[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

下の化学の問題を教えてください!(>人<;)

塩化カリウムの水に対する溶解度は20℃で34.2g/100g水、60℃で45.8g/100g水である。塩化カリウムの20℃の飽和水溶液100gには60℃でさらに何gほ塩化カリウムが溶けるか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

典型的なひっかけ問題です。


 溶解度と濃度の違いを再確認すること。これが理解できているかを問われている。
小学校で[割合]を学んだときに、
[割合] = [ある物の量]/[基準の量]
を学びましたね。確か5年生あたり。
溶解度は、[割合]の一種ですが、溶解度と濃度では、それぞれ[基準の量]が異なりましたよね。
※この問題のポイントはここだけです。
 それさえ理解できていれば、典型的な小学生の問題です。
 濃度と溶解度の定義を教えれば、簡単な問題なので小学生でも解ける

 頑張って解いてみたうえで、どこがわからないとか、答えがあっているかを聞くとあなたのためになる。力がつく。頑張ってね。
    • good
    • 1

どこで困っているのでしょうか?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング