう一度といて知識の定着を図り、受験まで何度も確認していくという方法をとられてもよいでしょう。また一方で私大を受けるにしても、たいての場合基礎的なことしか聞かれませんから、セミナーをやり直すことはとても有効だと思います。教科書の内容、セミナーを完璧に理解していれば、まず私大は大丈夫です。不安があったら、入試精選問題集をとくこともよいでしょうが、結構難しい問題も入っており、私大を受けるのにこのレベルは、、、、という問題もあります。その様な問題集ですから、基礎に自信がない場合は、最後まで教科書とセミナーを完璧に理解し暗記するだけでも十分だと思います。
 後、模試は必ず受験してください。今の実力が全体の中でどの辺に位置しているかを見ることは重要です。
 最後になりましたが、蛇足ですが、生物はそんなに時間をかけて勉強する必要はありません。生物に多く時間を割くよりかは英数の勉強に多くの時間を割いたほうが賢いと思います。
 それではまたもし何か疑問がありましたら私の分かる範囲でお答えしていきたいと思います。どんな些細なことでもかまいませんので。がんばってください。

 生物の勉強方法について私なりの意見を言わせてください。
 まず、生物の学習を何ステージかに分けて話を進めます。そのほうが分かりやすいと思いますので。
 1:基礎力養成期:生物で一番入試に直結している参考書は実は教科書なんです。三省堂から出版されている教科書は数ある教科書の中でもいいとよく聞きますが、別に三省堂にこだわらなくてもかまいません。ですが、教科書は生物の受験ではとにかく最高の武器となります。なので、教科書の内容を完璧にまずは理解し、暗記することが求められます。そし...続きを読む

QミトコンドリアDNAと日本人の起源

こんにちは
先日のとある番組で、すべての人間はイブから始まったという
趣旨の番組がありました。その中で、日本人にはDNA上
(確か)9つの母体に分類されるという話があり、司会者の
久米宏さん渡辺満里奈さんの出身地域が紹介されていました。

さて質問ですが、話の真意はともかくとして、同じように
私のDNAを採取してくれて、起源を調べてくれるような
会社もしくは研究機関はあるのでしょうか?

個人的には1万円ぐらいだったら、一度調べてもらいたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

番組は見てないのですが、その元になった本『イヴの七人の娘たち』は読みました。

出版元のサイトに申し込み方法があります。アメリカの研究機関ですが、日本語の検査キットを送ってもらえます。料金は2万5千円だそうです。

詳しくは下記参照してください。

http://www.sonymagazines.jp/mmt/200111080700.html

参考URL:http://www.sonymagazines.jp/mmt/200111080700.html

Q古生物学?生物地理学? 

「trans-Arctic interchange」って何??昔に起きたことらしいっていうことしか分かりません。直訳しても…誰か助けて。 

Aベストアンサー

300万年ほど前(鮮新世)に北太平洋の寒冷水域に生息していた生物が大量に大西洋側に流入したことのようです。古生物学的に非常に意味があるようですね。下のサイトを参考にしました。

参考URL:http://www.nfb.org/bm/bm88/brlm8801.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報