親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

いま契約社員で働いていて妊娠中で5月に出産を控える妻を扶養に入れています。
ただ契約社員のところの給料が安すぎて夜中に居酒屋でバイトしています。
それでないとやっていけません。
ただ毎日仕事してから深夜までバイトしてっていうので身体が限界に近いです。

そこでいまはパチンコ屋でアルバイトから正社員になろうと考えているんですが、フリーターでも社会保険等完備されていれば妻を扶養に入れることは出来るんですよね?
そして、契約社員からフリーターになったことで特に税金などの金銭面で大きなメリットデメリットはあるんでしょうか?
わかる方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

税金については、前年(1月1日~12月31日)までの所得金額にて決まります。

また、浮揚については、奥様の所得が38万円を超えなければ税金の扶養に入れることができます。正社員でもフリーターでも契約社員でも関係ありません。

次に、保険の扶養ですが、社会保険完備であれば会社に聞かれればよろしいかと。多くの会社の社会保険は収入で130万円以下であれば扶養に入れることが可能かと。こちらも金額のみが関係しますので正社員でもフリーターでも契約社員でも関係ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

ありがとうございます!!
社員もアルバイトも関係ないんですね!
よく分かりました、わかりやすい回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/12/21 13:40

>妻を扶養に入れています…



何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ税金のカテですから 1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

しかも、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
あなたが会社員等ならその年の年末調整で、あなたが自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>社会保険等完備されていれば妻を扶養に入れることは…

2. 社保の話ですか。
任意の時点から向こう1年間の収入見込みが 130万以下なら、特に問題はないと思いますけど。

>契約社員からフリーターになったことで特に税金などの金銭面で…

ちょっと意味がよく分かりませんけど、収入が増えれば税金も連動して増えるのは世の常ですよ。
税金に「契約社員」か「フリーター」かの区別はなく、あくまでも 1年間でどれだけの給与を得るかで、税金は決まるのです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

質問が下手で申し訳ないです。
わかりやすい回答ありがとうございました!
色々また自分で調べて勉強します!

お礼日時:2015/12/21 13:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフリーターです。扶養の事について。

3月に20歳になり、4月からフリーターをしています。話を聞く所によると、103万は超えない方がいいぞ!扶養から外れるからな、とか。130万を超えなければ社会保険から外れないから大丈夫、130万は超えるな、とか言われます。なんとなくわかるのですが、?です。今のバイトを続けると103万は超え、130万は超えないってトコです。どうしたらいいのかわかりません。メリット、デメリットを教えてください。あと、申告しなければいいんですか? そういうもんではないのですか? 馬鹿なので教えてください。詳しい方お願いします。困ってます。

Aベストアンサー

 所得税に関しては、hiragaさんの給料が年間103万を超えれば、ご実家の扶養になることができなくなります。さらに年間の給与が98万円を超えれば住民税に関しても不利になります。結果としてhiragaさんの給与収入が103万を少しでも越えれば、ご実家の所得税と住民税(給与の場合翌年から)をあわせて最低でも年間数万円の税金が増える計算になります。

 また年間の給与収入が103万円を超えればhiragaさんの収入に応じて所得税を払うことになりますが、給与の場合は、一般的に勤め先が源泉徴収をする義務がありますので、そこだけの収入しかなければ、勤め先が処理してくれるはずですので、確定申告などの手間は必要ありません。途中で勤め先が変わったり、辞めたり、同時に2カ所以上で働けば確定申告が必要になる可能性も大きいと思います。

 それからアルバイトと称して募集しておきながら、税法上の実態は個人事業扱いとなっているようなことは、世の中にない話ではありません。そのときは収入から必要経費を引いた残りの所得が年間38万円を超えれば、ご実家の扶養からはずれ、hiragaさんご自身が確定申告の義務を負うことになります。可能性としては少ないとは思いますが。

 社会保険の130万円は絶対的な基準ではありません。給与が年間130万円に達することがなくても、正社員と同じに働けば、その職場の社会保険に加入しなければならない場合もあります。法律の建て前としてはそうなっていますが、実態としてはそのような職場は多くないのではと思います。

 一般的には年間の収入が見込みで130万円を越えれば、ご実家の扶養から外れ、さらに職場の社会保険に加入できなければ、ご自分の国民健康保険に加入することになります。国保の保険料は自治体によって違いますので、具体的な計算方法は役場にお尋ねになると良いでしょう。

 それ以外にも国民年金は20歳になれば、他の被用者保険に入っていない場合、加入しなければなりません。こちらは月額が決まっていて、今のところ13,300円だったと記憶しています。

 メリットの方ですが、アルバイトとして職場に入っても、働きによっては認められて若くして高い地位と大きな収入を与えられている人も実際にいます。チャンスがあると思うなら、税金がどうのとこぢんまりした話にこだわらず、思う存分働いてチャンスを生かす、そういう観点が必要な局面も長い人生のどこかにあるということを知っておかれても損はないと思います。

 たぶんいい年こいて無職の私の方がずっと馬鹿だとは思いますが、さらにお聞きになりたいことがあれば補足欄を使ってお尋ね下さい。

 所得税に関しては、hiragaさんの給料が年間103万を超えれば、ご実家の扶養になることができなくなります。さらに年間の給与が98万円を超えれば住民税に関しても不利になります。結果としてhiragaさんの給与収入が103万を少しでも越えれば、ご実家の所得税と住民税(給与の場合翌年から)をあわせて最低でも年間数万円の税金が増える計算になります。

 また年間の給与収入が103万円を超えればhiragaさんの収入に応じて所得税を払うことになりますが、給与の場合は、一般的に勤め先が源泉徴収をす...続きを読む

Q夫がアルバイト&学生になります。扶養者控除などは?

夫が1月よりアルバイトになりました。4月からはそれに加え学生にもなります。
私は年収400万の会社員です。配偶者控除や扶養者控除などは私の会社に申請すればよいのでしょうか?(この二つのこともよくわかってませんが) 夫のバイトは月7万~10万程度です。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>配偶者控除や扶養者控除などは私の会社に申請すればよいのでしょうか?

はい、そうなります。
勤務先の経理担当部署(担当者)に聞けば必要な手続きについて教えてもらえるはずです。

---
(詳細)

夫婦間で受けられる「所得控除」は、(扶養控除ではなく)「配偶者控除」です。

『No.1191 配偶者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

「所得控除」は、一年が終了してから、「所得税の確定申告」で(税務署に)申告するのが原則です。

ただし、「給与所得者」の場合は、「給与所得者の扶養控除等申告書」で「配偶者控除」や「扶養控除」を【事前申告】することが認められています。(申告すると「源泉所得税」が減額されます。)

ただし、申告時点では、「年間の合計所得金額が【未確定】」ですから、「所得の見積額」が「見込み違い(所得オーバー)」になってしまった場合は、「給与所得者の扶養控除等【異動】申告書」で「訂正」します。(不足が生じた所得税は「年末調整」で清算されます。)

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
※この申告書は、申告する「所得控除」が【なくても】、「その年の最初に給与の支払を受ける日の前日」までに提出しなければなりません。(詳しくはリンク先の説明をご覧ください。)

>…夫のバイトは月7万~10万程度です。

年間で「84万円~120万円」の「収入」になります。
ただし、「配偶者控除」の要件は【年間の合計所得金額】ですから、「収入」から「所得(税法上の儲け)」を求める必要があります。

「所得の求め方」は「所得の種類」によって違っています。

『所得の種類と課税のしくみ』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto319.htm
※「アルバイト」=「給与所得」、「源泉徴収あり」=「給与所得」ではありませんのでご注意ください。

仮に、「給与所得」の場合は、「所得金額」が「19万円~55万円」になりますので、【他に所得がなければ】、「年間の合計所得金額」も「19万円~55万円」ということになります。

『[PDF] 年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2011/pdf/73-81.pdf

---
「年間の合計所得金額 19万円~55万円」の場合は、「配偶控除」、または、「配偶者【特別】控除」が申告できます。

『No.1195 配偶者特別控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

「配偶者【特別】控除」も、年が明けてから、「所得税の確定申告」で申告するのが原則ですが、「年末時点で年間の合計所得金額が確定している」のであれば、勤務先の「年末調整」の際に申告すること【も】可能です。

『[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm

---
(備考1.)

ご主人自身は、以下の要件を満たすと「勤労学生控除」という「所得控除」が申告できます。

『No.1175 勤労学生控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

「勤労学生控除」も【給与所得者であれば】「給与所得者の扶養控除等申告書」で【事前申告】することが可能です。

※「所得控除」が増えても「所得金額」そのものは変わりませんのでご注意ください。

---
(備考2.)

(ご存知かとは思いますが、)「健康保険の被扶養者」および「国民年金の第3号被保険者」の制度は、「税金の優遇策」である「配偶者控除」や「扶養控除」とは【無関係】です。

*******
(参考情報)

『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/
※「収入が【給与のみ】」の場合の目安です。

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
『No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
『確定申告を要しない場合の意義』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
『税金から差し引かれる金額(税額控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto321.htm

『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html
『No.2030 還付申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm
『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm

『源泉徴収とは?支払者が所得税を納付』
http://allabout.co.jp/gm/gc/12014/
『収入と所得は何が違うの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14775/
『報酬?給与?所得の区分がグダグダだと?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14559/

---
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>配偶者控除や扶養者控除などは私の会社に申請すればよいのでしょうか?

はい、そうなります。
勤務先の経理担当部署(担当者)に聞けば必要な手続きについて教えてもらえるはずです。

---
(詳細)

夫婦間で受けられる「所得控除」は、(扶養控除ではなく)「配偶者控除」です。

『No.1191 配偶者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

「所得控除」は、一年が終了してから、「所得税の確定申告」で(税務署に)申告するのが原則です。

ただし...続きを読む

Q結婚したら主人の扶養に入る方が得ですか?

今現在アルバイトをしています。
健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税(4つ合計約2万3千円)を給料天引きされていて、
月の給料が差引支給平均約14万円です。
今度結婚をするので労働時間は今までより減らすため月の給料は
総支給額11万(差引支給約9万)になる予定です。
今年の収入が減るので来年の保険料も減ると思いますが、このまま
主人の扶養に入らず少しでも多くの給料を得るやり方と、収入を抑えて
主人の扶養に入るのとではどちらがお得でしょうか??
ちなみに主人の扶養に入るとして主人が払う健康保険料、年金保険料はどれくらい上がるのでしょうか?
私が扶養に入る場合の保険料計算の仕方が分かるサイトなどあれば
是非教えて頂きたく思います。

また、専門的な事でなくても主婦の方の経験上の意見などもお聞かせ頂ければ嬉しく思います!宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>今度結婚をするので労働時間は今までより減らすため月の給料は
総支給額11万(差引支給約9万)になる予定です。
 ・この金額ですと、扶養にはなれません
  月11万×12ヶ月=132万(年間)
 ・130万を超えると、健康保険の扶養、厚生年金の第三号被保険者になれません
  月108333円以内にして下さい(×12で1299999円)

>ちなみに主人の扶養に入るとして主人が払う健康保険料、年金保険料はどれくらい上がるのでしょうか?
 ・そのままで保険料は上がりません
  奥様の分は、保険組合、厚生年金が拠出します

>主人の扶養に入らず少しでも多くの給料を得るやり方と、収入を抑えて主人の扶養に入るのとではどちらがお得でしょうか??
 ・一般的に、世帯で考えれば160万位で±0と言われています
 ・少しでも多く、180万以上あればお徳では

Q2年契約で借りた家を途中で解約して引っ越すとどうなるの?

会社の都合で単身赴任することになりました。
赴任先では3年務めることになっていますが、1年で赴任先から戻ってこいという辞令がおりる可能性は十分あります。
そういう場合、2年契約を結んでいるとき、1年で解約した場合。どんなペナルティがあるのでしょうか?
契約内容にもよると思いますが、「一般的に」という感覚で回答いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今時、違約金を取るような物件は殆ど有りません。
2年契約というのはあくまでも契約期間なので2年経てば
解約又は更新しなければならない訳で、
2年間絶対に住みますという契約ではありません。
1、契約途中で解約する場合は通常1か月分の家賃を払って直ぐ退去。
2、事前に退去日が決まっていれば1ヶ月前までに解約の通知を出せば
違約金など一切有りません。

突然解約しなければならないような場合は上記の1、に該当しますので
住まないのに1か月分余計に家賃を払うので勿体無い気もしますが
これは一般的な契約ですので仕方ないと思ってください。

違約金を別途取る部屋や、解約通知は2ヶ月前とかいうおかしな条件の部屋もありますが非常に稀(全体の10%にも満たないと思います)
だと思います。
部屋探しの際に最初から、解約通知は1ヶ月前の物件を紹介してくれ
・・と業者に言えば余計な手間も掛かりませんので
お勧めです。

Q別居か離婚か、夫フリーター子供あり

21歳の専業主婦です。
生後三ヶ月になったばかりの子供がいます。

市営住宅の空き家待ちをしている間、家族で私の実家に間借り生活をしていましたが2週間前、旦那(20歳)が自分の実家に帰ってしまいました。旦那と私の実家は徒歩10分程度なので、旦那が家に帰ってこないのはこれが初めてではありません。今までは1日泊まって帰ってくる程度でしたが、大きな喧嘩をするたび旦那が家を出て行く、これがお決まりのパターンでした。

経緯と言うと長くなりますが、旦那とは5年付き合い、結婚はいわゆるできちゃった婚で、妊娠4ヵ月で旦那がリストラされ、中絶もできず、旦那に仕事を探してもらいながら両家の話し合いの結果、私の実家で夫婦共々お世話になることになりました。

一緒に暮らし始めてすぐに、旦那のセフレ募集や他の女の子と2人で遊びに行く約束をしていたこと、分娩費用に20万あるといっていた貯金が800円しかなかったこと、そのくせ新品のゲームや漫画を2万円分も購入していたり、仕事だと嘘をついてパチンコに行っていたことなどが明らかになりました。

父親として夫としてもう少し自覚をもって欲しくて話をしましたが、セフレ募集は冗談、女の子とは約束しただけ、パチンコ行くのが何が悪い?といった態度で逆切れされ、喧嘩になりました。長時間の喧嘩の末、結局、旦那の方が謝って「これからは変わる!」と言って女の子とは連絡はとらない・パチンコはしないと約束してくれましたがそれも数日で破り、同じパターンで喧嘩。

すっかり信用ができなくなった私は、旦那の日常生活(ゲームばかりして会話がない事までを)必要以上に責め、旦那が切れ、結婚当初から喧嘩、喧嘩の毎日。それでもなんとか仲良くやっていこうと話し合い、金銭的に苦しかったのでお互い携帯を解約し、通帳は私が預かり、産まれて来る子供のために少しでも貯金をと2人で節約を頑張っている最中、旦那は自分の実家から頻繁にお小遣いを貰っていて、それを私に隠し、全て自分の遊びの為だけに使っていました。それどころか、やっとみつけた仕事も遅刻・早退・欠勤が多く、給料明細をみて異変に気づいた私が問い詰め、長い長い喧嘩の末、やっと本当の事を言ってくれた、という感じです。

他にも、遊びに行くと決まって帰りは夜中になったり、急に予定を入れて支度した食事がいらなくなるなど
のルーズな面もありました。日々の喧嘩はまだしも、生活を乱されるのはさすがに実家の両親もいい顔をしなかった為、私から制限したり引き止めたりしていました。

そして2週間前・・・些細な事から険悪な雰囲気になり、実家に行くという旦那を引き止めると、子供を抱いているのにも関わらず、旦那は私の顔やみぞおちをグーで殴り、運悪く最後の一発がみぞおちに入った私は子供と共に倒れました。倒れた私をみて旦那は「警察でもなんでもすきによべ!」と開き直ったかと思うと、泣き出し、自分の手が傷つくまで壁をなぐり、「一緒にいると辛い」といって家を出て行きました。

ここまでになってしまった原因は、私にも旦那にもあると思いますが、私が全て我慢すれば良かったと思っています。悪いことばかりあげましたが、私が口を出さなければ普段の旦那はいい父親・いい夫でした。私が責めたてたりしなければ、優しく思いやりがあって、仕事で疲れてるのに家事も手伝ってくれて、だらしのない面も、少しずつではありましたが変わってくれていました。

しかし今週の水曜日、旦那と話す機会があったので反省していることを伝えましたが、「別居か離婚か選んでくれ、俺はどっちでもいい、とにかく二度と一緒にいたくない、考え直す気はないし、今更環境の改善なんて求めてない、反省ならひとりでしてくれ、うざい」というような事を言われてしまいました。

別居するなら月5万渡してくれるそうですが、給料は手取り10万前後、通帳は返せと言われていて、私の両親からは、「不真面目な亭主、仕事もいつ辞めるかわからない、子供のこともなにも考えてない」と言われ、年内離婚を勧められています。

離婚した際の養育費については、期待はしていませんが、旦那側は「俺は何も考えてないし、相場もわからないから考えられないけど、そのうち弁護士でもたてる」と言っています。

私の気持ちは、可能性は否定されたものの別居して距離をおけばまた一緒に・・・なんて期待がどこかにあり、離婚へ向けての一歩が踏み出せずにいます。

実家にいるので、別居でも離婚でもしばらくの生活は保障されています。

子供が子供を産んだ、と批判もあると思いますが、別居すべきが離婚すべきか、身内ではなく第三者の意見をお聞きしたく質問させて頂きました。長文・駄文本当にすみません、よければ回答お願いします。

21歳の専業主婦です。
生後三ヶ月になったばかりの子供がいます。

市営住宅の空き家待ちをしている間、家族で私の実家に間借り生活をしていましたが2週間前、旦那(20歳)が自分の実家に帰ってしまいました。旦那と私の実家は徒歩10分程度なので、旦那が家に帰ってこないのはこれが初めてではありません。今までは1日泊まって帰ってくる程度でしたが、大きな喧嘩をするたび旦那が家を出て行く、これがお決まりのパターンでした。

経緯と言うと長くなりますが、旦那とは5年付き合い、結婚はいわゆるでき...続きを読む

Aベストアンサー

「オレも苦しいんだ!」と実際、苦しいかもしれないけど、子供抱いてる母親をぶん殴る男って
最低の最低だし、もう何の可能性もないですよ。

離婚して再出発したほうが、あなたの為です。

実家があるなら、あなたの家族と協力して子供を育てるのが、子供の為でもあると思いますよ。

問題は常に子供です。
もし子供が出来なかったら即結婚はしなかったでしょ?
男には子供に対する自覚が全く無いけど、女のあなたには「生んだ」体験で
子供はあなたのものです。

彼への復讐として、その子供をあなたが立派に育て上げて、あなた自身がステキな大人になれれば
いいな~と思います。

あなたの家族が協力してくれたら、そんなどうしょうも無い父親なんかいないほうが
毎日笑顔で子供は育ちますよ。
母親さえ、しっかりしてたらいいんです。

Q妊娠中にタバコを吸っていた方・・・だけお答えください!

初めまして、私は妊娠はしておりませんが友人が妊娠しております。友人は妊娠前からタバコを吸っていました・・・今現在も吸っていると聞きました。
そこで、妊娠中に生まれるまでタバコを吸っていた方生まれた赤ちゃんの状態はどうでしたか?体重が少なかったとか・・・その他。
友人はストレスがたまるから・・・と吸っています。
妊娠中に吸っていた方は日に何本くらいでしたか?
色々教えてください!

Aベストアンサー

現在臨月の2人目妊婦です。1人目のときも吸っていましたし、2人目の現在も吸っています。

よくタバコが早産に繋がるといいますが、1人目のときは早産どころか予定日を1週間以上過ぎても出てこず、誘発で出産しました。体重はごく普通。現在3歳を過ぎましたが、私の病気の遺伝以外は元気元気です。2人目は、明日で37wですが順調そのものです。推定体重もごく普通といったところ。タバコの量は、1人目の時はマイルドセブンを1日1箱、2人目はマイルドセブンのスーパーライトを1日1箱です。

私が通っていた産院では、「タバコはやめろとは言わないけど本数は減らしてね」という感じでしたので、1人目のときは1日2~3箱から1箱に減らしました。そのため、1人目を産んだ産院では喫煙している妊婦さんを結構見かけました。妊娠中に限らず吸わない方がいいのは判っているんですが・・・。

やめられるならやめた方がいいとは思います。せめて本数を減らすよう心がけるとか・・・。私自身が吸っているので説得力はないと思いますが(汗)

Qフリーター同士の結婚…

フリーター同士が結婚して何か税金などで免除される事や優遇される事などありますか?


国民年金…

健康保険…

住民税…


もの凄い金額です…


しかも家賃もありますし…


給料は二人合わせてそこそこ貰っていますが、税金だけで2割は飛んでいきます…


妊娠中は仕事もできない期間があると考えると正直子供も産んだり育てたりできるのかと心配になります…


フリーター同士が結婚して子供を育てるとしたら何か免除は優遇はありますでしょうか?


不安です…教えて下さい…

Aベストアンサー

年収にもよるでしょうけどね
考え方は色々です。
会社に入ったから未来が保障されているものでないので
フリーターだから未来が不安とも言えません

年金は年齢で決まっているのですよね
(会社に入れば支払う金額が増えます
 ただ、もらえる金額も少ないことになるのですが
 国の施策なんて当てにならないので)
国民健康保険は年収によって変わってきます。
これが社会保険の場合だと国民健康保険と比べて
支払う金額は国民健康保険の方が安いです。
(会社も支払ますが待遇は同じです)

保険に関しては社会保険制度が崩壊してるので
どちらも同じです。
会社を法人にすれば社会保険への義務が発生しますが
法人が未払いの場合もあるので会社だから安心とも言えませんね
小さな設計事務所などは社会保険に加盟してません
法人になれない会計事務所なども同様ですね
医療法人を嫌う医者も多いので個人病院も社会保険でない場合もあります。

住民税も所得からなので諦めてください


ただ、結婚されると扶養者があるのと子供が生まれれば
扶養者が増えるので年間で少しではありますが税金が安くなりますね。

------------------
何故、こんな事を書いたかと言うと
------------------
現在の私は法人の自営者ですが
始まりはフリーターとなんら変わりませんでしたし
現在も、会社が終わればすべてを失いでしょうね

ようは、結婚されて奥さんと子供を養っていけるかで
分かれ道があると思います。

現在仮に年収で900万円などあれば十分で生活していけるでしょう
あえて会社に勤める意味がないと感じます。

300万円でも生活はできると思います。

子供一人に3万円くらいはかかると計算して
家賃や生活費などを含めてどれくらい必要なのか
その必要な金額に年収があるのかによりますね。

家賃:7万円
携帯:2万円
生活費:3万円
育児:3万円
光熱費:2万円
などなど書き出していってみてはどうですか?
二人で生活するのには手取りで20万円前後は最低でも必要でしょうね

まぁ。300万円くらいの年収でギリギリなのではないかと予想しますけどね

特別国からの補助などはありません
出産費用も建て替えにはなりますが
ご自身で用意する必要があります(40万円前後)
(来年には制度が変わるようですけどね)

私も会社勤めは今後はできないでしょう
あなたも長くフリーをされてると会社勤めもできなくなります。

会社などに努めていないと一番困るのが
車を購入するなどの場合に信頼がないのでローンは組めないでしょうね
アパートも場合によっては年収なので契約できないところもあるでしょう

フリーターと自営者の違いは
自営の場合は未来を自分で作る事が可能ですし
経営が順調ならば社会的な保障もしてもらえるって事でしょうか
いつまでも雇われていては年収は増えません

家族の為にあなたができる事は生活に支障がでないよう
所得を得ることが先ですから
継続的に収入が得られて生活していけるようならフリーターでも良いでしょう
継続していけないようならば結婚もできないでしょうね

国や誰かとあてにするのはやめてくださいね!
自分や家族の事なんですから
自分の夢だけでは生活していけません。

税金を納める事が国民の義務です。
おわすれないように

年収にもよるでしょうけどね
考え方は色々です。
会社に入ったから未来が保障されているものでないので
フリーターだから未来が不安とも言えません

年金は年齢で決まっているのですよね
(会社に入れば支払う金額が増えます
 ただ、もらえる金額も少ないことになるのですが
 国の施策なんて当てにならないので)
国民健康保険は年収によって変わってきます。
これが社会保険の場合だと国民健康保険と比べて
支払う金額は国民健康保険の方が安いです。
(会社も支払ますが待遇は同じです)

保険...続きを読む

Q入籍後に親の扶養

入籍後も親の社会保険の扶養のままにするのは可能でしょうか?

現在親の社会保険の扶養に入ってます。
入籍する事になりました。
でき婚です。(でき婚についての批判はいらないです。)
現在お互い実家暮らしで、彼は社会保険に入ってます。

入籍後もわたしは出産までは実家で暮らすつもりなのですが
出産までには籍を入れたいです。
この場合保険は入籍後に彼の扶養に入るべきですか?
現在わたしは無職になり収入はありません。
貯金で生活費を払っていますが、実家に住む以上
親の収入で生活してるような物です。

無知ですみません。知恵を貸してください。

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

下記の扶養の条件にあるように、
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
《被扶養者の範囲》
1.被保険者と同居している必要がない者
・配偶者
・子、孫および弟妹
・父母、祖父母などの直系尊属
2.被保険者と同居していることが必要な者
・上記1.以外の3親等内の親族
(兄姉、伯叔父母、甥姪とその配偶者など)
・内縁関係の配偶者の父母および子
(当該配偶者の死後、引き続き同居する場合を含む)

以上の条件をふまえると、
>この場合保険は入籍後に彼の扶養に
>入るべきですか?
1の条件となるのは入籍後となりますね。
2の条件では同居が必要です。

>現在わたしは無職になり収入はありません。
収入条件は特に問題はありませんが、
親御さんの扶養のまま継続され、
ご出産後落ち着かれてから変更されれば
よいと思います。

出産までの間に健康保険を変えられると
過渡期に通院や万が一時に面倒なことに
なりかねません。
そういう面で健康保険の変更タイミングを
お考えなさるのが最善かと思います。

ご健康でご無事の出産をお祈りします。

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

下記の扶養の条件にあるように、
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
《被扶養者の範囲》
1.被保険者と同居している必要がない者
・配偶者
・子、孫および弟妹
・父母、祖父母などの直系尊属
2.被保険者と同居していることが必要な者
・上記1.以外の3親等内の親族
(兄姉、伯叔父母、甥姪とその配偶者など)
・内縁関係の配偶者の父母および子
(当該配偶者の死後、引き続き同居する場合を含む)

以上の条件をふまえると、
>こ...続きを読む

Q結婚をすると父親の扶養家族から外れるのですか?

はじめまして。私は20歳の大学生です。結婚しようと考えているのですが、今、父親の扶養家族になっている私は、扶養家族から外れるのでしょうか?
もし外れるのだとしたら、年が明けてから結婚した方がよいと思うのですが、どうでしょうか?
ちなみに、彼女は社会人で、自分で保険料や年金を払っています。彼女の扶養家族になることも検討中です。

Aベストアンサー

税金関係の扶養のことだけを考えると、

結婚しても、父親と子供が同一生計内ならば子供は父親の扶養親族になれます。むろん、妻の控除対象配偶者になることも出来ます。両方、同時になることは出来ません。

ただ、一族全体のことを考えると、父親の扶養から外れない方がいいです。(父親と妻の所得税率を共に10%とします)
(1)父親の扶養親族の場合、父親にとって質問者は特定扶養親族ですから、
・所得税では、63万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
630000×10%=63000円が節税
・住民税所得割では、45万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
450000×10%=45000円が節税
合計、63000+45000=108000円の節税になります。

(2)妻の控除対象配偶者の場合、
・所得税では、38万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
380000×10%=38000円が節税
・住民税所得割では、33万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
330000×10%=33000円が節税
合計、38000+33000=71000円の節税になります。

一族全体では、108000-71000=37000円だけ有利です。

今年結婚しようが、来年結婚しようが、話は同じです。

税金関係の扶養のことだけを考えると、

結婚しても、父親と子供が同一生計内ならば子供は父親の扶養親族になれます。むろん、妻の控除対象配偶者になることも出来ます。両方、同時になることは出来ません。

ただ、一族全体のことを考えると、父親の扶養から外れない方がいいです。(父親と妻の所得税率を共に10%とします)
(1)父親の扶養親族の場合、父親にとって質問者は特定扶養親族ですから、
・所得税では、63万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
630000×10%=63000円が節税
・住民税...続きを読む

Q結婚して夫の扶養となり健康保険を切り替える時どのような書類が必要ですか?

今アルバイト生活で、国民健康保険を納めています。
来年結婚して夫の扶養となるつもりなのですが、
夫の会社に提出する書類として何が必要でしょうか?

会社に問い合わせるべきとは思いますが、
ちょっと事情があってできないので、
基本的な書類とか、大体で良いので教えていただきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的で多くの健保が取っている解釈です。

まず夫の健保が政管健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が政管健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が政管健保かあるいは扶養の規定が政管健保に準拠している組合健保の場合

130万と言うのは「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
あくまでもこれからの月額が約108330円を下回るように働けばよいのです。

B.夫の健保が扶養の規定が政管健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
恐らく賞与についても独自の解釈をすると思われるので、そのことも含めて聞くしかありません。

ということでまず夫の健保が政管健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば政管健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は政管健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに沿うような形で扶養を外れないように働くということです。

>来年結婚して夫の扶養となるつもりなのですが

夫(になる人)の扶養になれるということは確認済みなのでしょうか?
上記のように結婚してからも仕事を続けるのなら、収入の制限がありますし、また夫の健保がBであればロのように前年の収入によって判断するところだと、現在は無職・無収入でも前年の収入が130万を超えていれば扶養にはなれません。
ですからそこのところを確認しているかと言うことです。
なれるだろうで確認せずに、土壇場になってなれませんという事になると大慌てと言うことになりかねませんが、どうなのでしょうか?

>夫の会社に提出する書類として何が必要でしょうか?

一応扶養になれると仮定して。
夫の健康保険の扶養になれば、国民年金は第3号被保険者になれます。
第3号号被保険者は保険料はなしで、国民年金に加入できる制度です。
ですから夫の会社には少なくとも「健康保険扶養者(異動)届」、「国民年金第3号被保険者変更届」、それから質問者の方の年金手帳を提出することになります。

それから扶養になっても自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。

市区町村の役所に連絡して結婚して会社の扶養になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送で処理できるはずです。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養につ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング