ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

ふるさと納税に関する質問です。

例えば、私の年収が1300万円で、今年ふるさと納税に使える枠(上限額)が30万円だったとします。そして、実際に30万円のふるさと納税を行ったとします。

この場合、私の来年度のふるさと納税の枠(上限額)はどうなるのでしょうか?(年収は前年度と全く同じと仮定します。)
今年、目いっぱい枠を使った場合、来年度の住民税&所得税の納税額は減少するわけで、その結果、年収が全く同じだったとしても、来年度にふるさと納税に使える枠(上限額)は、大幅に減少することになるのでしょうか?それとも、来年度も同じ上限額のふるさと納税を行うことができるのでしょうか?

イマイチふるさと納税の制度を理解しきれていないので、どなたか詳しい方、解説していただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問の核心に答えていなかったようです。


すみません。m(_ _)m
補足します。
>今年、目いっぱい枠を使った場合、
>来年度の住民税&所得税の納税額は
>減少する

先に所得税、住民税の納税の流れを
話ましたが、前年のふるさと納税が
翌年の収入と納税額に影響することは
ありません。

ふるさと納税により来年納税する住民税が
軽減されるだけで、それで収入が上がった
わけではなく、給料から天引きされる
住民税が減るだけの話なのです。
それは今年の収入とその収入に応じた
ふるさと納税の結果であり、来年の収入
及び税金に影響するものではありません。

ですので、来年も同様に収入に応じて、
ふるさと納税をすればよいのです。

>来年度の住民税&所得税の納税額は減少
において、所得税が減少することはなく、
その年の分が確定申告で還付されるか、
今年から始まったワンストップ特例により
住民税から、ふるさと納税分を全て軽減
するかのどちらかとなります。

うまく表現できませんが、
図示してみます。

前年収入◆今年収入 来年収入
  ↓    ↓    ↓
 所得税  所得税  所得税
    前年住民税 今年住民税
    ふるさと納税→◆軽減
       ↓   
    ◆今年所得税還付

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなにもご親切、丁寧かつわかりやすい回答、見たことないです!ご丁寧に解説していただき、ありがとうございます。迷わずベストアンサーに選ばせていただきます!すごくわかりやすくご説明頂いたおかげで、安心してふるさと納税できます。本当にありがとうございました!!!

お礼日時:2015/12/17 22:12

>この場合、私の来年度のふるさと納税の枠(上限額)はどうなるのでしょうか?(年収は前年度と全く同じと仮定します。


同じです。

>今年、目いっぱい枠を使った場合、来年度の住民税&所得税の納税額は減少するわけで、その結果、年収が全く同じだったとしても、来年度にふるさと納税に使える枠(上限額)は、大幅に減少することになるのでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
ふるさと納税は、当該年(今年)の所得税と翌年度(来年度)の住民税(住民税は前年の所得に対して6月から翌年5月課税でれす。)から控除されます。
なので、来年の所得税は減りません。
来年度の住民税は減りますが、来年行ったふるさと納税は、再来年度の住民税からの控除です。

>それとも、来年度も同じ上限額のふるさと納税を行うことができるのでしょうか?
できまです。
前に書いたとおりです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。的確にご回答いただき、わかりやすかったです。ほかの方で、すごく詳しくお答えいただいた方がいらしたので、残念ながらベストアンサーに選ぶことはできませんでしたが、本当に感謝しております。ありがとうございました!

お礼日時:2015/12/17 22:14

この年末が締切のふるさと納税は、


平成27年分の源泉徴収票をみないと
正確な上限額は分からないのです。
それでは間に合わないので、見込みで
実施するしかありません。

サラリーマンの税金の取られ方は
①所得税は給料から今年分
②住民税は給料から昨年分
徴収されています。
実際には
平成27年の所得にかかる税金は、
年末調整で(ほぼ)確定して、
①所得税は
平成27年末あるいは年明けの
給料に調整額が徴収返還されます。
②住民税は
平成28年の6月から12ヶ月に分けて
天引きされます。

今年ふるさと納税すると、
本来は①の還付と②の軽減
となります。
①は来年3月頃までに確定申告を
すると還付されます。

※今年からワンストップ特例が
開始され、それで手続きすると
②に集約されます。

ですので、今年の収入が決まらない
うちに、ふるさと納税をしなければ
いけないのです。
各サイトでは限度額の目安として
『昨年の収入を参考にしましょう』
と言っているだけです。
目安だけですので、以下の要因で
限度額は大きく変わります。
ご注意ください!

③昨年の収入より今年の収入が
 大きく減ってしまった場合
 住民税も減るので限度額も減る。

●所得控除に変化があった場合
 年末調整で平成27年の控除申告
 を新規に申告した場合。
④結婚して配偶者控除を追加
⑤子供が16歳となり扶養控除を追加
⑥寡婦(夫)控除、障害者控除を
 申告することになった。等々
 
ふるさと納税もこうした控除の
ひとつ(寄附金控除)ですが、
住民税自体が④~⑥の要素で
減ってしまうために限度額も
減ってしまうということです。

ですからあくまで今年の収入の
見込みで限度額を推定しなければ
いけないのです。

今年の収入が1300万で、
社会保険料控除以外、特に
所得控除がなければ、
ふるさと納税の限度額は
26万といったところです。
(最も限度額が高い場合です。
ご注意ください。)

自作EXCELの計算結果を
添付します。

いかがでしょうか?
「ふるさと納税の上限額について」の回答画像1
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q派遣で、去年より年収がかなり減る場合

派遣をやっているのですが、事情があり、今年1年間の給与より、来年の給与の方が格段に下がることになりました。
この場合、住民税については6月くらいに、去年の給与で換算し、算出すると聞きました。
私の場合、つまり来年の住民税は今年の給与で計算されてしまうそうですが
そうなるとかなり厳しい状態になります。こういう場合、差額は来年の年末調整(?)とかいうものを行えば、多少戻ってくるのでしょうか?
自分なりに調べたのですが、どうもこの年末調整で返る・・と理解したのですが間違ってますでしょうか?

Aベストアンサー

来年の6月~再来年の5月に納付する住民税は、今年の収入で計算されます

質問者の考えるようには行きません、今から住民税納付用に資金を準備しておくしかありません(昨年の収入が今年と同じくらいならば、再来年の5月までは、今納付している額と大差ないですから、1年半分の納税準備金を用意しましょう)

年末調整は 所得税についてです 住民税は 年末調整・確定申告で確定した収入から計算します
その計算と通知に要する期間を見込んで、5月中に通知、6月より納付になります

税金や保険のことは、勉強しておいても損にはなりません、時間に余裕のあるとき、このサイトのQ&Aを検索して読むだけでも、かなりのことが判ります

Qふるさと納税の上限額の計算について

ふるさと納税のことを知り、駆け込みで今月中に寄付をしてみたいと思っています。
「ふるさいとチョイス」さんの上限額シュミレータを使って上限額を算出しようと思ったのですが、
いつの源泉徴収票を参考にしたらいいのでしょうか?
手元にある最新の源泉徴収票は26年度分でいいのでしょうか?
今年と昨年で収入額に差が出そうなので心配になり質問させていただきました。

お手数ですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これから受け取る、平成27年分の
源泉徴収票をみないと正確な上限額は
分からないのです。
それでは間に合わないので、見込みで
ふるさと納税を実施するしかありません。

サラリーマンの税金の取られ方は
①所得税は給料から今年分
②住民税は給料から昨年分
徴収されています。
実際には
平成27年の所得にかかる税金は、
年末調整で(ほぼ)確定して、
①所得税は
平成27年末あるいは年明けの
給料に調整額が徴収返還されます。
②住民税は
翌年の6月から12ヶ月に分けて
天引きされます。

今年ふるさと納税すると、
本来は①の還付と②の軽減
となります。
①は来年3月頃までに確定申告を
すると還付されます。

※今年からワンストップ特例が
開始され、それで手続きすると
②に集約されます。

ですので、今年の収入が決まらない
うちに、ふるさと納税をしなければ
いけないのです。
各サイトでは限度額の目安として
『昨年の収入を参考にしましょう』
と言っているだけです。
目安だけですので、以下の要因で
限度額は大きく変わります。
ご注意ください!

③昨年の収入より今年の収入が
 大きく減ってしまった場合
 住民税も減るので限度額も減る。

●所得控除に変化があった場合
 年末調整で平成27年の控除申告
 を新規に申告した場合。
④結婚して配偶者控除を追加
⑤子供が16歳となり扶養控除を追加
⑥寡婦(夫)控除、障害者控除を
 申告することになった。等々
 
ふるさと納税もこうした控除の
ひとつ(寄附金控除)ですが、
住民税自体が④~⑥の要素で
減ってしまうために限度額も
減ってしまうということです。

ですからあくまで今年の収入の
見込みで限度額を推定しなければ
いけないのです。

●昨年の収入、源泉徴収票の金額とは
関係ないということはご認識ください。

いかがでしょうか?

これから受け取る、平成27年分の
源泉徴収票をみないと正確な上限額は
分からないのです。
それでは間に合わないので、見込みで
ふるさと納税を実施するしかありません。

サラリーマンの税金の取られ方は
①所得税は給料から今年分
②住民税は給料から昨年分
徴収されています。
実際には
平成27年の所得にかかる税金は、
年末調整で(ほぼ)確定して、
①所得税は
平成27年末あるいは年明けの
給料に調整額が徴収返還されます。
②住民税は
翌年の6月から12ヶ月に分けて
天引きされます。

今年ふるさと納税すると、
...続きを読む

Q【ふるさと納税】どうやったら本当に後に還付されたか分かるんですか? もしかしたら、国の策で、地方の物

【ふるさと納税】どうやったら本当に後に還付されたか分かるんですか?

もしかしたら、国の策で、地方の物が売れないのでふるさと納税という還付してる詐欺だったら?

4万円をふるさと納税して1万5000円の物を貰うとします。

後日、ふるさと納税分を納税金額から差し引くと言います。

本当に差し引かれた金額がその納税額かどうやって分かるのでしょう。

で、国民市民は1万5000円の商品をただ単に4万円で地方から買っただけだったらホラーですよね。

本当に還付されたか知ってますか?

Aベストアンサー

>4万円をふるさと納税して1万5000円の物を貰うとします。
それこそ、勘違いも甚だしいです。
ふるさと納税は寄附であり、4万円その地方に寄附した
ということであり、その見返りのお礼の品、特産品が
いくらと考えるのはナンセンスなわけです。
建前と言えば、建前なのかもしれませんが。

ですから、4万円寄附をすると2,000円引いた
38,000円が所得税や住民税へ還元され、
それは納税通知書や確定申告書で確認できます。

昨年末のふるさと納税は、確定申告で所得税の還付が
見込みどおりあったし、5月にきた納税通知書にも
寄附金税額控除が目論見どおりありました。

それにしても、日本は税金制度をもう少し浸透させる
べきだと思います。給料からとられるものを知らない
人が多すぎる。逆に言えば、消費税上げる分、給料や
年金から天引しても、分からない人がいっぱいいる
でしょうね。

その代り、ふるさと納税をもっと盛んにし、さらに
分かりやすく『1年後にお住まいの役所から、なんと
全額キャッシュバック!』って方が、地方創生にも
経済活性化など、ずっと効果があるだろうし、
喜ばれると思います。

税金の『とられるしくみ、かえされるしくみ』が
分からない人ばかりなんだから、
日本は消費税はやめて、あの手この手で所得税、
住民税の徴収強化で、何かの機会にキャッシュバック
の方が経済効果もあり、よいと思います。

みなさん回答ありがとうございます

>4万円をふるさと納税して1万5000円の物を貰うとします。
それこそ、勘違いも甚だしいです。
ふるさと納税は寄附であり、4万円その地方に寄附した
ということであり、その見返りのお礼の品、特産品が
いくらと考えるのはナンセンスなわけです。
建前と言えば、建前なのかもしれませんが。

ですから、4万円寄附をすると2,000円引いた
38,000円が所得税や住民税へ還元され、
それは納税通知書や確定申告書で確認できます。

昨年末のふるさと納税は、確定申告で所得税の還付が
見込みどおりあったし、5月にきた納...続きを読む

Q配当控除をすると、住民税があがりますが、その住民税を低くするためにふるさと納税を利用ではますか?

ふるさと納税の納税シュミレーションサイトで給与や社会保険料などを入力し、ふるさと納税を上限まで利用するとします。給与分のふるさと納税とは別に確定申告で配当控除をし、住民税が上がる分をふるさと納税で低くすることはできますか?

Aベストアンサー

そうでしたか。

税法上、収入と所得は明確に
定義されています。
給与収入-給与所得控除(経費)
=給与所得
株の売却額‐購入額-手数料
=譲渡所得
となります。

給与収入が、390万なら、
給与所得控除132万が控除され、
●給与所得は258万
となります。
『所得』を求めることで、
配当所得と合算して、
総合課税とできるのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>1 555万円は譲渡益も加算でしょうか?
いいえ。加算されていません。
所得390万から給与収入を
逆算したということです。
上記のように修正します。

しかし譲渡所得は申告分離課税
でしか、課税できませんので、
所得税率15.315%、住民税5%
固定となります。
確定申告で申告すると、
その5%がふるさと納税の
限度額に組み入れられます。

>2
1の修正があるので、
配当所得、譲渡所得を
確定申告することでの
ふるさと納税特例限度額は
約4.4万となります。
所得控除額は約100万となります。
120万とのことでしたが、所得控除に
配偶者控除や扶養控除が
ありますか?
それにより限度額が変わります。

住民税は
給与所得から16.5万
譲渡所得から 5.0万  5%
配当所得から 0.7万 10%
合計    22.2万
22.2万×20%=4.44万

これにふるさと納税の
寄附金控除の還元が
所得税で5%
住民税で10%
となり、
4.44万÷(100%-5%-100%)
=約5.2万が最適額となります。

前回と同様、4万程度は安全圏
年末に譲渡所得が確定したら
あと1万はいけるでしょう。

>3・譲渡益な申告した時と、
>申告しないとでは還付、
>住民税等、トータル的に
>もったいないですか?

譲渡所得でふるさと納税特例の
限度額が1万減ります。
ですから4万までとなります。
申告しなければ、そうなります。

国民健康保険に加入してない
のであれば、違いはそこだけです。

明細を添付します。

いかがでしょう?

そうでしたか。

税法上、収入と所得は明確に
定義されています。
給与収入-給与所得控除(経費)
=給与所得
株の売却額‐購入額-手数料
=譲渡所得
となります。

給与収入が、390万なら、
給与所得控除132万が控除され、
●給与所得は258万
となります。
『所得』を求めることで、
配当所得と合算して、
総合課税とできるのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>1 555万円は譲渡益も加算でしょうか?
いいえ。加算されていません。
所得390万から給与収入を
逆算したということです。
上記の...続きを読む

Qふるさと納税の仕組みが、未だによくわかりません。 ふるさと納税を納めたら、自身在住の市町村から来た払

ふるさと納税の仕組みが、未だによくわかりません。
ふるさと納税を納めたら、自身在住の市町村から来た払うべき納税はマイナスされるんですか?
例えば、ふるさと納税を1万円納めたら、市町村民税を3万円納めるべき人が、2万円になるとか。

Aベストアンサー

以下に詳しい説明があります。
http://subaru-juku.com/hometown-tax-system-678

Q所得制限のせいで児童手当がもらえないのが、不公平に思えます

ダンナだけが働いていて、わたしは専業主婦の夫婦と子供二人の家庭なんですが、
所得制限にひっかかり、児童手当がもらえません。
それが不公平に思えてしょうがないです。

ダンナは、申告所得税、市県民税、車の重量税、固定資産税、消費税など、
すべてを合算すると年間100万円以上の税金を払っています。
ダンナがそれだけ払っているんだから、すこしくらいキャッシュバックしてくれてもいいと思うんです。
それに例えば、うちと同じ世帯年収の家庭で共働きだった場合、
主たる生計保持者の所得でみるので、児童手当をもらっているはずなんです。
かなりの税金が投入された保育園に預けて働いて、
そこでも行政から保護というか援助されてて、
その反対に専業主婦で子育てしていても行政から援助なんかないわけで…。
専業主婦は、昔あった、配偶者特別控除もなくなって、
専業主婦で子育てしている人は損しているような気がします。
それがなんだか納得がいかないというか…。

みんながもらっている児童手当がもらいたいです。
調べたところによると3歳まで月に1万円もらえるらしいじゃないですか!
ということは1年で12万円、3年で36万円…結構いい金額ですよね!
正直うらやましい。もらえるもんならもらいたい。
うちは来年の税金払うために毎月結構な金額を積み立てしてるんですよ…。

こういうことを考えているわたしってどうなんでしょうか?
ご意見、ご感想をお待ちしてます。

ダンナだけが働いていて、わたしは専業主婦の夫婦と子供二人の家庭なんですが、
所得制限にひっかかり、児童手当がもらえません。
それが不公平に思えてしょうがないです。

ダンナは、申告所得税、市県民税、車の重量税、固定資産税、消費税など、
すべてを合算すると年間100万円以上の税金を払っています。
ダンナがそれだけ払っているんだから、すこしくらいキャッシュバックしてくれてもいいと思うんです。
それに例えば、うちと同じ世帯年収の家庭で共働きだった場合、
主たる生計保持者の所得で...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

 税制を含め,いろいろな制度はその時々によって変わりますので,なかなか全員が同じようにとは行かないです。不公平感は確かに残りますが…

 私の場合も,児童手当はもらえませんでしたし,乳幼児医療費が無料になったころには,子供は乳幼児を卒業していました…

-----------------

>ダンナは、申告所得税、市県民税、車の重量税、固定資産税、消費税など、すべてを合算すると年間100万円以上の税金を払っています。
ダンナがそれだけ払っているんだから、すこしくらいキャッシュバックしてくれてもいいと思うんです。

・なんとなく心情は分かるのですが,税制ではキャッシュバックと言う考え方はないです。負担できる方には相応の負担をしてもらうと言う考え方です。

>それに例えば、うちと同じ世帯年収の家庭で共働きだった場合、主たる生計保持者の所得でみるので、児童手当をもらっているはずなんです。

・よく意味が分からないのですが,「主たる生計保持者」がご主人と同程度の収入があった場合は,やはり児童手当はもらえないので同じことなのではないでしょうか?

>かなりの税金が投入された保育園に預けて働いて、そこでも行政から保護というか援助されてて、その反対に専業主婦で子育てしていても行政から援助なんかないわけで…。

・少子高齢化対策が国の喫緊の課題で,女性の社会進出を援助すると言うのが国の施策の流れですから,仕方がないともいえますね。
 主婦の方は,健康保険や国民年金の負担がありませんので,それでチャラと言うことで…だめですか?

>専業主婦は、昔あった、配偶者特別控除もなくなって、専業主婦で子育てしている人は損しているような気がします。

・「配偶者特別控除」は今でもありますよ,と言うか専業主婦の方でしたら「配偶者控除」の対象になるんじゃないですか?

>みんながもらっている児童手当がもらいたいです。

・みんながもらっているわけではないです。私ももらっていませんので…

>調べたところによると3歳まで月に1万円もらえるらしいじゃないですか!
ということは1年で12万円、3年で36万円…結構いい金額ですよね!
正直うらやましい。もらえるもんならもらいたい。

・いえいえ。もっともらえますよ。
 3歳以上小学校卒業までは,「第1・2子 月額5,000円」「第3子以降 月額10,000円」です。

------------------

 専業主婦が国民年金の3号被保険者として,掛け金が扶養なのは不公平ではないかと言う議論が以前からあります。年金財政が破綻寸前ですから,もしかしたらこの特典もなくなるかもしれません。
 ますます,専業主婦には住みにくい世の中になって行きそうですね。
 ちなみに,家内も専業主婦です。

 こんにちは。

 税制を含め,いろいろな制度はその時々によって変わりますので,なかなか全員が同じようにとは行かないです。不公平感は確かに残りますが…

 私の場合も,児童手当はもらえませんでしたし,乳幼児医療費が無料になったころには,子供は乳幼児を卒業していました…

-----------------

>ダンナは、申告所得税、市県民税、車の重量税、固定資産税、消費税など、すべてを合算すると年間100万円以上の税金を払っています。
ダンナがそれだけ払っているんだから、すこしくらいキャッシ...続きを読む

Qふるさと納税限度額がわかりません。

おととしからふるさと納税しています。サラリーマンの妻です。
お得と思って、ネットで確認した目安額で寄付したのですが、翌年度6月からの住民税が500円しか減ってなく、ほとんどがただの寄付になってしまったとしか思えず、損しているとしか思えません。私の解釈不足なのでしょうが、改めてあらゆるサイトで確認しましたが、限度額が分からなくなってきました。
どなたか、計算して教えてくださいませんか?

市役所に行けば計算してくれますか?行くといつも混んでいるので気が引けてこちらに質問しました。
ここでも解決できない場合は行くことも考えます。

サラリーマンと妻(専業主婦:収入なし)の二人世帯です。
住宅減税とか、医療控除とかはありません。(ふるさと納税のみ)
先日、26年も5万円寄付したので、確定申告済みです。
ですが、本当はいくらできるのか知りたいです。

※2000円負担で後は全額戻る(税から差し引ける)「実質2000円でお得」な限度額を知りたいです。

源泉徴収票は貼付したので手元になく、
先日作成した確定申告時の控えから記入しますので下記でご理解可能な方、どうか計算してください。

申告書Aより
給与金額等:給与 7332093円
所得金額:給与 5398883円
所得から差し引かれる金額:1747394円 寄付金控除:48000円 合計:1795394円
税金の計算:課税される所得金額 3603000円 ←に対する税額293100円 差引所得税額293100円
      復興特別所得税額:6155円 所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額:309000円

還付される税金:9745円。(すでに還付済み)

この情報でわかりますでしょうか?

今年もこの給与基準(ちょっと増しで7500000円くらい)でふるさと納税したいと思っています。
昨年の5万は多すぎでしたか?
今年、絶対損したくないので、どなたかお願いします。

ちなみに一昨年(25年)初めてふるさと納税(&初めて医療費控除)してからの翌年7月から現在の住民税は23600円です。給与は約6755000円でした。
ふるさと納税も医療費控除もなにも確定申告していないその前年(24年)の住民税は24100円でした。もっと減額されると思っていたのでショックです。

おととしからふるさと納税しています。サラリーマンの妻です。
お得と思って、ネットで確認した目安額で寄付したのですが、翌年度6月からの住民税が500円しか減ってなく、ほとんどがただの寄付になってしまったとしか思えず、損しているとしか思えません。私の解釈不足なのでしょうが、改めてあらゆるサイトで確認しましたが、限度額が分からなくなってきました。
どなたか、計算して教えてくださいませんか?

市役所に行けば計算してくれますか?行くといつも混んでいるので気が引けてこちらに質問しました...続きを読む

Aベストアンサー

№2です。

>「市町村民税所得割」「都道府県民税所得割」が分からず計算に至らず、でした。
源泉徴収票をみて、「支払金額」「給与所得控除後の金額」「所得控除の額の合計」欄に数字を入力し、「限度額計算」をクリックすれば、「所得割」の欄は入力しなくもその限度額は計算されます。
ただ、「扶養親族」がいる場合は、より正確な限度額を出すために入力が必要ということです。
貴方の場合、おそらく扶養親族はいたとしても1人でしょうから、その限度額とほとんど同じです。
1000円か2000違うだけでしょう。

>計算式、どの部分をどう計算するのかが分かりません。恐れ要りますがよろしければ教えてくださいませんでしょうか?
前に書いたとおりです。
”千円単位で正確に”というなら、会社を通し6月にもらう「給与所得に係る住民税の特別徴収額の決定通知」に記載されている、「市民税所得割額」「県民税所得割額」の数字を入力すればいいです。

Qパスポート取得にかかる日数について

パスポートの申請をしてから何日ぐらいで
取得できますか?
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは~☆

休日を含めないで、おそよ1週間くらいです。

最寄りのパスポートセンターに電話して、例えば明日申請したらいつ出来る??って聞くと教えてくれますよ。

Q平社員の場合の役職名は?

ある入会申込書へ記入しているところ、勤務先、役職名について尋ねられているところがあります。勤務先は問題なく記入できますが、役職名のところで止まってしまいました。私は一般社員、平社員ですので役職名がありません。会社の組織図を見れば主任の下の「スタッフ」と言う立場です。この場合、役職名は空欄?それとも一般社員?

Aベストアンサー

一般社員の場合は役職がないわけですから、空欄でもいいと思います。また空欄ではちょっと・・・と思うようであれば、役職者ではないという意味で「一般社員」とか「○○課員」とか書くのも方法だと思います。

Q給与所得と給与収入の違いを教えてください。また、年収はどちらで答えればよいか?

こんにちは。

給与収入と給与所得の違いを教えてください。また、年収はどちらで答えればよいでしょうか?

Aベストアンサー

年収は給与収入です。

給与所得は給与収入から経費を差し引いた金額です。
この経費というのは年収に応じていくら!と決まっ
ています。

確定申告や年末調整の手引きなどにはこの表が載っ
ています。

自営業は、領収書で経費差し引けますがサラリーマ
ンなどはそういうのが認められていないので、国が
年収に応じて経費を算出しました。
サラリーマンといえども、仕事の為に靴は買う!
スーツは買う!などしますからね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング