【美大生が登場】色のユニバーサルデザインとは? >>

「良心」という言葉がありました。
過去形にしたのは、ほとんど死にかかっている言葉だと思うからです。

私が育った昭和という時代には、人々はこの言葉を、表面上の意味とと
もに、人を思う気持ち、社会がよくあれ、という気持を幾分か込めて使
っていたと思います。

そういう心が、大変重要であり、見直されるべきであるという主張はあ
ちこちにみられます。

皆さんは、この言葉をどのように定義づけますか?

A 回答 (30件中1~10件)

こんばんは、ねこりんさん。








良心とは?



ずばり自分を大切に思う気持ちです。
以前どこかでも書きましたが、
【自尊心】【自貴心(?)】です。
みずからを とうとぶ こころ です。
自分をかわいがる気力です。


これがあるからこそ、
【他の自分】たちにも
【自尊心】【自貴心(?)】がある
ということを想像することができ、


【違いを認める】ことができます。
ちなみに違いを認めることを
【思い遣り】といいます。



___________



良心とは?




生まれつき誰でも持っているもの
ですが時の流れや環境によって
発達したり摩耗したりします。
また分泌量(?)には個人差があります。
また同じ個体でも
昨日と今日と明日では
分泌量(?)にばらつきがあります。



例えば自分がジョウロだとしましょうか、
花に水をあげたい!と思っても、
自分(=ジョウロ)がカラッポだったら
花に水をあげることはできないわけで。






で、冒頭に戻りまして、
良心とは、
【自尊心】【みずからをとうとぶこころ】
だと思います。




お読みいただきまして
ありがたうございました。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

neutralingさん、来てくれてありがとう。

一見見当チガイのところから入ってきて、

反射させて、見事に的を射る。

たっぷり間を取って、余韻を残し‥

そんな印象です。

ハスラーと呼ぼうかしら?

お礼日時:2015/12/29 22:10

組織に悪意が現れてしまっては成り立ちません。


内面には存在するんでしょうか。

個人にはしばしば悪意が現れることが有りますが、常態としては隠してますね。
善意は現しやすいですが、隠すこともあります。

何れにしても、利害が絡むか絡まないかで様変わりするのが人の心、だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

政党であれば、次の選挙でどれほど票が取れるか、企業であれば
利益、で動きます。
組織の構成員も人間ですから、良心も善意も若干あるでしょうが、
動く理由というか、次元が違うということでしょうね。

もちろん、全部見たわけではありませんが、見事といっていいく
らい、自分の手柄で動いていると思います。
そんな組織の中に、組織としての善意はなく、あるように一生懸
命みせているだけだと私は断じます。

お礼日時:2016/01/06 22:02

厳しい反論が欲しいです。



私の"頭脳内の社会観"は、例えれば新聞の記事の見出しで作り上げられている様なもの。社会の表面に現れた事柄からの印象なんです。
実社会への関わりは至極浅いので、内側の事は分かりません。

対して、ニャンポコリンさんは体験を通して、その内側を見ているんだと思います。
だから質問に付いては、そんなもんかなぁと思うばかりですが、全体的良心?なんてものが有るとすれば、少なくともこの日本では結構活発に働いているように思います。

個人には良心と云う言葉を使い、組織的には善意と云う言葉を当てて考えてみるのはどうでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

議論をふっかけてきたということですね。
相変わらず、少年のような無邪気なところを感じます。
それが、yy8さんの魅力なのですが‥

国とか大企業のやることを批判しても、それを証明することは
無理でしょう。
多くのブレーンがいて、あらゆる批判に対する準備があるでし
ょうし、メディアへの露出についても、十分に検討されている
でしょうし、新聞社、テレビ局などと「癒着」しているという
可能性もある、と考えるからです。

従って、必然的に「推論」にならざるをえないのですが、そう
ですね、例えば、年金の確定支給額の十分の一しか財源がない
という深刻な状況があるにもかかわらず、投資に失敗して莫大
な穴をあけてしまったという話題がありました。

また、これから後期高齢者がドンと増えます。少子化対策に税
金を使うも、効果はわずかです。

被災地に住んでいるので思うのですが、五年たった今でももの
凄い数のダンプカーが毎日走っています。
それなりの経済効果はあるでしょうが、公共工事には無駄が多
いことを私は知っていますし、千年に一度といわれる大地震で
す。そんなに急いで巨大な防潮堤を作る必要性があるのでしょ
うか?

将来、国家の財源が大幅に足りなくなることは明らかです。消
費税に頼らざるを得ないでしょう。

ともかく、今、政府がやっていること、というか今の政治家の
考えていることでは、将来の危機を乗り越えるのには、全然足
りないと思います。

その割には、表紙は「良心」なんです。
被災地の方々のため、
将来日本をしょって立つ子供たちのため。

すいません、急いで書いたので、まとまりないかも。
後で、また。

お礼日時:2016/01/06 16:13

回答をご覧なさってありがとうございました。


はい、私の回答を読むと、私がクリスチャンであることはたぶん外国人であることのように明らかですよね。C・S・ルイスが「キリスト教の精髄」という本で私が表現してみたことを30頁ですばらしく表現しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

機会があれば、拝見したいと思います。

お礼日時:2016/01/06 15:04

短い回答ですが、真理だと思っておりますのでニャンポコリン様を愛する思いで;


「良心」というのは悪が全然なくて心が完璧である神さまが人たちをご自分にかたどって創造された証です。そのため私たちが罪を犯す時に心がいたみます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

愛してもらうということは、本当に嬉しいことですね。
でも、(クリスチャンの方ですか?)本当に難しいですよね?

お礼日時:2016/01/05 21:23

ニャンポコリンさんは真っ正直な人だから、


自身の善意が通用しないと、批判が生じるんです。

相手が悪い、社会が悪い、上司が悪い、政治家が悪い、、、と。

今の日本は世界的に見て、好ましい稀な国になっていると思います。
それは国民一人一人の「良心」の表れ・力だと思います。

☆ 偽善、は良心有る故の"なせる業"。
☆ 偽善も行為そのものは善であり、また継続することで偽善ではなくなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

左様でございますか。

お礼日時:2016/01/05 21:16

おじさんです。


良心、確かにあまり使われていませんね。
でも、良心はどんな時代でも人間の基本ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/01/05 15:59

№23です。



34. 《苦》は Skrt: duḥkha ドゥッカ / パーリ: dukkha  でした。少しつづりを
まちがえました。
▲ ヰキぺ:四諦
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E8%AB%A6

35. ▲ 苦諦とは、~~~~~~~~~~~~~~
人間にとってはこの世界の一切が苦であるという様態の真相、現実を指す。
「人生が苦である」ということは、仏陀の人生観の根本であると同時に、これこそ人間の生
存自身のもつ必然的姿とされる。
四苦とは、根本的な四つの思うがままにならないこと、生・老・病・死である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

36. ▲ 道諦 ~~~~~~~~~~~~~~~
(どうたい、梵: mārga satya, マールガ・サティヤ、巴: magga sacca, マッガ・サッチャ、
苦滅道諦, くめつどうたい)とは、
「苦を滅する方法・実践修行がある」という真理。
これが仏道すなわち仏陀の体得した解脱への道である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ つまり 苦から解脱する道はあるが その方法は――八正道などが説かれてもいますが
―― 必ずしも実際に明らかではなく その道を渡り終えた者も少ない。まづ いない。

37. つまり 凡夫一般は 一生を苦海に沈んでいなさいというオシへではないだろうか。

38. 日蓮仏法は 違うそうですから これは いちおうの覚え書きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

釈迦仏法については、理解していないというより、知らないと言って
いいくらいなのが正直なところです。

「正法」「像法」「末法」ということはご存じのことと思いますが、
釈迦仏法は、像法時代の人々までを益した教えで、末法の衆生には何
の役にも立たないという考え方があるようです。

おそらく、そうだろうと思います。「煩悩」を滅することなど、少な
くとも、末法の衆生である我々はできないですから。

日蓮仏法との比較、関係性という点で、これから少し掘り下げてゆこ
うと思っています。

お礼日時:2016/01/05 15:59

№22です。

回答を寄せてくれるとか。前回をひとこと この場に継ぎます。

31.四苦ないし苦の問題は それほど大きな位置を占めていないとか。

32. ひとことですが 《生老病死が思うようにならない》と言っています。
特に《生まれること・生きること》をも含めています。

33. あるいはつまり 凡夫はさとりを得られないのは この苦が 無明や煩悩
とまったく同じものとして さまたげるからだということのはずです。ですから
言ってみれば さとりにとって元凶のはずですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

仰る通り、釈迦仏法では、煩悩を断じ尽くし三惑を断じて
はじめて悟りが得られると説かれているようです。

ただ、「生老病死」の四苦というのは、単に民衆の苦しみを
表現した概念であると解釈していました。まあ、あまり自信
はありませんが。
それに、煩悩を断じ尽くすということ自体が、実はよく分か
らないのです。そんなことできるの?って。

そして、私の信ずる教えは、日蓮仏法です。釈迦仏法と日蓮
仏法は別のものです。
御存じのとおり、日蓮仏法では「煩悩即菩提」です。これは
よくわかる。

つまり、煩悩を断じなくでも悟りが得られる、と。

仏教の中には、仏はその仏に縁する衆生のみ救い得るという
考え方があるようです。

釈迦という仏が救い得る衆生より、日蓮という仏が救い得る
衆生のほうが、出来が悪いんでしょうね。だってやり方が簡
単ですもの。

お礼日時:2015/12/31 20:10

№19です。



15. 善悪論にひとこと。

16. ものごとの良し悪しは きわめて主観的なものだと見られます。
一つの主観内容がみなに共通だと見なされたものが 共同主観(コモンセンス)に
なるだけであると。昔だと 時代や国によって違いもする。

17. まぁ それでもたとえば《良心》は ヒトに普遍的な自然本性の一環だと
見なされているようです。《自由――意志自由――》も けっきょく経験的な事実
関係から逆推してでも 公理に据えられているようなものです。

18. 良心は とにもかくにもちょっとはおかしいなと思ったことを自分の考え
としたりさらにはこれを実行しようと思ったときに おい おまえ それは自分の
心をあざむいているのではないかと言わんばかりに 胸の動悸を速くし顔を赤らめ
させ舌をしどろもどろにするといったヤマシサ反応を起こさせます。

19. このようにおのが心に逆らうこと〔つまり 良心にさからいこれをないが
しろにすること〕をもって 良し悪しの判断をおこなうものだと見られます。

20. つまり 心にさからわないことが 善であり ヤマシサ反応をものともせ
ず良心を突き破ってすすむことが 悪とよぶマイナスの善であることになっていま
す。

21. けれども ヤマシサ反応を重んじて心にさからうことをやめる これが善
だと言っても ヤマシサ反応がいつ・どのように現われるのかは 細かいことにな
ると 人によってさまざまであるかも知れない。

22. だったら 善と負の善(悪)との定義も ままならない。かも知れない。

23. ただ そこでじんるいは考えた。悪は存在しない。善のみが存在するので
あり その善をやぶるマイナスの思いと振る舞いとが 悪と呼ばれるだけの話だと。

24. つまりは 思うようにならないという《苦 dhukka 》は 《無明》ととも
に 人間の自然本性には もとからあるのではないのだと。

25. 言いかえると 悪魔も善き天使からの変身に過ぎないのだと。

26. 善悪の二元論は ナンセンスだと。

27. 自性清浄心のほかにそれと同等のものとして煩悩がある――とは見ない。

28. 悪は 善を曲げゆがめるという人間の意志のその自由度の範囲にあって出
たものであると。

29. うつろいゆかざるを得ない身と心とを自然本性とする人間は ふとよろけ
る。体をひねって向きが曲がり道を逸れることが起きる。光も曲がる。これが 良
かれ悪しかれ意志の自由度であり 限りある相対的な善なる心のありさまであると。

30. ゴータマの《四苦》説は 根源的な理論であり現実であるのか。ご検討を
ねがいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「善悪論」非常に難しく、おもしろいですね。
先生のご質問に私の考えを述べたいと思います。

釈尊の「生老病死」については、若き日の彼の出家の
きっかけとなったものであるということにすぎず、法
華経に説かれた結論ではないと思いますので、これを
追求することはどうでしょう?あまり意味がないので
はないでしょうか?

お礼日時:2015/12/31 15:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人の良心

「昭和史20の争点」(秦郁彦編 文春文庫)のなかで、「日本の戦後補償はドイツに及ばないのか」という章があり、そこにナチス・ドイツによる強制連行の末の従軍慰安所の存在が記されています。

ドイツでは「戦後、良心にしたがって補償に積極的に取り組んだわけではなく、問題化したものについてだけそのつど取り組んできた」そして「国家賠償ができない事情から、ユダヤ人を中心に個人補償を行った」とのこと。
「強制売春の被害者としてドイツ政府から補償を受けた例は一件もない」。
また、「ドイツでは、強制売春婦(慰安婦)の問題は、今でもタブー視されている、というより、社会的に無視されている。」

一方、日本は「国家間の賠償で決着させたため、補償金を直接受け取れない戦争被害者個人には今に至るまで不満があるのも事実である」。
また、「日本にあってドイツにない特徴としては、問題がまず国内から持ち出される点があげられる。ふり返れば、慰安婦も国内で問題とされた。」

従軍慰安婦の中には実際多数の日本人従軍慰安婦がいたはずですが、無視されて今に至っています。
あくまで朝鮮人従軍慰安婦を念頭においていました。不思議な話です。

国家間賠償で決着させたにもかかわらず、あえて日本国内で問題提起することで示した「日本人の良心」とはいったい何だったのでしょうか。

「昭和史20の争点」(秦郁彦編 文春文庫)のなかで、「日本の戦後補償はドイツに及ばないのか」という章があり、そこにナチス・ドイツによる強制連行の末の従軍慰安所の存在が記されています。

ドイツでは「戦後、良心にしたがって補償に積極的に取り組んだわけではなく、問題化したものについてだけそのつど取り組んできた」そして「国家賠償ができない事情から、ユダヤ人を中心に個人補償を行った」とのこと。
「強制売春の被害者としてドイツ政府から補償を受けた例は一件もない」。
また、「ドイツでは、...続きを読む

Aベストアンサー

日本における共産主義の知性というべきマルクス経済学者の森嶋通夫ですが、さっと、岩波から森嶋が出ててくるとは、ましゅまろさんはすごいですね。
引用された部分からでは森嶋の思想の全容はわかりませんが、
この部分は、平和的競争というべき暗闘のもとに事務軍人や事務政治家が入れ替わるばかりでやってきた日本への警鐘であると読みます。
わたしにはフランス人の民俗・民族社会学者の友人がいますが、彼らは日本という国は面白いと言い、政治から目が離せないと言います。クーデターもなく政治家がころころと変わりながら民衆がそのことに冷ややかで、先進国としての体制を維持発展してきていることが、彼らから見れば驚愕なのですね。もちろん政治学者なら面白がったりしないでしょう。西欧近代型の政治そのものが未熟だと感じて肩をすくめることでしょうね。
まさに森嶋の指摘の"和"の良し悪しは、見る角度によりけりになってしまうのですが、たぶん、森嶋の論の方向は、より合理的な競争が可能になるよう、構造的な解体や転覆を経てなおかつ独裁にならない、実力行使の闘争とバランスを求めるものかなと思います。経済分野は実際そのように動いていますでしょう。

この"和"をピックアップして慰安婦問題にからめると、けっこう水面下の駆け引きの問題が浮上してきますね。国際関係の平和的処理という名目で、金の流れや権力の流れに目配りの利いた事務が、慰安婦問題を形成してきたとみることもできるでしょう。森嶋が呼吸するように浴びたイギリスの政治からすれば、未熟な外交カードであるということになりそうです。
ここが日本の左派のねじれたところで、"生ぬるい左派"は"和"に与しているという、「面白い日本」の見取り図でしょうか。

こうしてみると二つの"良心"が浮き彫りになってきたかにみえます。
日本の戦後民主主義における総括つまり軍国日本の徹底批判が、自己批判であるためには、責めをおこなうところの他者が明らかでなければならないという心情、
 (恥、暗闇、隠蔽を、清明に対置する概念として重んじた文化背景)
それから、安保が障壁となりつつ、アジアでの関係修復と経済バランスに配慮して隣国感情を平和に処理したいという心情、
 (カリスマの意思や判断を持たず、国家の意思もあいまいにし、国民もまとまった意思を示さず、事務方が後手を打ったり水面下の調整をはかったりするので、外向きの顔は作っているが、内向きの顔は作っていない)

ところで森嶋は、リベラルの社会学者、関嘉彦と防衛論争を繰り広げたことがあったのですよね。
わたしは読んでいませんが、ましゅまろさんはお読みになりましたか?
せっかくこんなきっかけをいただきましたので、そのうち読んでみようと思います。

日本における共産主義の知性というべきマルクス経済学者の森嶋通夫ですが、さっと、岩波から森嶋が出ててくるとは、ましゅまろさんはすごいですね。
引用された部分からでは森嶋の思想の全容はわかりませんが、
この部分は、平和的競争というべき暗闘のもとに事務軍人や事務政治家が入れ替わるばかりでやってきた日本への警鐘であると読みます。
わたしにはフランス人の民俗・民族社会学者の友人がいますが、彼らは日本という国は面白いと言い、政治から目が離せないと言います。クーデターもなく政治家がころころ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較