出産前後の痔にはご注意!

質問が大雑把すぎて大変恐縮ですが、回答も大雑把で結構です。
タイトルの通り、その理由と、歯止めがもし必要であればその方法を教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No4です。



「全世界のあちこちに核のスイッチを持った人が存在している」という比喩は、まったくその通りだと思います。

昔は、情報の発信は、マスコミを含めた権力者にしか許されていませんでした。
しかし、現在では無名の庶民が、世界中に情報発信することが可能です。
そのことで、多くの弊害が生じていることも事実です。
個人名から、家族の個人情報まで多くの人にさらされ、たたかれる人も珍しくありません。

また、多くの庶民は自分の握っているのが「核のスイッチ」のようなものだということに気づいていません。
ツイッター、Facebookなどにつまらない書き込みをして、損害賠償を払ったり、内定取り消しになる人も後をたちません。

こういった事実を前にすると、「情報化社会に歯止め」が必要という気分になるのも仕方ないとは思います。

しかし、私たちの社会は、すでにネットを手に入れてしまったのです。
パンドラの箱が開いたような気がします。
これを統制することは、権力者にしかできません。

私たちにできるのは、「情報の自由」と「情報の統制」の二者択一しかないでしょう。
となれば、どれだけ弊害が大きくとも、王政や貴族政治を捨てて民主主義を選んだ以上、「権力者の良識」よりも「大衆の良識」を信じて、「情報の自由」を選ぶしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼がおそくなってしまい申し訳ありません。

非常に納得できたのでBAとさせていただきました。
権力者による情報の統制ではなく、我々ユーザーのリテラシーやマナーを向上させるのが先決ということですよね。問題が起こるから規制するのではなく、そもそも問題を起こさないようにすれば万事解決ですね。
もちろんそれがうまくいかないことは知っていますが…

これからの時代は、技術の進歩というよりむしろ、いかにこの情報社会のシステムを利用していくかという教育に力を入れて欲しいものです。

重ね重ねになりますが、今回はありがとうございました。

お礼日時:2015/12/13 03:40

それが世界の流れなら、仕方ないのではないかな


歯止めが必要と答えたところで、誰かが簡単にこの流れを止めることができるわけではないだろうしね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
世界の流れ、ですか。確かに、もしかすると人類が生まれる前からこうなることは決まっていたのかもしれませんね。

お礼日時:2015/12/13 03:42

不要。


歯止めを行えば、情報が先鋭化され、歯止めをしなかった頃よりも遥かに強烈な悲劇をもたらす。

情報の統制は、統制側の思惑を外れ、先鋭化し、取り返しのつかない事態になります。
日本も戦前、戦時中に情報統制を行い、健全で良識のある人になることを目的として、エロ・グロ・ナンセンスを徹底的に取り締まり、その他にも退廃的・反社会的と考えられる情報も破棄されました。結果が、あの戦争です。
そうやって、徹底的に良いとされた情報ばかりを取り込んで育った子供たちが、二・二六、五・一五を起こし、挙句は日本の徹底抗戦を掲げ昭和天皇を誘拐しようとした宮城事件まで行いました。

アメリカだって、低俗、過激と考えられていた情報を破棄し、良俗で高尚な情報のみで育てた子供がベトナム戦争で、前代未聞の残虐行為を行いました。今のドイツだって、ナチスやファシズムに関して何も教えないから、暴力を可能な限り禁じているから、シリア難民を100万人(一説では150万や200万とも)も受け入れる暴挙を行っています。
現代の日本も性器を見せない結果、性器を気色悪いと考える人が多くいるようになった。性を邪と教えた結果、性や恋に興味を持たない人が多くなった。その結果が、今の少子化。男性の活力低下。セックスレス。

情報は限定化すると、先鋭化し、暴走します。
むしろ、放置していると不要な情報は廃れるか、消え去ります。

悪い事を知らずに、良い事ばかりを教えられた人々に、善悪の判断はつきません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
過去に情報規制がもたらした悲劇というのは多々あるのですね。

ただ一つ、ドイツがナチスやファシズムの教育をしていないというのは間違っていると思います。
自分は小・中学生の頃をドイツの学校で過ごしましたが、そんなことはなかったですし、むしろ若い人はナチス政権時代のことに積極的な興味を持っていたと感じます。なにより調べ学習もたくさんやりましたしね。

お礼日時:2015/12/13 03:52

歯止めをしようとする人の、歯止めの基準が難しいので、事実上歯止めは無いほうが良いでしょう。



情報の歯止めは、過去の歴史を見る限り、すぐに統治者による情報の統制になります。

権力者による情報の統制は、社会を誤った方向に誘導します。

第二次世界大戦へと導いた日本軍部や、北朝鮮指導部、旧ソ連指導部などは、自分たちのやっていることが明らかになるのが嫌で、「情報化社会に歯止めは必要」と考えていたようです。
情報の自由は、権力の暴走に歯止めをかけます。
衆議院の武藤貴也議員の暴走を食い止めることができたのは、週刊誌の自由な報道です。
権力者が情報に介入する仕組みがあれば、きっと彼はまだ暴走を続けていたでしょう。

といったことを考えれば、行き過ぎた情報化社会の弊害は覚悟しながらも、情報の自由化に制限をつけるべきでは無いと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに特定秘密保護法などに対して世間の反発はすごかったですね。自分は守るべき情報もあるだろうと思ってしまうのですが…
やはり情報を規制するとなると権力者によるものしか不可能なんですかね。

少し話は逸れてしまうのですが、自分はアメリカのような銃社会を考えました。銃で銃を守るとはいえ、いたちごっこ式に住民の武装化が進むとは考えにくいですし、せいぜい拳銃くらいにとどまると思います。
しかし現代の「情報技術」はそれが当てはまらず、前述のようにいたちごっこで進歩した技術は個人レベルで保有できるようになってしまい、言ってしまえば全世界のあちこちに核のスイッチを持った人が存在しているような状態だと考えます。情報が便利なものであるのは明白ですが、やはりある程度の制限は必要だと思ってしまうのです。

お礼日時:2015/12/08 19:16

人と人のリアルのコミュニケーションが希薄になっていますよね。


便利な反面、情けと言うものが失われていると思います。

便利だけの追求はよくありませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
本当にそう思います。ネットだから、という画面を隔てたコミュニケーションがもたらすトラブルは、直のそれよりよっぽど多いと思います。
こういった質問投稿サイトが存在するように便利なことはたくさんあるんですけどね…
やはり「いいとこどり」と言うわけには行かないのが情報化なのでしょうか。

お礼日時:2015/12/08 19:05

長く保存するならパズル式に解ける者が現れ無いとわから無い方式でしょうか。

海賊の秘宝とかドラマが語ってます。
    • good
    • 0

情報の歯止めは、イタチゴッコに成りますからやっても漏れるでしょう。

特許のような期限付きに成るのでしょう。それが自然に思います。墓場迄とかですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
情報を守るための技術はそのまま盗む為の技術へとすり変わっていくものだからなのでしょうかね…
いたちごっこを繰り返すうちに辿り着くのはすべての情報が開示される世界になりそうで怖いのです。

お礼日時:2015/12/08 18:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング