【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

60歳以降から治めた年金は65歳からもらえる年金に加味されますか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

60歳以降に払う、年金の保険料は


次のようなものがあります。

①任意加入制度による国民年金保険料
②会社勤めによる厚生年金加入に伴う
 厚生年金保険料

①は国民年金の受給資格(期間)が
足りなかったり、満額受給としたい人が
任意に加入できる制度です。
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/2 …
当然、年金額を増やすために加入する制度
なので、受給開始の65歳からの老齢基礎
年金の受給額は増えます。

②は勤務時間や日数の条件から60歳以降も
会社勤めする人は厚生年金に加入することに
なってしまうのですが、
簡単に言うと、
③老齢基礎年金は増えない
④老齢厚生年金は増える
となります。

保険料の算定方法は60歳以前と同様
なのですが、③の基礎年金は40年の
満額となっていなくても増えないのです。

一方④は増えるには増えるのですが、
在職年金という制度(制約)に引っかかる
場合があります。
65歳以前に老齢厚生年金(報酬比例部分)
が受給開始となっても続けて働かれる方は、
給料と年金を受け取ることになります。
その合計が28万以上となる場合、
年金受給額を削られることになります。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinen …

かつ勤務条件によっては保険料もとられる
ことになり、割がよくないですね。

65歳以降となると、在職年金の条件が
月47万となり、緩和されます。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinen …

そして、老齢基礎年金の受給開始、及び
60歳以降払っていた保険料が加味された
老齢厚生年金も受給できるようになります。

厚生年金は70歳前までの加入となって
いるので、そこまで保険料を払い続ける
ことになります。
70歳で晴れて脱退となり、年金額改定が
あり、上乗せという流れになります。

いかがでしょうか?

参考
年金「満額」をめぐる2つの勘違い
http://allabout.co.jp/gm/gc/13443/

老齢年金
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinen …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。いろんなホームページを紹介されているのでさらに参考したいと思います。

お礼日時:2015/12/26 09:32

はい加味されます。


もっとも国民年金は 60歳過ぎは 加入期間が40年に満たない場合しか加入できません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。わかったようなわからないような。しくみがふくざつですね。

お礼日時:2015/12/26 09:26

加味されます

    • good
    • 1
この回答へのお礼

簡単で分かりやすいです。

お礼日時:2015/12/26 09:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の受給

今年7月で60歳になるものです。送付された「ねんきん定期便」では私の場合、
60歳から  特別支給の老齢厚生年金30万円
63歳       〃       〃      〃   定額部分30万円 計60万円
となっています。

そこで、定年後も3年ほど嘱託で勤務予定ですので、
60歳からの受給を63歳から受給するという選択はありますか? 
その場合、60歳から63歳までの3年半分の受給分は
全部カットされるのでしょうか?
いくらか63歳以降の受給分に加味されるのでしょうか?

よろしくお願いします。
     

Aベストアンサー

分かり易く簡単に説明します。
質問者さまの場合、60歳の誕生日以降特別支給分の老齢厚生年金を受給手続きを実施してください。
手続きからの約2ヶ月後から30万円の1/6の5万円が、2ヶ月毎に受給できます。
事前に近くの市区町村の国民年金の窓口でも詳しく教えてくれ、必要書類や準備するものを親切に教えてくれます。

>そこで、定年後も3年ほど嘱託で勤務予定ですので、
>60歳からの受給を63歳から受給するという選択はありますか? 
選択はありません。
特別支給分については、繰り下げ受給の制度はありませんのでメリットはありません。

>その場合、60歳から63歳までの3年半分の受給分は
>全部カットされるのでしょうか?
>いくらか63歳以降の受給分に加味されるのでしょうか?
「28万円の壁」がありますが、質問者さまの場合は関係しないので、カットも加算もありません。(女性の場合63歳以降64歳までは、特別支給の定額部分が受給できるのです。)
参考:
http://president.jp.reuters.com/article/2009/02/17/6D9FDC7A-F75B-11DD-9A2E-69123F99CD51.php

>63歳  定額部分30万円 計60万円
の「定額部分30万円」の金額が気になりますが、国民年金の未加入期間が長かったのでしようか?
満額で「定額部分約79万円」ですので、60歳からの任意加入で「定額部分30万円」を上乗せする方法もありますので年金窓口で相談に乗ってくれます。
*誕生月が近付いたら、近くの市区町村か年金窓口で相談してください。
 

分かり易く簡単に説明します。
質問者さまの場合、60歳の誕生日以降特別支給分の老齢厚生年金を受給手続きを実施してください。
手続きからの約2ヶ月後から30万円の1/6の5万円が、2ヶ月毎に受給できます。
事前に近くの市区町村の国民年金の窓口でも詳しく教えてくれ、必要書類や準備するものを親切に教えてくれます。

>そこで、定年後も3年ほど嘱託で勤務予定ですので、
>60歳からの受給を63歳から受給するという選択はありますか? 
選択はありません。
特別支給分については、繰り下げ受給の制度はあ...続きを読む


人気Q&Aランキング