今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

不動産の売買契約書で買主が夫婦共有名義です。
契約書の印鑑は同じものでも有効でしょうか?
早めのご回答お願い致しますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

端的に言えば、有効とか何とか以前にできないし仮にできたとしてもやってはならない、です。


そもそも印鑑を何のために押すのか?と言えば、押印者の意思の確認のためです。そこで別人が同じ印鑑を押していたら、誰かが勝手に押したもので本当に契約書上の押印者自身の意思なのか甚だ怪しいということになります。

世間一般で言うところの契約”書”が有効か無効かというのは、法律的に厳密に言えば、
1.契約そのものが有効かどうか
2.契約書が契約の存在、内容、および有効性を示す証拠として十分役に立つか
という二つの意味があります。
それぞれについて言えば、
1.二人以上の契約当事者の印章が同じであることを理由に契約が無効になることはない。これは、一般論として契約書の存在は契約の有効無効とは関係がないからです(一部には関係あるものもありますが、不動産売買契約書なら関係ありません)。存在が関係ないのですから、その体裁が関係ないのは当然です。
2.二人以上の契約当事者の印章が同じであることは通常ではないので、契約書が当事者の意思によらない可能性(端的に言えば、偽造)が疑われるので契約書の信用性が落ちる(可能性がある)。
ということになります。
よって、契約書の信用性が下がると契約書を作成する意義を減殺するので(契約書は契約の存在、内容、および有効性を示すために作成するのです)、相手方が同一印章は認めないのが普通です。
したがって、
有効とか何とか以前にできないし仮にできたとしてもやってはならない
となります。

もう少し話をすると、契約書に押印する印章にまつわる問題は、次の通り。
1.相手方が契約書に実印の押印を求めているのか?
2.求めているとして、質問者さんのお住まいの自治体は、同一の世帯に属する者が同じ印章を印鑑登録することを認めているのか?
3.求めていないとして、相手方が印鑑を同一であることを認めているのか?
4.相手方が同一の印鑑であることを認めていない場合にこっそり押したらどうなるか?

1.一般的に不動産や自動車など高額な商品の売買契約書は実印(印鑑登録をしてある印章)を使用します。ですから相手が実印でなくても良いと言うことはまずあり得ません。相手が素人ならばうっかりということはあり得ますが、不動産屋ならまずあり得ません。
2.その上でこの実印というのは、お住まいの自治体に印鑑登録してあるものを言うのですが、恐らくすべての自治体において同一の世帯に属する者が同一の印章を印鑑登録することは認めていないと思います。すると、ご夫婦なら通常同一の世帯ですから、そもそも実印が同じということはあり得ないということになります(役所がミスをしない限りは)。ですからもし同一の印章を印鑑登録するなら、世帯を分けるということが必要になります。しかしそんな面倒なことをするメリットは何もありません。大人しく別々の印鑑を登録する方が利口です。
3.もし仮に相手が実印を要求していないなら、同一の印章を使用できるかどうかは相手がそれで良いと言うかどうかだけの問題なります。しかし普通は、契約書の信用性を下げる恐れがあるので認めません。
4.もし相手が駄目と言っているのに気づかぬふりをして同じ印鑑を押したらどうなるかと言えば、相手が気付かなければ何もないが、後で気づいて揉めるかも知れないということになります。相手に迷惑をかけるのでかなり不誠実ではあります。

そんなわけで繰返しになりますが、
有効とか何とか以前にできないし仮にできたとしてもやってはならない
です。
    • good
    • 0

ダメです。

    • good
    • 0

まず総論として、売買契約は意思表示で成立しますから有効です。


契約書は証拠のために作るものですから、契約の成立には関係ありません。
個別の問題として、売り主が何を求めるか、契約書には、署名するのか記名なのかで問題の有無は変わります。
売り主が契約書への押印と共に印鑑証明を求めている場合、夫婦が同じ印影で印鑑登録できるのか、できたとして売り主が受け入れるかという問題が生じる可能性があります。
契約書に署名する場合、押印は本来不要というか、署名の効力=記名捺印なので、書面上は夫婦一緒の押印でも問題ないことになります。
まあ、不動産の購入で夫婦同じ印鑑を使うというのはどうなのかとは思いますけど、契約の成立には直接関係ないのは述べた通りです。
売り主に確認するのが現実的かと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産売買、契約書と登記の印鑑について

不動産を個人売買で購入いたします。買主です。
契約書に押す印鑑と登記申請書に使う印鑑についてお尋ねします。

所有権移転登記をする際には、売主のみ実印および印鑑証明書が必要となっていて、買主は認印でもよいとなっていますが、「でもよい」ということは、実印の方が望ましいということなのでしょうか?
つまり一般的には実印を使用するものなのでしょうか?印鑑証明書は要らないと思いますが。

もう一点、不動産売買契約書に押す印鑑はどうなのでしょうか?
たぶんこれも印鑑証明書は要らないと思いますが、一般的には実印登録してある印鑑を押すものなのでしょうか?
ちなみにローンは組みません。

信頼できる友人との間での売買であり、この場では、トラブルの可能性を考えたら司法書士に依頼した方がいいですよ、というような回答は不要です。

まとめますと、買主である私は、登記申請書および不動産売買契約書に使用する印鑑は、実印にすべきかそれとも認印にすべきかという質問です。

どうぞご回答のほど、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

登記申請の際に使用する印鑑とその印鑑にかかる証明書については,
不動産登記令第16条と不動産登記規則第47条,第48条に規定があり,
所有権移転登記申請における登記権利者(買主)は,
不動産登記規則第47条3号ホに該当するので,
印鑑については実印を要求されず,印鑑証明書の提出も不要です。

実は署名があれば押印も要らないということになるのですが,
署名と記名の違いが理解できていないと正しい手続きとならないことと,
また日本においては印鑑の確認の目的がない場合であっても
署名または記名と押印がセットというのが慣例になっています。
認め印でもいいというのはどんな印鑑でもいいということであり,
つまりそれは実印でもかまわないということになります。

ということで,買主が使用する印は実印でも認印でもかまわないのですが,
本人申請の場合に注意して欲しいのは,
その印鑑は,申請書に押すだけでは足りないという点です。
登記所において登記登記識別情報通知書の交付を受ける際には,
人違いで登記識別情報を渡してしまうような事故を防ぐために,
その受領の際に,申請書に押した印の持参を求められます。
買主が実印を使用していた場合には,受領時にも実印を使うことになりますので,
それが嫌なら認印を使うべきでしょう。

そして,売買契約等の重要な取引に実印が使われるのは,
実印を使う=それが重要な取引であるという認識を高める目的と,
たとえば後日紛争が起きたときに,
その契約等に際して使用されていたのが実印であると証明できると,
その契約等は本人が行ったものであるという強い推定が働くため,
そのための保険の意味も強いように思われます。
契約が有効に成立するか否かには関係がありませんのが,
どの印を使ったのかがはっきりとわからないと,
後日訂正が必要になった際に直すに直せないということになったりもしますので,
そういうわかりやすさのために実印を使っていたほうが楽だったりもします。

結論としては,買主であれば印はなんでもいいのですが,
手続きが全部終わるまでは,どの印を使っていたのかわかるようにしておかないと
後で自分が困るということです。

登記申請の際に使用する印鑑とその印鑑にかかる証明書については,
不動産登記令第16条と不動産登記規則第47条,第48条に規定があり,
所有権移転登記申請における登記権利者(買主)は,
不動産登記規則第47条3号ホに該当するので,
印鑑については実印を要求されず,印鑑証明書の提出も不要です。

実は署名があれば押印も要らないということになるのですが,
署名と記名の違いが理解できていないと正しい手続きとならないことと,
また日本においては印鑑の確認の目的がない場合であっても
署名または記名と押...続きを読む

Q実印登録は、夫と妻が別々におこなうもの? 一つのものを兼用できない?

 実印登録=印鑑証明書の発行申請というのは、夫婦別々におこなうものですか?
 夫の印鑑証明を、妻が兼用して用いることはできないのですか?

Aベストアンサー

印鑑証明って何かの手続きの時に書類にそえて
個人で取って出すものですよね

私もこの前ある手続きで印鑑証明を出してと言われて
登録してないので夫のでもいいか って聞いたら  
未成年の子供以外は本人のじゃなきゃだめだ って
言われて登録して取ってきましたよ
その時に前に夫の登録で使った印鑑がどれか分からなくなって
2ケ持って行ったら最初に出した方の印鑑は ご主人が登録
してるので違う印鑑で って言われてもう1ケの
を渡して登録してもらいました
印鑑も同じのは登録できないみたいです

それですぐ印鑑証明を取って手続きに回しましたらOKでしたよ

Q夫婦間の契約書について

夫婦間で契約書を作ることになりました。
契約書には捺印が必要ですが、夫婦なので印鑑が同じです。捺印が同じでもよいのでしょうか?
また、下記の契約書の書き方は法律的に有効でしょうか?

アドバイスよろしくお願いします。

***************************

  借金に関する契約書

○○を甲とし、○○を乙とし、次のとおり契約を締結する。

第1条 甲と乙は、互いにいかなる理由があっても相手方に黙って借金をしない。

第2条 甲あるいは乙が相手方に黙って借金をした場合、これを理由に相手方が離婚を求めたときは同意する。

第3条 甲乙間の結婚後に貯めた預金は、借金の返済に使用しない。

第4条 甲あるいは乙が第2条により離婚に至った場合、甲乙間の結婚後に貯めた預金は、
全額相手方に分与されるものとする。

第5条 本契約を証するためこの証書を作り各署名・押印し各その1通を保有する

○○年 ○月 ○日

住所

氏名(甲)

住所

氏名(乙)

Aベストアンサー

 あなたがたがお互いに「契約した」という意識を持つこと自体が契約なのであり、書類は、それを部外者に証明するものでしかありません。
 よって、広告の裏に一筆書いただけでも契約書は合法となります。

 質問文中に書いてある程度の出来具合であれば特に問題はないはずで、捺印も同じで構いません。

Q契約書について

一般に契約書を作成する場合、甲乙が誰かを最初に掲げて乙側が契約書を作成すると思いますが、甲が複数の場合の記載方法で教えてください。
1)甲が2名以上で、その責任(あるいは権利)の範囲の大半が代表的な一名にある場合、甲として複数記載しても良いのでしょうか?
  また、その場合契約者の捺印のページの頭で
  ・・契約書を2通作成し、甲乙各1通を保管する・・
と書きますが、契約書は2通作成するだけでよいのでしょうか?

2)逆に甲が複数いて、その責任(あるいは権利)の範囲
が対等であった場合はどうなるのでしょうか?
甲乙丙。。と増えていくのでしょうか?

初心者の質問で申し訳ないですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そういう場合は面倒でも、甲乙丙…と増やしていく必要があります。
「甲の複数」と考えられている人たちの間の責任関係も明確にしておくひつようがあるからです。
連帯責任を負うなら、さらにその旨書く必要があります。

Q共有の不動産にかかる売買契約書は甲と乙だけではダメ?

ある土地を、お互い関連会社でもないA社(持分2/3)とB社(持分1/3)が所有していて、その土地を第3者であるC社に売買する場合、契約書に記載する当事者としては、

(1)「所有者A及びBを甲、Cを乙とし…」
  から始めて、
   「契約書を2部作成し、甲乙各々で保管する」
ではなく、

(2)「所有者Aを甲、所有者Bを乙、Cを丙とし…」
  から始めて、 
「契約書を3部作成し、甲乙丙各々で保管する」
としなければなりませんか? 

また、もし(1)でも良いという場合は、持分割合の多いA社が契約書原本を保管するという考えは妥当なんでしょうか?

Aベストアンサー

 契約書の原本が必要なのは買主Cなんだから(所有権移転登記の時に添付し、権利証となる)、(1)で原本は1部作成して、売主はコピーを保管しておけばいいんじゃないのかな。

 その方が印紙税の節約にもなるし・・・・。

 どうせ所有権移転登記をするのでしょうし、Cが銀行から借金してその土地を買うんなら当然銀行が介入します。

 よって司法書士や銀行にその旨相談すれば適切なアドバイスをしてくれて、契約書を作ってくれますよ。

Q契約書の印鑑は角印か実印か?

私はホームページの制作の会社を設立したばかりです。制作を依頼されたので契約書を作成しました。
場所が遠かったので、クライアントに契約書を2通お送りしました。そして、2通とも署名捺印をして頂いて、私に送り返して頂くように伝えました。
送られてきた契約書2通ともに、住所の欄、名前の欄にも、「会社のゴム印」が押されていました。印鑑も実印ではなく「角印」でした。そして「割印」はありませんでした。
今度は私が署名捺印し、1通をまたクライアントにお送りするのですが、「直筆でなく実印もない契約書」で有効なのですか?
私だけが直筆で署名し、実印で押印し、割印をすればきちんとした契約書になるのですか?
すみませんが、どなたか分かる方教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

勤務先の場合、丸印は社長印のみ、事業部長印は角印となっています。
なので、基本的に契約書印は丸印で押印しています。
丸印押印を求められるのが普通なので。
会社名等はゴム印です。

但し、相手先が事業部長等である場合、責任者レベルを相手と合わせて角印を押印する場合もあります。
又、手続の都合上相手が角印を承諾した場合や、丸印押すほどの必要性がないと事業部で判断し場合も角印を押印している場合があります。

どちらにしろ契約書が物を言うときはトラブルの時ですから、相手の会社が通常その押印をしているならそれで問題ないと思います。


人気Q&Aランキング