まいにちドイツ語の96ページ、一番下の行に Ich bin einen Meter 63 gross.とありますが、なぜ4格になっているのでしょうか?1格であるべきではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

4格の副詞的用法です。

「einen Meter groß」はひとまとまりの語ではないので、Ich の補語ではありません。補語はgroß(Ich bin groß.)で、einen Meterは副詞としてgroßの方に係ります。この形には馴染みがあるはずです。動詞がseinだったので違和感があったのかもしれませんが、以下のような表現は御存じでしょう。

Ich fahre heute in die Stadt.
Ich hätte gerne ein Kilo Tomaten.

heuteもein Kiloも4格です。4格は、動詞の目的語になるだけでなく、このように動詞や形容詞との関係で、独立的に副詞として機能します。時間、空間、数量、程度、温度、金額などを表す形容詞とともに使われる4格は、ごく基本的な語法です。

Er bleibt dort einen Sommer lang.
(einen Sommer=時間の長さを表すlangに係る副詞的4格)

Peter ist einen guten Kopf kleiner als Anna.
(たっぷり頭一つ分小さい;einen guten Kopf=程度を表す比較級の形容詞kleinerに係る副詞的4格)

Heute wurde es dreißig Grad warm.
(30度の暖かさになった;dreißig Grad=温度を表すwarmに係る副詞的4格)

Seit dem Fahrplanwechsel sind wir eine Stunde früher in Berlin.
(運行時刻の改正以来、私たちは1時間早くベルリンに来られる;eine Stunde=時間の速さを表す比較級の形容詞früherに係る副詞的4格)

以上は形容詞との関係で、ほかに、時間、距離、重さ、値段などの説明が必要な動詞とともに副詞的4格が使われます。ここの4格は、動詞の目的語ではなく、動詞に係る副詞として機能しています。

Wir wanderten fast sieben Kilometer durch einen Wald.(sieben Kilometer→wandern)
Die Sitzung dauerte einen Tag.(einen Tag→wandern)
Anna arbeitete einen Monat bei einem Bauern.(einen Monat→arbeiten)
Die Glocke wog drei Tonnen.(drei Tonnen→wiegen)
Der Atlas kostet hundert Euro.(hundert Euro→kosten)
(以上、文例の一部はDudenの「Die Grammatik」より引用)

このような4格を、ドイツの文法書などでは「任意の対格(freier Akkusativ)」または「絶対的対格(absoluter Akkusativ)」などと呼んでいます。しかし、ごく普通の言い回しなので、文法的説明は気にせず、慣れてしまった方がよいでしょう。

なお、Ich bin ein Meter groß.のように、4格にしない言い方もあることはあります。文法的にはeinenが正しいですが、数を数えるときは、ein、zwei、dreiという連続ですし、ein以外の数字を4格として使う場合は4格とわかる変化があるわけではないので、ほかの数字にそろえるという感覚もありそうです。数学の本などでは、ein Meter lang、zwei Meter lang・・・のようになっているものもあります。あと、口語ではしばしば語尾が脱落して縮まるので、einenを省略してeinのように発音することもあるでしょう。ネットには、ein Meter großの用例も結構ありますが、数の上ではやはりeinen Meter großの方がはるかに多いです。口語的、あるいは数学的記述としては、ein Meter großもあり得るということです。また、ネット検索をすると、「ein Tag lang」「ein Monat lang」なども結構出てきて驚きますが、どうもこれらの多くは、ひとまとめの合成語のような感覚で使っているものも多く、書籍に出てくる場合は16~18世紀の古い書物の場合が多いようです。昔は4格としての表記が確立していなかったのかもしれません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>4格の副詞的用法です。「einen Meter groß」はひとまとまりの語ではないので、Ich の補語ではありません。
補語はgroß(Ich bin groß.)で、einen Meterは副詞としてgroßの方に係ります。

ガーン、ショックです。そうなのですね!4格の副詞的用法だなんて全く認識していませんでした。
jeden Tagとかいろいろ4格で副詞を作るというものはなじみがありましたが・・・
いつも Sie ist 1,75 m gross.という風に書いてありましたし、読み方は意識していず、・・それで、4格とは思いませんでした。

Wie gross ist die Wohnung? Das Haus hat etwa 120 qm.が初級のテキストにあり、 Wie gross das Arbeitszimmer?
Das ist etwa 18 qm gross.という例文もありましたが、etwa 18 qm は4格で副詞だったのですね!

何だかこんなこともわかっていなかったなんてとても恥ずかしいです。

>Ich fahre heute in die Stadt.
 Ich hätte gerne ein Kilo Tomaten.

heuteもein Kiloも4格です。4格は、動詞の目的語になるだけでなく、このように動詞や形容詞との関係で、独立的に副詞として
機能します。時間、空間、数量、程度、温度、金額などを表す形容詞とともに使われる4格は、ごく基本的な語法です。

副詞 heute に格があるのですか!(゜Д゜) ein Kilo Tomaten は a sheet of paper のような感じで理解していましたので
副詞だとは思いませんでした。
>ein以外の数字を4格として使う場合は4格とわかる変化があるわけではないので、ほかの数字にそろえるという感覚もありそうです。

Sie ist Mutter zweier Toechter.という例文がありますが、これは Mutter von zwei Toechter と言い換えられますか?

OK Waveで先生がご回答になった文を読ませていただきました。原文を読むのにとてもストレスを感じました。
こんな悪文でも難なくお読みになるなんてすごいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/12/09 20:11

>副詞 heute に格があるのですか!



すみません。これは私のミスです。文法書の例文を丸写しにするのも芸がないと思い、書き換えているときにうっかりしました。heuteはもちろんただの副詞で、4格ではありません。Heute ist Sonntagとか、von heute bis Montagのように使うので、文法上は副詞に分類されてはいますが、名詞のように錯覚するときがあります。もっとも、副詞のheuteも、名詞のHeuteの4格が副詞化したもののような気もします。確認していないので断言はできませんが。

>Sie ist Mutter zweier Toechter.という例文がありますが、これは Mutter von zwei Toechter と言い換えられますか?

言い換えられますが、複数3格の語尾にはnが付くので、Mutter von zwei Töchternとなります。

>こんな悪文でも難なくお読みになるなんてすごいです。

難なくではありません。オーストリア人の友人も読み返さなければならなかったそうです。私の回答No.1の訳も正確ではなく、最後の回答に出した訳が一応適切なものだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>言い換えられますが、複数3格の語尾にはnが付くので、Mutter von zwei Töchternとなります。

あ、うっかりしました。そうですね、nが必要ですね。

Zwischensatz だらけの本当にストレスフルな文章で、げんなりしますが、先生のご説明で何とか理解できました。ありがとうございました。
ジャーナリストの文章は悪文が多いようなことを書いてありましたね。ネイティブでもそう感じるのですね。

お礼日時:2015/12/09 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語のIch bin Student.という文ですが...

ドイツ語の初級用テキストを買って、勉強を始めました。
で、テキストにあったこの文ですが、なんで不定冠詞einが付かないのでしょうか?
Studentが職業だからということでしょうか?
(テキストには、はっきりとは書かれていないのですが)

不定冠詞、定冠詞については、英語と同じ使い方かなと思っていたのですが、
ちょっと違うのでしょうか?

Aベストアンサー

冠詞の使い分けは英語と共通する部分もあります。

未知のもの、初出のものは不定冠詞、既知のものは定冠詞という大原則は同じですが主な違いをあげると。

1.総称の定冠詞
Der Mensch is sterblich.
= Man is mortal.
Der Tee ist eine Tropenpflanze.
= Tea is a tropical plant.
可算名詞の場合英語では無冠詞複数が今日広く使われますがドイツ語では定冠詞単数が使われます。
Der Hund ist ein nuetzliches Tier.
= Dogs are useful animals.
The dog is という書き方は学術的で固い表現。
目的格では無冠詞も普通
Der Tisch ist aus Stahl.
= The desk is made of steel.

2.季節・月の定冠詞
Im Winter ist es kalt.
= In winter it is cold.
Der Mai ist gekommen.
= May has come.

3.国籍・身分の無冠詞
Ich bin Musiker.
= I am a musician.
Ich bin Amerikaner.
= I am an American.
(形容詞としては I am American. も可)
ご質問の点はこれです。不定冠詞でもほぼ同じ意味を持ちますが違いがあることもあります。

Du bist Arzt.「君は(職業が)医者だ」
Du bist ein Arzt.「君は医者(のように医学の心得がある人)だ」

無冠詞はニュアンスとして国籍・身分の形容詞という感じです。

4.その他
Geige spielen = play the violin
Klavier spielen = play the piano など楽器
zur Schule gehen = go to school
in der Kirche gehen = go to church
mit dem Bus = by bus など

特に慣用的な表現は冠詞に注意して覚えないと英語の感覚でやると間違えることがあります。

冠詞の使い分けは英語と共通する部分もあります。

未知のもの、初出のものは不定冠詞、既知のものは定冠詞という大原則は同じですが主な違いをあげると。

1.総称の定冠詞
Der Mensch is sterblich.
= Man is mortal.
Der Tee ist eine Tropenpflanze.
= Tea is a tropical plant.
可算名詞の場合英語では無冠詞複数が今日広く使われますがドイツ語では定冠詞単数が使われます。
Der Hund ist ein nuetzliches Tier.
= Dogs are useful animals.
The dog is という書き方は学術的で固い表現。
目...続きを読む

Qドイツ語 Ich bin Suzuki Taro.

ドイツ語講座を受講しています。
昨年までは Ich bin Taro Suzuki . 
だのですが今年から
Ich bin Suzuki Taro. 
になりました。
日本人の名前は日本語の語順で言うのが
主流となりつつあるのでしょうか。
どなたかこのへんの事情に詳しい方教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まだ主流とは言えないでしょうが、反省期にあることは事実でしょう。
明治時代に盲目的に欧米流に従ったものの、その後世界には日本と同じように姓名の順で名乗る習慣を持つ国があること、それらの国は日本のように姓名を逆にしていないことが分かり、本来の形に戻したいと考える人が増えて来つつある段階だと思います。しかし、100年以上の習慣は簡単に変更できないので時間がかかるでしょう。変更するかどうかは日本人だけの問題ですから出来る人たち(グループ)から変えて行けばよいと思います。文科省は大きな影響力を持っていますが、国際化が益々進む中で名姓以外認めないと言うことはないと信じます。

因みに国際人工語エスペラントの日本人学習者間ではSUZUKI, Taroという表記方法が一般的です。これなら欧米人間でも理解しやすい(問題がない)からです。何故なら欧米でも電話帳や団体の名簿などはこのように表記する習慣があるからです。(大文字とは限りませんが)私の現在の名詞は漢字とローマ字を上下に併記したSuzuki Taro型です。

NHKの語学講座や外国語大学などが率先して日本式を教材に採用すれば普及が早まるでしょうね。

まだ主流とは言えないでしょうが、反省期にあることは事実でしょう。
明治時代に盲目的に欧米流に従ったものの、その後世界には日本と同じように姓名の順で名乗る習慣を持つ国があること、それらの国は日本のように姓名を逆にしていないことが分かり、本来の形に戻したいと考える人が増えて来つつある段階だと思います。しかし、100年以上の習慣は簡単に変更できないので時間がかかるでしょう。変更するかどうかは日本人だけの問題ですから出来る人たち(グループ)から変えて行けばよいと思います。文科省は大...続きを読む

Qドイツ語の1格、3格、4格の違い

こんにちは。ドイツ語を習っていて、もうすぐ試験があるのですが、最近授業がややこしくなってきて分からなくなってきてしまいました。
どなたたか、どうか助けてください。

いきなりですが、たとえば、

1格 Der Mann liebt die Frau
4格 Die Frau liebt den Mann
1格 Die Frau liebt der Mann
4格 Den Mann liebt die Frau

これらの違いが良くわかりません。これはすべてその男性はその女性を愛しているという意味なのでしょうか???1格と4格とではこの文ではDie Frau と den Mann または Die Frau と Der Mann がひっくり返っただけなのでしょうか? 文法的にも、こんがらかってしまいます・・・。

それから、3格と4格の違いもあいまいです。
日本語では、3格は’に’4格は’を’という意味だと聞きましたが、
たとえば、

3格 Die Tochter dankt dem Vater 娘は父に感謝する
4格 Die Mutter liebt den Vater 母は父を愛している

・・・これなら理解できますが、

3格 Die Tochter hilft dem Vater 娘は父を手伝う
4格 Die Mutter fragt den Vater 母は父に尋ねる

・・・これでは、’を’と’に’の意味があべこべになっていませんか?こういうところが難しくてよくわかりません・・・。

どなたか、ドイツ語にお詳しい方、教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。ドイツ語を習っていて、もうすぐ試験があるのですが、最近授業がややこしくなってきて分からなくなってきてしまいました。
どなたたか、どうか助けてください。

いきなりですが、たとえば、

1格 Der Mann liebt die Frau
4格 Die Frau liebt den Mann
1格 Die Frau liebt der Mann
4格 Den Mann liebt die Frau

これらの違いが良くわかりません。これはすべてその男性はその女性を愛しているという意味なのでしょうか???1格と4格とではこの文ではDie Frau と den Mann または Die Fra...続きを読む

Aベストアンサー

> 1格 Der Mann liebt die Frau
> 4格 Die Frau liebt den Mann
> 1格 Die Frau liebt der Mann
> 4格 Den Mann liebt die Frau

この文の1番目と3番目、2番目と4番目は語順が違うだけで、意味は同じです。

・その男がその女を愛する
・その女がその男を愛する
・その女をその男が愛する
・その男をその女が愛する

それぞれ直訳するとこんな感じですね。
女性名詞の定冠詞は1格も4格もdieなので、どちらの格なのかは
文脈で判断しなければなりません。
上記の場合は、男が1格(der)なら女は4格、
男が4格(den)なら女が1格ということになりますね。

ドイツ語の語順は、基本的には定動詞が2番目の位置に来るという
決まりになっており(副文の場合は末尾ですが)、
文頭に主語(1格の名詞または代名詞)を置かなければいけないという
決まりなどは別にありません。

Den Mann liebt die Frauという文の場合、Den Mannが1番目の位置、
liebt(定動詞)がちゃんと2番目に来ていますね。
主語(die Frau)は文頭に置いていませんが、それで構わないのです。


さて、3格と4格の違いについてですが……。
3格が「に」、4格が「を」という覚え方はまあまあ有効ですが、
せいぜい「日本語に訳する時にそうなることが多い」という程度のものです。
実際には、動詞の種類によって目的語にどの格を用いるのかが
決まっており、これを「動詞の格支配」といいます。

hilft(helfen)は3格支配なので、目的語を3格に。
fragt(fragen)は4格支配なので、目的語は4格になります。

面倒ですが、動詞を覚える時、どの格の目的語になるのかも
一緒に覚えるようにしましょう。
辞書で動詞を引くと目的語の格も書いてあるので、それをしっかり
チェックしておくことです。
またドイツ語を覚える時、単語単位で覚えるのではなく、文をまるごと
覚えるようにしたほうがいいでしょう。
そうすれば「この動詞にはこの格」ということが自然と身に付いていきます。

2格だの前置詞だの副文だのが入ってくるともう少し複雑になりますが、
とりあえず、以上の基本的なことは覚えておいてください。
試験、がんばってください。

> 1格 Der Mann liebt die Frau
> 4格 Die Frau liebt den Mann
> 1格 Die Frau liebt der Mann
> 4格 Den Mann liebt die Frau

この文の1番目と3番目、2番目と4番目は語順が違うだけで、意味は同じです。

・その男がその女を愛する
・その女がその男を愛する
・その女をその男が愛する
・その男をその女が愛する

それぞれ直訳するとこんな感じですね。
女性名詞の定冠詞は1格も4格もdieなので、どちらの格なのかは
文脈で判断しなければなりません。
上記の場合は、男が1格(der)なら...続きを読む

Qドイツ語、これは2格か3格のどちらですか?

Das ist eine (Lo''sung) der besten Lo''sungen. この文の"der besten~" は2格か3格のどちらでしょうか?

Aベストアンサー

2格です。

「最も~なうちの一つ」という場合の表現ですね。
余計な説明かもしれませんが、
後ろは複数ですので、冠詞がderということは、
2格しかありません。3格はdenとなりますよね。

Qドイツ語の1格、2格、3角、4画

ドイツ語の文法で、主格、属格、与格、対格といふ用語をあまり使はないのはなぜですか。

Aベストアンサー

Q&Aをやるようになってから、ドイツ語の質問でしばしば主格、属格、という書き方で質問をする人がいます。古い文法書を使っているのか、私が思っているよりも、主格、属格という書き方の文法書があるのか、その辺はわかりませんが、少なくとも、私がドイツ語を始めてから使ってきた文法書は、みな数字で表しているものばかりでした。これを書き始めてからちょっと気になってネットをのぞいてみましたが、やはり日本では、数字で書き表す方法がかなり前から主流のようです。ドイツの文法書でも、多くはありませんが、1. Fall、2. Fallという書き方をしているものはあります。私の手元にある文法書の中で主格、属格という書き方になっているものは、ドイツで書かれた文法書の日本語訳です。ただし、この文法書はもともとドイツ人のためにかかれたものですから、格についても日本の文法書よりも詳しく、語源や本来の意味まで書かれているので、主格、属格と訳さないと意味がない内容です。私やplapotiさんが参加していないQ&Aのあるスレッドには、「これらの格をそれぞれ1格・2格・3格・4格と呼ぶが、欧米では使われず、また順番も主格・対格・与格・属格と、全く異なる」と書いている人がいましたが、私が今見ているドイツの文法書では、「主格は、伝統的な格の順序では第1格と呼ばれる」とありますし、属格も、「伝統的な格の順序では第2格と呼ばれる」とあるので、この人の認識は誤りだと思います。
このドイツの文法書の「格」の章を見てみると、インド・ヨーロッパ語には本来8つの格があったという説明から始まって、それぞれの格の由来と機能が書かれています。それぞれの格の多様な機能を見ていくと、主格と対格はまだわかるのですが、属格は「所属」だけの機能で使われるわけではありませんし、「与格」も、与える対象、間接目的語だけを指示するわけではありません。ラテン語の奪格、具格、位格の機能は、ドイツ語では与格が果たしています。属格や与格の機能の中には、「属」や「与」という文字から連想されるものからは大分遠いものがあるので、かえって混乱のもとになるような気がします。日本のドイツ語教育者は、日本人が学習しやすいようにこういう方法を考えたのでしょう。
主格は「命令格」の役も果たします。属格には、はっきり「所有」を表す機能のほかに、「目的語的属格」、「主語的属格」、「部分の属格」、「性質の属格」、「説明の属格」そのほか、いろいろな機能があります。たとえば、die Höhle des Löwenと言えば、「ライオンの洞窟」なので、des Löwenという属格は「所有」を表します。しかし、die Besichtigung des Museumsと言うと、「博物館が所有する見学」ではなくて「博物館を見学すること」なので、des Museumsという属格は「目的語的属格」になります(こういう場合、ラテン語では何格を使ってどう表現するのでしょうか?)。また、das Geschrei der Kinderといった場合は、「子供が発した叫び声」という意味なので、「主語的属格」です。
与格にも、「利害の与格」、「所有の与格」、「関心の与格」など、いろいろな機能があります。対格も、目的語を示すだけでなく、jeden Montagと言えば、「毎週月曜日に」という副詞になります。

遅くなるとまた回答しそこなうので、ここまでにします。今後のことですが、今しばらくはアナログではなくデジタルでお付き合いください。3月以降のことも含めてお話ししておきましょう。何回かに分けてコラムにヒントを出しておきますので、保存してください。

Q&Aをやるようになってから、ドイツ語の質問でしばしば主格、属格、という書き方で質問をする人がいます。古い文法書を使っているのか、私が思っているよりも、主格、属格という書き方の文法書があるのか、その辺はわかりませんが、少なくとも、私がドイツ語を始めてから使ってきた文法書は、みな数字で表しているものばかりでした。これを書き始めてからちょっと気になってネットをのぞいてみましたが、やはり日本では、数字で書き表す方法がかなり前から主流のようです。ドイツの文法書でも、多くはありませんが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報