『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

NHK杯でも、GPでも、アナウンサーが「キン ハクヨウ」と呼び、今日11日放送のGPファイナルでは、ご丁寧に画面でフリガナまでふってありました。

しかし、NHK杯は日本での大会ですが、会場アナウンスは「ボンヤン ジン」。
一緒に出場している羽生結弦も、「ボンヤン ジン」と呼んでいました。

TV局のアナウンサーだけ(もしかしたら解説者、その他も?)が「キン ハクヨウ」と呼んでいて、違和感がありました。


彼は、自国では「ジン ボンヤン」と呼ばれ、日本以外の国では、「ボンヤン ジン」と呼ばれます。
「金 博洋」を「キン ハクヨウ」と呼ぶのは世界中で日本だけです。
漢字だからといって、外国人の名前を自国読みするのは失礼です。

羽生結弦は、日本以外では、「ユズル ハニュウ」と呼ばれますが、姓と名が逆になるのはやむを得ません。

それとも、中国TV局は、日本人の漢字名を中国読みしているのでしょうか?
たとえば、羽生結弦は「ユゥション ジエシエン」、浅田真央は「チェンティエン ジェンヤンと呼んでいるのでしょうか?

で、日本TVも仕返しのように、中国人名を日本語読みする、そういうことなのでしょうか?

それにしても、選手の羽生が「ボンヤン ジン」と呼んでいるのに、TV局が「キン ハクヨウ」と呼ぶのも随分と思い上がったというか、僭越な感じがしました。

なぜ日本語読みするのか、御存じの方、いらっしゃったら教えてください。

質問者からの補足コメント

  • 皆様の回答により、両国の正式合意によって、それぞれの国の読み方で呼んでいると解りました。
    ありがとうございます。

    ということは、ひらがな名前は、中国でも読み替えなしですね。

    中国で「真央」は「ジェンヤン」だけど、「まお」ならば「マオ」と呼ばれる。
    浅田真央選手も「ジェンヤン」と呼ばれるより、「マオ」と呼ばれた方が自分のことだという実感があるだろうと思います。

    スペインの会場で日本人が「キン ハクヨウ!ファイト!」とか応援しても、金博洋選手は自分のことだと気づかないかもしれませんよね。
    だから、40年以上前の合意は見直した方がいいだろうと思います。

    だって、40年(!)も前!
    コンピュータもロクに普及してなかった時代!
    世界がこんなに繋がっていなかった時代!
    時代錯誤だと思うのは私だけなのでしょうか?

      補足日時:2015/12/12 10:51

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは



国民の多くが、正式に名前を漢字表記しているのは、日本、中国、それに韓国、北朝鮮です。

日中間、日韓間(北朝鮮もこれに倣っているようです)では、以下のような合意があります。

日中間
1972年9月、中国を訪問した当時の首相、田中角栄と、周恩来首相との日中国交回復の会談時、日中両国の人名は、互いの国での読み方で読むことを、従来通り継続する、という合意がなされたようです。

日韓間
1984年、韓国の全斗換大統領が来日した際の、日本の政府高官たちとの会談の時、両国の要人の名前を、お互いに現地読みすることで合意したそうです。

NHKに代表される公共放送では、この合意に沿ってアナウンスしているようです。
ただし、オリンピックなどの国際的イベントでは、中国名といえども、国際標準に照らし合わせて、中国読みで放送している、との事です。
どこまでが、国際的イベントなのか分かりませんが…

NHKの日本語放送は、日本国内向けなので、合意の方が優先されたのではないかと思いますよ。

今日放送された、GPファイナルのアナウンス、画面でのカタカナ表記も、日本語読みになってましたね。場内アナウンスは、スペインでの開催ですから、当然ですが現地読みでした。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

両国首脳が正式に合意したのですね。
確実な歴史的経緯を教えていただきありがとうございます。

しかし、すでに50年近く前の合意です。
世界中で田中を「ティエンジョン」と呼ぶのは中国だけ、周を「しゅう」と呼ぶのは日本だけ、という”奇妙”な風習は見直すべき時期、という気がします。

お礼日時:2015/12/12 10:41

「習近平」総書記を「しゅうきんぺい」などと呼んでいることには疑問を持たなかったのでしょうかねぇ・・・



中国とは双方の言語の発音で表記するとの申し合わせがあるから(因みに、韓国とは、お互いの母国語の発音で表記となっている)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

言われてみれば、たしかに以前「しゅうきんぺい」にも違和感を持ちました。

今回は、GP日本大会=NHK杯で、羽生選手と会場アナウンスが「ボーヤン ジン」と呼んだ直後に、アナウンサーが「キンハクヨウ」と言ったので、一瞬、同じ選手(=金)のことだと解らなかったのです。

NHK絡みの大会の会場アナウンスと、TV放送しているNHKのアナウンサーが違う呼称を用いていることにものすごく違和感を持ったのです。

両国で正式合意があるということは、No.3様の回答で理解できました。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/12/12 10:40

>「金 博洋」を「キン ハクヨウ」と呼ぶのは世界中で日本だけです…



その金さんは、韓国朝鮮人ではなく中国人なのですね。
それならテレビアナが正解です。

「相互主義」です。

>それとも、中国TV局は、日本人の漢字名を中国読みしているの…

はい、中国のTVは安倍晋三も「アベシンゾウ」とは読みませんが、韓国では「アベシンゾウ」と読んでくれます。

したがって日本のテレビでも、もしその金さんが韓国朝鮮人なら「キン」とは読みません。

お若い方はご存じないかもしれませんが、昭和48年(1973)に「金大中事件」というのが東京で起こりました。
発生当時は「キンダイチュウ事件」事件でしたが、途中から「キムデジュン・・・」に変わりました。

時の韓国政府から申し入れがあったためで、当時の「全斗煥大統領」も「チョンドファン・・・」に変わりました。

あれから 40年以上経ちましたが、中国では今でも日本の固有名詞を中国語読みするので、日本でも中国の固有名詞を日本語読みするのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

両国間の正式合意によるもの、とNo.3様の回答で解りました。

中国TVが安倍をアンベイと呼ぶから、日本のTVが仕返しで日本語読みをしているわけではないのですね。
すみません、私が狭量でした。

お礼日時:2015/12/12 10:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国人の名前をどうして現地読みにしないのですか?

いつも思うのですが、どうしてもわからないので。

昔は公共放送でも朝鮮人・韓国人の名前も「金日成(きむいるそん)」→=キンニッセイとか漢字音読みにしていたように記憶しますが・・・

だいぶ前から、交流が進んだせいか?韓国のJリ-ガーや芸能人は漢字名でも普通に現地読みになっています。
が、どうして中国人や中国の地名はそのまま漢字日本語音読みのままなのでしょうか???

人の名前ですから、個人の尊厳からも本人の現地読みでなけれな気分が悪いと思いますが。
自分だって外国の変な読み方で呼ばれたら違和感だと思うのですが。
ましてみな一国独立国、地名まで、昔日本が覇権を持っていた頃の呼び名?で、日本の公共放送はじめメディア一般で使っているのに不快感は示されないのだろか???
不思議に思います???



昔、カナダに渡った頃、現地高校生と話してた時、チャイナのマオ・ツェトンがどうのこうので、マオって?って誰って聞き返したら・・・チャイナのグレートリーダーだった人物も知らないのか?!とかなりバカにされました。
毛沢東のことかとピンと来て・・・日本じゃ通常読み名が違うんで、今の今まで世界で通用する読みを知らんかった(汗・・と言い訳しましたが(笑
・・・その頃からずっと疑問のままで。

今の中国関連ニュースを聴くたびも思い出します。
今の隣国の指導層の実の名前を知らないんだなぁ・・・と(^^;汗

いつも思うのですが、どうしてもわからないので。

昔は公共放送でも朝鮮人・韓国人の名前も「金日成(きむいるそん)」→=キンニッセイとか漢字音読みにしていたように記憶しますが・・・

だいぶ前から、交流が進んだせいか?韓国のJリ-ガーや芸能人は漢字名でも普通に現地読みになっています。
が、どうして中国人や中国の地名はそのまま漢字日本語音読みのままなのでしょうか???

人の名前ですから、個人の尊厳からも本人の現地読みでなけれな気分が悪いと思いますが。
自分だって外国の変な読み方で呼ば...続きを読む

Aベストアンサー

以下の通りです。

*****************

1)日中間の人名の読み

1972年(昭和47年)9月、当時の田中角栄首相が中国を訪問し周恩来首相との日中国交回復の会談の際に、日中両国の人名は、互いに、読む人の国の読み方(日本では、周恩来はシュウオンライとの如くに)を従来通りに継続することで合意した。

2)日韓間の人名の読み

1984(昭和59年)韓国の全斗換大統領が来日し、日本の政府高官たちとの会談の席上、両国の要人の名前を、お互いに現地読みすることで合意した。

その結果、金大中氏が、「キンダイチュウ」から「キム・テジュン」に変わった訳です。

北朝鮮との関係もそれに倣っている。

******************


上記(2)の日韓間交渉の政府高官とは、当時の安倍晋太郎外相(安倍晋三元首相の父)です。
今アラフォーの人で、1984年は14歳なので、当時ニュースなどで、全斗換、金大中、金泳三を「ぜんとかん」「きんだいちゅう」「きんえいさん」と呼ばれていた記憶があるでしょう。
それより若い世代の人は、「チョンドファン」「キムデジュン」「キムヨンサム」としか認識ないでしょう。

以下の通りです。

*****************

1)日中間の人名の読み

1972年(昭和47年)9月、当時の田中角栄首相が中国を訪問し周恩来首相との日中国交回復の会談の際に、日中両国の人名は、互いに、読む人の国の読み方(日本では、周恩来はシュウオンライとの如くに)を従来通りに継続することで合意した。

2)日韓間の人名の読み

1984(昭和59年)韓国の全斗換大統領が来日し、日本の政府高官たちとの会談の席上、両国の要人の名前を、お互いに現地読みすることで合意した。

その結果、金大中...続きを読む

Q日本の固有名詞の中国読みについての疑問

最近の話題で例を挙げれば、スカイツリーを東京晴空塔と中国語訳する、などです。
日中の国同士?の取決めで、漢字はお互いに自国の発音で読むことになっていると、聞きました。

しかし、中国の人が日本にやってきて、そこらの日本人に「トンジンチンコンター?」と聞いても、知っている人しか解りません。
中国以外の国の人はそれぞれのお国訛りの発音で「スカイツリー?」と言うでしょう。そして、たいていの日本人はそれを理解するでしょう。

山手線のどっかのホームで「shibya, shibya!」と叫ぶ外国人がいれば、「渋谷はコッチのホームだよ」と指さす人がいるでしょう。
しかし「セグゥ、セグゥ!」と言っても、「渋谷」と気づく人は少ないと思います。
国レベルの取決めはともかく、民間人レベルでは、お互いに不幸なことだなと思います。

中国語を学習すると、初めにたいてい、自分の名前の中国語読みを教えてもらいます。
私も、自分の名前を、我叫Tiánzhōng、と言えた時は嬉しかったです。
しかし考えてみれば、実のところ私は「ティェンジョン」ではありません。「田中」です。世界中どこへ行っても、私は「tanaka」です。
自分の名前を中国語読みで名乗るとか、逆に中国人名を日本語読みするとか、そういうのも、もうやめた方がいいんじゃないかという気がします。

漢字を使っているからと言っても、現代では、日本語の漢字、簡体字、繁体字と違ってしまっています。すでに「漢王朝の文字」のままではありません。
その国の読み方を尊重する方が、グローバル時代に適しています。
その方が、日本に来た中国の人も、通りすがりの日本人もお互いに楽なのに、と思います。
皆さんは、どうお考えになりますか?

最近の話題で例を挙げれば、スカイツリーを東京晴空塔と中国語訳する、などです。
日中の国同士?の取決めで、漢字はお互いに自国の発音で読むことになっていると、聞きました。

しかし、中国の人が日本にやってきて、そこらの日本人に「トンジンチンコンター?」と聞いても、知っている人しか解りません。
中国以外の国の人はそれぞれのお国訛りの発音で「スカイツリー?」と言うでしょう。そして、たいていの日本人はそれを理解するでしょう。

山手線のどっかのホームで「shibya, shibya!...続きを読む

Aベストアンサー

わかります。できるだけ、その人がいる国の発音で読むべきではないでしょうかね。
どう読むかは、本人が決めるべきで、国をまたいでもそれは同じと思います。

例えば、私はバスケットボールが好きなのですが、以前NBAでスター選手となった姚明という中国の選手がいました。
中国ではもちろん、アメリカでも読みはヤオ・ミンだったのに、NHKではようめいと発音していました。
非常に違和感があったのを覚えています。日本で普段見ない姚という字を、なんで無理にようと読むのか不思議でしたね。


人気Q&Aランキング