最新閲覧日:

21歳の大学生です。
あまり物欲もなく、気がついたら貯金が130万円まで貯まっておりました。
家族は私はこんなに貯金を持っているとは知りません。なんだか言いづらいです。
長年ただ通帳に眠っているだけで、毎年ほんのわずかな利息がつくだけで何か有効活用できないものかなぁと最近思い始めました。
最近身近で株主優待でいろいろともらっている人がおり、自分も興味を持ち始めました。
例えばオリエンタルランドの株主になればチケットがもらえたりしますよね。
ただ株のリスクなどに関する知識が乏しいです。ほんの少し商法で学んだ程度です。
百万円株を買って5000円のチケットをもらえても、一万円くらいあっという間に損をしてしまいそうです。
そこで質問なのですが、大学生が株主優待目当てで株に手を出すのは危険でしょうか?
もしくは株主優待に限らず、なにかいい使い道があれば教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

大学生さんで、自分で130万というのは、かなりたまりましたね。


これまでの回答にあるような、自己投資や旅行などもいいですが、せっかく株式投資に少し興味を持たれたのですから、
実践されてみるのも勉強、経験になると思います。
但し、オリエンタルランドは時価で100株買うと70万以上になります。当然、値動きはありますから、損失が拡大する可能性もありますし、
株主優待目当てでこの銘柄というのはおすすめはできません。

最近、株式投資を始める人によくすすめているのが、
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ
です。以前はキユーピーをすすめていましたが、これは株価がかなり上昇してしまいました。

8306三菱UFJフィナンシャル・グループだと100株単位での売買になりますので、時価で7.5万ちょっとで買えます。
投資額が小さければ、損失や利益も小さいです。

銘柄としては、日本で有数の金融グループですし、配当も年間18円☓株数あります。ピーターラビットのタオル程度ですが、株主優待もあります。
ネット証券で口座を開きNISAで売買すれば、税金もかからない場合が多いでしょう。

大きく儲けようということでなく、少額でも実際の株式投資を経験することは、単に本を読んだり、実際にはお金はかけずにバーチャルとして投資
シミュレーション的学習をするよりも、ずっと身につくことは多いはずです。そうした学んだことは、将来的にいろんな意味で役立つと思われます。

くれぐれも、一度に特定の銘柄を集中的に買ったりしないよう。投資のリスクを低減する一つの方法は分散、分割です。

最初はゆっくり、わかったきたら少しずつ投入資金を増やしてもいいでしょう。無論、株式投資は一部にして、ネットバンクの定期預金などで
なにか必要な時のために資金を温存しておくのも悪くないですが。
    • good
    • 0

株に興味があるのなら少しずつ初めてみてはどうでしょうか。

3万円位で買える株もありますし、ミニ株もあります。人から株の良さ、悪さは人に聞くより自分の身で体験するほうが遥かに早いです。

自己投資も3000円で興味ある分野の参考書を買えますし、旅行も1万円あれば行ったところない所にも行けます。小さなことから様々なことを始めて見て、価値を感じたものにお金をたくさん使えばよいのです。
    • good
    • 0

例えば分かりやすい事件が年金の資金運用で兆を越える評価損益を出したのは知っています?



絶対的な安定を見せていた中国株が暴落したのです。
この様に株に「絶対」はありません。

私なら旅行に行きますよ。

社会人になると、休みに旅行に行くと多く、高くなります。

大学生はシーズンを変更しやすくなるので、空いていて、安くなります。
    • good
    • 0

40半ばの会社員です。



ご家族がご存じない、長年、という事は、小さい時からのお年玉だとかアルバイトのお金が、知らず知らずに貯まっていたということでしょうか。
でしたら、そんな気にするほどの事はありませんよ。
ご家族が非常にお金に困った状態にあると仰るなら、別ですけれど。
私は高卒で就職しましたが、それでも、お年玉とか長期の休みのアルバイトなどで100万近い金はありました。
いずれ自分が独り立ちをすれば、車だの家だの結婚資金だの老後資金だので、桁の違うお金が必要になります。

特に使い道もないお金なら、これを機会にじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

先のご回答にあるように、「自分に投資」も良いと思います。
語学でもいいし、車の免許でもいいし、他に興味のある事にお金をかけるのでもいいでしょう。
「物欲」がないのは暮らしやすいですが、なんの好奇心もないのであれば、年をとるとボケちゃいますよ。
それに今、何回生なのか分かりませんけれど、卒業後の就職を見据えて資格取得とか始めても良いと思います。

株に興味を持ったなら、きちんと投資の仕組みを勉強なさったらいいと思います。
長期に持つのか、デイトレのように短期売り抜けをするのか、どちらにしても損をしていない人も結構いますよ。
濡れ手に粟の大儲けって考えると損をしますけれどね。
本来、株にしても投資信託などにしても、素人が大儲けをするようなものではありません。
「知識が乏しい」という方は多いですが、じゃあ勉強すればいいことでしょう?
マネー雑誌だって、株の考え方の本だって、いくらでも出ています。
株主優待はブログも多いですから、そういったブログをいくつか見て、それが現実的かどうか、実際の株式情報とか、ご覧になってはどうでしょう?
就職活動にも役立つと思います。

ただし大学生でしたら、卒業後のことを考えましょう。
一人暮らしをしたければ、100万くらいは、あっという間になくなります。
最近多いですが、奨学金を貰っていらっしゃる方なら返す段取りを考えておかないといけませんから、その分も取り置かなければいけません。
今のお手持ちが130万なら、私でしたら「とりあえず金はなくなる自己投資」、「なくなるかもしれない投資」に使うのは、何かのために100万を取り置いて、30万だけにしておきます。
    • good
    • 0

自分に投資すれば将来何倍にもなって戻ってくる(はず)。


英会話学校にでも通えば。
    • good
    • 1

チケットを貰えるためには、最低限100株(年間1枚)とのこと


株価からいって、およそ7~80万円の出費で一枚

しかも、入園制限時や特定の期間には使えないとか制限もある

まぁ預金利息に比較すればマシかもしれないが
株価変動のリスクを考えると・・・・・

しかも、現有資産の2/3以上をつぎ込むことになる

俺ならヤラ無い
    • good
    • 0
    • good
    • 0

株は その道の人でも厳しいです。


毎日ネットに喰らい付いている人なら 売り抜けも出来ますが
一万円程度の損で終わると思わない方が無難。
株主優待も同じ事がいえると思います。
折角百万貯めたなら地道にもっと貯めて 家を建てる資金と思えば良いのでは?
税金で持っていかれないように上手に貯めてくださいね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外から購入した国内株の株主優待

米国の投資会社から日本の株を購入したときに、株主優待は受けられるのでしょうか?
株主優待は日本国内居住者のみ対象などの制約はあるのでしょうか?
例えばソフトバンクのように携帯電話サービスの割引となると海外居住者はサービスを受けられないとありますが、吉野家やANAの割引券などはどうなるのでしょう。

米国株には株主優待というのは無いと聞いたので、気になりました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

海外の投資家が日本株を購入する時は、代理人を通して購入しています。代理店とは外資系の証券会社や銀行などの金融機関です。優待品はこの代理人である金融機関に届けられます。
以前は届けられた優待品は破棄されていたようですが、最近では金券ショップなどで換金されています。換金が難しいお米など現物で届いたものは、寄付したりしているようですが、何か問題が有ると困ると言うことで破棄していると言う話も聞きます。
代理人などで対応が分かれるようですね。中には代理人を通さずに株を購入する人もいますが、その場合の優待品は発送されません。優待は国内の発送だけと決まっています。
なので海外の投資家は優待ではなくて、配当を増やして欲しいといつも言っているのです。海外では優待を実施している企業は無いようですが、アメリカのスターバックスは実施しています。でも内容はコーヒー一杯無料程度の内容です。店に来てもらうのが目的のようですね。

Q東証の上場企業って売上高が3億円を切ると上場廃止にされてしまうんですか?株主は株は無価値になるん

東証の上場企業って売上高が3億円を切ると上場廃止にされてしまうんですか?

株主は株は無価値になるんですか?

払い戻ししたら潰れるのでは?

Aベストアンサー

上場する以前を考えよう
証券市場に上場をしていなくとも、株券も株主も存在する
当然、株券の価値も存在する

上場・非上場と株の価値は別問題
取引が容易かそうでないかで、株価のプラスアルファの有る無しという違いはあるが
だからといって、いきなり無価値にはならん

Q株で、現在の価格が4000円で4-5年前が1000円の会社が-----数年後は1000円などになるか

株で、現在の価格が4000円で4-5年前が1000円の会社が 大手でも多く見られますが
現在4000円で購入して 数年後は1000円などになる事はあるのですか。
 サイトなどでは、割安などと書いていますが、何か不安になりますね。
どのように、考えたらよいか 教えてください。

Aベストアンサー

当然ある。だから”割安”か”割高”というのはあくまでその企業の現時点での資産価値+事業の将来見込み
によって決まるにすぎない(=ファンダメンタル)。一方で、もしAという企業の企業価値が計算値よりも期待値が高ければみんなが買うので必然的に株価が上がりますしその逆がおきます。分かりやすい例で言うとバブル時代に日本人のみんなが不動産投資をあり得ない価格でばんばんとしていたようなケースです。皆が割高割安だと思えばそれは時間とともに適性な価格に近づくので基本的には市場適性価格へ修正する方向に向かうものを買えば儲かるという考え方があります。バフェットなんかの投資手法の基本原則もそこにあります。

ただ、この考え方には盲点が1つあって、そもそも適切な価格というものはあくまでその時点での特定の手法によって計算された”恣意的な”値にすぎないのだから、本当に適切かどうかが分からないということです。そして、適切な価格というのは現在+事業の将来性をも含む価格形成の事を指すから、仮に皆が将来性が高いと思えばそれは適切な価格以上の値段に容易に跳ね上がる幻想を生み出す根拠にもなります。古典的な違法な株取引として、例えば大量に特定の株の買い注文を出すとそれにつられて株価が上がります。上がった所で先にだした大量の買い注文を売り切ってしまえば最初に売った人は儲ける事だって出来ます。こうした株価の変動というのは適切な価格とは無関係であることはすぐに分かりますが、市場参加社が常に売買している中で何らかのモーメンタムが生じると動く事があり、ドコが適切かを適切に判断するのは言うほど単純な話ではありません。つまりあくまで、過去のデータや同業者や同程度の水準の企業と比べて割高か割安かという指標を様々な統計的なデータから評価してるにすぎませんから、今後も同様に使えるか(その可能性は安定してる企業であればあるほど高いが)、確実ではありません。

結局の所、明日[天気予報が80%晴れるって天気予報で言ってた]とA君が言った場合に、その天気予報が当たるかどうか、そしてそれは明日も正しいのかという要素の他に、しばし嘘をつくA君の言葉がドコまで信用できるのかという自己矛盾が為替市場や株取引には常に存在するのです。

当然ある。だから”割安”か”割高”というのはあくまでその企業の現時点での資産価値+事業の将来見込み
によって決まるにすぎない(=ファンダメンタル)。一方で、もしAという企業の企業価値が計算値よりも期待値が高ければみんなが買うので必然的に株価が上がりますしその逆がおきます。分かりやすい例で言うとバブル時代に日本人のみんなが不動産投資をあり得ない価格でばんばんとしていたようなケースです。皆が割高割安だと思えばそれは時間とともに適性な価格に近づくので基本的には市場適性価格へ修正する方...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報