ツバル国へ行って見たいと思うのですが、殆ど情報が在りません、どなたか知っていることが有りましたら、どんなことでもいいですから、教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あとで他の誰か回答してくれることでしょう。


僕は昔サミットがあった時、小学校の遠足で箱根に行って、恩賜公園で偶然そこの大統領に会いました。
その程度の経験者で……
その時ツバルがどんな国か、というのを調べた記憶があるのですが、とりあえず大平洋に浮かぶ小さな島国で、首都フナフチ。
それしか覚えていません。
とりあえず、参考URLでも見て、参考にして下さい。

参考URL:http://www.sakai-city.ne.jp/~sakiyama/sub3.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました

お礼日時:2001/06/16 22:43

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#1に紹介したサイトも参考にしてください。

さらにTOPページで「ツバル」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=83405
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました

お礼日時:2001/06/16 22:42

 ツバルに関することと言えば、ツバルは2000年9月5日に、ツバル国の国識別アドレス「.tv」の使用権を米国・カリフォルニアのベンチャー企業dotTV社に売却した利権を元に189番目の国家として国連加盟を果たし、dotTV社は、アドレスが「tv」で終わるドメインを売却することで利益を上げる予定である、というのがニュースになりました。

それによると、dotTV社は「.tv」使用権を10年間に渡って合計5,000万ドル支払う契約をツバル国と交わしたが、ツバル国はこの資源を元に国連の年会費を支払うことができるようになったため、国連加盟を果たしたということです。さらに、ツバル国では現在すでに支払われている1,800万ドルを使って社会的インフラの整備、道路の修復、電気、医療従事者の確保、インターネット接続や国際奨学金や教育の充実を目指すとしています。
 その他、簡単にツバルのことでと言うと、地球温暖化の影響で年々海抜が低くなり、将来国が海中に沈んでしまうのではないかといった懸念がされています。ツバルの最高海抜は約4mと言われており、この問題はツバルに限らず、キリバスやモルジブといった南太平洋やインド洋に浮かぶ島嶼国において深刻な状況をもたらしています。
 また、ツバルは中華民国(台湾)が国交を有している28カ国中の1カ国です。
 旅行にはあまり関係のない話題ですが、とりあえずこんなところで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました

お礼日時:2001/06/16 22:43

トップページから入った方がいいですね。


「ガイドブック」も発売されています。

参考URL:http://www.j-kiribati.gr.jp//sub2.tuvalu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
zebra

お礼日時:2001/06/16 22:39

概要データが参考URLのページにまとめられています。



参考URL:http://www.j-kiribati.gr.jp/sub2.tuvalu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました

お礼日時:2001/06/16 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツバルの水没は本当に海面上昇のせい?

ツバルが地球温暖化による海面上昇のため、水没の危機にさらされているそうですね。
ツバルが水没の危機にさらされているのは事実だろうと思いますが、その原因が、ツバル自身の地盤沈下ではなく、地球温暖化による海面上昇である、という証拠はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

専門家ではありませんが私も気になったのでネットで検索してみました。
南西太平洋の海面上昇に関してはオーストラリアが最もよく調べているようです。
SPSLCMPはツバルやフィジーなど12の島々で14年ほどに渡って精密な海面上昇を
調べており、この期間の平均的傾向に限ればすべての観測点で海面上昇が見られます。
2006年の報告ではツバルに関しては平均で5.8mm/yrです。
(その他、フィジーで2.7mm/yr, トンガで8.1mm/yrなど。)
これは局所的な土地の上昇・沈降による影響と大気圧から予測される影響を除いた結果です。

問題の島自体の上昇・沈降ですがツバルではGPSで測定されはじめてまだ3年ほどのようです。
この間の傾向は-0.2mm/yrですがこれには±0.7mm/yrもの誤差(標準偏差)があります。
(フィジーで+2.9mm/yr、トンガで+1.8mm/yr、プラスが観測点の上昇)

詳しくは存じませんが、海面上昇や土地の動きの測定をmm単位で明らかにすることは
それ程たやすいものでないのだと想像します。
日本でも電子基準点が整備されておそらくまだ10年ほどです。
報告ではこの期間は全体の傾向を知るには短すぎることを強調しています。

当然ながら海面上昇はいろいろな比較的短期の影響を受けます。
東太平洋で大きなエルニーニョのあった1997~8年ごろは、各地で逆に比較的大きな
海面低下がみられています。その他、大気圧や海水温、海流などの長期変化も結果に影響します。

よけいなことですが、伝えられる情報を鵜呑みにせず、他の可能性が考えられないか、
常に考えておくことは科学では重要なことで、質問のような疑問をもつことは素晴らしいことです。
しかし希望的観測や利害関係から安易に回答を恣意的に選択するのは逆に危険です。
マスコミのセンセーショナリズムはどちらの立場にとっても安易な回答に飛びつく傾向があるように思います。
我々非専門家のレベルでは、信頼できるデータそのものが常に手に入るわけではないので、
論者やマスコミのこうした背景を見抜く努力も必要でしょう。
もちろん、その土地の人々にとっては、原因はともかく相対的な海面上昇自体が緊急の問題であり、
我々がどう対処すべきかが問われていることに変わりはありません。

参考URL:http://www.ga.gov.au/geodesy/slm/spslcmp/

専門家ではありませんが私も気になったのでネットで検索してみました。
南西太平洋の海面上昇に関してはオーストラリアが最もよく調べているようです。
SPSLCMPはツバルやフィジーなど12の島々で14年ほどに渡って精密な海面上昇を
調べており、この期間の平均的傾向に限ればすべての観測点で海面上昇が見られます。
2006年の報告ではツバルに関しては平均で5.8mm/yrです。
(その他、フィジーで2.7mm/yr, トンガで8.1mm/yrなど。)
これは局所的な土地の上昇・沈降による影響と大気圧から予測される影響を除...続きを読む

Qチェコ共和国ってどんな国?

チェコ共和国にすごく興味があります。行ってみたいのですが、どんな国なのか詳しく知っている人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

2月にチェコに行ってきました。
ヨーロッパを周遊してきたのですが、その中でもまた訪れたい国No.1です!

街並みは中世の面影を残し、美しく、情緒があります。
最近は観光地化が著しいようですが、旧共産圏の国の名残もまだまだあり、
東欧の"暗さ"も感じられます。
名物のマリオネット(人形劇)は、言葉で表現できなかった時代に発展したものだそうです。
実際見に行きましたが、技術の素晴らしさにビックリしました。

見所も、首都プラハを始めとしていっぱいあります。
私はナチス占領時代のユダヤ人強制収容所跡地を見学に行きました。
チェコには歴史、音楽、芸術 全てが揃っていると思います。

あと忘れてならないのが物価の安さ!
パンが1個2円で買えました、、、チーズ・ハム類も美味しかったです。
一流レストランに行ってもリーズナルブルに豪華なものが頂けます。

おすすめですよ!
是非歴史を勉強して、チェコを訪れてみてください。

Q地球温暖化、海面上昇の本

こんばんは。今地球温暖化、中でも海面上昇について興味を持って調べているのですが、その事を考えるにあたって現状や将来の展望などを詳しく述べている本はありませんか?
ツバルや南太平洋の島々について特に詳しく書いてあるのを探しています。
近くにあまり大きい本屋がないので、できるだけメジャーな(?)ものだとなお助かります。 
難しい質問ですが、ご存知の方がおられましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今晩は。
 参考URLで、地球温暖化を検索すると非常に数が多いので中止して、海面上昇でやり直すと20件ほどがヒットします。この中から内容解説を読んで、良さそうなものだけ選んでみました。書名ほか差し当たり必要な書誌だけ記しておきますから、あとは御自分で確認して下さい。
 尚、あまりにも専門的らしい物、データが物を言う分野ですので5年以上前のもの、在庫の無い物は省略しました。

・モルジブが沈む日  日本放送出版協会 2002/08刊行 2500円
           ボブ・ライス、東江一紀 著
・海面上昇とアジアの海岸  これはかなり専門的なようです。
・新・南北問題       こちらは経済的な面に重点を置いている模様。

参考URL:https://www.honya-town.co.jp/yurindo/index.html

Qどの国にでも売っていて、かつその国であることが明確に判る土産ってなんでしょう?

こんにちは。
海外旅行好きの友人がいるのですが、その友人は行った国の証としてショットグラス(というのでしょうか?掌にすっぽり入るような可愛いグラスです)を集めておりました。
曰く「大抵の国で売ってるし、かさばらないから」とか。確かに大体国の名前が書いてあり、カラフルで、並べてみるととても可愛いです。

前置きが長くなりましたが、私もこの友人のようなコレクションをやってみたいです。ただ、どうも適当な土産が思いつきません。

どの国にでも売っていて、かつその国であることが明確に判る土産というのには何があるでしょうね?知恵を貸していただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは♪

私も他の方がおっしゃっている「マグネット」を集めてます。
冷蔵庫の片面にずら~っと並べてます。
本当にどこにでもあるし(イースター島でモアイのマグネットを買いました!)かさばらないし、価格も高くない。
カラフルなものも多いので見ていて楽しいのでついつい買ってしまいます。

アメリカに住んでいたころは「スプーン」「ゆびぬき」を集めてました。
専用のラックも売っているのでそれに飾ってました。

近頃自分がはまっているのはスターバックスの「タンブラー」です。
飲み物を入れるカップなのですが、ご当地タンブラーをおいてあるところでは買うようにしています。
かなりかさばりますが、デザインが統一されているので並べておいてもきれいです。
今まで「京都」「名古屋」「広島」「六本木ヒルズ」「蘇州(中国)」「上海」と集めました。
たまにそれを使っては、旅行中にスタバでゆっくりコーヒーを飲みながら現地の空気にひたっていたときのことを思い出してます。

ご自分にぴったりなグッズが見つかるといいですね♪

Q第四紀の海面上昇

第四紀,特に50万年前~最終氷期における海面上昇に関する論文を探していますが,なかなか見つかりません.

特に知りたい情報は,海面上昇が起きた場合,大阪平野はどの辺りまで水没したか,ということです.
ドンピシャな文献があればベストですが,なかなかそんな都合が良いものはないと思いますので,50万年前~最終氷期において

「いつ・現在から見て何m上昇したか」

ということについて述べている文献があればご教授下さい.
推測される海岸線図があれば歓迎です.

縄文海進などの最終氷期以降の海面上昇に関する情報は不要です.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

>特に50万年前~最終氷期における海面上昇
>海面上昇が起きた場合,大阪平野はどの辺りまで水没したか
いえ、その間のほとんどは、今より海面低下しています。
35万年前までなら以下のとおり。
http://www.jaea.go.jp/04/tisou/2ji_torimatome/bunsatu1_pdf/02-06.pdf
また、「海水準変動」で引くと、Wikipediaに70万年前までのと5億年前までのグラフが載っています。

Qニュージーランドってどんな国?

面積は日本の4分の3で南半球にある国。四季があり…というのではなく旅行にいかれた方、住んでおられる方、肌で感じた「ニュージーランド」を教えてください!(ちなみに私は旅行に行く気はないです。住もうと考えています。)
お願いします。

Aベストアンサー

ワーホリで一年住んでました。
まず人は、働かない、いいかげん、のんびり、日本人のように裏表があるといった印象です。アメリカ人のようにからっとしていません。シャイな感じの人が多いです。まあ、基本的にはいい人が多いですが。イギリスからの移民が多く、フランス、オランダ、ドイツ、現住のマオリ、いろんな人がいます。
物価は安く、月に込み込み5万円程度で暮らせます。果物、野菜、肉、何でも安くておいしいです。
自国の産業が少なく、農、畜産業と観光の国です。金儲けは出来ません。ただ食っていくだけなら、OK。バイトなり、エクスチェンジなり出来ます。
自然は豊富で、すばらしいです。国が管理し、景観の保護はすばらしいです。(日本の観光地のように、湖に白鳥のボートが浮いていたり、飲食物やお土産の看板やのぼりなどはありません。)
住むなら、人との出会いで当たり外れがあるようです。私は運良く良い人に恵まれましたが、ひどい目にあって逃げてきた人の話しも良く聞きます。特にファームでは。
旅行するならこんなにも旅行しやすい国は無いと思います。日本からのツアーで行くのは、金をどぶに捨てるような物です。レンタカーかバスで、バックパッカーという安宿を回れば、定住しているのとほとんど変わらない費用で旅行できます。また、世界各国からそのような旅行者が来ているので、友達もたくさん出来ます。
英語はオーストラリアほどではないですが、なまっています。また、アメリカ英語(日本人が習う英語)ではなく、イギリス英語なので、発音や単語、スペルも若干違います。基本的にはアメリカ英語も通じますが、いやな顔をする人もいます。
治安は、悪くないけどよくもないといったところです。銃は基本的にもってませんが、マリファナやシンナーを吸ってラリッているいい大人は結構います。
日本人がかなり多いので、英語の勉強などと考えているなら、日本人のいないような田舎に行かないと、上達の見込みはありません。ただのんびりとしたいというなら、大きな町のほうが楽しいです。
とにかく、楽しもうと思えば、どんな形でも楽しめる国だと思いますので、楽しんできてください。あまり長くいると、日本での社会復帰が不安になるかもしれませんが。

ワーホリで一年住んでました。
まず人は、働かない、いいかげん、のんびり、日本人のように裏表があるといった印象です。アメリカ人のようにからっとしていません。シャイな感じの人が多いです。まあ、基本的にはいい人が多いですが。イギリスからの移民が多く、フランス、オランダ、ドイツ、現住のマオリ、いろんな人がいます。
物価は安く、月に込み込み5万円程度で暮らせます。果物、野菜、肉、何でも安くておいしいです。
自国の産業が少なく、農、畜産業と観光の国です。金儲けは出来ません。ただ食ってい...続きを読む

QWBSでアホが「アメリカの島が温暖化の影響で海面上昇し水没の危機にある」とか言ってた。

そういえば、南太平洋のキリバスとかいう島も沈んでいるそうやね。
でもなんで温暖化と結びつけるかね?
温暖化して海面上昇してるのなら世界中で同じ現象が起こるよね。
その二つの島にだけ海面上昇が起こるわけない。
物理の知識が小学生レベルにも達してないみたい。
あれは海面上昇のせいやない。
ただの沈下。
地球上のすべての陸地はいたるところで隆起と沈下を繰り返している。
上がるところもあれば沈むところもあるということ。
なんでそんな簡単なことも理解できないのかね。
テレビ局の人はそんなにアホばっかりなんかね?

Aベストアンサー

補足すると、地球上の水量(海面)は大して増えていないのです。
全体が決まっていて、それが蒸発→降水→地下水(または川)→海の循環をしています。

なので雨が沢山降っても海面は上昇しません。

また、地球は完全な球体ではなく、若干楕円なので、月の重力で干潮満潮が生じます。
地球は太陽風にさらされて、太陽に近い赤道上がもっとも温められ、極点に近くなるほど放射線が弱いので冷やされます。
これに伴い海流が世界規模で起きます。
これで「波」が形成されます。
川の波は高低差の流れで起きます。
これに官庁満潮の影響で、膨張の兼ね合いで高低差がある場所では30m近くあるところがあります。
日本でも大抵1m前後あります。

なので、海抜0m以下の地域は満潮時に浸水します。
割と日本は防波堤で守られているのです。

東日本大震災で、太平洋側の海岸線が5m東で移動したので、多くの浜が失われました。
砂が波で持ってかれたのではなく、海へ移動した分沈降したのです。

そもそも日本の平野部はほとんどが海面下でした。
愛知県などの地名を見てもそれは分かると思います。
また、四国、中国、九州はそもそも海でした。
火山活動で島が形成されたのです。
縄文時代までは、今より60cm程度海面が上昇していたそうです。
なので縄文人は山に住んでいました。
弥生人が平野に住みだしたのは、海面が沈んだからです。

これは海が減ったのではなく、極移動が起きたからです。

そもそも日本は白亜紀まで熱帯だったようです。
極点はたびたび移動し、それに伴って水が移動します。
なぜ極点が移動するのか?
それはプレート活動で陸地が移動するからです。
比重が変われば極点も変わるのです。

そうした地球規模の陸地の変動で極点は動くので、いつまでも永遠に極点が移動しないわけではありません。

シベリアだって、元は温暖な気候だったのです。

インドは昔は島でしたし、インドシナ諸島は昔は大陸でした。

地中海も昔はただの渓谷で、ジブラルタル海峡は海ではありませんでした。

このように、地球の島や大陸が沈むのは、温暖化ではなく、地球の生命活動によるものです。

また、太陽風が弱くなると、地球は寒冷化し、併せて植物の減少などで二酸化炭素が減少すると、全球凍結となり、生物の絶滅が加速します。

現在地球上もっとも二酸化炭素量が少ないので、今後は5回目の大規模氷河期に至る間氷期に過ぎません。

その時に、二酸化炭素増やせと叫んでも遅いのです。

規制すべきは煙であって、二酸化炭素ではないのです。

難しいですね、
そもそも生物は二酸化炭素を消費するようにできたのに、それを食う生物が酸素を消費するように作られました。

でも人や動物がこんだけ二酸化炭素排出しても、地球の二酸化炭素は減る一方なのです。
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/taikitokaiyonorekishi.htm#二酸化炭素

表をご覧ください。
古生代の石炭紀に突如酸素は発生していると取れます。
そうです、この時に植物の大発生が起きます。
石炭紀と名前が付いてるのは、現在の石炭や石油の主成分がこれらの死骸が変化したものです。
石炭紀の終わりに、植物の絶滅気が一度あり、多くが死滅しました。

三畳紀からジュラ紀に掛けて、二酸化炭素量が肥大します。
植物も恐竜も大型化しました。
古生代に起こった全球凍結も明け、地球はしばらく温暖化しました。
この時代は極点ですら氷結していなかったのです。

この時期に、地球のプレートテクニクスが活発化し、今まで北半球のローラシア大陸、南半球のゴンドワナ大陸しか存在しなかった陸地が分裂し、現在のようにばらけたのです。

南半球の極点に南極大陸が移動して、氷結し地球の極点移動が起こりました。

で、白亜紀の終盤にまた氷河期が訪れます。
白亜紀が終わって新生代に入り、現在第四期の後期ですが、この四期というのは今まで氷河期が4回あったということです。
今後訪れる5回目までの間氷期が現在なのです。
1時代おおよそ1億年なので、その内人間種の活動なんて、高々2万年しかないのです。
果たしていつまで続きましかね。

温暖化とか心配する暇あったら、食糧不足でも心配するべきでしょう。

そもそも赤道付近の人は、温暖化なんて気にしていません。
沖縄では季節感が北海道より薄いですからね。
北海道は逆に冬が長く夏が短いですし。
両方で聞いてみれば良いのです。

異常気象は、この夏のラニーニャ現象で起こっただけで、台風が多く両陸したのも勢力が増したのもその影響です。
なので、今年の冬は寒冷化が進むでしょう。

これの反対がエルニーニョです。
これになると、日本全体の海面温度が上昇して、同じように台風の発生件数が増えて、日本に沿って進んでくる台風が増えます。
また夏も高温化します。
そりゃそうですね。
太平洋高気圧が強いですから。
前回起きたのは2014年です。
この年は、エチゼンクラゲの大量発生とかしましたね。
昨年は引き戻しで、黒潮が蛇行し、カツオが不漁になりました。
7月は高温注意報連発だったのにも関わらず、8月からは冷夏でした。
冬は暖冬で、今年ラニーニャ。
引き戻しで、冬は暖冬なのに大雪が降りました。
これは太平洋高気圧が東に移り、寒気団が日本に下がってきたからです。

ちなみに高気圧は晴れで、低気圧は曇り(または雨か雪)です。
晴れると日が当たり、気温は上昇します。
気温が上昇すると、海水が暖められて雲が発生します。
これが低気圧です。

こういう現象が分かっている人にとっては、異常気象でもない普通のことなのです。

今後は北極点でなく、極点がどこにあるのかに注目しましょう。
※ふたつは一緒ではありません。

日本の政治の不安は煽っても、こういう基本的な情報は伝えない世界のマスコミや学者って何なんでしょうね。

ちなみに余談ですが、宇宙飛行士ってフクシマ県民以上に宇宙で被爆してくることをご存じでしょうか?
よくもま~宇宙飛行士には気軽に握手したりするもんです。

補足すると、地球上の水量(海面)は大して増えていないのです。
全体が決まっていて、それが蒸発→降水→地下水(または川)→海の循環をしています。

なので雨が沢山降っても海面は上昇しません。

また、地球は完全な球体ではなく、若干楕円なので、月の重力で干潮満潮が生じます。
地球は太陽風にさらされて、太陽に近い赤道上がもっとも温められ、極点に近くなるほど放射線が弱いので冷やされます。
これに伴い海流が世界規模で起きます。
これで「波」が形成されます。
川の波は高低差の流れで起きます。
これ...続きを読む

Qこの国には行っておけ!なおススメの国

一年前に海外旅行が好きになり、ちょくちょく出かけています。
今のところパリ・イギリス・イタリア・スイス・ドイツ・オーストリア・アメリカには行きました。
あと少しで学生生活も終わりなので、奮発して今のうちに幾つか海外に行ってこようと思っています。ちなみに一人なのでツアーに参加する予定です。
そこで、お聞きしたいのですが、○○の○○には見ておけ!のような、皆さんのおススメの国があれば是非教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
海外旅行いいですね(^^)

予算がどのくらいなのか分かりませんが、予算を度外視しても良いのなら、私はペルーのマチュピチュをお勧めします。
空中都市と呼ばれる遺跡は、歴史のロマンをかき立てる強烈なインパクトがありました。
私はナスカの地上絵やクスコ・リマの観光、またニューヨークにも滞在しましたので約2週間・約50万円(+α)の旅行になりましたが、本当に行って良かったと思います。
ツアーを利用されるのでしたら、マチュピチュでは、遺跡に隣接する唯一のホテル『サンクチュアリ・ロッジ』に宿泊出来るコースをお勧めします。

もし興味がおありでしたら、比較的自由な時間を作れる学生の内に、予算は多少無理をしてでも行ってみる価値はあると思いますよ。
社会人になった今、私は5日間の休みを取るのにも大変苦労していて、なかなか旅行出来なくなりました(涙)

マチュピチュは世界遺産ですので、遺跡を守るために入場制限や入場禁止期間の設定が検討されていると聞いたことがあります。
(観光客の増加で石畳が崩れつつあるようです)
行けるうちに、見られるうちに行かれることをお勧めします。

楽しい旅行が出来るといいですね(^^)

こんにちは。
海外旅行いいですね(^^)

予算がどのくらいなのか分かりませんが、予算を度外視しても良いのなら、私はペルーのマチュピチュをお勧めします。
空中都市と呼ばれる遺跡は、歴史のロマンをかき立てる強烈なインパクトがありました。
私はナスカの地上絵やクスコ・リマの観光、またニューヨークにも滞在しましたので約2週間・約50万円(+α)の旅行になりましたが、本当に行って良かったと思います。
ツアーを利用されるのでしたら、マチュピチュでは、遺跡に隣接する唯一のホテル『サンクチュア...続きを読む

Q海面上昇は世界中一緒?

最近温暖化、特に海面上昇について興味をもち、調べています。
過去の質問などから、今後100年で0.09~0.88m海面が上昇するという予測がされていることはわかったのですが、ひとつ、素朴な疑問があります。
気温、水温の上昇は地域でかなりの差がありますが、海面の上昇は世界中どの地域においても同じなのですよね?

Aベストアンサー

海面上昇については場所による違いはほとんど無いものと思われます。
No.2のharimitiさんの回答に補足します。海水の膨張についてで、水は4度のときが最も体積が小さく、それ以上になると膨張するためにおこります。

Q治安のいい国、わるい国

みなさんの個人的な意見で結構なので、治安のいい国、悪い国を教えてください。

Aベストアンサー

全くの個人的見解です。
治安のいい国としては:
香港(地域ですネ),台湾,シンガポール,オーストリア,オーストラリア,ラオス・・
治安の悪い国としては;
イスラエル,アフガニスタン,ロシア,インド・・
これらは行った経験からのことです。
勿論,都市部か地方か,時間帯,季節といった多くの要因によって変化するとは思いますけどネ。
以上kawakawaでした


人気Q&Aランキング