人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

サラリーマンです。個人事業主には該当しない程度の副収入があるとします。具体的には不定期で開催しているサークル活動での収入など。
一応年間所得で20万円に満たない額を意識して報酬を計算していますが、今は規模が小さいので特に問題ありませんが、今後たとえば、収入が100万あって、経費が90万とした場合、個人所得としては10万円ですから、特に申告の必要が無いのか、収入で100万あるなら経費で赤字になろうとも申告の必要があるのか、簡単に教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

不定期収入なら「雑所得」ですね。


給与以外の所得が20万円を超えてあるときは、確定申告義務が発生します(所得税法第121条)。
20万円以下なら「あえて確定申告書の提出をする必要はない」です。
収入額ではなく、所得で判断します。収入が100万円経費が90万円所得が10万円なら、文字通り「確定申告不要」です。

なお、雑所得ですから、赤字となった場合に給与と損益通算はできません。
確定申告して還付を受ける→税務署長から更正される→還付を受けた額とほぼ同額を納付する、ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、雑所得になりますでしょうか。
住民税への申告も必要ないと考えられますか?

お礼日時:2015/12/24 00:32

>今後たとえば、収入が100万あって、経費が90万とした場合、個人所得としては10万円ですから、特に申告の必要が無いのか


お見込みのとおりです。
給与を1か所からもらっていて、他の「所得」が20万円を超える場合に確定申告が必要とされています。

>収入で100万あるなら経費で赤字になろうとも申告の必要があるのか
いいえ。
必要ありません。
前に書いたとおりです。
ただ、赤字なら確定申告すれば、給与所得と損益通算できます。

なお、所得税については確定申告の必要ありませんが、住民税については前に書いたような規定はありません。
なので、20万円以下でも、役所に「住民税の申告」の申告が必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

所得税の申告は必要なさそうなことが分かりました。
しかし、例え1000円であろうとも住民税の申告は必要ってことになりますか。

お礼日時:2015/12/24 00:32

納税所から指摘はされませんが


副業の収入は自らが申告する義務があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/12/24 00:32

>10万円ですから、特に申告の必要が無いのか…



確定申告無用なのは、

・年末調整を受ける
・給与収入が 2,000万以下
・医療費控除その他特段の事由による確定申告の必要性も一切ない

の 3つすべてを満たす場合限定の話です。
どれか一つでも反するなら、たとえ千円の副業でもすべて申告しないといけません。
だいじょうぶですか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

しかもこの 20万以下申告無用の特例は国税のみです。
住民税にこんな特例はありませんので、要件に合って確定申告をしない場合は、別途、「市県民税の申告」の必要性が浮上してきます。

>収入で100万あるなら経費で赤字になろうとも申告の…

そのような規定はありません。
あくまでも「所得」で判断するのであり、「収入」は関係ありません。

【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国税と市県民税の違いがあることが初めて知りました。また、具体的なアドバイスをありがとうございました^^)

お礼日時:2015/12/24 00:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告で副業は雑所得でいい?必要経費は?

似質問等で探したのですが、知りたい情報が見つけられなかったので教えて頂けると助かります。

A会社(本業・総額200万)→源泉徴収もあり年末調整もしてあります。
B会社(副業・約200万)→日給です。(毎月不定期です)
確定申告を行なうにあたり、B会社の副業(バイト)は雑所得でいいのでしょうか?
それともA会社の本業と合算して給与の申告欄に記載するのでしょうか?
(副業は日給払いである為何も引かれません)

また、副業をする為に交通費のガソリン代が掛かります。
頻度が多いのでガソリン代もバカにならないので・・・。
副業の交通費は必要経費としては認められないのでしょうか?
(A会社の本業では徒歩なので交通費は出ていません)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>B会社の副業(バイト)は雑所得でいいのでしょうか…

それは、具体的にどんなお仕事でしょうか。
俗に言うパートやバイトのように、他人に雇用されて一定時間を一定の場所に束縛されるような仕事なら、「給与」です。
他人から指示されるのは仕事の内容だけで、それをいつどこでしようと自由なら、「事業所得」または「雑所得」です。

>副業は日給払いである為何も引かれません…

「源泉徴収額ゼロ」という『源泉徴収票』が発行されるなら、「給与」です。
給与の場合は、本業の給与と合算して申告することになりますし、個別の経費を引くことはできません。

「支払調書」は『報酬』などで源泉徴収される場合に発行されるものです。
源泉徴収はされてはいないとのことなので、支払調書が発行されることはあり得ません。
それで、『源泉徴収票』も発行してもらえないなら、自分で収支を明らかにして、『事業所得』として申告すればよいでしょう。
この場合は、個別の経費を引くことができます。

【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>B会社の副業(バイト)は雑所得でいいのでしょうか…

それは、具体的にどんなお仕事でしょうか。
俗に言うパートやバイトのように、他人に雇用されて一定時間を一定の場所に束縛されるような仕事なら、「給与」です。
他人から指示されるのは仕事の内容だけで、それをいつどこでしようと自由なら、「事業所得」または「雑所得」です。

>副業は日給払いである為何も引かれません…

「源泉徴収額ゼロ」という『源泉徴収票』が発行されるなら、「給与」です。
給与の場合は、本業の給与と合算して申告...続きを読む

Qサークルで得た収入に対する所得税について

ダンスサークルを作って、レンタルスタジオを借りて活動を始めました。
私が主宰者、進行役をしています。入会金はなしで、参加料を1人1回¥800~¥1000徴収しています。集まったお金のうち半分はレンタル代、半分は私が進行料としていただいています。この場合、所得税はどのように納めるのでしょうか。一般のダンス教室の相場は1回¥2000前後です。

例...参加費が¥50000集まった月は、レンタル代が¥25000、私の報酬が¥25000になります。この場合の税額はどのようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 o24hiです。

>これは「法人」に当たるのでしょうか?
あくまでも私が個人ではじめたダンス教室で、他の参加者は全員料金を支払うお客様、という形です。イラストレーターのように個人事業になるのではないでしょうか?

・サークルとのことでしたので,deargo99さんを含めて複数の方で運営されているものと勘違いしていました。ダンス教室のような形で,お一人でされるということでしたら,法人関係の納税は不要です。

Q知人の手伝いでお礼を頂いた場合、収入に含まれる?

去年、派遣会社で仕事を貰っていた者なのですが、
途中から知人の手伝いに移行して、お礼といった形で報酬を頂く事がありました。
「◯◯◯円支払うから、▲▲日の畑作業、手伝ってくれない?」
といった、ある意味小遣いっぽい内容なのですが、
こういった場合税金の関わってくる収入として計算すべきでしょうか?
あちら側としては給与として支払ったわけではないとのことです。
年収ですが、派遣で頂いた金額を足しても百万は超えていません。

気になった理由としては、今年から住民税や国民健康保険を払う事になった場合
税額が去年の収入から算出されると聞いたので、少し心配になって質問させて貰いました。
現時点ではまだ親の扶養に入っております。
加えて、扶養から外れてしまった場合、紛失してしまった給与明細があるのですが
再び派遣先に行って取得する必要などありますか?

Aベストアンサー

>「◯◯◯円支払うから、▲▲日の畑作業、手伝って…

日雇い労働者ですね。

>こういった場合税金の関わってくる収入として…

当然ですね。

ただ、本業で年末調整を受けていたのなら、医療費控除その他の要因による確定申告の必要性も一切なければ、20万以下の他の所得は確定申告しなくて合法です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>途中から知人の手伝いに移行して…

ということは、年末まで在籍したわけではなく、年末調整はしていないのでしょうから、たとえ 1万円でもすべてを申告しなくてはいけません。

>あちら側としては給与として支払ったわけではないとのことです…

支払側の事情はどうあれ、あなたは日払いの給与をもらったことに代わりはありません。

>年収ですが、派遣で頂いた金額を足しても百万は超えていません…

50万でも 100万は超えず、99万でも 100万は超えていませんが、50万か 99万かで以下の話が違ってきます。
具体的にいくらほどなのですか。

>今年から住民税や…

住民税は、給与収入額 (税や社保などを引かれる前) が 98万円程度ないと発生しません。
この課税最低ラインは自治体によって若干異なることがあります。
99万だとし、基礎控除以外の所得控除は一つも該当しないとして、一般的な市であれば、
・均等割 5,000円
・所得割 1,000円
・合計年額 6,000円
ぐらいです。

>国民健康保険を払う事になった…

国保は自治体によって大幅に異なりますが、一般には、
・所得割・・・前年所得がベース
・均等割・・・土地建物を持っていれば
・均等割・・・加入者 1人あたりいくら
・平等割・・・加入世帯 1世帯あたりいくら
の 4つから構成されます。

このうち「所得割」は住民税に連動しますので、98万以下なら 0 です。
(某市の例)
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/life/kokuhonenkin/43/000351.html

>現時点ではまだ親の扶養に入っております…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

「扶養控除」は、あなたの「合計所得金額」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>紛失してしまった給与明細があるのですが再び派遣先に行って取得する…

給与明細は必要ありません。
「源泉徴収票」が必要です。
派遣会社からはもらってください。

農業の知人さんのように、源泉徴収票など買いともらえそうにない場合は、「不交付届け」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100017.htm
を書いて税務署へ提出します。
PDF を印刷して記入すれば良いです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>「◯◯◯円支払うから、▲▲日の畑作業、手伝って…

日雇い労働者ですね。

>こういった場合税金の関わってくる収入として…

当然ですね。

ただ、本業で年末調整を受けていたのなら、医療費控除その他の要因による確定申告の必要性も一切なければ、20万以下の他の所得は確定申告しなくて合法です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>途中から知人の手伝いに移行して…

ということは、年末まで在籍したわけではなく、年末調整はしていないのでしょうから、たとえ 1万円でもすべてを申告しなくて...続きを読む

Q現金手渡しの仕事でもらうお金は「報酬」でしょうか?

1)親族の仕事を手伝い、毎月手渡しで現金をもらいます。
  所得税などは一切引かれていません。

2)また、他にフリーの仕事で報酬(銀行振込)を頂くのですが
  こちらも所得税などは一切引かれていません。

そこで質問なのですが、
両者を「報酬」とし、
確定申告の申告書Bには「1」と「2」を合算した金額を記入する…
という考えで合っていますでしょうか?

また、「1」の方は現金以外受け取ったという証拠がないのですが、
(所得税ゼロの源泉徴収票の発行を頼んでも拒否されました)
申告の際に問題ないでしょうか?

詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>現金手渡しの仕事でもらうお金は「報酬」でしょうか…

「給与」が手渡しではいけないという規則はありません。
何年か前までは、一部上場企業でも現金手渡しがごくふつうでした。

>2)また、他にフリーの仕事で報酬(銀行振込)を頂くのですが…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収しなければならないのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm
個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないとお思いなのでしょうか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>両者を「報酬」とし…

雇用されて、一定時間を一定の場所に束縛されるなら「給与」です。
束縛されることなく仕事だけをこなせばよいのなら「報酬」です。

>所得税ゼロの源泉徴収票の発行を頼んでも拒否されました…

それならしょうがないですけど、給与と事業所得とに分けるほうが節税にはなります。
将来とも勤めるなら、来年は源泉徴収票を書いてもらえるよう、粘り強くお話し合いください。

>現金以外受け取ったという証拠がないのですが…

「給与」でなければ、支払い側の証明書類等は一切必要ありません。
自分だ付けた記録を元に、自主申告です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>現金手渡しの仕事でもらうお金は「報酬」でしょうか…

「給与」が手渡しではいけないという規則はありません。
何年か前までは、一部上場企業でも現金手渡しがごくふつうでした。

>2)また、他にフリーの仕事で報酬(銀行振込)を頂くのですが…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収しなければならないのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.j...続きを読む

Q収入が不規則でも扶養から外れますか。

講師のため、収入がゼロの月が必ずあります。また、数万円の月、十数万円の月もあり不規則です。130万円を超える可能性はあります。このような場合、扶養から外れてしまう判断はいつされるのでしょうか。夫の社会保険から外れ、個人で加入する適切な時期を教えてください。夫は、中途半端な働き方はかえって損だと忠告しますが、自分では判断できません。

Aベストアンサー

まず、夫の健康保険の被扶養者となるかならないかの判断をするのは、その健康保険の保険者(社会保険事務所または健康保険組合)です。
一般的には、「今後1年間の年収見込みが130万円を超えることになった時点」から健康保険の被扶養者から外れることになりますが、
具体的には、個別にその保険団体が判断しますので、そちらに相談されたほうがいいです。
また、中途半端な働き方が損かどうかですが、たしかに単純にそのときそのときの収入額で見れば損かもしれません。しかしその働き方が将来を見据えて考えたとき必要なものならば、投資と考えてもよいのではと個人的には思います。

Q副業禁止の会社ですが、謝礼を貰ったら?

こんばんは。
かなり調べたのですが、正反対の回答もあり混乱してしまいましたので質問させていただきます。

今回の場合、
*副業禁止の会社に勤めている。
*アンケートモニターなどの謝礼で合計12000円。
*副業(?)で得たお金は年間20万円以内。(12000円なので。)

『12000円は年間20万円以下であるので、確定申告は必要ない。
謝礼であるため、雑所得であり給与ではない。
不定期であり、謝礼であるため、モニター募集の会社から市町村等への報告はない。
つまり、住民税も必要ない。』
この解釈は間違っていますか?

1)アンケートモニター募集をした会社によっては、不定期でも給与になりますか?

2)モニターの謝礼を支払った会社は、「誰にいくら渡した」という報告を市町村等にしているのですか?

3)謝礼12000円に対する住民税は発生しますか?どういう場合に住民税は発生するのですか?2)で市町村への報告があるなら住民税は発生しそうですね。いくら以上なら報告とか、給与なら報告とか、決まりがあるのでしょうか。

4)会社での給与に対する住民税は会社の給与から天引きされますが(特別徴収)、副業に対する住民税のみを普通徴収にするというような、分けることは可能ですか?

5)例えば宝くじで当たった1億円は雑所得になり、20万円以上なので確定申告が必要になりますよね。この場合、住民税は必要ですよね。これはどこから1億円の収入があったと報告されるのですか?

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
長々とすみません。

最初に記載した私の解釈が間違っていないか、
1)~5)の質問について、
回答をお願い致します。

未熟者ですが、是非正しい知識を教えてください。宜しくお願い致します。

こんばんは。
かなり調べたのですが、正反対の回答もあり混乱してしまいましたので質問させていただきます。

今回の場合、
*副業禁止の会社に勤めている。
*アンケートモニターなどの謝礼で合計12000円。
*副業(?)で得たお金は年間20万円以内。(12000円なので。)

『12000円は年間20万円以下であるので、確定申告は必要ない。
謝礼であるため、雑所得であり給与ではない。
不定期であり、謝礼であるため、モニター募集の会社から市町村等への報告はない。
つまり、住民税も必要ない。』
この解釈...続きを読む

Aベストアンサー

(1)給与にするところは無いでしょう。
でも「バイト」として雇われたなら給与になりますし
市町村に報告も行き会社にばれます。
でもそういったことはおそらく無いと思います
気になるなら一度モニター会社に確認した方がいいと思いますー


※以下謝金だと想定して書いてます※

(2)謝金は一定の額以上を支払った場合、支払った会社は市町村に報告しなければいけませんが
12,000円でしたら市町村に報告されません。
会社にばれません。

(3)確定申告したら12,000円の分所得が増えるのでその分住民税も所得税も多くなります。
しかし、20万以内の為確定申告は必要ありません。
市町村は20万以内でも申告しなければいけませんが
ぶっちゃけていうと申告しなくていいと思います。
問題ないでしょう。

(4)分けることは可能です。
でも今回の場合は必要ないですね。

(5)宝くじは非課税(税金がかからない)です。
ちなみに例ですが
生命保険の満期金など受け取った場合、生命保険会社は税務署に報告しています。
税金が発生するものは本人が黙ってたとしても他の手段でわかるようになっています。

でも質問者さんの今回の事は何もしなくていいでしょう。
会社にばれることはありません。

(1)給与にするところは無いでしょう。
でも「バイト」として雇われたなら給与になりますし
市町村に報告も行き会社にばれます。
でもそういったことはおそらく無いと思います
気になるなら一度モニター会社に確認した方がいいと思いますー


※以下謝金だと想定して書いてます※

(2)謝金は一定の額以上を支払った場合、支払った会社は市町村に報告しなければいけませんが
12,000円でしたら市町村に報告されません。
会社にばれません。

(3)確定申告したら12,000円の分所得が増えるのでその分住民税も...続きを読む

Qサークル収入が20万を超える場合、課税対象になる?

公務員の兄が代表で、非営利のサークル活動をしています。月謝は2500円。入会金もあります。会員数は10人くらいです。
今季はサークルを立ち上げたばかりなので、会費収入も微々たるものですが、問題は来期です。単純に月謝だけで年間30万。経費は、サークル用の携帯電話代、月5千円のみ。どう考えても、20万円を超える収入が発生します。
確か、年間20万円を超える収入は課税対象だと思いますが、さらに代表は公務員。副職は禁止です。このお金、どう説明すればいいんでしょうか?
兄は、年末の忘年会でパーッと使おうと言っていますが、1人当たり2万超えですよ? かなりの豪遊が必要ですね。全員来るとは思えないし。
問題は、月謝は指導料として取っているのに、その大半を交際費として落としたら、聴衆の目的からそれているし、そんな多額を飲み会の当てにしたら、会員さんから「そんな余ってるなら月謝いらないじゃん」と思われることです。
会員数は今後も増える可能性がありますし、経費も携帯代以外は今のところ増えなさそうです。
どうすればいいと思いますか?
1年の収入が25万あるとして、20万切る額を飲み代に当て、残りを代表が指導料として懐に入れる、とか可能でしょうか?
アドバイスお願いします。

公務員の兄が代表で、非営利のサークル活動をしています。月謝は2500円。入会金もあります。会員数は10人くらいです。
今季はサークルを立ち上げたばかりなので、会費収入も微々たるものですが、問題は来期です。単純に月謝だけで年間30万。経費は、サークル用の携帯電話代、月5千円のみ。どう考えても、20万円を超える収入が発生します。
確か、年間20万円を超える収入は課税対象だと思いますが、さらに代表は公務員。副職は禁止です。このお金、どう説明すればいいんでしょうか?
兄は、年末の忘年会でパー...続きを読む

Aベストアンサー

非営利のサークル活動なんでしょ。
税金はかかりません。

その20万を全部個人の懐に入れるとかなら、
その個人の営利目的(以前に詐欺?)の
サークル活動となり、納税も必要かと
思います。

サークルの維持活動費として繰越し金とし、
今後の月謝は1000円程度にすれば、
さらに問題はないと思います。

指導料として薄謝として担当者に
少しずつ配ったとしても、数千円
程度なら、営利目的とは思わない
と思いますよ。

『営利目的』がどういった金額が
そう思えるかといったところが
ポイントです。


人気Q&Aランキング