12月半ばに車を運転中にもらい事故をして。整形外科で通院しているのですが。現在2回ほど通院しているのですが。治療費についてなんですが。交通事故ということもあり。社会保険を使わずに最初は自己負担で払ったのですが。 そのあと保険やさんに通院を説明して。現在過失を決めている段階なのですが。今週2回目の通院をしたときに病院の方が。まだ保険屋さんから連絡が来ていないので自費ではらってもらい。あとで返金になりますと言われました。社会保険はもってはいますが。事故の場合はどうすればいいのですか? また治療費などは保険屋さんがすることではなくわたしがなにか申請しないといけないのでしょうか?? まだ過失がきまっていないため保険屋さんもなにもできないかんじなのでしょうか?アドバイスお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

そもそも通勤中の事故は、「通勤災害」という労災事故に該当します。


労災が適用される事故であれば、社会保険を含めて健康保険は使用できません。
ただし、通勤経路や通勤手段が届け出内容と異なる場合(バス通勤で届出しているのにバイクで通勤していた等)は、労災が適用されないケースもありますので注意は必要です。
①事故発生から2週間以内に通院を開始していること、②1ヶ月以上通院しなかった期間が存在しないこと、③極めて軽微な交通事故ではないこと等の条件がそろえば自由診療でも自賠責保険が請求できます。
ただし、自賠責保険には、「一括対応(医療機関から保険会社へ直接請求する方式)」という仕組みはありませんので、労災保険・健康保険が適用されるか否かにかかわりなく、立替が必要になります。
質問者さんの過失の割合が50%以上でなければ、通常は相手方が加入している任意保険が対応してくれるはずです。
そういう条件が整っていて、かつ、相手方の保険会社に連絡し、対応するという約束がなされていれば、保険会社の担当者は医療機関に「一括連絡」を入れるはずです。
これらの条件がそろっているのに、相手方が加入している保険会社から医療機関に連絡が入っていないのであれば、担当者怠慢の可能性があります。
警察には人身事故の届け出はしていますか?(これがなされていないという理由で対応しないケースもあります。)
ただし、過失が決まっていないというだけで保険会社が医療機関に連絡を入れないということは普通ありえません。
相手方が「過失がない」とか、「過失が小さい(言い換えると質問者さんが悪い)」などと言っている場合は、相手方の保険会社は動きません。
また、ご自身の保険会社には連絡していますか?
次の確認を取ってください。

1.相手方の保険会社に対して、医療機関に「一括連絡」を入れてあるか否か?連絡を入れていないのであればその理由は?
2.相手方が「過失がない」とか、「過失が少ない」とか、「この事故で怪我をするはずがない」とか、言っている場合は、ご自身の保険会社に連絡してください。貴方の保険に「人身傷害保障保険」は付いていませんか?
3.相手方が「過失がない」とか、「過失が少ない」とか、「この事故で怪我をするはずがない」とか、言っているために相手保険会社が対応していない場合、相手方車両の自賠責保険を確認し、相手方の自賠責保険会社に「被害者請求」について問い合わせてください。

労災保険は、ご自身の過失の有無や程度に関係なく適用できます。(アルバイトでも適用可能なケースがあります。)
途中、通勤経路を外れて寄り道をしたりしていない、通勤手段も届け出ないようどおり、ということであれば労災保険(労働基準監督署)にご自身で相談することもひつとの選択肢です。
労災は、自賠責保険が先行するという点は事実ですが、最初から適用できないという法的な根拠はありません。
あくまでも労災先行でお願いしたいと主張してください。
これらの条件が整わない場合は、労災保険は対応できないということになりますが、逆に健康保険が適用できます。
ただし、健康保険を適用する場合は、「第三者の行為による傷病届け」を健康保険組合に提出する必要があります。
医療機関は、自由診療で対応するほうが、同じ治療内容であっても高額な治療費を請求できますので、「交通事故では労災や健康保険は適用できない」と言うかもしれませんが、これは誤りです。
相手保険会社、ご自身が加入している保険会社、相手車が加入している自賠責保険会社、労働基準監督署、健康保険組合等、相談する機関は色々あります。
そこに直接ご相談されることをお勧めします。
12月ということですから、自由診療であれば、それなりの立て替え金が生じていると思います。
ご自身の保険に「弁護士費用特約」が付いているなら、これを利用するという手段もあります。
ご質問のケースの場合、上記の1.~3.の内容が分からない状態で、正確な対応手段を回答できるものではありません。
    • good
    • 0

仕事中の事故でしたら相手方の保険で行けると思います。

相手の保険会社への申請されていなければ、実費になりますが。その後に請求することになります。
 会社の労災でも通用するのではないでしょうか? 事故などの細かな書類書かなければいかませんが、申請されてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

何故 健保を使わないのですか?事故の時こそ使うべき。


もっとも病院は儲け損なうので嫌がりますが。

過失が確定しない限り、そして本当は損害が確定しない限り、保険金は支払われません。
治療費は自分で支払って下さい。支払ったという事実を持って初めて損害が発生します。

自分で支払いたくない場合は、すぐに過失を決定してください。
    • good
    • 0

保険は相手の保険が適用されます。


相手に請求してください。
それまでは自費ですよ。
健康保険を使えば清算がややこしくなるから
病院はやってくれませんよ。
    • good
    • 0

交通事故の場合は、お察しの通り、相手方による負担などもありますので、それが決まるまでは自費の場合が多いですね。



保険屋さんとの兼ね合いは、どんな契約をなさっているかによります。
ここで不確かな意見を求めるよりも、保険屋さんに、どこまで仕事としてしてもらえるのか、契約書を確認しながらお話しなさった方がいいと思います。

ご質問からは逸れますが、勤務中の場合は労災に関わってくる事はありませんか?
相手との過失割合が影響してくると思いますので、職場にご確認なさっておいた方がいいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q派遣の勤務表のサインの意味

派遣で働いているんですが、スポットであちこち勤務しているので、勤務表にサインを貰えないところがありました。
ミドリ電化なのですが、「ミドリの店員が管理してるわけじゃないのにサインはおかしいでしょ?」とのことで、常勤の人もサインもらっていませんでした。
勤務表のサインってどんな意味があるのでしょうか?
確かに、ミドリの店員さんの言う通りだと思いますが、サインが無いと派遣会社から勤務表怪しまれませんかね?(一応その日は営業さんに連絡してサインをもらわずでOKとのことでした)
一番の疑問は、サインを貰って派遣会社にFAXを流して給料計算をするんですが、派遣会社から勤務先に勤務管理を問い合わせをすることがあるのか?ってことです。

サインをしないとか、ただサインしているだけなら意味ないような気がしますが。。。。

Aベストアンサー

人材派遣ってゆうのは「労働力」を商品とした取引です。

【meikainodoukeshiさんの働いた時間】×【取り決めた1時間当りの単価】
で派遣会社が派遣先(例えばミドリさん)に代金の請求をしているので、間違いなく商品(=労働力)を提供したことの確認&証拠のためにサインをするのです。

労働力は形に残るものではないので、一緒に働いている現場の管理者のサインが必要、というのは納得していただけると思います。つまりは毎日サインをするのは、もめないため&万が一もめた場合の責任の所在を明らかにする目的ではないでしょうか。

といことは、meikainodoukeshiさんが働いたという証拠がなくても派遣先は困りません。派遣先が「この請求額はおかしい」「この人は来てなかった」とか言いだした場合、派遣会社は証拠としてサインを提示しようとするでしょう。そしてサインが無ければ、困るのはmeikainodoukeshiさんです。

まぁ実際のところは、今回のケースのようにナーナーになってしまっているものだし、ちゃんと働いたのに故意に「来てないよ」なんて言われてしまう場合はかなりレアだと思いますが、手違いや勘違いというのも起こりますからね。

特に勤務時間や現場が一定でないスポット勤務の場合は毎回サインをもらう方がmeikainodoukeshiさんのためにはなると思いますので、派遣会社の担当さんから勤務先に毎回サインをくれるように言ってもらいましょう。

人材派遣ってゆうのは「労働力」を商品とした取引です。

【meikainodoukeshiさんの働いた時間】×【取り決めた1時間当りの単価】
で派遣会社が派遣先(例えばミドリさん)に代金の請求をしているので、間違いなく商品(=労働力)を提供したことの確認&証拠のためにサインをするのです。

労働力は形に残るものではないので、一緒に働いている現場の管理者のサインが必要、というのは納得していただけると思います。つまりは毎日サインをするのは、もめないため&万が一もめた場合の責任の所在を明らかにす...続きを読む

Q事故通院の整形外科と接骨院について

 交通事故の被害者です。
全面的に相手が悪いということで加害者側の保険会社の方が、整形外科だけでなく接骨院にも通って電気治療やマッサージもしてもらったほうが早くよくなるのではと勧めてくれそうしています。
というのも、整形ではレントゲンを撮り骨折してないから打撲がひどくてもあとは日にち薬と何もしてもらえないからです。
ただ、接骨院では後遺症が残った場合、診断書が書けないみたいだから私としては整形にも1~2週間に1回は通いたいと考えています。

そこで、整形の先生に保険会社の方の勧めで接骨院に通っていることを伝えると
『ルール違反だ!えー、保険やさんがそんなこと言った?それはいかんわ、保険会社にあとから電話しておくわ』と!
保険会社にルールって何ですか?と聞きましたが、当然、整形と接骨院の両方に通院しても治療費も支払えるし問題はないと・・・

しかし、保険会社も自分に有利なように話を進めるのが普通かと???
もちろん、接骨院、整形・・・それぞれ立場が違うでしょうし、誰が言っていることを信じて治療に専念すればいいのか?

どなたか公正な立場で教えて下さいませんか

 交通事故の被害者です。
全面的に相手が悪いということで加害者側の保険会社の方が、整形外科だけでなく接骨院にも通って電気治療やマッサージもしてもらったほうが早くよくなるのではと勧めてくれそうしています。
というのも、整形ではレントゲンを撮り骨折してないから打撲がひどくてもあとは日にち薬と何もしてもらえないからです。
ただ、接骨院では後遺症が残った場合、診断書が書けないみたいだから私としては整形にも1~2週間に1回は通いたいと考えています。

そこで、整形の先生に保険会社の方の勧...続きを読む

Aベストアンサー

平行しての治療は、可能ですよ。
お書きのように整骨院は、医師でないので「診断」が出来ないのです。
だから、診断書も書けません。

その医師のがイマイチ意味不明…。
リハビリの指示もしないのに金になる自由診療の患者を逃がしたくないのかな?って感じですが…。

保険会社が整骨院での治療を進めるのは、上記の通りに医師でないと診断書を書けないからです。
整骨院だと診断書も書けない→後遺症認定書も書けない→万一にも後遺症認定を取られる事がないって事ですね。
後遺症認定が出たら通院とは、別に後遺症分の慰謝料や逸失利益が発生しますから、保険会社は、支払額が増えます、これを防ぎたいのです。
保険会社としては、整骨院での治療を勧めるのは、万一にも後遺症認定を取られない為の布石って感じです。

なので、お書きのように整骨院に通うならちゃんと病院と平行して通うのがいいですよ。
完治するのが一番いいのですが、万一に症状が残った時に整骨院だけだと困る事になります。

お大事に。

Q「親方日の丸」の正確な意味を教えて下さい。

「親方日の丸」の正確な意味を教えて下さい。ウィキペディアで調べてみたのですが、下記によれば例えば「JT]とか「NTT」のような会社は親方日の丸にはあたらないのかと思います。また、三公社五現業に勤務している人も、あまり見かけない(あくまで私の周りでの話しですが)ことから、通常「親方日の丸」といえば、国家公務員(市役所勤務の方や学校の先生を含む)の方々を指すという理解でいいのでしょうか?それと、「親方日の丸」といえば、あまり良い意味ではないとコメントがありました。市役所勤務の方や学校の先生には使っては失礼にあたるということでしょうか?

(以下、引用)
国家公務員や三公社五現業のように、国家や公社が行う事業とそこで働く人間の態度を、危機意識が欠けているなどの批判的な意味で、「親方日の丸」、「親方日の丸株式会社」と呼ぶ事がある(親方は国家という意味)。

Aベストアンサー

「三公社五現業」は日本国有鉄道・日本専売公社・日本電信電話公社の三公社と、国の関与が大きかった郵便・造幣・印刷・国有林野・アルコール専売の各事業をさしました。

三公社はすべて民営化されました。
五現業も国の直接関与は後退しています。

これらは、「公務員は仕事をしないので民間会社がよい」という理論、そして、それをマスメディアによって宣伝して誘導した「世論」がもたらしたものでしょう。

実際には、安い給料や過酷な労働環境に耐えて、「使命感」で仕事をしている公務員・公立教員は多いと思います。
けれども、「親方日の丸」には、それを否定する「怠け者」の語感があるように思います。

Q2月16日に追突事故発生して相手の過失が80%で私の通院が救急病院に1日整形外科が11日鍼灸に10日

2月16日に追突事故発生して相手の過失が80%で私の通院が救急病院に1日整形外科が11日鍼灸に10日の通院で5月1日に整形外科の先生と話して終了することにしたのですが慰謝料等のお金はいくらぐらいもらえるのでしょうか?病院、鍼灸迄の距離は往復5キロぐらいです。慰謝料の他にもらえるものとかも有るのでしょうか

Aベストアンサー

当方の過去の回答履歴からお望みの回答は探せると思います。
ただ確認ですが、任意保険は加入していると思いますので、保険屋+弁護士特約が一番手っ取り早いです。
ーーーー
1、ケガの治療費
2、車を運転できなければ、治療の際の公共のバス代、それも無ければタクシーの順番
3、有給休暇で処理できない+会社を休まざるを得ない。
というのであれば、「逸失利益:いっしつりえき、といいます」本来貰えるであろう金額
4、車輌の修理代、その際のレンタカー代、
5、車輌が年代車で、修理代金より査定額が低い場合の例ですが、新車購入の際の税金・登録諸経費など
6、あとは慰謝料(最低額でも@7000円前後とは思いましたが、A:打撲。B半身不随だと、勿論違います)
7、後遺障害の際の保障、後遺障害の際の慰謝料。
(6番は事故のみです。 7番と合算ではありません。よって2つの慰謝料)
8、そんなところかな??
ーーーーー
当方か過去、交通事故の被害者で弁護士を立てないで裁判を行いました。
保険屋・自賠責 < 過去の判例 < 請求額の順番です。

よって、例えば裁判で、
Aの請求をします=その理由として、過去の判例○○を証拠として提出します。とか
証拠集めが重要です。^^

そこまでぐちゃぐちゃ、ならないことを祈ります^^

当方の過去の回答履歴からお望みの回答は探せると思います。
ただ確認ですが、任意保険は加入していると思いますので、保険屋+弁護士特約が一番手っ取り早いです。
ーーーー
1、ケガの治療費
2、車を運転できなければ、治療の際の公共のバス代、それも無ければタクシーの順番
3、有給休暇で処理できない+会社を休まざるを得ない。
というのであれば、「逸失利益:いっしつりえき、といいます」本来貰えるであろう金額
4、車輌の修理代、その際のレンタカー代、
5、車輌が年代車で、修理代金より査定額が低...続きを読む

Q交番勤務の警官

交番に勤めている警官というのは、失礼な言い方になりますが、下っ端の人間なのでしょうか?

交番勤務の警官の「出世」とは、なんなのでしょうか?

たとえばドラマなどで、「交番勤務から警察署勤務になった」という台詞があった場合、
それは「出世した」という意味だととらえても問題ないのでしょうか?

また、「警察署勤務になった」以外に、自然な交番勤務の警官の出世の道があれば、教えてください。
という以前に、「警察署勤務=出世」という認識自体、間違っているのかもしれませんが…

Aベストアンサー

最初は誰でも交番勤務からスタートです。
でも警部補にもなって交番勤務だと…確かに出世からは外れてるかも。

交番勤務も警察署勤務も部署によります。
交番勤務というのは地域課と言う課で地域課のなかの配置換えだけなら
栄転も出世もありません。単純に配置換えなだけ。
それが留置係りとかなら微妙、会計とかなら…外れ、
交通事故なら…外れ…
一概に言えないのも事実ですけどね。次の出世の地盤つくりに異動と
いう事も珍しくありませんから。

Q事故で通院中の通院費と慰謝料??

現在事故で通院を終了して、示談の話になってますが、通院費と慰謝料とききますが、二つとも同じ意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

通院費とは
実際に病院に通う際にかかった交通費のことです。
けがの程度などによりタクシー通院が認められることもありますが領収証を提出することが必要です
通常、バス、電車利用の場合、明細書に記入の上、提出することで受け取り可能です

慰謝料とは
[「精神的・肉体的苦痛による損害の賠償のことを慰謝料といいます。」
読んで字のごとく「慰め(なぐさめ)、謝る(あやまる)」「料(お金)」のことです

 傷害による慰謝料は、入院・通院の月数に基づいて、ほぼ定額化されています。
●強制保険の基準
 ケガの程度に関係なく1日4200円ですが、限度額が120万円なので治療関係費や
休業補償等と合わせてこの限度内しか出ません。
●任意保険の基準
 ケガの程度によって慰謝料が算定され、以下の3段階に分かれています。
 ・軽症: 打撲・挫傷・擦過傷・捻挫等
 ・通常: 前腕骨折・膝関節脱臼等
 ・重傷: 頭蓋骨複雑骨折・脳挫傷・腹部損傷破裂等 
 ※基準額は軽症をベースとし、通院1ヶ月12万3000円、入院1ヶ月24万6000円で
  す。
  通常はこの10%増し、重傷は25%増しです。

通院費とは
実際に病院に通う際にかかった交通費のことです。
けがの程度などによりタクシー通院が認められることもありますが領収証を提出することが必要です
通常、バス、電車利用の場合、明細書に記入の上、提出することで受け取り可能です

慰謝料とは
[「精神的・肉体的苦痛による損害の賠償のことを慰謝料といいます。」
読んで字のごとく「慰め(なぐさめ)、謝る(あやまる)」「料(お金)」のことです

 傷害による慰謝料は、入院・通院の月数に基づいて、ほぼ定額化されています。
●強制保...続きを読む

Q勤務表の計算式について

算数は落第寸前だったので、全くアイディアが浮かびません。
再度、算数を勉強する意味も、どなたかお知恵を貸して頂けますか?

現在の状況:

従業員:5人
一日勤務時間:8時間x5日(土日の固定休みなし)
週労働時間:40時間
勤務時間:一日8時間で、24時間体制。
一日に必要な勤務人数:3人
残業時間:5人とも週4時間の残業

質問は、

一日の必要な勤務人数3人を保ちつつ、残業ゼロにしたい。
その場合、勤務時間8時間から12時間もしくは他の勤務時間に変更すれば可能となるか。

アドバイスの程、宜しくお願い致します。






残業なしで、

Aベストアンサー

何故その様な労働が必要なのかは知りたくもありませんが、『5名に労働者を遣り繰りして24時間操業を実現し、毎日の延べ労働者数を3名にする』と言うのであれば、世間一般で行われている3交代制を使えばよい。
      1   2   3   4   5   6   7
労働者A 1勤  3勤  休み  2勤  休み  1勤  3勤
労働者B 休み  2勤  休み  1勤  3勤  休み  2勤
労働者C 2勤  休み  1勤  3勤  休み  2勤  休み
労働者D 休み  1勤  3勤  休み  2勤  休み  1勤 
労働者E 3勤  休み  2勤  休み  1勤  3勤  休み 

勤務時間は次のようにすれば、労働時間が重なる事は無くなる。
1勤: 8:00~16:00(休憩30分。実質労働時間7時間30分)
2勤:16:00~24:00(同上)
3勤  0:00~ 8:00(同上)

労働者が納得するかどうかは知りませんし、当方は責任を負えませんが、これをたたき台にして、会社として方針を決めればよい。

Q飲酒運転でもらい事故で解雇

前回の質問「飲酒運転で事故、逸失利益の計算は?」で疑問が残ったので再度質問させていただきます。

飲酒運転でもらい事故に遭い後遺症を負った場合でも、過失割合は修正されますが、相手の自賠責が適用され、それでも足りない分は 相手が任意保険に入っていない場合、訴訟を起こせば 無条件で自賠責で足りない部分の損害賠償が認められる と ある人が言っていました。

ただ、飲酒運転でもらい事故に遭った人が、後遺症が理由でなく、飲酒運転が理由で解雇された場合、そのある人は解雇自体が不当だと言っていました。ただ、私が調べた限りでは 5年前の兵庫県を始め、数件ありましたが、いずれも飲酒運転で懲戒解雇されながら 公務員ばかりが、裁判で解雇は不当だいうので最高裁で勝訴しています。

ちなみに 私の会社では飲酒運転は取り締まりで捕まろうと、もらい事故で発覚しようと一発解雇です。

そこで質問ですが、飲酒運転でもらい事故に遭った人は 自賠責で賄いきれない分の逸失利益は、相手の運転手、解雇した会社のどちらに損害賠償を請求すべきでしょうか

Aベストアンサー

1番です。
お話の流れは何となく掴めたような気がします。

但し、話をごちゃ混ぜには出来ないので
内容を相手方への賠償請求に絞ります。

もしかするとお話を
要約した場合、

飲酒運転で事故を起こした(0:100ではないという意味です)。
結果、
『飲酒運転がばれて』
会社をクビになった。

自賠責で足りない!と
自己が判断する金額について
事故相手に

「事故さえ起きなければ、会社にはばれなかったんだ。
事故のせいで飲酒運転がばれて、会社をクビになった。
俺がもっと欲しいと思っている金を、おまえが払え!」

と言うお話ですね?

請求は自由ですから、いくらでも請求できます。
ただ、、、結果としては訴訟費用ばかりかかって
1円も貰えないと思います。

もちろん、どの様な判決が出るかは
誰にも判らないのではありますが…

解雇が正当であるかどうかは
個々の事例で異なると思いますので
それはそれで、正当か否かを問う訴訟を起こせばいいと思います。

個人的には、
「就業規則に明示されており、また、それを受け入れた上で就業」
して入れば
勝ち目は相当薄いと思います。
また、
規則に明示されていなくても
宅配業者の管理職や自動車メーカーの管理職などで有れば
解雇を免れないのは当然では無かろうかと思います。

1番です。
お話の流れは何となく掴めたような気がします。

但し、話をごちゃ混ぜには出来ないので
内容を相手方への賠償請求に絞ります。

もしかするとお話を
要約した場合、

飲酒運転で事故を起こした(0:100ではないという意味です)。
結果、
『飲酒運転がばれて』
会社をクビになった。

自賠責で足りない!と
自己が判断する金額について
事故相手に

「事故さえ起きなければ、会社にはばれなかったんだ。
事故のせいで飲酒運転がばれて、会社をクビになった。
俺がもっと欲しいと思っている金を、...続きを読む

Q勤務手当とは何でしょうか?

従業員15人程度の編集プロダクションで働いているのですが、月給の明細でわからない
ことがあります。

月給は40時間の見込み残業を含む額が支給されることになっており、明細では基本給、勤務手当、技能手当、通勤手当(交通費定期代)の4つにわかれています。
この勤務手当とは、一体何のことでしょうか?

基本給と勤務手当は、欠勤や遅刻があると減額されます。
技能手当(数万程度)と通勤手当は固定です。
以前、先輩が経理兼専務の人に「勤務手当って何の事?」と聞いたときには「別に意味はない」と言われたそうです。
意味がないなら、基本給に組み入れてしまえばいいのに…
ちなみに、就業規則にも見当たりません。

リーダー職から最近執行役員になった人が言うには、その人の明細では基本給、役職手当、通勤手当のみで、勤務手当という名目はたっていない(以前もたっていた記憶がない)そうです。

どうもすっきりしません。
どなたかわかる方、ご回答をお願いします。

Aベストアンサー

就業規則や賃金規定、退職金規定などを見て欲しいのですが、退職金が基本給の倍数で決まっていないでしょうか。あるいは、残業手当の基礎となる基準内賃金はどのようになっているでしょうか。
良くあるのはこれらの手当が基準内ではなくて臨時のものだというような理由で(単なる屁理屈ですが)残業単価や退職金に反映しないようにしていることが多いように思います。

又実際私の経験では賃上げ交渉の過程で少しでも多くの賃上げを獲得したい場合の妥協策で、退職金に反映しない部分を受け入れたこともあります。

このような手当はいずれにしても総労務費を抑える何かの理由があってできたのではないかという気がします。

Q【事故】整形外科から整骨院に?

先週車にぶつけられ、整形外科で頸椎捻挫と診断されました。

1.むちうちは整骨院に行ったほうがいいと周囲には
言われるのですが、整形外科に通いながら
整骨院にも行っていいのでしょうか?
(慰謝料の計算方法などに違いがでるのでしょうか?)

2.次の診察予約まで2週間あるのですが(大きい病院
のため予約がとりづらいです)、それまでに整骨院に
行ってもいいのでしょうか?それとも次の診察に行ったときに
先生と相談し、紹介状などを書いてもらったほうがいいのでしょうか?

仕事を休んでいるため、なるべく早く治したい気持ちでいっぱいです。
色々調べたのですが、いまいちよくわからないため質問させて
いただきました。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

交通事故の被害者であり、第1診が整形外科にて頚椎捻挫と診断されたものとしてお答え致します。

1.もともと交通事故は第3者行為による負傷なので、原則的には健康保険は使えません。医療費に関しては、すべて自費治療になります。ですから、整形外科に通いながら、整骨院や接骨院、鍼灸院に通っては行けないという決まりはありません。制度をよく知っている人は、2週間に一回程度整形外科に通い、後は接骨院などで治療する人もいます。接骨院に通った場合の慰謝料は、通常1倍です。整形外科は2倍です。通院する場合は加害者(損保会社)に連絡するのですが、一般に損保会社は整骨院に通院するのをいやがりますが、これは通院日数が増えて慰謝料が増える事を懸念しているようです。
ですが、整形に通いながら整骨院に通う事は決して違法でもないので、どうぞご希望があれば整骨院に通院してください。

2.特に病院の医師に言わなくても、整骨院に通われても大丈夫ですよ。その時に、整骨院の先生(柔道整復師)に交通事故の治療である事を告げれば、柔道整復師が損保会社に連絡なり、手続きの方法を教えてくれると思いますよ。

最後に関係医療法をよく理解していない人は知らないのですが、整形外科で頚椎捻挫と診断されたのならなおさら、柔道整復師(整骨院)の治療を受けられたほうが賢明かと思います。柔道整復師は、国が担保した捻挫治療のエキスパートですから。

交通事故の被害者であり、第1診が整形外科にて頚椎捻挫と診断されたものとしてお答え致します。

1.もともと交通事故は第3者行為による負傷なので、原則的には健康保険は使えません。医療費に関しては、すべて自費治療になります。ですから、整形外科に通いながら、整骨院や接骨院、鍼灸院に通っては行けないという決まりはありません。制度をよく知っている人は、2週間に一回程度整形外科に通い、後は接骨院などで治療する人もいます。接骨院に通った場合の慰謝料は、通常1倍です。整形外科は2倍です。通院す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報