ふるさと納税のことを知り、駆け込みで今月中に寄付をしてみたいと思っています。
「ふるさいとチョイス」さんの上限額シュミレータを使って上限額を算出しようと思ったのですが、
いつの源泉徴収票を参考にしたらいいのでしょうか?
手元にある最新の源泉徴収票は26年度分でいいのでしょうか?
今年と昨年で収入額に差が出そうなので心配になり質問させていただきました。

お手数ですが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

これから受け取る、平成27年分の


源泉徴収票をみないと正確な上限額は
分からないのです。
それでは間に合わないので、見込みで
ふるさと納税を実施するしかありません。

サラリーマンの税金の取られ方は
①所得税は給料から今年分
②住民税は給料から昨年分
徴収されています。
実際には
平成27年の所得にかかる税金は、
年末調整で(ほぼ)確定して、
①所得税は
平成27年末あるいは年明けの
給料に調整額が徴収返還されます。
②住民税は
翌年の6月から12ヶ月に分けて
天引きされます。

今年ふるさと納税すると、
本来は①の還付と②の軽減
となります。
①は来年3月頃までに確定申告を
すると還付されます。

※今年からワンストップ特例が
開始され、それで手続きすると
②に集約されます。

ですので、今年の収入が決まらない
うちに、ふるさと納税をしなければ
いけないのです。
各サイトでは限度額の目安として
『昨年の収入を参考にしましょう』
と言っているだけです。
目安だけですので、以下の要因で
限度額は大きく変わります。
ご注意ください!

③昨年の収入より今年の収入が
 大きく減ってしまった場合
 住民税も減るので限度額も減る。

●所得控除に変化があった場合
 年末調整で平成27年の控除申告
 を新規に申告した場合。
④結婚して配偶者控除を追加
⑤子供が16歳となり扶養控除を追加
⑥寡婦(夫)控除、障害者控除を
 申告することになった。等々
 
ふるさと納税もこうした控除の
ひとつ(寄附金控除)ですが、
住民税自体が④~⑥の要素で
減ってしまうために限度額も
減ってしまうということです。

ですからあくまで今年の収入の
見込みで限度額を推定しなければ
いけないのです。

●昨年の収入、源泉徴収票の金額とは
関係ないということはご認識ください。

いかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても分かりやすく理解することができました。
本年度は控えめに寄付し、来年度はきちんと計算してみたいと思います。

お礼日時:2015/12/13 09:47

>いつの源泉徴収票を参考にしたらいいのでしょうか?


ふるさと納税は、今年の所得税、来年度の住民税から控除されます。
住民税は前年の所得に対して6月から翌年5月課税です。
しかし、今年(平成27年分)がいいですが、通常、今年の源泉徴収票は来年にならないと交付されません。
なので、直近の源泉徴収票を参考にするしかないでしょう。

今年と昨年で大きく収入が違うなら、下記サイトの表でみたほうがいいかもしれません。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000254926.pd …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
サイトを参考に控えめに寄付し上限額を超えないようにします。

お礼日時:2015/12/13 09:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収票の源泉徴収税額について

主人が会社で貰ってきた源泉徴収票の源泉徴収税額の欄が0円になっていました。住宅ローンの控除や諸々の控除で、年末調整で源泉税額が全部戻ってくる場合、この欄は0円と記載されるのでしょうか?
控除前の源泉徴収税額がここの欄に記載されると思っていたのですが・・・。
詳しい方教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>住宅ローンの控除や諸々の控除で、年末調整で源泉税額が全部戻ってくる場合、この欄は0円と記載されるのでしょうか?

そうです、年末調整されれば控除が引かれて計算されて決定された所得税の額が記載されます、ですから住宅ローンの控除が引かれて所得税が0であれば0となります。

>控除前の源泉徴収税額がここの欄に記載されると思っていたのですが・・・。

それは未年調(未年末調整)の場合です。
例えば年の途中で退職した場合など、年末調整されていませんから未年調で源泉徴収票は発行されます。
未年調の場合の源泉徴収票の源泉徴収税額は控除の計算前の毎月引かれた金額が記載されます、それで確定申告をすれば控除が引かれて計算されて決定された所得税となり差額が還付(まれには追徴)されると言うことです。
つまり年調された源泉徴収票と未年調の源泉徴収票では、源泉徴収税額の欄に記載されている数字の意味が異なると言うことです。

Qふるさと納税上限計算における昨年度のふるさと納税額の考慮

少し検索してもあまり該当するものが出てこなかったのでご質問です。

ふるさと納税を2014年度に続き、2015年も行っております。
ウェブ上のさまざまなところで計算式や、計算エクセルが提供されていますが、その中で、「昨年度のふるさと納税額」を考慮するものが無いように思い、ご質問です。

素人理解ですが、ふるさと納税に関する住民税の税還付は、翌年度(6月以降との認識ですが正しいでしょうか?)の住民税の減額により還付されると認識しています。すると、上記のようなエクセル等で計算する住民税額は少し課題評価で、実際には「計算される住民税額 - 昨年度ふるさと納税して住民税減額により還付された金額」を入力しないと上限値を過大評価することにならないでしょうか? 
(今年のふるさと納税額を入れて、所得税の限界税率が変わらないかどうかのチェックはエクセルシートでなされているものがあるようですが、昨年度のふるさと納税額を考慮しているものは見たことがありません)。

昨年度分も何らかの形で考慮すべきであれば、それを考慮したスプレッドシートもしくは計算式を教えてください。もし考慮する必要が無いのであればその理由を教えてください。

よろしくお願いいたします。

少し検索してもあまり該当するものが出てこなかったのでご質問です。

ふるさと納税を2014年度に続き、2015年も行っております。
ウェブ上のさまざまなところで計算式や、計算エクセルが提供されていますが、その中で、「昨年度のふるさと納税額」を考慮するものが無いように思い、ご質問です。

素人理解ですが、ふるさと納税に関する住民税の税還付は、翌年度(6月以降との認識ですが正しいでしょうか?)の住民税の減額により還付されると認識しています。すると、上記のようなエクセル等で計算する住民税...続きを読む

Aベストアンサー

№2です。

>- 2015年に行うふるさと納税の上限計算において
>- 実際に2015年の住民税を収めるのは2016年で、その際に寄付額が控除された額を住民税納付する
>- よって必要なのは2015年の所得に基づく(2016年に収める予定の)住民税額
>- よって2014年にいくらふるさと納税しているかは全く関係ない
>と理解出来ました。
お見込みのとおりです。

Q源泉徴収税額0円の源泉徴収票

業務委託契約をしている会社から、源泉徴収票と取り寄せました。
源泉徴収税額は「0円」と記載されているのですが、この源泉徴収票
を確定申告時に提出する必要があるのでしょうか?

徴収されていないのだから、提出する意味が無いような気がして
います。

さらに、徴収していないのであれば、その会社も源泉徴収票を発行する
意味が無いと思うのですが、他に意味があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もう少し解説すると、通常源泉徴収票の用紙は3~5枚複写になっています。
基本的には、市町村への支払報告書用、税務署への報告用、本人交付用、(会社の控え)という具合です。(なので4枚構成が多い)

給与、退職所得については最低3枚必要ですから、システムとして3枚作れるようになっているわけです。
報酬の場合には、支払調書自体の作成は必要(税務署などへの提出用)であることから、同じシステムで作成してしまいます。
なので本人交付は必須ではないのですけど作られてしまった物を便宜を図って送付することはあるわけです。源泉徴収しているかどうかを示す意味もあるでしょう。
源泉徴収されていれば確定申告時にその金額を申告することになりますので。

給与や退職所得と異なり支払調書扱いになる場合には確定申告時に添付は必要ありません。

Q配偶者控除額と源泉徴収票について

今年の年末調整が2万円近くもマイナスでしたので原因を知りたいのですが、よく分かりません。
所得も去年とほとんど変わらず、家族構成も、変わりません。妻は専業主婦でこれも変わりません。
配偶者控除が38万円あると思うのですが、これが源泉徴収票には記載されていません。所得控除の合計額はありますが38万円よりはるかに小さい額です。
また、源泉徴収票の摘要欄に「年調定率控除額」というのがあって、これが15万円くらいと書いてあります。
配偶者控除の38万円は源泉徴収票には記載されていないのでしょうか。
また、マイナスの原因は何でしょうか。

Aベストアンサー

ひょっとしたら配偶者控除と、配偶者特別控除を混同されているのではないでしょうか。

昨年までは、配偶者控除と共に、配偶者特別控除が、専業主婦であれば最高額の38万円が控除できました。
しかし、今年から、改正により、配偶者控除を受ける人については、配偶者特別控除を受けられない事となりました。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1195.htm
ですから、38万円の所得控除分が去年より少ない事となりますので、それに対応する税額分だけ、昨年より増税になった事により、その影響で、年末調整で不足が出たのかもしれません。

年調定率控除額の金額から推察すると、ご質問者様は税率20%の区分と思われますので、今回の改正に伴う増税分は、38万円×20%×80%(定率減税20%控除)=60,800円となり、単純に比較すれば、今年が2万円の不足とすれば、昨年は4万円の還付だったのでは、という感じです。
しかし、年末調整については、それ以外の要因も考えられますので、単純にこの金額だけでは考えられないとは思います。

配偶者特別控除については、源泉徴収票に記載する欄がありますが、配偶者控除については特にありません。
ですから、今年については配偶者特別控除がないので、金額の記載がない訳です。
(おそらく、昨年はここに38万円と書いてあったはずです。)

但し、ご質問者様が書かれている通りに、配偶者特別控除ではなく、配偶者控除が引かれていないのであれば、それはおかしいと思います。

ひょっとしたら配偶者控除と、配偶者特別控除を混同されているのではないでしょうか。

昨年までは、配偶者控除と共に、配偶者特別控除が、専業主婦であれば最高額の38万円が控除できました。
しかし、今年から、改正により、配偶者控除を受ける人については、配偶者特別控除を受けられない事となりました。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1195.htm
ですから、38万円の所得控除分が去年より少ない事となりますので、それに対応する税額分だけ、昨年より増税になった事により、その影響で、年末調整で不...続きを読む

Q源泉徴収票の年調定率控除額って?

こんばんは。

源泉徴収票の「(摘要)」欄に、
「年調定率控除額 ○○○○○円
 妻 ○○(私の名前)」

とありますが、これは何でしょう?

主人はサラリーマン。
私はパートです。

もしかして、私が確定申告したら戻ってくる金額なのかな、などと期待しつつ、ご質問させていただいた次第です。

基本的な質問で申し訳ありませんが、お願いします。

Aベストアンサー

yuntamaさん、こんにちは。

ご期待に添えなくて申し訳ないんですけど
年調定率控除額の欄に書いてある金額は今年度も所得税の定率減税が実施されていて(年税額の20%相当額で25万円が限度100円未満切り捨て)ご主人の所得税からすでに控除されている金額です。それから摘要欄には扶養親族の名前を書くことになっているので奥様のお名前が書いてあるのだと思います。

自営業なので税務署から送られてきた年末調整のしかたを見ながら書いているので
自信ありにさせていただきました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報