AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

息を思い切り吸うと左胸(心臓ら辺)が痛みます。
息を止めると治ることもありますが、時々それでも治らない時があります。その時は、痛みを我慢して思い切り息を吸うと強い痛みを伴いますが、治ります。
今回だけではなく、ずっと前から何度かこの症状に悩まされています。
何か体の中に異常があるのでしょうか??

質問者からの補足コメント

  • 高校二年生の女子です

      補足日時:2015/12/29 18:37
  • いえ。高2なので、飲酒はしていません

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/12/29 18:37

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://muneitami.com/
胸痛と呼吸時の痛みだと素人鑑別はむりですが
症状としては急を要します。
心臓と呼吸は生命維持の要なので、休み明けでもいいので、すぐに病院にいかれることをおすすめします。
高校2年生でしたら、就活やセンター試験もないと思うので、早めに循環器、呼吸器内科の精査をされた方がよいです。
    • good
    • 0

診察してないので推測ですが、多分肋軟骨の胸骨側か肋骨側か何れかの部分がずれてしまうのだと思います。


姿勢が悪いとなる事があります、強く息を吸うと治るのは、肋骨が拡張して、ずれた部分が正しい位置に戻るのだと思います。
両ひじを肩より若干低い位置まで上げて開き、後ろに一気に反らしながら、胸を張りだす動作でも治ったりしませんか?
    • good
    • 1

ここでの回答を過信せず、


医師の診断を受けてもらうという前提で回答します。

あくまで素人である私の経験では、
まず間違いなく自然気胸だと思います。

あなたが若い男性(二十代中盤以下)で、
スリムな身体であれば、なおさらその可能性は高いでしょう。

気胸が発症しては、自然に治って、また発症して、の繰り返しだと思います。

気胸であればポピュラーな病気なので、
あまり心配しないで受診されるとよいでしょう。
    • good
    • 0

そりゃ、違うな、肺だな。

喫煙者?
この回答への補足あり
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左胸の痛みについて

ごくごくたまに(年に1度あるかないか)、
ちょうど心臓のあたりが「キュー!」と、なにかに掴まれるように痛くなることがあります。
少しジッとしていると、ほんの15秒もたたないうちにケロッと治るのですが、
つい一週間前に同じ様な痛みが起った時の症状は少し違いました。
その痛みが20分くらい続き、続いている間は息を吸ったりはいたりする時に左胸がキューっと痛みます。息をしようとしても充分に吸い込めないといいますか・・・。
説明が難しいんですが、肺にまるで空気が入ってるみたいで(空気が漏れているというか・・・)なんだか息が充分に吸えないという状況でした。
横になったら治るかと思いきや、横になったら余計に痛みました。
仕方がないので、膝を折って、頭を布団につけてうつぶせになり、
息を少し止めたりしていたらすぐに治りました。
これって心臓?肺?横隔膜?自分でもびっくりです。
ちなみにその後は、そのような症状は現れておりません。

これは何かの病気なのでしょうか?

Aベストアンサー

肋間神経痛には、原因がわかるものと不明のものがあります。
原因がわかるものとしては、水泡の出現する帯状疱疹があります。
帯状疱疹は、子供の頃水疱瘡にかかった後、その原因である水痘帯状疱疹ウイルスが神経根に生き残っていて、何年も経ってからウィルスが再活性化することにより発症します。このウイルスは、通常神経に沿って皮膚に現れ、水泡を形成します。ところが、まれに皮膚に水泡を形成しない帯状疱疹があります。この場合は、激しい肋間神経痛だけが生じます。非常に激しい痛みですが、通常、3週間前後で消失します。けれども、高齢の患者さんでは、ウィルスが消失しても、ときに神経の損傷が残り、そのために帯状疱疹後神経痛となり、年余に渡って痛みを残すことがあります。

また、肋間筋に神経がはさまれる絞扼神経症による痛みの可能性もあります。
胸椎の椎間板ヘル二ア、変形性脊椎症、圧迫骨折、脊椎腫瘍、脊椎カリエスなどや、肋骨骨析、肋骨腫瘍、肋骨カリエス、脊髄腫瘍、脊髄クモ膜下出血などが原因となることもあります。
また胸腔の疾患のさいに関連痛として同様の疼痛をきたすこともあり、これには各種の胸膜疾患、肺や心臓の急性疾患が含まれます。

などと、可能性のある原因をたくさん書かれてしまうと心配になってしまうでしょう?けれども、年に数回程度で、しかも数十分以内に治まってしまうあなたの場合には、当てはまらないと思いますのでご心配なく。いわゆる、原因不明の、と言うことでとりあえず納得して下さい。それが、精神衛生上最も良いと思います。

肋間神経痛には、原因がわかるものと不明のものがあります。
原因がわかるものとしては、水泡の出現する帯状疱疹があります。
帯状疱疹は、子供の頃水疱瘡にかかった後、その原因である水痘帯状疱疹ウイルスが神経根に生き残っていて、何年も経ってからウィルスが再活性化することにより発症します。このウイルスは、通常神経に沿って皮膚に現れ、水泡を形成します。ところが、まれに皮膚に水泡を形成しない帯状疱疹があります。この場合は、激しい肋間神経痛だけが生じます。非常に激しい痛みですが、通常、3週...続きを読む

Qごくまれに息を深く吸うと左側の肺か心臓がチクリといたくてしかたがない

ごくまれに息を深く吸うと、左側(心臓か肺)がチクリと痛くて仕方がないときがあります。なにかわかる方いらっしゃいますか?人間ドックは異常なしです。

Aベストアンサー

肋間神経痛

肋間神経とは肋骨(ろっこつ)に沿って走る神経で、
これが何らかの原因で痛む症状のことを肋間神経痛といいます。

痛みはふつう片側に起こり、針で刺されたような鋭い痛みが
繰り返し起こりますが、持続時間は短いです。

深呼吸や咳などで痛みが誘発され、
原因が不明のものと明らかなものがあって、
後者では脊椎の病気や帯状疱疹(たいじょうほうしん)が原因で起こることが多いですが、
心臓や肺など胸部の内臓の病気が原因のこともあるので注意が必要です。

上記に書いたものは必ずしもそういう病気でということではありません。
私はしょっちゅうなるのですが、原因は肩こりからだと思われます。

息を吸う時だけが痛いです。
肩コリも肩甲骨から内側前の胸のあたりにまで筋肉はあるので
それで痛い事が多いです。


人気Q&Aランキング