私は約5年前(当時21歳)に3000千万円の住宅ローンを組みました。
両親が高齢でローンを組めず、私の名前でローンを組みました。

私は1年半前に実家を出て、今年の7月に結婚しました。現在購入した家には住んでいません。
ローンの名義は私のままです。

・私はもう購入した家に住んでいないので住宅ローン控除は受けられない
・購入した家に住んでいる両親は住宅ローンを組んだ本人ではないので控除は受けられない

住宅ローン控除は受けられないという事でしょうか?

質問者からの補足コメント

  • ローン金額間違えてました。
    3千万円のローンです。
    ローンの名義は私です。
    家も私の名義です。

      補足日時:2015/12/16 00:21
  • 回答ありがとうございます。
    家もローンも名義は私になっています。

    旦那の転勤、仕事の都合で
    違う場所に住んでいますが
    生計は別になります。
    やはり受けられませんか?

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/12/16 00:28

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

№3です。



>旦那の転勤、仕事の都合で違う場所に住んでいますが生計は別になります。
やはり受けられませんか?
そうですね。
難しいでしょう。

両親と生計が一(生活費を送金している)の場合で、1年半前に家をでたのが転勤や転地治療など「やむを得ない事情」がある場合、その事情が解消したときはその家に住む予定がある場合に控除が適用となります。
仮に生計が一だとしても、税務署が「やむを得ない事情」と判断するかどうかですし、再度、その家に住まないとダメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

2度目の回答ありがとうございます。
ベストアンサーにさせて下さい。

お礼日時:2015/12/16 07:20

ファイナンシャルプランニング技能士です。



>私は約5年前(当時21歳)に3000千万円の住宅ローンを組みました。
ということは、家の名義は貴方なんですね。

>住宅ローン控除は受けられないという事でしょうか?
お見込みのとおりです。
受けられません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

間違えて補足にしてしまいました(;一_一)
回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/12/16 00:29

条件は下記のとおりです。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm
(1)新築又は取得の日から6か月以内に
居住の用に供し、適用を受ける各年の
12月31日まで引き続いて住んでいること。

(3) 新築又は取得をした住宅の床面積が
50平方メートル以上であり、床面積の
2分の1以上の部分が専ら自己の
居住の用に供するものであること。

●実家に住んでいたが、自分の持ち物
ではないんですよね?
名義は誰になっていますか?

逆に外側から見れば、お金を借りて
贈与したように見えるので、
贈与税がかかる可能性がありますが、
大丈夫ですかね?
税金とローン契約の間で矛盾が生じて
いるように思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

当時は一緒に住んでいて
母が高齢で、父が外国人でローンが組めず
私のがローンを組み(組まされ?)ました( p_q)
贈与税については初めて聞きました。
調べてみます。

お礼日時:2015/12/16 00:33

>・私はもう購入した家に住んでいないので住宅ローン控除は…



遠地への転勤を命じられ引っ越したが、元の家には引き続き「生計を一」にする家族が住んでいるのなら可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1234.htm

とはいえ、

>実家を出て、今年の7月に結婚…

(1) 別居の理由が【転勤、転地療養その他のやむを得ない事情】といえるかどうか。
(2) 両親と「生計が一」といえるかどうか。

の 2つが争点になるでしょう。
確定申告書を書く前に、税務署に聞いてみることをお勧めします。

予備知識として、別居の場合の「生計が一」とは、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.h …

>・購入した家に住んでいる両親は住宅ローンを組んだ本人ではないので…

それは当然に無理です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

旦那の転勤で両親は関東、私達は中部にいます。
生計は一緒ではありません。
でも、両親はお金に困って税金などが払えなかったりしている為、代わりに税金などの支払いをする事があります。

サイトの添付ありがとうございます。
助かります。

お礼日時:2015/12/16 00:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローン控除の年末調整をしたいのに「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」がないのですが

会社で年末調整のため住宅ローン控除をしようと思うのですが、
何年か分もらったはずの「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」が見つかりません。あの紙がないと年末調整はできないのでしょうか。
それともその用紙をWEBで印刷できるとか、税務署にいってもらってくるとかできるのでしょうか?それとも確定申告しなくてはいけないのでしょうか?すみません焦っています。教えてください。

Aベストアンサー

>税務署にいってもらってくるとかできるのでしょうか?

税務署で再発行してもらえますよ。
1週間くらいかかるみたいです。

Q住宅ローン控除が受けられませんでした。

 13年8月に職場からの借入金にて土地を取得、すぐに住宅を建て、14年2月に完成、入居しました。住宅借入金等特別控除を申告したところ、家屋の取得にかかる借入金がない場合は適用されないと言われてしまいました。借り入れが土地の購入のみではだめということです。8月に借りるときに借り入れ目的を土地及び住宅の取得とすれば通ったはずだそうです。(後の祭りですが)
 だめもとで質問なのですが、やはりあきらめるしかないのでしょうか?
今から家の気に入らない部分を改築したり、庭にミニハウスを建てたりするのにローンを組めば来年申告できるのでしょうか?。
 愚痴っぽくてすみません。

Aベストアンサー

土地だけのローンでは、残念ですが住宅ローン控除の適用がなく、建物部分のローンが有れば、建物と土地部分の両方のローン残高について、住宅ローン減税が受けられるのです。

増改築については、工事代が100万円以上の場合に適用になりますが、条件がいろいろと有りますから、税務署に確認された方がよろしいでしょう。

Qこの場合、住宅ローン控除は受けられるのでしょうか?

こんばんは。
2008年に中古マンション(定期借地権付)を購入したため、住宅ローン控除の確定申告をするための準備をしています。
借入金額・ローン年数やその他の条件は満たしているのですが、以下の点だけが条件にあてはまるのかどうかわかりません。

・昭和60年(1985年)11月築 (築25年以内)
・鉄筋コンクリート造り
・耐震基準適合証明書および住宅性能評価の写しはありません

国税庁のHPには以下のように書かれています。

次のいずれかに該当する家屋であること。
イ 耐火建築物である家屋の場合、その取得の日以前25年以内に建築されたものであること。
ロ 耐火建築物以外の家屋である場合、その取得の日以前20年以内に建築されたものであること。
ハ 地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術的基準又はこれに準ずるものに適合するものであること。
なお、中古家屋を、平成17年4月1日以後に購入し、居住の用に供した場合で、かつ、家屋の購入時において、
次に掲げるいずれかの書類を、原則として売主が取得している場合に限ります。
・ 耐震基準適合証明書
・ 住宅性能評価書の写し

「なお~」の部分が、イ・ロ・ハのいずれの場合でも満たさないとダメみたいな書き方なので、ローン控除が受けられないのではと不安です。
よろしくお願いいたします。

こんばんは。
2008年に中古マンション(定期借地権付)を購入したため、住宅ローン控除の確定申告をするための準備をしています。
借入金額・ローン年数やその他の条件は満たしているのですが、以下の点だけが条件にあてはまるのかどうかわかりません。

・昭和60年(1985年)11月築 (築25年以内)
・鉄筋コンクリート造り
・耐震基準適合証明書および住宅性能評価の写しはありません

国税庁のHPには以下のように書かれています。

次のいずれかに該当する家屋であること。
イ 耐火...続きを読む

Aベストアンサー

なお~の部分は、「ハのなお書き」です。
イもしくはロに該当していれば問題ありません。

国税庁が作成したパンフレットのサイトをご覧ください。
もう少しわかりやすく書かれています。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/h20/pdf/e-1.pdf

Q海外転勤になり家を貸した場合の住宅ローン控除

昨年住宅を取得し、今年の確定申告で住宅ローン控除の申請をしました。

今年4月から海外へ転勤することが決まり、日本の住所を抜くことになります。
住宅ローン減税について調べていたのですが、「転勤などのやむを得ない理由の場合、その間は控除を停止し、戻ってから再開できる」というのを知りました。

転勤の間、家を空き家にするのは、防犯上も不安があるため、賃貸に出すどうかを現在検討中なのですが、以前、税理士の方の相談会で聞いたときに「転勤になって、住宅を賃貸に出し、収益物件であるとみなされた場合、控除は受けられなくなるが、個人レベルまで税務署が調べるかといわれると、調べないのではないかと思うのですが…」と言われました。

ですが、日本の住所を抜くことになり、2年目から送られてくる「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」を住宅所在地で受け取ることができませんし、賃貸に出せば、家賃収入からの所得税を支払う必要があるため(この場合の申告は帰国後、さかのぼって申告する予定)、税務署にはそこに住んでないことがわかるのではないかと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

確定申告に行った時に、やむを得ず転勤になった場合「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」をそこで受け取ることができないのですが、税務署に連絡が必要なのかどうかを少し聞いてみたのですが「国内のどこかに郵送物を転送していればそこで受け取ることができるのではないか」と言われました(申告会場にいた非常勤の方だったのでその方がよくわかっているのかどうかは定かではありません)。

転勤は2年ほどの予定で、短期間なので、実際に借りてくれる方が見つかるかどうかはわからないのですが、家賃を安くして賃貸に出したはいいが、帰国後の控除ができなくなるようならば、貸さない方がいいのかな…とも考えていて、非常に迷っています。

まとまりのない文章で申し訳ありませんが、税にお詳しい方、また、私たちと同じような状況の方のお話を聞かせていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

昨年住宅を取得し、今年の確定申告で住宅ローン控除の申請をしました。

今年4月から海外へ転勤することが決まり、日本の住所を抜くことになります。
住宅ローン減税について調べていたのですが、「転勤などのやむを得ない理由の場合、その間は控除を停止し、戻ってから再開できる」というのを知りました。

転勤の間、家を空き家にするのは、防犯上も不安があるため、賃貸に出すどうかを現在検討中なのですが、以前、税理士の方の相談会で聞いたときに「転勤になって、住宅を賃貸に出し、収益物件であるとみなさ...続きを読む

Aベストアンサー

賃貸に出しても、また居住するようになれば控除は適用出来ます。ただし、賃貸に出せばその年の年末時点で住んでいても適用出来ないのが(翌年から可能)、賃貸していなかった時の差となります。
控除自体は問題ないので、引っ越しするまでに手続きするのを忘れないようにしましょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1234.htm

(1) 住宅借入金等特別控除等の適用を受けていた者が、家族と共にその家屋を居住の用に供しなくなった場合(再び居住の用に供した場合の再適用)
イ その家屋を居住の用に供しなくなる日までに必要な手続等
 次の書類を、その家屋の所在地を所轄する税務署長に提出します。

(イ) 「転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出書」
(ロ) 未使用分の「年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書」及び「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」(税務署長から交付を受けている場合に限ります。)
ロ 再び居住の用に供した日の属する年以後、再適用をする最初の年分の手続等
 必要事項を記載した確定申告書に次の書類を添付して、納税地を所轄する税務署長に提出します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/1620.htm

(イ) 「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書(再び居住の用に供した方用)」
(ロ) 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書(2ヶ所以上から交付を受けている場合は、そのすべての証明書)
(ハ) 住民票の写し
(ニ) 給与所得者の場合は、給与所得の源泉徴収票
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki02/01.htm

給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書の送付についても、引っ越し前の書類の提出時に説明しておくか相談でもすれば問題ないと思いますよ。

参考URL:http://zyutakutokubetu.hokennkouteki.com/

賃貸に出しても、また居住するようになれば控除は適用出来ます。ただし、賃貸に出せばその年の年末時点で住んでいても適用出来ないのが(翌年から可能)、賃貸していなかった時の差となります。
控除自体は問題ないので、引っ越しするまでに手続きするのを忘れないようにしましょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1234.htm

(1) 住宅借入金等特別控除等の適用を受けていた者が、家族と共にその家屋を居住の用に供しなくなった場合(再び居住の用に供した場合の再適用)
イ その家屋を居住の用に供しな...続きを読む

Q確定申告で住宅ローン控除を受ける場合

夫が組んでいる住宅ローンのことで相談させてください。今回が控除3年目で、昨年は会社の年末調整で受けました。今年になって夫が家を出て別居状態になり、ローンについては私が支払いをしています。それで控除を受けたいのですが、夫と連絡を取るのが難しい状況にあり、夫に残高証明書や控除証明書などを渡すことができません。税務署に相談すると、確定申告に奥さんがいらっしゃいと言われました。還付の申告は5年間有効で、その間他の(医療控除などの申告をしなければ無効にはならないと。そこで質問なのですが、確定申告で所得税の控除を申告する時、夫の所得も記入する欄があるでしようか。夫の源泉徴収票も手に入らない状況です。アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今晩は、自信が有りませんが、ご主人の源泉徴収表は市町村役場には会社から提出されています。そこでご主人の所得証明を取ることが出来れば、給与の額等がわかります。それを持って税務署に相談されてはいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報