マイホームを建てようと、まずは土地を探しています。
 住宅屋さんが探してきてくれた土地が、まあまあ気に入っています。
 60坪くらいの土地が、15くらい造成分譲されています。
 北東が道路に面した土地が気に入っているのですが、東側が「村道」で、将来道路拡幅になって敷地が削られるのではないかと心配です。住宅屋さんは「村道は4mもあるし、交通量も少ないので拡幅の心配はない、大丈夫」と言いますが・・・。 
 土地を探すのは全くの素人で、探し方の初歩も知りません。
 マイホーム建築の経験のある方、現在検討される方、「土地選びの考え方」「コツ」のようなものがあったら教えてもらえませんか。
 成功談、失敗談なども聞きたいのですが。
 どんな些細なことでも参考に出来ると思いますのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

土地選びについては、大切なポイントがあります。


是非参考にしてみてください。

契約の前に!土地選びのポイント
http://www.foryourlife.info/ogj-house/akan/a002. …

土地選びの重要なポイント
http://www.foryourlife.info/ogj-house/hiketsu001 …

参考URL:http://www.foryourlife.info/ogj-house/hiketsu001 …
    • good
    • 1

まず設計事務所を選んでは如何でしょうか。


相性の合う設計者を選び、候補の土地をその設計者に一緒に選んでもらっては如何でしょうか。
設計事務所を選んだり、設計事務所を理解するのに下記HPを参考にしてください。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~yoneto/Whjimusyo.html

また設計事務所との出会いの場を作ってくれるサービスをされているHPを下記に掲載しておきます。
建築条件付き土地はトラブルが多いようですのでやめた方が良いと思います。

参考URL:http://www.aims-system.co.jp/patio/home.html
    • good
    • 0

知り合いの設計士さんが言っていたことをお話しますが、


土地を買うと言うのは結構重要なことですので、出来れば暇があるときにその
周辺を歩いてみて、土地の人とコミュニケーションを取ってからでも遅くはないと
思います。一生に一度買うかどうかのものですから・・・
中にはそうして情報収集すると、『曰く』付きの土地なんてこともあるようです
ので、ご注意下さい。

ちなみに近所でかなり昔、首切場(動物)だった土地を購入した家がありますが、
引越ししてから慌ててお宮?を建てたそうです。今でもその周囲はよく交通事故が
起きて、去年の今ごろなんかは1ヶ月で6件の交通事故、内2件は死亡事故でした。
(知り合いが亡くなったので・・・)

又、以前私が棲んでいた土地も、川中島の合戦があった土地とのことで、父親の
体調不良がどうもおかしいと、実家の祖母が『拝み屋』さんに見てもらったら、
土地の端に骸があるとの事で、毎日お供えをしたら良くなった。何てこともあり
ました。(私はあまり信じないんですがそういうの・・・気持ちの問題だと思うの
 ですが・・・不思議なものです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白い話ですね。そういう話は大好きなのですが、自分の宅地はそんなのいやですね。
ありがとうございました

お礼日時:2001/06/19 00:54

「村道」の拡幅計画があるかないかは役場に行けば簡単にわかります。


「土地選びの考え方」「コツ」ですが参考になれば幸いです。
接道がしっかりしていなくてはなりませんよネ 幅が狭く車も通行に支障があるなら論外です。接道と同時に隣接地が山や崖なども敬遠すべきです。また川も自然の破壊も考えられます。あと、地形はなるべく正方形に近い方がよいです。当然ですが隣地との境界線は慎重に確認して下さい。
また、おうおうにして云えることですが、古い住宅地は年輩の人が住んでおり、新耕地には比較的若い人が多くいます。その点近隣とのトラブルを避けるための参考になるかも知れません。
それと同時に土地を買う場合、売り主が本当の持ち主かどうか十分確認して下さい。たまに他人の土地を売るわるいヤツもいます。更に、その売り主が登記名義人であっても絶対的にその人の物でない場合もあります。このへんむつかしくなりますが「登記に公信力がない」といいます。これは買う前に司法書士に聞いて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
明日役場へ行く予定です。親切に教えていただけるといいのですが。

お礼日時:2001/06/19 00:51

 土地だから特別ということではなくて、他の買物と同じように考えてみてはいかがでしょうか。


 例えば、スーパーで野菜を買うとき、どれくらいの大きさのものがいくらだったら買う(4分の1カットは100円とか)と考えますよね。あるいは、少し高くても無農薬の物を買うとか、少し痛んでいても安かったら買うとか。
 土地も同じです。広さ・環境・交通・価格等に優先順位をつけて、「ここまでの条件が整った物件であればここまでのお金は出す」と予め決めたうえで探されるのが良いのではないかと思います。
 あとは信頼できる業者を選ぶことだと思います。法律の知識があるかどうかということも重要ですが、こちらのニーズにどれだけ親身になって耳を傾けてくれるかというところを判断したいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私は、車を買ったときと似ているなと思いました。
それから、土地選びは結婚と似ていると聞きますが、ほんとうにそう思います

お礼日時:2001/06/19 00:48

土地探しは、難しいですよ。

なんたってすごく大きな買い物をするわけだしね。かといって、いつまでも考えてると物件がなくなっちゃうし…。
とりあえず、あなた方の生活スタイルをまず考えてください。それと家、土地にかかるコスト面ですね。条件面でなにを重視し、なにを削るか(もしくは我慢するか…)を考えてみてください。
私の経験上重視したのは、環境(例えばね、緑があるけど前面道路は6Mの道とか周囲は住宅ばっかりとかで騒音がうるさくなく高い建物もない。)と仕事場までの通勤時間と駅までの距離ですね。あとは、水路の近くじゃないとか土地価格が周囲と比べて妥当とか…こまかいことは、多々ありますが。そうそう前面道路は南東に位置しています。南、東に接道してあるところは良いですよ。日当たりが全然違います。そんなところでしょうか。
もちろん、現地は必ず足を運び周囲だけでなくその外についてもじっくり見ましたね。耳もダンボにして聞いて。
それと住宅屋さんの発言ですが、一度ですね役場で都市計画道路についてお問い合わせをされればよろしいかと、思います。もし、将来的に拡幅する予定ならたぶん、分かるでしょうし…。ただ、あくまで拡幅しなかったとしても絶対ではありませんので。
今回、北東が道路に面した土地のことを書かれていますが、あくまで余談ですけど北東とか南西に玄関を持ってこないほうがいいみたいですよ。家相上ね。
土地探しのコツについて参考URLでもいいですし、土地探し で検索されればいろいろ出てきますよ。また、見てみて下さい。

参考URL:http://www.misawa-nj.co.jp/point/101kukaku/index …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
生活スタイルで頭を悩ませているのが、今は嫁さんと子供だけでいいのですが、将来両親と同居する可能性はあるのかなあ、とういところです。

お礼日時:2001/06/19 00:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続時の土地の評価額

相続時の土地の評価額についてお尋ねします。

以前から漠然と、相続の際、現預金より土地のほうがはるかに低く評価されるので有利と考えていました。

ところが自分が遺言書を書く気になって、信託銀行に行き、「小当たり」してみたところ、今は土地も実勢価格で評価されるので、現預金と、有利不利はないと言われました。

確かに今は実勢価格と、路線価や公示価格と差がないと聞いた記憶があります。

一方で、五年前に母が死んだ時の自分の相続の明細を見ると、土地の「相続税評価額」は実勢価格の1/3以下になっています。

そもそも相続上の評価額と「相続税評価額」は意味が違うのかもしれませんが、よく分かりません。

一度離婚していて、いろいろ複雑な問題があり、信託に相談するとしても、基礎知識として知っておきたいと思います。

実際はどちらが正しいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>相続上の評価額と「相続税評価額」は意味が違うのかもしれませんが、よく分かりません

市街化調整区域の場合は倍率方式を採用しますので、NO1の方が言われる様な方法ですね。
市町の発行する評価証明×相続税倍率=相続税評価額

市街化区域の場合は税務署が路線単価を持ってますので
路線単価×奥行き補正率×間口補正率×m2=相続税評価額

色々「かける」ことによって「実勢価格に近づける」でしょうか。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/4602.htm
http://www.rosenka.nta.go.jp/
当年分は、いつも7、8月ごろです。

Q道路拡幅に関しての立ち退きの件で教えてください。

道路拡幅に関しての立ち退きの件で教えてください。

補償契約関係についてなのですが、役所より補償金額が00円と明示され、契約書のみ送付されてきました。
内容がよくわからなかったので、明細等下さいと連絡しましたら、動産移転 00円 借家人補 償00円移転雑費 00円とありました。このような場合、きちんとした明細(計算書みたいなもの)はくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

役所もバカじゃないから当然バックデータは持っています。
そうでないと他の納税者に説明が付きません。
なんでこの人にこんだけ補償したの?って言われた時の武装ですね。

請求すれば貰えるはずです。
ただその明細を理解するのは大変かもしれません。
けっこうな頁数かもしれません。

 契約書(補償金額)
      ↓
     明細-1 動産
          借家人
          雑費
          ↓
         明細-2 動産明細
              借家人・・・
              ・・・・・・・・・ 

と言うような契約書にしてもらっても良いかもしれません。
私だったら明細-2は要りませんけど。

-----以上     
               

Q遺産相続および土地評価について

祖母の遺産相続でもめております。

祖母には3人の子がいて、内一人が私の父です。
祖母は土地をもっていましたが相続税対策のため
銀行に借金をしてマンションを建設しました。
(現在6千万の負債が残っています。)

銀行との契約は
祖母と父が「連帯債務者」私が連帯保証人です。

遺言書にはマンションは父に相続させる記述がありましたが
土地、借金については言及していないため

兄弟達はマンションの土地は相続人全員に権利があるから
相続させろと主張し、さらに借金については相続しないと言い張ります。
法定相続的には負の財産も均等である旨を父が主張しても
「連帯債務者」である父が負担すべきと返されます。

この主張は正しいのでしょうか?

また、マンションとその土地の名義が分散してしまうと
もめ事の種にもなりかねないため、兄弟の相続権のある
マンション建設地の評価分を現金で支払おうとしていますが
その際の土地の評価はどのようなものになるのでしょうか?

兄弟は更地の売却実勢価格分よこせと言い出すでしょうが、
当方としては安い路線価や固定資産税評価を基準にしたいところですし
マンションが建っている土地である以上、貸家建付地という条件、
またその土地はマンション建設の為に借り入れをした銀行の
抵当にもなっているため、評価は低いと考えます。

祖母の遺産相続でもめております。

祖母には3人の子がいて、内一人が私の父です。
祖母は土地をもっていましたが相続税対策のため
銀行に借金をしてマンションを建設しました。
(現在6千万の負債が残っています。)

銀行との契約は
祖母と父が「連帯債務者」私が連帯保証人です。

遺言書にはマンションは父に相続させる記述がありましたが
土地、借金については言及していないため

兄弟達はマンションの土地は相続人全員に権利があるから
相続させろと主張し、さらに借金については相続しな...続きを読む

Aベストアンサー

■[上記案に間違いはあるのでしょうか?]

遺言で指定された以外の財産については、相続人間の遺産分割協議で財産を分割します。

従って、補足された内容が間違いであるかどうかという判断はなく、それが相続人間で[合意]されればOKという話になります。

ただ、法定相続分を考える場合には、総資産(遺言で指定された財産とそれ以外の財産を合計した財産)を前提にして考えます。ですので仮に相続人が父、弟A、弟Bの3人であれば、全体の財産と負債に法定相続分が1/3あるということになります。

また、遺産分割協議が調わない場合は家庭裁判所に遺産の分割を申立てることができます。 家庭裁判所はまず「調停」にかけ、調停が成立しないときは「審判」による分割を行うことになります。

■遺産分割方法について

ここからは分割方法について個人的なアドバイスを書かせて頂きます。

1.遺言で指定された財産について

遺言通り、父がマンション建物、弟Aが財産A、弟Bに財産Bをそれぞれ承継します。(ここまではOKですね)

2.マンションと土地と借入金について

これまでの経験から申し上げると土地・建物の所有権は一本化した方が宜しいです。(つまり、マンションの土地・建物を父の所有に一本化する)

その理由としては土地・建物を別の所有者とすると
・将来の売却する場合に障害になる可能性
(建物・土地単独では売却が難しい)
・次世代への相続時に話が面倒になる
・借地料支払の請求、借地権の発生・・・等
後々トラブルが発生しやすい状況になるからです。

次にその方法についてですが

借入金6,000万の連帯債務については、父だけではなく、弟Aも弟Bもその相続分に応じて負担する義務が発生します。つまり、仮に相続人が3人(父、A、B)の場合には、AとBがそれぞれ6,000万×1/3=2,000万、2人合計で4,000万の連帯債務を負担することになるわけです。

そこで父がAとBの債務4,000万を引受けるかわりに、その債務と同額のマンションの土地を引継ぐ事にするのです。(債務と土地が同額なのでプラス・マイナス0)

遺産分割協議でA・Bの債務を父が引受ける事について合意を取り付けるのです。

ただ、その合意は相続人間では有効な契約でありますが、第3者である銀行に対し主張することはできません。(つまり、銀行は相続人それぞれに返済を請求できる)

債権者である銀行にA・Bの債務を免除してもらうには「免責的債務引受」(他の債務者の責任を免除させる債務引受け)を承諾してもらう必要があります。

銀行が承諾するかどうかはここでは判断できかねますが、債務者の1本化、不動産担保力、マンションの収益力、連帯保証人の資力等を総合的に判断して決定されることになります。

(ただ、相続人間の合意は有効であって、要は銀行がどのように回収するかの判断の問題です)

また「マンション収益のある父だけが得だという反発があると思われますが、家賃収益は遺言書に記載された物件から得るもので正当である」についてはその通りですし、その収益からか借入金を返済していく必要があります。また、マンション経営を長期間続けることはそれなりにリスクを負うことになります。

3.200坪の更地について

父がマンション土地・建物・借入金、Aが財産A、Bが財産Bを取得した上で財産全体で各人が1/3取得でるように200坪の土地を分ける。

ただ、前述の通り、不動産の所有権は一本化しておいた方が賢明です。将来売却が確実な場合は共有としていても問題ないですが、それ以外の場合は各々が有効活用や売却しやすいうよいに分筆(分割)して所有しておいた方が宜しいでしょう。もし、分筆が難しいということであれば弟A・Bに代償分割してもらう方法も考えられます。

まとめますと
1.遺言通りに財産を取得
2.父がA・Bの連帯債務を引受けるかわりに、マンションの土地を取得
3.200坪の更地については相続財産が法定相続分の1/3になるように調整して取得

以上はあくまでも経験からの一案です。
参考になれば幸いですが、実際の相談は専門家になさってくださいね。

■[上記案に間違いはあるのでしょうか?]

遺言で指定された以外の財産については、相続人間の遺産分割協議で財産を分割します。

従って、補足された内容が間違いであるかどうかという判断はなく、それが相続人間で[合意]されればOKという話になります。

ただ、法定相続分を考える場合には、総資産(遺言で指定された財産とそれ以外の財産を合計した財産)を前提にして考えます。ですので仮に相続人が父、弟A、弟Bの3人であれば、全体の財産と負債に法定相続分が1/3あるということになります。

...続きを読む

Q土地を買おうとしています。結構気に入った条件なのですが、ただ一点マイナ

土地を買おうとしています。結構気に入った条件なのですが、ただ一点マイナスポイントがあります。面しているのが南東の道なのですが、土地の間口の南端から約2mの位置の道路に電柱があります。その道路にあり敷地内にあるわけではありません。こういった電柱は電力会社などに言って動かしてもらえるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

費用は十数万~60、80万と聞きますが、動かせるものと動かせないものがあります。
ことに角に位置するものは動かせない可能性が大きいですが、土地利用のためにずらすことを相談はできます。結構費用がかかるので駐車場の位置などで本当にその方が合理的であるというときのみに相談してみたらどうでしょう。
電力会社の工務所などでの相談が必要です。お客様センターではいまいち話が通じないことがあります。

Q家屋・土地相続の時の評価額について

兄弟2人で家と土地を相続するとなり
長男が家屋と土地を受け継ぎ名義変更を行い
次男には家屋と土地の半分に対応する金額を
長男からもらう形で相続を済ませようとする場合
一般的には土地と家屋の評価額はどうやって出すのでしょうか?
ご教授ください。

Aベストアンサー

不動産の価格について、同意に至らず、遺産分割審判(裁判)になった場合は、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼して決めることになります。また、複数の相続人が、違う不動産鑑定士に依頼して、複数の鑑定結果が出た場合は、最終的には審判官(裁判官)が、その見識に基づいて、妥当な価格を決定します。

審判に至らない場合、世間一般では、どうやって価格を決めているかというのは、難しい質問です。

というのも、円満な遺産分割であれば、不動産の価格は、厳密に算定する必要がないことがほとんどだからです。

例えば、兄が「大体この辺は、坪××円くらいだから、この土地が○○円くらいかなぁ。じゃあ、半額の△△円を渡すということでいいだろうか?」といえば、弟が「まあ、そんなものだろう。」と答えて、遺産分割が終わるなんていうのがよくあります。

このとき、坪××円に何か根拠があるかというと、兄の地域住民として、見聞きした経験上の相場など、ほとんど根拠がないことが多いです。しかし、仲の良い兄弟であれば、あまり細かいことは言いません。

また、兄が不動産の半額を支払うだけの預貯金を持っていないことも多く、兄が支払える範囲で、弟が手を打つというのも普通のことです。こうなると、不動産の厳密な価格を調べるということに、ほとんど意味がありません。

厳密に決めるのであれば、不動産鑑定士に鑑定を依頼することになりますが、数十万円の単位で費用もかかります。当事者が納得できるのであれば、どのように決めてもかまいません。公示地価や路線価を調べ、兄弟二人がそれをベースに、話し合い、価格を決めるということも、あると思います。

不動産の価格について、同意に至らず、遺産分割審判(裁判)になった場合は、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼して決めることになります。また、複数の相続人が、違う不動産鑑定士に依頼して、複数の鑑定結果が出た場合は、最終的には審判官(裁判官)が、その見識に基づいて、妥当な価格を決定します。

審判に至らない場合、世間一般では、どうやって価格を決めているかというのは、難しい質問です。

というのも、円満な遺産分割であれば、不動産の価格は、厳密に算定する必要がないことがほとんどだからです...続きを読む

Q方位に詳しい方教えて下さい(3月に北東へ引越し予定)

初めて『教えて!goo』を利用させて頂きます。
よろしくお願いします。

3月に引越しすることになりました。
引越しとなると『方位』という言葉が頭に浮かびまして…。「その方角に引っ越すと良くない」とか色々あるのかしら?と思い、ネットで調べてみました。

でも、気になったわりにお恥ずかしいのですが基本的な知識も何もないので、何をどう調べたらいいのか?が分からないという次第です…。
『今年は北東の方角が良くない』のかしら? という程度しか分からないのですが…。(これすらあっているのか分かりません。すみません!)

「方位」「風水」「気学」「方位よけ」「暗剣殺」etc色んな言葉が出てきて分からず、しかもネット上で色々質問している方達は『私は四緑木星ですが…』等、ある程度詳しい方ばかりのようで、何も分からないと質問すらはばかられるような気がしまして…こちらに質問させて頂きました。
(カテゴリーが間違っていたら申し訳ありません…)

◇3月上旬~半ばくらいに新築戸建てへ引越し予定(日にちは未定)
◇自宅から北東(東北?)方面に引っ越します
◇同市内の移動で距離は3km(車で10分以内)ほど離れた所です
◇生年月日
  主人:S47.6.9
  私 :S47.1.6
  娘 :H17.3.14
  父 :S13.1.13 (私の父です)
◇娘の幼稚園は変わらずそのままですが、買物などの生活圏はちょっと変わります。

あと、どんな事を記せば良いでしょうか?

2年ほど真剣に物件を探し、何十件も沢山見た中で一番気に入り、「希望エリアから離れるけれど、でもこの物件ならいい」と思える物にやっっっと出会えました。(父も初めて気に入ったので)

『悪い方角に行くとその先何十年も悪い事が続く』とか『方位が悪いのは改善しようが無い』とか『転勤などではなく、自分の意思で悪い方角へ動くとますます悪い』というような言葉をネットで見て、何だか気が重く不安になってしまいました。
一度良い方角に引っ越してから…という方法もあるそうですが、残念ながらそういう事は現実的に出来ない状況です。

もうどうしようもないのか、せめて神社などでお払いだけでもしてみたら(その場合『方位除け』という内容のお払いでいいのでしょうか?)等々 詳しい方に教えて頂けたらありがたいです。

引越す方角や生年月日などの他に「こういう内容が記されていないと判断出来ない」などありましたら、お手数ですがそれも教えて頂けますでしょうか?
この質問文の中の言葉使いなど間違えている部分がありましたら、知識ないゆえどうかお許し下さい。
よろしくお願い致します。

初めて『教えて!goo』を利用させて頂きます。
よろしくお願いします。

3月に引越しすることになりました。
引越しとなると『方位』という言葉が頭に浮かびまして…。「その方角に引っ越すと良くない」とか色々あるのかしら?と思い、ネットで調べてみました。

でも、気になったわりにお恥ずかしいのですが基本的な知識も何もないので、何をどう調べたらいいのか?が分からないという次第です…。
『今年は北東の方角が良くない』のかしら? という程度しか分からないのですが…。(これすらあっている...続きを読む

Aベストアンサー

「生兵法は怪我のもと」という言葉の通り、中途半端な状態では身動き取れなくなります。
人間は生まれてから、いい方位ばかりを取っているわけではありません。吉方より凶方の方が多いのですからむしろ悪い方を取っているといっても過言ではありません。
何かにつけていい方位が見つからない。悪い方位だけど取らざるを得ない。
これが当たり前の事なのです。

世間では方違えなど取ってつけた方法で運勢を転換しようとか出来るなどと言っていますが、そんなものは俗説、迷信の類です。
方位は積み重ねですから、一朝一夕に良くすることなど出来ません。

更に「吉凶は動より生ず」ともいいます。これは動かなければ良くはならないという意味のほかに、方位だけではなく行動にも吉凶の元があると言う事を逝っています。例えばポイ捨ては五黄殺方位を取っているのと同じですし、トイレ掃除は二黒の吉方を取っているのと同じで10年立てば名誉や財を得ることになります。

方位は悪い方位を取ってしまってもやり直しは利きますが、そのためには知識が必要です。
だから、気にして良くしようと思うなら自分で学ぶか専門家に頼るしかありません。
それが出来ないのなら、ハナから気にもしない事です。
他人が何を言っても無視しましょう。科学的根拠などないのですから。
これから先も読まなくていいです。

---------

確かに今年の東北は暗剣殺ですから万人に悪い方位です。暗剣殺は精神的ダメージが身体に影響すると言われています。
しかし、一度の症状が出る事は少なく、小さな前駆症状が引っ越した月や3ヵ月後、半年後というように出てきます。
まずは家族各人の寝所移動などの吉方取りを重ねて、暗剣の影響を食い止める事が重要です。
また吉方取が上手くいけば、いい時期を見て際引越しのチャンスが巡ってきます。
もう一つ気をつけるべきは、仕事に執着しすぎない事です。
暗剣なので、悩みが多発しながら成績が低下する事が予想されます。
いずれ変化のチャンスが巡ってきますが、そのままでは悪い方に転換し、吉方を取っていれば善い方向に転換できます。
だから、これを基にしていい方向に転換する事と、今の仕事に執着しすぎて好転するチャンスを見逃さないように、切り捨てる勇気を養う事が大切です。

「生兵法は怪我のもと」という言葉の通り、中途半端な状態では身動き取れなくなります。
人間は生まれてから、いい方位ばかりを取っているわけではありません。吉方より凶方の方が多いのですからむしろ悪い方を取っているといっても過言ではありません。
何かにつけていい方位が見つからない。悪い方位だけど取らざるを得ない。
これが当たり前の事なのです。

世間では方違えなど取ってつけた方法で運勢を転換しようとか出来るなどと言っていますが、そんなものは俗説、迷信の類です。
方位は積み重ねです...続きを読む

Q使用貸借の土地を相続する際の価格評価は?

母名義の土地に父名義のアパートを建ててある場合について質問です。父が地代を払っているわけではないので使用貸借ということになるかと思いますが、母が先になくなった際に、その土地を相続する場合、その土地の評価額というのは、貸家建付地としての評価をしてもらえるのでしょうか。また、父が相続した場合と子が相続した場合にその評価に違いはありますか。  高齢の父母が心配しています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

地代の収受があれば貸地評価をすることが出来るかもしれませんが、ご質問の場合、使用貸借のため自用地としての評価になり、借地権割合等の減額はないものと思われます。

ちなみに、建物とその敷地の用に供されている土地の両方を所有している場合にのみ、貸家建付地の評価になります。

Q計画道路予定地に土地の仮契約をしたのですが

計画道路が購入予定地のほぼ90%以上を通る予定になっている土地を仮契約したのですが。
不動産屋からその計画道路は出来たとしても当分先・10年は大丈夫、20年ぐらいかな?近くにもう大きな道路が整備されたから、この計画道路はいつ実施されるかわからない。さらに、20年先に収用されたとしても移転補償費で新しい家をまた立て替えると考えれば、すごくいいんじゃないの?なんて言われ、ものも考えようだな~と思い仮契約しました。しかし、住宅ローンを組む際に、金融機関の方から本当に計画道路予定地を購入し家を建てるのですか?と心配され、もし10年、20年で計画道路が実施され収用された場合、今のような条件でローンを組む事が無理ですよ・・と言われ、この様な土地に家を建てる事はギャンブルに近いとまで言われてしまいました。
そこで、質問ですがこの土地を購入する事はやはり金融機関が言うとおりギャンブルに近いものなのでしょうか?
近隣の方にお話をお伺いした所、計画道路の話はあったが、収用の話はまだ出てきておらず、わからないというのが答えでした。
移転補償費で代替え地を頂けたとしても建物は、またローン組まなければならず、最初のローンを移転補償費で全弁済してしまうと、家は建てられずアパート暮らしになる可能性がやっぱり高いよな~とも思い。軽率だったな~と後悔しています。今家を建てても移転補償費で何とかローンを返して新しい家のためのローン組み直す事ができるものなのでしょうか?移転補償費が、ローン残債より少ない事ってあり得るのでしょうか?お教え願います。

土地 1450万(75坪) 建物2500万(40坪) で3000万の30年ローンを予定しています。土地については、近隣が坪単価25万ぐらいでこの土地は20万でした。

計画道路が購入予定地のほぼ90%以上を通る予定になっている土地を仮契約したのですが。
不動産屋からその計画道路は出来たとしても当分先・10年は大丈夫、20年ぐらいかな?近くにもう大きな道路が整備されたから、この計画道路はいつ実施されるかわからない。さらに、20年先に収用されたとしても移転補償費で新しい家をまた立て替えると考えれば、すごくいいんじゃないの?なんて言われ、ものも考えようだな~と思い仮契約しました。しかし、住宅ローンを組む際に、金融機関の方から本当に計画道路予定地を購入...続きを読む

Aベストアンサー

金融機関の人間、全員が賢いとは限りません。

都市計画道路に線引きされている土地に多くの人が建物を建築しようとしています。

さて、都市計画道路の事業の実現性の問題です。
都市計画工事を行うのは、基本的にはその地元の市町村です。
しかしそれでは市町村財政事情を圧迫することになるので、その都市計画道路の基礎となっている道路の管理者である都道府県が行う可能性もあります。

その都市計画道路については、まず、地元市町村役場に行き、いろいろな課を回って、取材してみてください。
その時に、地元都道府県が行う可能性の有無も分かると思われます。

その都市計画道路工事が行われるか、どうかの判断のおおまかな基準は、その道路が「幹線道路」であるか、どうかです。
その道路上に、大きな施設、土地区画整理が行われているか、どうかも、考慮されます。
近くに大きな道路が整備されたのなら、不動産屋のいうように、その都市計画道路整備はまだまだ先になる公算がたかいでしょう。

まずは、地元市町村で取材です。
たらい回しも、楽しんでください。
人に会えばあうほど、いろいろな情報が得られる可能性が高くなります。
阻止計画担当課で聞き、その役場のなかで関係しそうな課、職員を教えてもらい。回ることです。

他の機関(都道府県の出先等)を言われても、まず、その役場の道路関係、土地区画整理事業を行いそうな課を照会してもらうことです。

現在まったく計画がないのなら、来年度、再来年度の計画は無いということで、都市計画道路である以上は、おおまかな計画をたてて、予算獲得に最低1年。
詳細設計に1年。それからの事業着手でしょうから、
今の時点で、工事着手が確認できないのなら、よほどの事情が発生しない限り、ここ5年以上工事はないと言うことです。
また、事業着手しても、用地買収がある程度行われてからでしょうから、用地買収に5年程度以上必要でしょうから、「10年以上先の話」である事も、まんざら嘘ではありません。
まったく、着手されない可能性もあります。

ただ、そのような土地には、建物の階数制限と、構造制限があります。
地下室なしの2階以下の建物で、鉄筋コンクリート構造もダメです。
都市計画法53条以下に記載があると思います。

公共事業の補償は、金銭補償が原則で、「代替地」の斡旋はまれなケースです。

移転補償費がローンの残金より低い可能性は、貴方が、今回建築する時に、建築屋に、「ボッタクリ」されない限り大丈夫でしょう。

ただ、不安定要素は、将来貴方の土地が公共事業のために必要となった時に、貴方が、失業中等で、収入が無い場合です。
その場合は、改めてローンを組むことが困難になると思われます。

その他の事は、なんとかなると思います。

金融機関の人間、全員が賢いとは限りません。

都市計画道路に線引きされている土地に多くの人が建物を建築しようとしています。

さて、都市計画道路の事業の実現性の問題です。
都市計画工事を行うのは、基本的にはその地元の市町村です。
しかしそれでは市町村財政事情を圧迫することになるので、その都市計画道路の基礎となっている道路の管理者である都道府県が行う可能性もあります。

その都市計画道路については、まず、地元市町村役場に行き、いろいろな課を回って、取材してみてください。
そ...続きを読む

Q相続税の評価で土地の評価方法を教えて下さい

相続の土地評価方法がわからず大変悩んでいます。画像の黄色が母名義(被相続人)の土地で緑が私名義(相続人)の土地です。
黄色部分の土地をどのように評価すべきかわからず困っています。

手前の大きな道路は路線価20000がついています。
後方は私道で路線価がついていません。
路線価のついている道路に接している部分は間口が0.54mで隣人と境界でもめたため境界用に購入した細長い土地(10m2)で入り口とはなっていません。
黄色部分は400m2で緑部分は200m2です。間口は18m、奥行きは32mです。
黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居しておりましたので
出入りは正面からも裏面からもできます。
ただし正面は店舗の入り口となっております。
裏面は道路北側の隣人の所有で以前は通行しないように言われたこともありますが現在は通行可となっています。

評価方法をご教示ください。

Aベストアンサー

初めまして

大変ですね
詳しくは、下記の参考URL等を参照して下さい

一般的には、路線価で評価すれば、税務署には通ると思います
ただし、
>黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居~
とあるので、

1.小規模宅地等の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm
の対象になると思います(8割引き評価、または5割引き評価が可能)
これは別途、計算しないといけません


2.
以下、土地の評価ですが、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4604.htm
には、
「Q2 間口が狭小な宅地の評価」などありますが、
「奥行価格補正率表」、「間口狭小補正率表」など、
ご自身でやるなら、計算がややこしいと思います


なので、結論から言うと
補正率評価で計算した後の価格 < 路線価
だと思うので、高い方の路線価で申請すれば、
税務署は何も言わないと思います

また
>細長い土地(10m2)
は、「建物を建てる事が出来ない土地」なので、
路線価の1/2で評価しても大丈夫だと思います
税務署の判断は、「建物を建てる事が出来ない土地」なら、
私道、として見てくれるようです


なお、道路北側から(他人の私道を使って)出入り可能なので、
本来であれば、これも考慮するよう、言われるかもしれません

なので、黄色い土地を「高い方の路線価で申請」をオススメします

また、店舗兼住宅の評価は、お近くの地方税事務所で固定資産税の評価証明をもらい、
そのままの評価額で通ると思います

1.(小規模宅地等の特例)を使うのであれば、
 税務署に相続の書類を提出しなければなりません
 税務署に行けば、「相続の手引き」をもらえます

あくまで、個人的な推測ですが、他に多額の現金や不動産が無いなら、
基礎控除プラス相続人(1人1千万円)の、範囲内で収まりそうな気がします

なお、税務署に書類提出をしない場合は、1.の小規模宅地等の特例を使えません
と同時に、不動産の評価は(割引ナシの)路線価での評価となります
>細長い土地(10m2)
も、路線価での評価となります

心配であれば、プロ(税理士等)に相談することをオススメします


以上、あくまで、個人的なアドバイスです
どうか、頑張ってください

初めまして

大変ですね
詳しくは、下記の参考URL等を参照して下さい

一般的には、路線価で評価すれば、税務署には通ると思います
ただし、
>黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居~
とあるので、

1.小規模宅地等の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm
の対象になると思います(8割引き評価、または5割引き評価が可能)
これは別途、計算しないといけません


2.
以下、土地の評価ですが、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4604.htm
に...続きを読む

Q自宅の周りが全て他人の土地で道路と接していません

自宅の周りが全て他人の土地で囲まれていることが分かって驚いています。
かなり昔からの土地で、公道には専用通路(幅約2.5メートル)のような形で接していますが、この通路も他人の土地の一部でした。
建て替えを予定していますが、この通路を私道扱いとして建築確認が取れるのか分かりません。土地の所有者に通路として使用を認めてもらえば(たとえば承諾書のような形で)建築確認は取れるのでしょうか?
もし、この部分を買うとしたら通路を含む全体を買う用になったら、金額的なかなり難しいと思います。
このままの状態で、建て替えをしたいのですが、是非アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

補足読みました。
では、借地契約などでうまくいくとよいなあと思います。
担保を取る際によく銀行と相談し、出来れば行政書士さんなどに問題ない書式で今後の利用に担保のとれる書面を作っておかれるとよいでしょう。

ちなみに2棟は建ちません。
1件当たりに2m以上の接道が必要ですから。

たとえ、この路地部分を道にして2m以上接する敷地に分割して2棟建てたいと言ったとしても、
この敷地の状態からいえば2棟あなたが建てても2.5mの部分を道にすることは不可能だと思います。
まず「以前からある」わけではないこと。
道路にするには幅員が4m必要であること。これをとてもみたしません。
なので、2棟はこの路地を利用して建築することはまず絶対的に不可能です。

どうしてもとなると(わたり廊下を造るなどしてでも)増築扱いになります。
なので、建築物の検査済証がないと次の増築もできなくなりますのでかならず合法建築、合法維持、合法に検査済証をお取りください。

老婆心ながら
2棟建てるという計画よりも本当はまずはその土地を譲って(売買)してもらうのが筋ですよ。
敷地延長は担保価値は7~8割しかも借地ではさらに1~2割は確実に価値を落とすでしょう。
土地を買うお金はないというならば家も融資を利用すると考えれば担保の低さは建築を不可能にします。
とても2棟の建築資金は借りれないのが普通でしょう。
つまりどちらにしろ現金が必要であり、現金があるならまずは敷地有効利用価値を落とさない土地の取得にかけるべきです。隣人も相続や破産などいつ所有者が変わるかわかりません。いつまでもその土地が使えるわけではありませんから。

補足読みました。
では、借地契約などでうまくいくとよいなあと思います。
担保を取る際によく銀行と相談し、出来れば行政書士さんなどに問題ない書式で今後の利用に担保のとれる書面を作っておかれるとよいでしょう。

ちなみに2棟は建ちません。
1件当たりに2m以上の接道が必要ですから。

たとえ、この路地部分を道にして2m以上接する敷地に分割して2棟建てたいと言ったとしても、
この敷地の状態からいえば2棟あなたが建てても2.5mの部分を道にすることは不可能だと思います。
まず「以前からある」わ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報