大学3年生です、学生時代に力を入れたことを書きましたが添削していただけますでしょうか?

「大学3年生です、学生時代に力を入れたこと」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問サイトに写メでアップしないで、文章をコピペでいいから書きましょう


それが一番の添削指導

いちいち書き写さないといけないでしょ?見てもらう人の事を考えましょう

学生時代に学業ではなくバイトに精を出した、というのはマイナスです
「やっていました」も人(読み手)に伝える言葉ではありません

何をどう考えて実行して結果が、どうなって、それで学生として役に立ってそれで、それを生かして就業したら、どのような生活や仕事を勧めたいかという目標の内容が薄すぎますので、もう少し詳しく文章を膨らませましょう

アルバイトの応募なら、これでいいけどね
    • good
    • 1

謝辞をありがとうございます。


ほかに力を入れたことがあれば、書いてみてください。
ホール係の経験だけだと、ちょっと弱いかもしれません。
この文章だと、
あなたの大学生活=ホール係
みたいに見えます。
ほかに何かありませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、ちょっと弱いですね、
ほかにまだ思いつかないです、
すごいと言える経験はないですので
ちょっとエピソードに困ってます。

お礼日時:2015/12/25 00:37

こんばんは。



まず、最初の文が日本語として間違っています。
「私は学生時代に力を入れたこと」ではなく「私が学生時代に力を入れたこと」です。
さらには、
「私が学生時代に力を入れたことは大学一年からの中華料理店のアルバイトでホールをやっていました。」
を縮めると、
「力を入れたことはホールをやっていました。」
になってしまいます。主語と述語の関係が間違っています。
正しくは、
「私が学生時代に力を入れたことは、大学一年から中華料理店のアルバイトでホールをやっていたことでした。」
です。
また、
「学費と生活を稼ぎ」
ではなく
「学費と生活費を稼ぎ」
です。

では、私が添削した文章を書きます。

私が学生時代に力を入れたことは、学業はもちろんのこと、日本語のコミュニケーション力を高めることでした。
私の母国語はもともと日本語ではありません。
そのため、コミュニケーション力を向上させ社会経験を積むために、大学一年から、あえて中華料理店のホール係のアルバイトに挑戦しました。
学費と生活費を稼ぐという意味もありました。
当初は日本語が不得手であっため、研修期間のときによくオーダーミスをしました。そのことによって、上司から叱られるたことはしばしばありました。
そこで、私はオーダー管理のやり方を見直して、お客様の目線を見て、大きな声ではっきりと伝わるようにしました。すると、オーダーミスは1週間に1回から、1か月に1回に減り、最終的にはほとんどなくなりました。
それからは店長から信頼されるようになり、お店の繁忙期で人手不足の時には、お店の2階全体の一人でのホール係を任せられるようにもなりました。
このように自分が苦手なことでも一生懸命取り組むことが大切だと学びました。
入社後もこのような姿勢で取り組んでいきたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に添削していただいて、とても感謝しています。日本語以外例えば内容や中身など、何か問題がありましたら、ぜひご指摘ください。

お礼日時:2015/12/24 20:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「自己PR」と「学生時代に力を入れたこと」

就活をしている大学3年です。

そろそろESを出していかないといけない時期になりました。

夏から自己PRと学生時代に力を入れたことについて自己分析して、すでに書いたりして
焦ったりしていなかったのですが、いくつか疑問が生まれました。

まず私の自己PRをどういう風に書いていたかといいますと、

(1)PRポイント⇒(2)具体例⇒(3)貴社でこんなふうに活かせる

という流れです。

ここでの(1)PRポイントは「自分はこんな人間だ」ということを端的に示したのですが、

そのPRポイントは自分にとっては習慣化していて、当たり前となっていることを書きました。

例えば「私は余裕を持って行動できる人間です」みたいな感じです。

ですがES本を買って、過去の先輩たちのESを見ていると

(1)PRポイント⇒(2)問題点⇒(3)行動⇒(4)結果⇒(5)PRポイントを繰り返す⇒(6)貴社でこう活かせる

という流れでした。

自己PRにはどんな問題があって、それをどう乗り越えたかを書かないとだめなのでしょうか?

もちろん学生生活で問題に直面し、それを乗り越えて学んだことはありますが

それを書こうとすると他に具体例がありません。その問題に直面して、それを乗り越えようとして学んだことなので、、、。

アドバイスをいただけると嬉しいです。


また、学生時代に力を入れたことについても質問させてください。

まず自己PRと学生時代に力を入れたことの内容は被ってしまうものでしょうか?

先ほどの自己PRで、問題に直面して乗り越えたときの強みを自己PRにするならば、

学生時代に力を入れたことを通して問題に直面し、それを乗り越えて学んだことが自己PR.。
それならば内容が重複すると思うんです・・・。



私はこれまで、「学生時代に力を入れたこと」については
(1)学生時代に力を入れたことは〇〇です。

(2)なぜそれに力をいれ、どのように頑張ったのか

(3)そこでどんな問題点があったか

(4)それをどう乗り越えたか

(5)そこから何を学んだか

という流れで書いていました。

(5)のそこから学んだことは自己PRの内容とは被らないことを書いていましたが、
学生時代に力を入れたことから学んだことを自己PRにするんでしょうか・・・。

先ほどのことを繰り返すと、自己PRのPRポイントは自分の中では当たり前となっていたことを書いており、力を入れたことを通して得たことではありません。


どうかアドバイスをお願いします・・。

就活をしている大学3年です。

そろそろESを出していかないといけない時期になりました。

夏から自己PRと学生時代に力を入れたことについて自己分析して、すでに書いたりして
焦ったりしていなかったのですが、いくつか疑問が生まれました。

まず私の自己PRをどういう風に書いていたかといいますと、

(1)PRポイント⇒(2)具体例⇒(3)貴社でこんなふうに活かせる

という流れです。

ここでの(1)PRポイントは「自分はこんな人間だ」ということを端的に示したのですが、

そのPRポイントは自分にとっては習慣化して...続きを読む

Aベストアンサー

まず、具体例というのは、(2)問題点⇒(3)行動⇒(4)結果の部分と考えていいと思います。

次に1つは具体例があるということですね。
具体例は3つくらい用意したほうがいいといわれています。
1つだけは本当にPRできるようなもので、残りの2つは些細なことでもいいんじゃないでしょうか。

自己PRと学生時代がんばったことの内容は被るのは必然です。
がんばったということは他者にアピールできることをしていたと捉えられます。
確かにいい具体例になるでしょう。
内容が重複しても問題はないとおもいます。
まるまるコピーするのではなければですが。

学んだことが必ずしも自分にプラスになるとは限らないと考えると、PRにもなるし、PRに使えない場合もあると思います。
学んだ内容によりけりです。

当たり前のこととは、つまりあなたらしさがあらわせられているのではないでしょうか。

自己PRや志望動機などを書いたら就職課に持っていって添削してもうこともできるのではないでしょうか。
ご自身で考えることも大切ですが、他人の意見を参考にすることも大切です。

Qあなたが学生時代一番力を入れたことは何ですか?

こんにちは。就職活動中の工学系修士1年です。
学生時代、特にサークルに入るわけでもなく学会に入るわけでもなく、何もせずノホホ~ンっと毎日アルバイトをして過ごしていた私には"学生時代に力を入れたこと"がこれといってありません!
唯一あるとしたら修士まで進んだため"勉強"くらいなんですけど。この様に面接、エントリーシート等で聞かれた場合どのように対処したらよいでしょうか?
同じような経験をしていて方、また毎日充実した学生生活を送られた方々の意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

こんにちは!私は短大卒ですが
学生時代はkirkyさんと同様、バイト三昧の日々でした(^^)
なので面接で学生時代のことを聞かれたときは、バイトのこと話しましたよ。
バイトで得たことや、お客さんから学んだ事(接客のバイトだったので)
またバイトでの面白いエピソードなども。。。
バイトがこれから社会に出て行く上での
勉強になったということを話せばいいのではと思います。
しかし忘れてはいけないのは、バイトばかりではなく勉強も頑張ったということもアピールできれば最高だと思いますよ。

ご健闘をお祈りします♪

Qよく学生時代は人脈も作っておけと大人の人から言われるんですが、具体的に人脈があるとどのような利点があ

よく学生時代は人脈も作っておけと大人の人から言われるんですが、具体的に人脈があるとどのような利点があるんですか?また、その人脈は同じ職種の人の方が利点が多いですか?

Aベストアンサー

> 具体的に人脈があるとどのような利点があるんですか?

自分の力だけでは解決できないことが、解決できる様になります。

ぶっちゃけ、日常業務をこなすだけなら、人脈などさほど重要ではありませんよ。
でも、いざと言う時や、日常的に高次元の仕事をする場合、人脈が活きてきます。

判り易いところでは、たとえば質問者さんが責任のある立場で担当した重要な製品が、他社から特許侵害で訴えられ、その裁判でもし敗訴したら、会社の命運に関わる様な状態としますと、どうしますか?

私なら、自力だけではとても解決できない話なので、まずは「特許係争で日本最強」みたいな、信頼できる弁護士を探しますが、多くの会社は、そんな感じの判断でしょう。
そこで、実際にそう言うレベルの弁護士を探し当てられる様な、良い人脈を持っているか?が勝負の別れ道です。

会社の顧問弁護士などに紹介してもらっても良いし、大企業の法務部あたりに知り合いがいれば、そっちでも良いし、他に、そう言う方面に強い人物がいれば、お願いしても良く。
あるいは、責任者である自分だけじゃなく、社員全員の人脈を総動員して、最強弁護士を探さねばならない様な話であって、ルートはいくらでもありますけど、いずれにせよ、最強弁護士に辿り着けなければなりません。

あるいは政治絡みの問題だと、市長や県知事とか、国会議員や大臣に陳情に行かねばならない様はことだって有り得ますが、どういうルートで頼めば、それが実現できるか?とか。

ね?
そもそも下っ端は、人脈の有無など、どうでも良いのですが、地位が上がれば上がるほど、人脈が必要になってきます。
また、地位が上がってから、「さて、どうしよう?」では手遅れで、それ以上の地位には上がれません。

逆に言いますと、極論すれば、平社員の頃から「自分の人脈を駆使すれば、総理大臣への陳情も可能」みたいなヤツがいれば、まず確実に出世しそうでしょ?

でも庶民は、そんなルートは持ち合わせていないので、若い頃から多くの人と交わったり、その中でも、「コイツは出来る!」と言う見込みがある人物とは、それなりの関係を築いておいた方が良いのです。

更に、優秀な人物が、自分のために動いてくれると言う関係を作るには歳月も要すし、自分も相手にとって有益な人脈であり続ける努力が必要だし。
そのための努力は、自分にとっても有益です。

> 具体的に人脈があるとどのような利点があるんですか?

自分の力だけでは解決できないことが、解決できる様になります。

ぶっちゃけ、日常業務をこなすだけなら、人脈などさほど重要ではありませんよ。
でも、いざと言う時や、日常的に高次元の仕事をする場合、人脈が活きてきます。

判り易いところでは、たとえば質問者さんが責任のある立場で担当した重要な製品が、他社から特許侵害で訴えられ、その裁判でもし敗訴したら、会社の命運に関わる様な状態としますと、どうしますか?

私なら、自力だけではとて...続きを読む

Q学生時代に力を入れたことのエピソードが珍しくて、かつ内容もしっかり書けていたら、やっぱりバイト、サー

学生時代に力を入れたことのエピソードが珍しくて、かつ内容もしっかり書けていたら、やっぱりバイト、サークルなどを書く他の受験者と比べ、抜きん出ること出来ますか?

Aベストアンサー

40半ばの会社員で、採用関係にも一時関わった事があります。
就職活動に関してでしたら、まったく無関係ではありませんが、少し方向性がずれている気がします。

会社が学生時代の経験などを書くことを求める理由は、大きく分けて二つあります。


まず、求められている内容について、他人に読ませる視点で文章を書く事ができるか?
「内容」ではなく、「書き方」ですね。

「力を入れたこと」という質問なのに、単なる体験談では、訊かれている内容を把握できていませんよね。
友人知人ではなく、一面識もない会社の人が読むわけですから、相手の予備知識を推し量る力も必要になります。
他には、書いている途中で文章の趣旨がずれていく、誤字脱字が多い、言葉の使い方がおかしい、こういった点はマイナスになります。

なぜ、こんな事を求めるかといえば、働き始めてから、取引先への営業、社内での報告、そういったことを、きちんとできるかどうか、それを試しているのです。


そして、学生時代に力を入れた事が、会社で働くことに関係するか?
こちらは「内容」ですね。

たとえば、「接客のバイトを高校、大学と続けていました」、「サークル活動でメンバーをとりまとめる役をつとめて、学祭で好評でした」、「地域のボランティア活動を続けていました」、「色々な資格を取りました」。
いずれも、よくある内容ですよね。

たとえば営業を雇おうとしている会社なら、接客バイトを続けた人、サークル活動をしていた人、地域のボランティアをしていた人、こういった人を採用しがちです。
営業なんですから、人と話す事を嫌がるようでは困りますしね。
事務系で一人でコツコツとを求めている場合は、色々な資格を取るような人に着目します。
同じ事務系でも、他の人のサポートをするような立場の人を求めている場合は、ボランティア活動を続けていたような人が、ポイントが高くなります。
将来の幹部候補を求めている場合、社内の和を大事にしたい場合は、サークル活動をしていた人に注目します。
もちろん、していた事の内容が会社の営業内容と関わるようなら、さらにポイントアップです。


「珍しいエピソード」というのは読む側にとっても記憶に残りやすいですから、その意味ではポイントは高いでしょう。
でも「内容「が会社の求めている事にも営業内容にも無関係で、書き方が「内容」は書けていても「書き方」が他人に読ませるものになっていなかったら、「記憶に残る」が悪い方向へ働きます。
たとえば、学校を休んでワールドカップの観戦に行った、バイクで日本一周した、なんて書いたら、珍しいエピソードではありますよね。
でも、それが自分にとって何を身に付けることになったか、って書かないと、「こいつは、就職してからも仕事を休んで遊びに行きそうだな~」ってなってしまいます。

「他の受験生より抜きんでる」というのは、「この人なら、うちの会社で頑張ってくれそうだな」と思ってもらうということですよ。
作文や論文のコンクールではありませんから、お間違いなく。

40半ばの会社員で、採用関係にも一時関わった事があります。
就職活動に関してでしたら、まったく無関係ではありませんが、少し方向性がずれている気がします。

会社が学生時代の経験などを書くことを求める理由は、大きく分けて二つあります。


まず、求められている内容について、他人に読ませる視点で文章を書く事ができるか?
「内容」ではなく、「書き方」ですね。

「力を入れたこと」という質問なのに、単なる体験談では、訊かれている内容を把握できていませんよね。
友人知人ではなく、一面識もない...続きを読む

Qセールスポイントについて 履歴書に書くセールスポイントですが私は大学の勉強だけだとその他の学生と同じ

セールスポイントについて
履歴書に書くセールスポイントですが私は大学の勉強だけだとその他の学生と同じなため、他の学生よりスキルアップをするために資格を取得しそれによる知識を活かし学校の成績を上げた
とする場合セールスポイントしては努力家で行くべきなのか好奇心旺盛で行くのか向上心でいくのか...悩んでおります。どなたかアドバイスいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

NO1さんと同じですね。

僕も見る時に(時々そういうことを手伝います)、見るのは学歴そのものよりそこに至る論理性です。
主観と客観とのギャップですね。

「僕はがんばって簿記2級を取得しました!」
「大学ではたのしくまなびました。えへへ」
みたいな子は本当にいますよ。
面接でそれを話してしまうってことは、高校、大学とそれで何とかなってきたんだろうなあってのは感じます。
でも落としますね。
「なんで君を取らなあかんの??」と言う所の(相手が納得できる)答えを持ってるかどうかですね。




勉強してないならしてないでいいんですよ(困りますけど)。その資格の難易度とか、そこに至る思いについて必要であって、「もしマジで大学3年間をかけて簿記を取ったのなら、そんなショボい奴はいらんわ」ってなります。

学歴差別はよく言われますけれど、高学歴な人の方が謙虚で自分が見えている気がします。
学歴がない人は性格で見ても???な気がします。
学歴が中途半端な人は、ただ働きたくない、勉強したくないとかっていう消去法、人のせいにして生きてきた人が多いのかなあって感じることはあります。
もちろん個人差がありますが。

その辺り、自分が見えている、相手(企業)が見えている、論理的である=信用できる=ビジネスマンとして優秀である可能性が高い、
そういう感じですね。
もちろん資格や学歴がハイスペックであるならそれに越したことはないのですが、
シュウカツはまじめに社会のことや自分の人生について考えて、行動を起こしてきた人が勝ち残るゲームだとは思います。


だからお答えするのなら、あなたの取った資格そのものより、
そこに至った経緯であったり、
またあなたの見た目や性格により、
またどの企業を受けるのかにより、それぞれ書く内容は毎回異なって当たり前だと言えます
(今そこに気付かない時点で、あなたの進路はちょっとヤバいなあって思います)。

相手は何を欲しているのだろう?
自分の売りは何になるのだろう?
真剣に考えて、行動に繋げていくことを薦めます。

がんばってね。

NO1さんと同じですね。

僕も見る時に(時々そういうことを手伝います)、見るのは学歴そのものよりそこに至る論理性です。
主観と客観とのギャップですね。

「僕はがんばって簿記2級を取得しました!」
「大学ではたのしくまなびました。えへへ」
みたいな子は本当にいますよ。
面接でそれを話してしまうってことは、高校、大学とそれで何とかなってきたんだろうなあってのは感じます。
でも落としますね。
「なんで君を取らなあかんの??」と言う所の(相手が納得できる)答えを持ってるかどうかですね。



...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報