先日(12/1)実父(74歳)が前立腺がんの低分化腺癌、グリーンスコア9、ステージⅣのD、骨盤内多発リンパ転移、多発骨転移と診断されました。医師からはホルモン治療のカソデックスの内服とゾメタの点滴注射で治療を行っていきます、と説明がありました。

3年前に市民検診に70歳も過ぎたので前立腺がん検診を追加して受けたところ、PSA9.1で泌尿器科へ受診を勧められ近所の泌尿器クリニックへ受診しました。前立腺肥大によるPSA上昇とみられるので前立腺肥大の治療をしながら経過観察していきます、との説明でした。今回PSAが90まで上昇した為、総合病院を紹介され針生検を行い今回の結果となり、頭が真っ白になりました。病院で診てもらっているからと安心して、こんな状態になるまで気付いてあげられなかったことを悔やんでも悔やみきれません。

幸いなことに今のところは痛みなどの自覚症状はなく、日常生活は普通に過ごせています。ただ担当の先生も背骨がほとんど黒くなっているので痛みがあってもおかしくなのですが、とおっしゃっていました。ホルモン治療をしながら何か民間療法はないかと、いろんな方の経験談から食事療法をしはじめました。制限しすぎるとストレスになってしまうので今は調味料を無塩、減塩にかえ、牛肉、豚肉は控えるようにしています。今後はりんごにんじんジュースとビール酵母を始める予定です。

民間療法を探す中で情報量が多すぎて、良いといわれるものはすべて試したい、という衝動に駆られます。がんが消えたっという奇跡が父にも起こって欲しいですが、今は痛みなどの自覚症状がない状態をなるべく長く過ごして欲しいっと願っています。自分で出来ること以外で免疫細胞療法はどうなんだろうっと考えています。体の負担も少なそうでがんの進行も遅くなるとありました。免疫細胞療法の効果やメリット、デメリットを教えて頂きたいです。他にもこれはっという民間療法がありましたらご紹介いただければ有り難いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は4年前に大腸ガンの手術を受け、その2年後に肝臓転移があり手術を受け


その後にも2回手術を受けました。
当初は、にんじんジュースやビール酵母、漢方、超高濃度ビタミンC点滴など
数百万円使いました。
しかし2年後に肝臓への転移が見つかりました。
癌の恐ろしいところは、何年経っても安心できないのですね

デメリットは経済的な問題です。

今年の春に、あるワクチンと出会い、5日ごと自己注射しています。
そのワクチンを注射してから約10ヶ月、今のところ転移は発見されていません。
なので効いているのかな。
つまり、自分の体を実験材料として使うしかないですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
経験された方のお話はとても参考になります。
免疫細胞療法もまだ研究段階ってことは自分の体で効くのか効かないのかの実験になるということですよね。

やはり、かなり高額ということで継続的に行うのは経済的に大変そうですね。私のできる範囲、父の負担にならない範囲で民間療法を見つけたいと思います。ワクチンについてももっと調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/12/11 19:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺がん(リンパ転移あり:D1)でPSA微上昇。

前立腺がん(リンパ転移あり:D1)、GS:7、PSA:18と診断されて、
昨年10月頃からホルモン療法を始めました。

その後、PSAは下がり、今年2月のPSA値は、0.105だったのですが、
今日の検査で、PSAが0.183に微上昇してました。

主治医の医師が、「思ったより上がるのが早い。←※聞き間違えかもしれません」「薬(カソデックス)を一度止めてみましょう」「一度止めることによって稀にPSAが下がることがあるので。」と言われました。(注射はしました。)


PSA値が、0.105→0.183と、僅か0.08の微上昇でも、再発(再燃)または再発の前兆ってことでしょうか?
それとも、投薬を一時的に中止して有効期間を延ばそうと考えてのことでしょうか?

Aベストアンサー

PSAの値は、癌だけでなく、色々な要因で上昇する場合があります。
また、0.105から0.183への上昇を、
0.078の上昇と見るのか、
誤差と見るのか、
1.74倍になったと見るのか、
見方によって、色々な解釈が可能です。

なので、様子を見ながら、総合的な判断が必要です。
再燃(再発)と判断するには、三回連続上昇など
色々な判断基準があります。

また、ホルモン療法が効かなくなっても、
放射線、手術、抗がん剤など治療方法はあります。

医師とよく相談してください。

Q前立腺肥大と前立腺炎とPSA血液検査(癌検査)

PSA血液検査と前立腺の炎症との関係が主な疑問です。

2008年12月から定期的にPSA血液検査をしている57歳
の男性です。

最初のきっかけは、初めて受けた同検査の数値が異常に高く
(32)。その後、再検査して直ぐに22->10と下がり、
3ケ月ごとの検査で、6から8の間を繰り返し、ここ1年強
は5から4の前半くらいまでに落ち着いていました。

基本的には前立腺肥大はあるようです。

昔から花粉症の症状もあり、今年はくしゃみ鼻水の症状が
酷いので、あまり薬を飲むのは好きでないので最小限に
していたのですが、とうとう、パブロン鼻炎カプセルを
1日2錠飲んで症状を抑えてきました(本来は一日2錠を
朝夕2回ですが、朝だけ2錠飲んできました)
最近:4月中旬はやめてます。

これには、前立腺肥大の人にはあまり好ましくないような
説明書きはあったように思います。


4月1日に某大学病院でPSA血液検査の定期検査を受けました。

そろそろ、グレーゾーン(4から10)を脱して4以下にならない
ものかと期待していたのですが、16.6もありショックでした。

ただ、ドクターの説明では、これはおかしい。多分、炎症でしょう。
2ケ月後に再検査しましょうとなりました。

これまでは検査しても特に何の薬も貰うことはなかったのです
が、私が何に気をつければいいのか、何をすればいいのか問い続けたところ、
薬を出しましょうということになり、セルニルトン錠
という前立腺肥大や炎症を抑える薬を60日分もらいました。
1回2錠。朝昼夜、食後。

PSA血液検査で自分の場合、数値が高いのは、基本的には体質的
なものが大きく影響しているような気がします。

ちなみに基本的に家系的にはガン体質ではありません。
数値が6から8の頃(この頃は別な検査機関でしたが)も
説明をしてくれたドクターには「心配ない。感染症ですよ」と
おっしゃる方もいました。


胃腸はあまり強くなく、食べては出す方で、一日の大便の
回数は少なくとも3回以上で、小便も10回以上にはなると
思います。

PSA血液検査をする時の大便の状態が悪いと、いくらか炎症
があるのではないかと、最近はそれが一番の原因のように
感じています。

基本的に前立腺肥大と前立腺癌は関係ないと聞いています。

PSA血液検査の値が4以上でも、炎症を起こしやすい体質の
為、前立腺癌とはほぼ関係ないという体質であるという事例は
少なくないといえるでしょうか。

コメントをいただければ幸甚です。

PSA血液検査と前立腺の炎症との関係が主な疑問です。

2008年12月から定期的にPSA血液検査をしている57歳
の男性です。

最初のきっかけは、初めて受けた同検査の数値が異常に高く
(32)。その後、再検査して直ぐに22->10と下がり、
3ケ月ごとの検査で、6から8の間を繰り返し、ここ1年強
は5から4の前半くらいまでに落ち着いていました。

基本的には前立腺肥大はあるようです。

昔から花粉症の症状もあり、今年はくしゃみ鼻水の症状が
酷いので、あまり薬を飲むのは好きでないので最小...続きを読む

Aベストアンサー

こんいちは。

薬剤師なので薬学的な観点から申し上げますのでご参考にしていただければと思います。

一つ気になったのがパブロンの服用です。
パブロン鼻炎カプセル(1回2錠だからたぶんパブロン鼻炎カプセルSですよね)は前立腺に対してリスクがある成分が多数含まれています。
プソイドエフェドリン、カルビノキサミン、ベラドンナ総アルカロイドです。
まずプソイドエフェドリンα1受容体を刺激するため前立線を肥大させます
カルビノキサミン、べラドンナ総アルカロイドは抗コリン作用が強いため、膀胱の筋肉の緊張をほぐし収縮を抑えてしまうため尿が出にくくなります。
以上の結果尿道の抵抗を高めてしまい、前立腺を刺激してしまったため数値としてでてしまったのではないかなと薬学的な観点から申し上げます。
今後再検査の結果数値が低下してくれば医師の言うとおり気にしなくて良いと思いますよ。

市販の薬は比較的古い成分の薬が使われているためそうした疾患を受けている方の服用は十分に注意が必要です。もし、今後花粉症に対して服用するのであればザジテン、パブロン鼻炎カプセルZ、ロートアルガード抗アレルギーカプセル、ハイガードの服用にとどめてください。効果は落ちるかもしれませんがそれ以外の服用は勧められません。お大事に。。 日野市 ぷっく薬局

こんいちは。

薬剤師なので薬学的な観点から申し上げますのでご参考にしていただければと思います。

一つ気になったのがパブロンの服用です。
パブロン鼻炎カプセル(1回2錠だからたぶんパブロン鼻炎カプセルSですよね)は前立腺に対してリスクがある成分が多数含まれています。
プソイドエフェドリン、カルビノキサミン、ベラドンナ総アルカロイドです。
まずプソイドエフェドリンα1受容体を刺激するため前立線を肥大させます
カルビノキサミン、べラドンナ総アルカロイドは抗コリン作用が強いため、膀胱の筋肉...続きを読む

Q前立腺がん患者の射精について、PSA値との関連

前立腺がんを患っている人が性交渉や自慰をして射精をするとPSA値が上昇すると聞きました。
そのため、その患者は射精をしてはいけないのですか?

Aベストアンサー

矢張り専門医に聞くのが間違いないのでは、直接聞けなければ今はネットでも相談できるのでは、其れから何の病気や治療でも、今はセカンドオピニオンが大事ですよ、

何処の有名な医者で会っても、答えが全て正しいとは言えませんから、私も過去に治療で失敗してますから、大きな病院で2件とも良い治療が受けられませんでした。

今其の後遺症で悩んでます。正確な診察や正しい治療が重要ですし、又治す本人の正しい治療に沿った治癒も大事です。

Q前立腺がんHIFU手術後のPSA値の変化について

前立腺がんHIFU手術後のPSA値の変化について
限局前立腺がんで昨年12月HIFUの手術を受けました。
その後のPSA検査結果は
1月:0.575
3月:0.25
5月:1.8
で5月に急に上昇しました。
担当の先生はもう少し様子を見ようとの事でした。
質問ですが、
この様に急に上昇する要因としてどの様な事が考えられますか?
がんが何処かに残っているかと心配です。

又射精や自転車でもPSA値が上昇すると聞いた事が有りますがどの位上昇する
ものでしょうか?
検査前どの位の期間自粛したら良いのでしょうか?

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

数値の見かたとしては
術後の1月:0.575が基本数値となります
6ヶ月経過後に数値が倍になると要注意です

がんが何処かに残っているか、ということですが
HIFU手術は癌を取り去る手術でありません
大きくならないよう小さくして、再び大きくならないようにするのが
目的ですが癌の性質上簡単でありません

癌の拡大、転移も心配されます
医師と相談の上HIFU再治療か全適か他の治療法を選択ですが

やはり根絶は全適しかありません
転移してからでは全適手術が受けられなくなりますので
ここは一番決断のしどころです

Q前立腺がん手術後のPSA0.099は正常か?

70才です。前立腺がんの手術を受けました。(手術日3/22 退院4/3 前立腺全摘除 右精嚢摘除)
昨日(4/11)退院後初めての診察(血液検査・尿検査・手術跡目視)を受けました。尿漏れ以外は順調に回復しているようで医師からは問題なしと言われました。しかしながら血液検査のPSA数値が0.099となっています。自分としては術後は限りなく少なくなり0.001位まで下がると思っていただけに少し不安が残ります。0.099という数値で問題はないのでしょうか。医師からは初期のがんできれいに取れ転移もないと言われています。(生検時のPSAは7.9 グリソンスコア6 ステージT2)
次回の診察は4/25です。手術経験者や専門知識の詳しい方がおられれば教えてください。

Aベストアンサー

前立腺がんは手術前と手術後の数値は数値の見方が異なります
手術療法では手術後の数値0.099はやや高い(0.02~0.07)と言えます
しかし0.2以下でなら問題ないとされてます
手術後の0.099という数値が基本数値になります
0.099が手術後6ヶ以内に倍の数値0.2になると危険とされています
また年間PSAが2.0以上の上昇は将来的に転移の危険性がおるとされています
今後の数値の変化への監視が重要です
また放射線治療の場合は数値の見方が異なります


人気Q&Aランキング

おすすめ情報