出産前後の痔にはご注意!

最近尾小屋鉄道のファンになりました。
石川県小松市出身の夫と知り合った時が、今から思えば廃線の一か月後で、そのころ私は特に列車に興味もなかったので、名残を目にしていたかもしれませんが、気づきませんでした。
最近になり、尾小屋鉄道のことを知り、尾小屋に展示されている列車を見に行きました。
廃線跡や、昔の駅の名残など、まだ見ることができるなら行ってみたいと思うのですが、ネットを調べても、かなり昔のことしかわかりません。
なかよし鉄道というのは、いずれ乗ってみたいと思っていますが、車両そのものより、今はたとえ道なき道になっていようと、往年の尾小屋鉄道を偲んでみたい気持ちです。
結婚して30年以上何度小松に足をはこんだかわかりませんが、もう義父母も亡くなった今、ゆっくりと小松の町や周辺の町や村を見渡す余裕もできました。
どなたか、現在の廃線跡、その他偲べる場所について、ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

こんにちは。



私は近隣の者ではありませんが、興味を持ち少し調べてみました。

まずは定番の調査方法で現在の地図をあたってみましたが、
推測ですが県道22号線と、それに繋がる国道416号線が尾小屋鉄道の線路跡ではないでしょうか。
特に国道416号線にいたっては、極力高低差のない鉄道の路盤に酷似した姿をしていますので……。

現在の情報を得るには、やはり現地の方からの情報が一番ですので、
「尾小屋鉱山資料館」のHPにあるメールアドレス宛に、
情報提供を求めてみるのがもっとも確実だと思います。

HPをリンクしておきますね。
http://www.city.komatsu.lg.jp/3753.htm

面影を残すスポットが残っていると良いですね!

ではでは(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素晴らしい回答をありがとうございます。
ネットで当時の写真を見たり、廃線跡の記事を読んだりしても、それが今の小松のいったいどこなのかさっぱりわからず、手の着けようがないというのが正直なところでした。
私は大阪在住で、夫の実家の小松を訪ねるといっても両親と過ごしてのとんぼ帰りだったので、何も知らないで30年以上が過ぎたのです。
先日初めて訪れた尾小屋は、思った以上に閑散として人も通らず、資料館もちょうど12月から休みだし、途方に暮れていましたが、メールで情報提供を求めるという方法もあったのですね。
もともと私は鉄道ファンということではなく、小松に対するいろいろな思い出を含めての郷愁とか、義父母はどんな景色を見ながら列車にのったのだろうとか、そんな思いで、尾小屋鉄道に思いを寄せています。
年が明けたら、教えていただいた道をたどってみます。もちろんメールもすぐにだしてみます。
こころからお礼を申し上げます。ありがとうございました。

お礼日時:2015/12/17 00:45

>現在の廃線跡、その他偲べる場所について…



「尾小屋鉄道」「廃線跡」で検索すればいくつもヒットしますけど、それを踏まえた上でのご質問ですか。

こんな Q&A の狭い回答スペースで書ききれるものではないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にありがとうございます。
質問文にも書きましたように、古い日付のものしか見つけられなかったのです。
もう一度さがしてみます。

お礼日時:2015/12/16 21:22

http://www.geocities.co.jp/Hollywood/5419/
参考にして下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

このサイトは楽しいですね。何度もみています。
でもやはりかなり前のものみたいですね。
この間、尾小屋に行ったときも、いろいろなサイトで紹介されているような駅の跡に車両がおいてあるという光景も今はありませんでした。
現在はどうなっているのかをご存知の方がいらっしゃればと思い、質問してみました。
お手数をおかけしました。

お礼日時:2015/12/16 21:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング