英語の表記について質問です。英語のタイトルで、名詞等で、”Dr."と”Ph.D."は使い分けていると聞いたことがありますが、それは本当でしょうか。それぞれの意味を教えください。また、日本と米国に意味の差があればそれも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

面白そうな質問なので見てみたら、いろいろな回答が出ていますね。


僕も自分なりの回答をしてみようと思います。僕はアメリカの大学からのPh.D.を持っていますが、僕の回答にも間違っていることもあると思います。でもまあ、日常生活においてはこの程度の理解で問題ないだろう、というくらいの回答はできると思います。

まず、Dr.はDoctorの略語で、Doctorには医者と博士の2つの意味があります。Doctorと近い単語のDoctorateになると、意味は博士に限定されます。
Ph.D.(D.Phil.と書くこともありますが)はDoctor of Philosophyの略語で、哲学博士ということになります。ただし#6さんが書かれているような歴史的経緯で、理学、工学、社会科学、その他諸々、ほぼ全ての学問分野でPh.D.が使われています。
これがDr.とPh.D.の言葉の意味です。

さて、Dr.とPh.D.の違いを知るには、どんな人がDr.なのかを説明するといいでしょう。以下の人はみんなDr.です。

医者(M.D.; Doctor of Medicine)
医者というだけでもDr.ですが、M.D.という学位自体は博士レベルの学位と規定されているようなので、学術的にもDr.です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Doctor_of_Medicine

医者の卵(B.M.; Bachelor of Medicine; 医学学士)
Doctor には医者の意味があるので、医者の場合についてのみは、学位的に学士レベル相当でもDr.が使われるらしいです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Physician

研究系の博士号(Ph.D.)
例外もある気がしますが、少なくともアメリカでは、研究系の博士号=Ph.D.と思っておいていいと思います。イギリスでは#3の方のいわれている「上級学位」も使われていると聞いたことがありますが、アメリカでは聞いたことがありません。
下のリンクによるとD.Sc.の場合、イギリスでは上級学位、アメリカでは工学など比較的新しい学問領域を中心に与えられるPh.D.相当の学位となっているようです。でもアメリカでは普通は、新学問領域でもPh.D.を使っています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Doctor_of_Science

実務系の博士号(Doctor of XXXX)
Doctor of Education(Ed.D.)、Doctor of Business Administration(D.B.A.)などは実務系の博士号です。博士号の価値自体に上下をつけるのはよくないかもしれませんが、研究系の博士号よりも低く見られる傾向にはあります。その他、Doctor of Engineering(D.Engr.)などがあります。
ちなみに、アメリカで例えば工学系のPh.D.とD.Engr.の違いは、プログラム自体がPh.D.ならより研究系、D.Engr.ならより実務系、と僕は理解していますが、ここは少し自信がありません。

名誉博士号
いろいろな分野で名誉博士号があります。

上記の全てがDoctorです。敬称として使う場合はMr./Ms.のかわりにDr.が使われることが多いです。

質問にあった名刺についてですが、アメリカでは「Anthony Robison, Ph.D.」とか、「Anthony Robison, M.D.」とか学位名の後または下に学位が書かれたものをよく見ます。
「Dr. Anthony Robison, Ph.D.」という風な名刺も見たことがありますが、一般的ではないようです。自分に敬称を付けると変だからかな、と思います。

ところが、日常生活での自己紹介や手紙などでは、My name is Dr. Anthony Robisonという使い方も多く見ます。この使い方は僕にとっては少し奇妙なんですが、普通に広まっています。
この場合、多分Dr.は敬称としての意味合いより、「私は博士学位をもっています」という学位名併記に近い感じで使われていると思います。
    • good
    • 6

>日本と米国に意味の差があればそれも教えてください。



ですが

No.2> 日本の場合、学会も博士号取得者もいい加減な
もので(笑)、その辺はごちゃまぜですが、
そんなわけで、博士号が全てPh.Dではないので

No.3>本来日本の学位もPh.D相当とされていますので、英語での表記にPh.D.と書く人もいます。

といった感じ、本当は違う名前の学位なのに
日本人は使い分けをはっきりしていない
人がいる。ということでいいのではないかと
思います。


まとめると
★Dr.=Ph.D,M.D., D.Sc,博士(理学)・・・等

でも日本人の中には
日本の博士号=Ph.D
と考えている人がいる

ということですね。





学位に名前の違いがあるのは、日本の場合
明治時代に西洋の学問を取り入れる際、
西洋の宗教と哲学を排除するという基本方針が
あったことが影響しているもので、
今でも日本の教育で、哲学の専門授業は
大学の哲学科に行くか、教養で哲学の授業
を取る以外にありません。
内容的にはっきり違うのはヨーロッパとの間で、
ヨーロッパでは高校生が哲学の思想の部分を
授業でやったりするんです。日本人は
西洋の歴史としてその一部の情報を知るだけです。


 Ph.Dの由来ですが、例えば17世紀のイギリスの
ニュートンの物理学書の正式タイトルは、
「自然哲学における数学的諸原理」
というもので、広い哲学の思想の中の
自然哲学に数学を持ち込んだ物が
現在、物理学と呼ばれているので、
同じように哲学の思想を発展させた
経緯のある分野の学位は哲学博士Ph.Dなんです。
 
 ただ日本は近代国家建設のため、
西洋の学問から産業に使える部分を
切り取って使っている状態で、
それは高校に哲学の授業がないといった
感じで今でも引き継がれています。

 ですから哲学のての字も知らないでも
日本では博士号が取得できるわけですから、
個人的に偉い人がいるとかいった話は
別として、
日本の博士号=Ph.D
などというのは内容的に誤った理解
だと思います。


すいません、長くなりました。
    • good
    • 1

No.3です。

他の回答者の方の意見にコメントする必要は無いとは思いますが、

>No.3の方のご回答のとおりだとすると、
>Dr.=Ph.Dで
>他にM.D、D.Scというのがあるということのようですが、
概ねですね。但し、M.D., D.Sc, その他、Ph.D.でない学位がありますから、Drと一般的に書かれる訳です。

従って
>>Dr.の人が全員、Ph.D.の学位を持っているとは限りません。
>というのがあっているような気がします。
あっていますよ。
    • good
    • 3

ご質問の内容なんですが、実は僕も前から気になって


いて機会があるといろいろな人に聞いているんですが、
みんな言うことが違います。

私の聞いた人たちの回答は、Ph.Dは博士号一般
を言うのだというものが多く
Ph.D=アメリカと日本の博士号
ということなんですが、Phは哲学の意味
ですよねと聞くと皆黙ってしまいます。

No.3の方のご回答のとおりだとすると、
Dr.=Ph.Dで
他にM.D、D.Scというのがあるということのようですが、
アメリカの学会に論文や予稿を送ると、まずは
受け取ったという連絡の手紙の宛名はDr.になって
いますし、Dr.は不特定のドクターを意味するような
気がしますので、No.1の方が言われている

>Dr.の人が全員、Ph.D.の学位を持っているとは限りません。
というのがあっているような気がします。
    • good
    • 2

基本的に、米国で、Dr.と書かれていれば、Ph.Dと考えてよいですが、医者の場合は、M.Dです。

また、上級学位としてD.Scというのもあります。

本来日本の学位もPh.D相当とされていますので、英語での表記にPh.D.と書く人もいます。Ph.Dと書いているからといって、外国で学位をとったという保障は全くありません。悪意が無くても、同格とみてもらうために、Ph.Dと書いている人は多いです。学位記は、日本語ですので、英語表記するときは、Dr.の方が正直かもしれません。

ちなみに現在は、理学博士ではなく、博士(理学)という表記になっています。

論文博士をずいぶん軽く見られている方もおられるようですが、まともな大学なら、課程博士よりずいぶん厳しいですよ。私の出身大学(地方国立ですが)でも、課程博士は、査読付論文3報程度に対し、論文博士なら、10報は要求されます。課程博士は、研究者のスタートとして与えてよいが、論文博士は、完成された研究者に与えるものだからだそうです。査読付論文を10報書いていなければ、博士論文を書いても、審査前に却下だそうです。

結局は、博士といっても様々です。その後の精進が大事です。
    • good
    • 2

日本では工学博士、理学博士といった具合に


分野別に名前をつけています。

 しかし、欧米では学問の歴史的発展を
尊重して、どの分野で博士号を取得しても
殆どの場合、Ph.D( Doctor of Philosophy)
<哲学博士>という称号の学位をもらいます。
(例外もあります)

 確認していませんが、日本でこの名称の博士号を
取れるのは、文学部哲学科くらいではないでしょうか?
もしかしたらそれも文学博士に統一しているかもしれない。

 日本の場合、学会も博士号取得者もいい加減な
もので(笑)、その辺はごちゃまぜですが、
そんなわけで、博士号が全てPh.Dではないので
使い分けがあります。日本でPh.Dと肩書きに書いて
いる人がいたら、(そのまま信じれば)その人は
どこか外国で研究をして博士号を取得した人と
考えていいわけです。日本のように論文を出す
だけで正式な博士号をくれる、いわゆるペーパー
ドクターなどという制度は他にありませんから、
外国の大学での研究経験があると
考えて間違いありません。
    • good
    • 0

Dr.は敬称、Ph.D.は学位です。


Dr.の人が全員、Ph.D.の学位を持っているとは限りません。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPh.D 名刺での書き方

英語の名刺にPh.Dを書くとき、色々な書き方があるようです。
Ph.D in economicsと名前の下に書いてあるもの。
名前の前にPh.Dだけ書いてあるもの。
名前の前にDr.としてあるもの。
などを見ました。

一般的な書き方はどんなものでしょうか。

情報よろしくお願いします。

Aベストアンサー

米国在住です。以前、大学で教授達のアシストをしていた時に、何度か彼らの名刺を作りました。だいたいいつも

John Smith, Ph.D.

のように、名前の後に Ph.D. をつけていましたね。名前の下に Ph.D. in Economics もありだと思います。ただ、名前の前に Ph.D. というのは、見た事がありません。

Dr. に関しては、Dr. を名前の前に付けると、ちょっとお高くとまった感じがしますし、医者と間違えられる事も考えられるので、Dr. を名前の前に付けて名刺を作る人は、少ないのではないかと思います。ですので、知人、友人、同僚の間で自分から「Dr. Smith と呼んでくれ」と言うのもあまり聞かないですね。(もちろん、周りはそう呼ぶ事も多いですけど。)ただ、私の元上司は、ホテルに電話した時に自分の事を Dr. xxx と呼んでいたので(医者ではありません)、どのような時に自分の事を Dr. を付けて呼ぶのか、分かりません。

Q(米国)複数の大学院からのph.D合格通知で費用の交渉の仕方は?

こんばんわ。

米国の数学で大学院のPh.Dプログラムか6校ほど合格通知が来ました(2007 fall入学予定)。
よく、交渉次第(併願している他大学ではこれくらいの費用(授業料+滞在費)でお宅は高いので安くしてくれればお宅に入学を検討できる等)では費用が安くなるとか留学経験者の個人サイトでそのような体験話がありますが
率直に安くしてくれ等と言ってみる価値はありますでしょうか?
交渉経験者の方いらっしゃいましたら具体的体験談お願い致します。

Aベストアンサー

合格おめでとうございます。
1番の人も書いてある通り、授業料と滞在費は基本的には交渉できません。ポイントは奨学金になります。

奨学金にもフェローシップ(完全給付型の奨学金)やアシスタントシップ(TAやRAなど労働の対価として支払われる給料の体制を取った奨学金)など、いろいろ種類があります。そして大事なことは、これらの奨学金が取れれば、大体は授業料全額免除やほぼ全額免除が自動的に付いてきます。健康保険その他の福利厚生までついてくる場合もあります。

ということで、まずは交渉を考えるより先に、どの大学で、どういった条件と額の奨学金を何年間もらえて、それとともに授業料がどれだけ免除になるかを調べてください。事前に提示されている場合もあると思いますし、問い合わせて初めて教えてくれる場合もあると思います。

合格した6校のプログラムの質や、奨学金の条件やその他諸々を天秤にかけて、一番行きたいところを選んで行けばいいと思います。
もし「奨学金があればどうしても行きたいのに、奨学金が無いから行けない」学校があれば、奨学金を何とか貰えないか交渉してもいいとは思います。日本の感覚だと「お金お金っていやらしい!」となるかもしれませんが、アメリカの大学は交渉についてそれほど気にしないので、聞いてみたければ聞けばいいと思います。

奨学金の内容に不満がある場合なども、交渉の結果で給料が上がったり福利厚生が付いたりする場合もあります(奨学金によっては交渉が一切不可のものも多くあります)。

奨学金のことは、やはりなかなかイメージが沸きにくいこともあるかもしれません。押さえておきたいところは
・どういうタイプの奨学金を何年間確実にもらえるのか。
・奨学金はいくらもらえて、奨学金の給付がある間は授業料を結局年間いくら支払う必要があるのか。
・奨学金の額はその地域の物価に連動しますので、奨学金の高いところは生活費も高い傾向にはあります。
・完全給付型の奨学金が一番ラッキーです。TAとRAなら基本的にはRAの方がラクですが全部がそうでもありません。Ph.D.コースの場合は教育経験を積ませる意味もあり何年間かTAを必須にしているところも多いと思います。

こんなもんですかね?後は留学経験者の個人サイトで何か有用なことが書かれていたら、そちらを実践してもいいかもしれません。

合格おめでとうございます。
1番の人も書いてある通り、授業料と滞在費は基本的には交渉できません。ポイントは奨学金になります。

奨学金にもフェローシップ(完全給付型の奨学金)やアシスタントシップ(TAやRAなど労働の対価として支払われる給料の体制を取った奨学金)など、いろいろ種類があります。そして大事なことは、これらの奨学金が取れれば、大体は授業料全額免除やほぼ全額免除が自動的に付いてきます。健康保険その他の福利厚生までついてくる場合もあります。

ということで、まずは交...続きを読む

Q工学博士,博士(工学),Ph.D.の違い

 タイトルの通り,○○博士,博士(○○),Ph.D.の違いについて質問です(『○○』には『工学』,『理学』などが入ります).

 ○○博士と博士(○○)は,前者が昔の,後者が今のもの,という印象があります具体的には何が違うのでしょうか.

 Ph.D.は,直訳すると「哲学博士」ですが,「Ph.D. in ○○」と書かれることもあり,よく分かりません.

Aベストアンサー

前にも同じような質問があったのですが、思ったやつが検索にかかってきませんので書き込みます。

すでに出ているように○○博士,博士(○○)というのは、法律で表記が変わりましたのでかわっただけで、同意です。

PhDは、英語圏の人にわかるようにする場合に、英語圏に当てはめるとPhDに相当しますと言う意味に考えてよいと思います。

以下、すでに出ている回答でおやっと思うことについて書いておきます。

>外国ではすべてPh.D.と呼びます。

すでに出ているように、MD(医学)がありますし、英国では、PhDより上級の学位としてDSc(Docter of Science)があります。日本でもDScと書いている人をたまに見かけます。

>工学博士ではDr. Eng. (Doctor of Engineering) がかなり多いです。

米国では、Dr. Eng.は、PhDよりもワンランク低い学位とされています。日本で工学博士をそう書いているのであれば、深い意味無しに書いているのか(単なる英訳)も知れませんが、知っていれば書かないでしょう。逆にDSc.は、知っていて使う人もいると思います。

通常は、もし工学を入れたければ、PhD in Engineering
とすればよいと、私の同僚の米国人は言っています。

前にも同じような質問があったのですが、思ったやつが検索にかかってきませんので書き込みます。

すでに出ているように○○博士,博士(○○)というのは、法律で表記が変わりましたのでかわっただけで、同意です。

PhDは、英語圏の人にわかるようにする場合に、英語圏に当てはめるとPhDに相当しますと言う意味に考えてよいと思います。

以下、すでに出ている回答でおやっと思うことについて書いておきます。

>外国ではすべてPh.D.と呼びます。

すでに出ているように、MD(医学)がありますし、英国では...続きを読む

Q米国Ph.Dのfull-timeで日本の雇用先のバイトは可能?

現在,日本で在宅での仕事(PCを使ってのオンラインでのバイト)をしています。
バイト先は日本の大学で仕事の内容は大学院生用数学教材作成です。
それで実は
full-timeで今年の9月からの米国大学院Ph.D(数学)に行く事になりました。

それで質問なのですがバイト先からなかなか代わりに教材を作成できる人物がいない(理学修士以上の資格でしか働けない)のでは法的に可能ならば渡米後も1日数時間でいいので現在の仕事を続けていってほしいと言われました(私としましても生活費の足しにしたいので続けれれば続けたく思ってます)。オンラインでの仕事なのでインターネットさえあれば世界の何処ででも仕事できます。
勿論、full-timeでの学生になるので基本的には余程の許可が無いとキャンパス外では働けない事は分かっています(その理由の一つは地元(留学先)の雇用を奪う事が挙げられます)。
でも米国に住んでいながら,余暇に日本の雇用先での仕事なので地元(留学先)の雇用を奪う事にはならず、寧ろそのバイト代で色々と買い物して貰えれば米国としては嬉しい限りですよね。つまり、地元の雇用を奪わずにお金だけ落としていってくれる外国人ならウェルカムですよね(何処の国でもそうだと思います)。

それと、オンラインで日本語も在日カナダ人に教えたりしています。
それも可能なら渡米後にも教えたく思っています。

このような状況下なのですが
留学中,余暇に働いてもいいのでしょうか?
(留学している間は余暇の過ごし方にも制限等はあるのでしょうか)

現在,日本で在宅での仕事(PCを使ってのオンラインでのバイト)をしています。
バイト先は日本の大学で仕事の内容は大学院生用数学教材作成です。
それで実は
full-timeで今年の9月からの米国大学院Ph.D(数学)に行く事になりました。

それで質問なのですがバイト先からなかなか代わりに教材を作成できる人物がいない(理学修士以上の資格でしか働けない)のでは法的に可能ならば渡米後も1日数時間でいいので現在の仕事を続けていってほしいと言われました(私としましても生活費の足しにしたいので続けれれば続け...続きを読む

Aベストアンサー

F-1ビザなら移民法上アウトです。

許されているのはオンキャンパスで週20時間までのバイトのみですが、
この場合のオンキャンパスとは大学が雇用者であることを指します。

あなたの場合雇用者は日本にいるのでオフキャンパス労働になります。
税制上もアメリカ居住中に働いて得た収入は支払い元の国に関わらず
申告義務がありますから、違法に働いて税申告もしない、となると
バレた時に二重にしょっぴかれます。かといって税申告をしたことに
より移民法違反が明らかになる可能性もゼロではありません。

2年目からはTAをさせられるということなので、1年目はその他の
フェローシップなどを貰っているのだと思いますが、贅沢をしなければ
最低限暮らせるくらいの金額は支給されるはずです。
その範囲で生活するようにした方が良いのでは?

Qアメリカ大学院留学(ph.D)したいのですが年齢層ってどれくらい?

皆さん こんばんわ。
留学経験者の方のお話とか聞ければ助かります。

30代の者です。
アメリカ大学院のph.Dコース(理工系)への留学を計画しています。
Masterコースは様々な年齢層の学生の方がいらっしゃると聞きました。

Masterコースと違ってph.Dコースは研究職を目差すためコースだと思いますが
Masterコースに比べてph.Dコースの学生の年齢層は若いのでしょうか?
ph.Dコースにも40代や50代の方っていらっしゃるのでしょうか?

Aベストアンサー

米シリコンバレーの会社(理系)経営採用側からです。
米ではPh.D 保持者を含めて、年齢による雇用差別は違法ですので、年齢は関係ありません。定年もありませんし。採用時に年齢は聞くと違法になる可能性が強いので求めません。学会等、実業界でも著名な方の履歴をみると、同一学校、卒業後連続してとは限りません。外見からは40,50歳を過ぎてから取得して、超大手で主要メンバーとして活躍されています。
 学位を持っているからと言って、必ずしも研究職というのではなく、一つの新しいプロジェクトを推進できる能力を持ったレベルと解釈されます。採用時にレジメをみて重要視するのは、過去の職歴、経験、成果と現在の技量です。
MASTER以下はその補助となることが多くなります。待遇もそれなりになりますので、実務を経て経験をつみ、また学費を準備して高年齢で学位をとるため入学することが珍しくありません。そのかわり、成果がでなければ
すぐに解雇ということになります。要するにプロです。年齢による体力の衰えということは通常少ないですので、これの制約のないプロのスポーツ選手と考えていただければいいのではないかと思います。

米シリコンバレーの会社(理系)経営採用側からです。
米ではPh.D 保持者を含めて、年齢による雇用差別は違法ですので、年齢は関係ありません。定年もありませんし。採用時に年齢は聞くと違法になる可能性が強いので求めません。学会等、実業界でも著名な方の履歴をみると、同一学校、卒業後連続してとは限りません。外見からは40,50歳を過ぎてから取得して、超大手で主要メンバーとして活躍されています。
 学位を持っているからと言って、必ずしも研究職というのではなく、一つの新しいプロジェクトを推...続きを読む

Q英語圏留学について質問です。好みや目的も人それぞれだとは思いますが、大学進学を考えたらどこの英語

英語圏留学について質問です。
好みや目的も人それぞれだとは思いますが、
大学進学を考えたらどこの英語圏の国がオススメですか?
理由も教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

最ものんきな、いや安全なニュージーランド南島には、リンカーン大学、カンタベリー大学、オタゴ大学があるそうです。少しのんき過ぎますが、安全を考えるとここ以上安全なところは無いでしょう。ただ大ブリテン島北部のスコットランドで乱射事件が起きると、模倣犯が出るので注意。この国には第一次産業しかないので、生物の持ち込み一切禁止。大ブリテン島も犬は半年も隔離、以前感染症で犬が壊滅寸前まで行ったのでとてもうるさい。

Q博士課程に行きたいのですがph.D. コースが無い大学院を選ぶべきか

こんにちは。

米国の大学院に行く事を計画しています(コンピュータサイエンス志望)。
それで資金面で心配なのです。
奨学金も考慮に入れたのですが成績優秀という条件で非現実的かと考えております。後、学生ローンも考えております。

できれば向こうでTAでもさせて貰えれば助かります。
それで質問なのですがph.D.コースもある大学院だと修士学生の身分ではTAはまずやらせて貰えませんよね。
するとmasterコースしかない大学院だとTAやらせて貰え易いのでしょうか?
(なぜならph.D.の学生がいないので)

でもmasterコースしかない大学院だとph.D.コースに進む段階で他大学院に入り直さねばなりませんよね。

これって凄く大変そうなのですが(また、推薦状・エッセーやらの審査で)実際どうなのでしょうか(私が慣れていないだけかも知れませんが)?
よく米国では日本と違って気軽に他大学に編入とかされる方多いみたいですが、そんなに簡単なのでしょうか? 引越し費用とかどくらいかかるのでしょうか?

出来れば最初からph.Dコースありの大学院に行った方が、2年後に楽かな(また新たに推薦状・エッセーしなくていいので)とも思っています。

後、ph.Dコースありの大学院でTAやらせてもらえなくてもadministrative assistantとかならやらせてもらえやすいのでしょうか?

administrative assistantの場合授業料は減額されないのでしょうか?

結局、
masterとph.Dコースを別々の大学院にしてmasterコースでTAのfinancial assistantshipを貰う

最初からph.Dコース付きの大学院に行き、administrative assistantship
をやらせて貰いながら、同大学内のph.Dコースへ(楽に?)進学する。
という事になやんでます。

ご意見いただければ幸いです。

こんにちは。

米国の大学院に行く事を計画しています(コンピュータサイエンス志望)。
それで資金面で心配なのです。
奨学金も考慮に入れたのですが成績優秀という条件で非現実的かと考えております。後、学生ローンも考えております。

できれば向こうでTAでもさせて貰えれば助かります。
それで質問なのですがph.D.コースもある大学院だと修士学生の身分ではTAはまずやらせて貰えませんよね。
するとmasterコースしかない大学院だとTAやらせて貰え易いのでしょうか?
(なぜならph.D.の学生がいないので)...続きを読む

Aベストアンサー

1番さんが指摘していますが、質問者さんは根本的なところで誤解していますよ。

アメリカの院なら、最終的にPh.D.を取りたければ、大学学部卒業したら5年間のPh.D.コースに入学するのが基本です。マスターに入るのではなく、いきなりPh.D.コースに入る必要があります。これが基本です。
まずマスターに入ってしまうと、マスターを取るのに2年かかり、次にPh.D.コースに入って後3年、と思うでしょう?ところが後5年かかる場合があります。
日本とアメリカでは、修士コースと博士コースの考え方が違います。

大学卒業後直でPh.D.コースに入学が基本とはいっても、分野や学校によっては、日本のように、修士(2年)+博士(3年)が普通な場合があります。この場合、感じとしては博士課程に入った時点で修士の単位を全部移行することになります。

まずは行きたいPh.D.コースのある大学に、「自分は最終的にPh.D.を取りたいんだけど、直でPh.D.コースに入るべきか、それともまずマスターに入るべきか」としっかり確認を取らないといけません。

お金のことは、基本的にはマスターしかない大学よりもPh.D.がある大学の方が研究資金が豊富なので、奨学金(特にRA)がもらいやすいです。マスターしかない大学は、お金が無いのと、教授の職務が研究より教育に重点をおいているので、そもそもTAを雇わず教授自身が教えることも多いです。よくわかりませんが、CSならTAよりRAの方がもらいやすいかもしりません。

大学の中には、合格者全員に奨学金を約束しているところがあります。その場合、合格=奨学金付きです。
それ以外の学校では、普通は出願前に、奨学金がもらえるのかどうかを行きたい教授に直接問い合わせます。特に行きたい教授が決まっていなければ学科に問い合わせます。

1番さんの言われている、「通常は、米国の理工系では、~」というのは、1年目からだと思います。
ただ、アメリカの大学を卒業した人は1年目からのサポートも十分可能ですが、私を含め、日本から来る人の場合は、なかなか1年目から貰えない人が多いんじゃないでしょうか。私は2年目からでした。
こういうのも全部、事前に教授に直接問い合わせます。

1番さんが指摘していますが、質問者さんは根本的なところで誤解していますよ。

アメリカの院なら、最終的にPh.D.を取りたければ、大学学部卒業したら5年間のPh.D.コースに入学するのが基本です。マスターに入るのではなく、いきなりPh.D.コースに入る必要があります。これが基本です。
まずマスターに入ってしまうと、マスターを取るのに2年かかり、次にPh.D.コースに入って後3年、と思うでしょう?ところが後5年かかる場合があります。
日本とアメリカでは、修士コースと博士コースの考え方が違います。...続きを読む

Q米国ビザ申請フォーム内の「study」の意味?

アメリカのビザ申請用フォーム DS-160 について教えて下さい。
現在 J-1 ビザの申請準備をしております。
渡航目的は、アメリカの大学での1年間の交流訪問です。

質問項目にある

「Do you intend to study?」

を「Yes」で選択すると、その後に、詳細な大学の入力フォーム(専攻なども)が出てきます。

上の質問を「勉強」と解釈すると、私の場合「No」となりますが(F-1ではないので)、「研究」と解釈すると、「Yes」となります。もし、ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて頂けないでしょうか。
 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。以前Jビザを持っていたことがあります。オンラインで申請する以前のことだったので、今、Jビザを申請される方がどちらで答えるのかわかりませんが、Jビザで研究留学する方がよく参考にするサイトがあるので、そこのフォーラムでご質問なさると、答えが得られるのではと思います。

http://www.kenkyuu.net/

QPh.D.取得にかかる年数

日本の学部を卒後すぐにアメリカのPh.D.コースへ行くとして(日本の修士や企業を経ずに)
Ph.D.取得にかかる年数について知りたいです。
イメージでは数学や物理学は比較的年数が短く、文学や政治学等は年数がかかりそうな気がします。

Aベストアンサー

 これは未知数が多すぎて答えが出ない問題です。
 
 短いのでは金で買う学位があるそうです。価値はゼロから多分ご本人の数字まで色々でしょう。知人の知人の知人にPh.D. を持っていると吹聴する人がいましたが「どこかで買ったのだろう」という噂でした。

 土壌工学(早く言えば肥やしの研究)などは比較的に速くて修士から3年ぐらいとか聞いたことがあります。

 アメリカにも有名大から犬小屋なみ(建物でなく中身が)のボロ大までありますし、分野でも違いますし、ご本人の能力でも違います。

 ある分野では十年近くかかって学位を取ったが職の空きが全米に二つしかなく、自分には回って来なかった、という話を聞きました。

 日本の博士号について年数の幅が大きいのと似ています。
 

QF1ビザを取得して米国に夏から留学予定です。家族同伴で向かうので、それ

F1ビザを取得して米国に夏から留学予定です。家族同伴で向かうので、それぞれF2ビザを取得することになると思うのですが、娘が6歳で9月には小学校に入ることになります。

この場合も娘のビザはF2ビザでよいのでしょうか?

ご経験者の方にご教示いただけますと幸いです。

Aベストアンサー

はい、F-2になります。
家族全員で一緒に面接を受けられます。
アメリカは5歳のキンダーから小学校が始まります。
お子さんにF-2ビザがあれば学費・諸経費は無料です。

勉強がんばってくださいね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報