よく社会評論などの本では、「今の日本は資本主義社会なので~」
などと書いてあるのですが、経済学の本などを読むと、すべての商
品が市場で取引されるのだからこの社会の経済体制は市場経済だと
いうことが書いてあります。

経済の側面から見ると「市場経済」が正しいような気がするのです
が、しかし、「資本主義」も経済体制について言っているのですよ
ね?

両者(資本主義と市場経済)は結局、同じ意味なのでしょうか?
だったら、用語を統一した方が分かりやすいと思うのですが、やは
り違う用語を使っているということは、意味が違うのでしょうか?

各々の用語の正確な意味を教えていただけたら有難いです。
それと、結局、今の日本は、経済の側面から言ったら「何経済社会」
と言うのが正しいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おそらくほとんど同じ意味なのでは?


またそう解釈してほとんど困ることはないのではと思います。
「市場経済」はちょっと意味合いが弱いような気がします。ロシアなんかもともと共産主義の国でしたが、市場原理が導入されてきて、「市場経済が発達してきた」とか言いますよね。中国なんか国家体制が「共産主義」なのですが、経済は市場原理が導入されて「市場経済」です。

「資本主義」は国家体制までも意味しているような気がします。中国は共産主義で「資本主義」ではないけど、「市場経済」です。

日本は、「市場経済」で「資本主義」とみられますけど、国による規制がまだまだあるし、ちょっと前までは銀行の護送船団方式といっていましたので、本来の「資本主義」ではないかもしれません。

どちらも純粋な形ではなかなかないですよね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
ほぼ同じ意味合いであるものの、純粋に経済の側面だけを見れば「市場経済」、
国家体制まで含めれば「資本主義」と呼ぶ、ということですね。
言われてみれば、そんな気がします。
「資本主義」という言葉を聞くと、
資本 → 経済用語 → 経済体制に関する言葉
という連想が働いて、経済の側面だけを言い表す言葉のような気がしていたの
ですが、もっと政治的なニュアンスが含意された言葉なのかも知れません。
もう少し考えてみようと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/24 23:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の社会主義経済とはどんな経済?

授業で中国に興味を持って、自分も興味があったので経済学科の友達と中国の社会主義経済について話す機会がありました。ですが、なかなか難しくあまりわかりませんでした。今度会う時までには少しでも知っておきたいのでどなたか教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

kawakawaさんのご回答を見ていると、中国は相当厳しい経済状況なのだなと思います。
TBS系の「ブロードキャスター」で、ジョージ・フィールズさんが、「中国は国営企業をいかに民営化するかが大切だ。日本のそれに相当するのが特殊法人であって、今の日本は社会主義国家なんです」という言葉が印象に残ります。
もっとも、「社会主義」の定義をどうするかでいくらでも立場を変えることはできるのです。
(ちなみに、あとで述べるマルクス経済学(社会主義経済学という場合もあり)は、高橋洋児氏によれば、「市場経済」「商品経済」「資本制経済」の三者が厳密に使い分けられなければならないのだそうです)

ご存知の通り、中国は建前上、「社会主義」国家でした。
エンゲルスやレーニン(マルクスに非ず)の思想を受け継ぎ、社会主義から共産主義への発展が図られました。
大学の経済学は、Political Economyのみが講じられ、Economicsの入ることは従来ありませんでした。「政治経済学」の語が当てられたそうですが、日本でもマルクス経済学に相当するこの語について、「社会経済学」とするか、「政治経済学」とするかで議論があるようです。
(西部邁氏が提唱する「社会経済学」とは全く概念が異なるので注意)

この間に「大躍進」「文化大革命」という大失敗があり、前者で数千万人、後者でも数十万人(数百万人だったか?)の死者を出したことも記憶しておいてよいかもしれません。
正確な統計はないのですが。

しかし、鄧小平以来、「社会主義市場経済」が取り入れられています。「社会主義」と「市場経済」のどちらに重点を置くかが問題なのですが、実際はほとんど「市場経済」のようです。
これに疑問を抱く人が少なからずいるようですが、毛里和子・早稲田大学政治経済学部教授によると、
「政治的なレトリックがとても得意」
「社会主義とは、「こうあるべき」という理念である」
ということです(早稲田大学ガイドブック2002年版より)。
ですから「社会主義」は理念、「市場経済」は現実、と捉えると、両者は矛盾しなくなるということです。
ですから経済は明らかに市場経済です。

今後の見通しですが、ある分析によれば、経済的には外資に頼らなければならなくなるという論文を読んだことがあります。
国債貿易理論が絡んでくるので、これ以上は要らないでしょう。

詳しくは、中学社会科や高校世界史の教科書を調べてみるとよいかと思います。
この分野の研究者として、小島麗逸(大東文化大学)、岩田昌征(千葉大学)らがいます。

社会主義国が市場経済に移行する過程を「移行経済論」として講ずる大学も出てきました。「移行経済」と名前のつくテキストを繰ってみると面白いかもしれません。

kawakawaさんのご回答を見ていると、中国は相当厳しい経済状況なのだなと思います。
TBS系の「ブロードキャスター」で、ジョージ・フィールズさんが、「中国は国営企業をいかに民営化するかが大切だ。日本のそれに相当するのが特殊法人であって、今の日本は社会主義国家なんです」という言葉が印象に残ります。
もっとも、「社会主義」の定義をどうするかでいくらでも立場を変えることはできるのです。
(ちなみに、あとで述べるマルクス経済学(社会主義経済学という場合もあり)は、高橋洋児氏によれば、「市...続きを読む

Q市場経済って簡単に言うとどういうことですか?

市場経済って簡単に言うとどういうことですか?


ネットでいくつか調べてみたけど経済用語がいろいろあっていまいちわかりません。


どなたかわかりやすい解説お願いします。

Aベストアンサー

AさんとBさんの取引において、Cさんという第三者が指示をしない。
これが市場経済。AさんとBさんの市場における交渉で全て決めなさいということ。

Cさんが○○円にしなさいと指示を出すのが、計画経済

実際の市場経済では、Cさんという(典型的には政府)の監督が行われている。

Q資本主義市場経済と社会主義計画経済の違いって??

資本主義市場経済と社会主義計画経済の違いって市場メカニズムとか技術革新とかいう観点から考えてなんでしょうか。困っています。お願いします。。

Aベストアンサー

[資本主義市場経済と社会主義計画経済]を市場メカニズムとか技術革新とかいう観点からということですね。
基本的思想は、
「自由」→[資本主義市場経済」
「平等」→「社会主義計画経済]
[資本主義市場経済」のメカニズムで重要なものは「技術革新」です。
新しい「技術革新」に投資家を募って資本を集め、商品を作って事業を行い
そこで得た利潤を分配し、また再投資していくというメカニズムです。
ここでは、自由がキーワードです。自由な発想が技術革新を生みますから。
「社会主義計画経済]、別名と統制経済といいます。計画した分だけ作る
ということですね。配給するシステムだと思えばわかりやすいですね。
貧富の差をなくするという概念「平等」からきています。
この平等と言う概念には、革新がもっとも合わない言葉なのです。
人が自由な発想をすると、平等ではなく「不平等」が生じるからです。
ということで、経済メカニズムはまったく異なるといえますね。
現代では、政府の公共事業などが社会主義的な事業になります。
民間の事業が資本主義的事業ですね。
参考まで

[資本主義市場経済と社会主義計画経済]を市場メカニズムとか技術革新とかいう観点からということですね。
基本的思想は、
「自由」→[資本主義市場経済」
「平等」→「社会主義計画経済]
[資本主義市場経済」のメカニズムで重要なものは「技術革新」です。
新しい「技術革新」に投資家を募って資本を集め、商品を作って事業を行い
そこで得た利潤を分配し、また再投資していくというメカニズムです。
ここでは、自由がキーワードです。自由な発想が技術革新を生みますから。
「社会主義計画経済]、別名と統...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q産業革命と資本主義の関係について教えてください

産業革命により、資本主義が発展した(起こった?)といわれますが、その関係性に
ついて教えてください。
一種のエネルギー革命により大量生産が可能になったのが、産業革命ではないかと
思うのですが、大量生産革命がなぜ資本主義に結びついたのでしょうか?

それとも私の認識は全く間違っているのでしょうか?

愚問かもしれませんが、お教えいただきますとありがたく存じます。

Aベストアンサー

近代資本主義以前にも、古くから資本主義的な経済活動はありましたし、
産業革命以前にすでにマニュファクチュアという資本主義的な生産様式は
発生していましたから、産業革命によって資本主義が起こったということは
ないでしょう。

産業革命によって資本主義が発展したというのは、その通りだろうと思いますが、
 ・大量生産が可能になったことで、資本主義的生産の有効性が顕著に示された。
 ・資本家に富をもたらすことで、封建領主に代わって社会をリードできる力の
  源泉となった。これにより、諸制度の資本主義的改革が行われた。
といったところではないかと思います。

Q中国は社会主義。経済は資本主義?

中国は社会主義国のはずです。しかし昨今の中国経済の成長の話題から、経済は資本主義化していますか?

社会主義国にとは、「勤勉勤労は無駄。皆一並び」という考えは時代遅れなのですか?

Aベストアンサー

>社会主義国とは、「勤勉勤労は無駄。皆一並び」という考えは時代遅れなのですか?
 「社会主義」の認識に誤解があるように思うのですが、そもそもこの思想は19世紀の産業革命による経済格差を是正するために生まれた思想です。つまり、資本主義が成熟して社会主義に移行し、最期に共産主義へ到達するというのが思想の柱になっています。ですから社会主義と資本主義は対立関係にありません。

 中国共産党は現状について正式な見解を発表していませんが、政府要人などの発言を聞く限り以下のような解釈(言い訳)で資本主義化を行っていると考えられます。

・現在の資本主義化は理想の共産主義を実現するための過程である。
・資本主義を導入しているのは国民の生活を脅かさない余剰産業の分野である。
・基幹産業は国家が共産主義思想に基づいて行っているため問題ない。

 つまり、共産主義を実現するために国家の経済を豊かにしようというのが資本主義導入の理由であり、国民の生活を支える基幹産業は国家が管理しているので問題はない。そもそも社会主義・共産主義は資本主義の発展系なので、現在の資本主義はあくまでも過渡期である、というのが中国共産党の考え方のようです。

 「時代遅れなのですか?」というご質問ですが、現在の中国は本来の「資本主義→社会主義→共産主義」ではなく、文化大革命によっていきなり社会主義となった(多くの社会主義国家が同様ですが)ため、思想的にはあり得ない「社会主義状態での資本主義導入」という現象が起こっただけです。したがって「時代遅れ」とは別の次元で判断した方がよいでしょう。

 社会主義という思想は格差の是正を目的としているため、「資本家と労働者」という階級闘争に結びつきやすく、国家や官僚による国民の支配を強めてしまう側面があります。中国が抱えるさまざまな問題は、資本主義の導入が原因というよりも、社会主義が持っている問題が抑えきれずに露呈したといえますね。

 ちなみに、日本を含む資本主義社会の多くは、市場経済でありながら平等な生活を求める「混合経済体制」に移行しつつあります。すでにEUなどではゆるやかな社会主義が導入され、資本主義といかに組み合わせるかが課題となっています。そういう意味で、これからの社会は資本主義と社会主義が融合した形がスタンダードになるかもしれません。

>社会主義国とは、「勤勉勤労は無駄。皆一並び」という考えは時代遅れなのですか?
 「社会主義」の認識に誤解があるように思うのですが、そもそもこの思想は19世紀の産業革命による経済格差を是正するために生まれた思想です。つまり、資本主義が成熟して社会主義に移行し、最期に共産主義へ到達するというのが思想の柱になっています。ですから社会主義と資本主義は対立関係にありません。

 中国共産党は現状について正式な見解を発表していませんが、政府要人などの発言を聞く限り以下のような解釈(言い...続きを読む

Q日本って何主義?

よくわからないのですが、
日本は民主主義なのですか?資本主義なのですか?

Aベストアンサー

みんな上手いこと言いますね。全員セイカイでしょう。

質問に対する答えは、日本は民主主義だし資本シュギです。
民主主義で社会主義を選ばなければ資本主義なのです。民主主義によって資本主義を選んだという二つの主義があっていいのですよ。
民主主義で共産主義を選んでもいいのです。民主主義で自分たちを役人と外人のための奴隷にしてもいいのです。

民主主義で資本主義の日本は同時に「個人主義(格差)=良くない」主義なので、その実態にふさわしいのは社会民主主義です。
北朝鮮がやむを得ず共産党独裁を続けながら目指している理想の国は私有財産権のない日本の姿です。ですからこの豊かな日本においてまだ格差だなんだと所得再分配を訴えている連中は理想が北朝鮮と同じなのです。
韓国と台湾以外の東アジアは社会主義です。そう、天皇がいましたね。日本は民主主義で資本主義である社会民主主義王国です。
つまり私たちが暮らす日本という経済大国は、その民主主義も含めて、ちゃんとした主義なんてもんがない自然な国ちゃんです。行儀のいいアニマルランド。

Q封建制から資本主義へ変わった理由は?

西洋経済史について勉強しています。
西洋で初めて資本主義が現れたのはヨーロッパで、それ以前は封建制であった。そして、資本主義になり市場が発展したことにより、商品経済が農村の中から誕生したということは分かりましたが、曖昧でいまいちよく分かりません。
ホームページを検索しても、詳しく載っていないので困っています。

Aベストアンサー

 
  ごく簡単に述べます。
 
  封建制社会が展開して行くと、「労働には価値がある」という、価値観、倫理、エートスが生まれます。また、こういう価値観・倫理・エートスの発生がないと、封建制の高次展開はないのです。
 
  普通に、物品・商品に価値があり、それは「量」で計ることができるという考えは、西欧以外の、アジア型生産社会でもありました。小麦100キロは、小麦50キロの二倍の価値があるなどは、当然分かった訳です。
 
  西欧の封建制の展開において、労働に価値があり、労働の「量」で、価値が計れるという考え方が成立します。これは、人間の労働が「価値」だというエートスがないと成立しません。奴隷制社会や、その延長のような社会では、奴隷の労働には価値などない、ということになります。命令する主人がいるので、奴隷の労働で、作物や商品ができるので、主人の命令が価値あるなどという話になります。
 
  労働に価値があり、量で計れ、他方、物品・商品にも価値があり、その価値は量で計れるという考え、エートスが明確に成立した時、初めて、労働の量と、物品等の価値の量を、交換する式が成立するという考えになります。そして、貨幣が、この二つの価値の量を媒介し、抽象的な価値の量を測定できる道具だということになります。
 
  西欧以外の社会でも貨幣はあり、商業はあり、商人や商行為はあったのですが、抽象的な「価値の量」の換算の道具としての「貨幣」はなく、貨幣である金などは、金自身の物品としての価値で、一見貨幣の機能を持っているように見えるので、実は、物々交換の進展したものでしかないのです。
 
  西欧の抽象的な貨幣は、貨幣自身には、価値が本来ないというか、貨幣として使われるものの固有の物品価値とは、別の処に価値が設定されているのです。こういう設定は、労働の量の価値と、物品の量の価値の抽象化で、両者の交換性が考えられ、その媒介として、貨幣の概念が出てきたからです。
 
  貨幣があれば、労働も、物品も手に入れることができるので、貨幣を入手することが重用だ意味あるとなり、西欧のすべての人が、貨幣を求めるようになり、貨幣を中心とした、経済活動を、商人だけでなく、農民も職人も、王侯貴族も行うようになり、その結果、資本主義社会への移行が起こったのです。
 
  封建制から資本主義へ移行した理由は、高度封建制は、「労働の価値を認め、それを量で把握するエートス=倫理気風」を生み出した、または、そのようなエートスの成立で、高度封建制は成立し、このようなエートスを前提として、初めて抽象的な媒介である「貨幣」の交換機能が成立したからです。「貨幣の確立」が、資本主義の確立の端緒なのです。
 
  マックス・ヴェーバーは、上のような、労働には価値があるというエートスを、プロテスタンティズムと呼び、プロテスタンティズムと資本主義の発達には、明らかに関係があると云う研究を行ったのです。
 

 
  ごく簡単に述べます。
 
  封建制社会が展開して行くと、「労働には価値がある」という、価値観、倫理、エートスが生まれます。また、こういう価値観・倫理・エートスの発生がないと、封建制の高次展開はないのです。
 
  普通に、物品・商品に価値があり、それは「量」で計ることができるという考えは、西欧以外の、アジア型生産社会でもありました。小麦100キロは、小麦50キロの二倍の価値があるなどは、当然分かった訳です。
 
  西欧の封建制の展開において、労働に価値があり、...続きを読む

Qマンキューの本は原書でも解答がないんですか?

日本語版のマンキュー入門経済学を買ったのですが、どうやらあ問題はあっても解答はないようなんです。
これはどういうことでしょうか?

経済学だから明確な答えはないということ?
それとも問題自体が日本語版のみに追加されたものということ?
それとも原書には解答はあるけどなぜか日本語版にはないということ?

教えてください ペコリ

Aベストアンサー

マンキューの教科書(アメリカの多くの教科書)は、指導教官が章末問題を宿題として出せるように解答はついてないです。

どうしても知りたい場合は、マンキューの教科書を採用してるアメリカの教授が"Homework solutions"などとして個人のホームページにアップしてるので探してみてください。

Q兌換紙幣と不換紙幣って??

高3です。
日本史の授業で今日先生が言っていた「兌換紙幣」と「不換紙幣」の意味がよくわかりません・・。
金や銀に換えることのできる紙幣、というようなことを言っていたと思うのですが、どういうことなのかいまいちイメージがわかないのです。。
こんな私にもわかるようにかみ砕いて説明して頂けませんか?
よろしくお願いします(>_<)

Aベストアンサー

 再び失礼します、No.7です。

 不換紙幣の発行理由ですが、自信がなかったので検索をかけてみたら、こんなページを見つけました。下の方に書かれています。

 このページは分かりやすいと思います。(わからない部分があれば、また補足をください。可能な限り回答します。)

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://www.findai.com/yogo/0013.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報